古墳なう

ご〜ご〜ひでりんの古墳探訪記

「上布田3号墳(飯盛塚)」

「上布田3号墳(飯盛塚)」

 「上布田3号墳(飯盛塚)」は調布市布田5丁目に所在したとされる古墳です。すでに墳丘は削平されて消滅しているものの、『東京都遺跡地図』には調布市の遺跡番号53-5番の古墳として登録されています。

 この古墳は、嘉永5年(1628)の上布田村の絵図に描かれており、古墳と想定されています。学術的な調査は行われていないため正確な跡地は不明で、周溝や埋葬施設等の詳細もわからないようです。調布市の郷土研究家、故石森直吉の手記『たづくりを巡りて』には、この調布市布田周辺の墳丘が削平されて失われた古墳(塚)について書かれていますが、品川道の南側の崖線付近に存在した「布田九塚」と呼ばれていた塚の中には、この飯盛塚も含まれていたようです。ひょっとしたら戦前頃までは痕跡が残されていたのかもしれません。周辺地域の発掘調査報告書や東京都遺跡地図等の古墳分布図からすると、古墳は宅地化された民家の敷地内にあたるため、勝手に侵入することはできませんが、路上から、 邸宅内に祀られている屋敷稲荷がみられます。古墳と関係のある祠なのかもしれませんが、こちらも詳細はわかりませんでした。
 
 かつてはこの周辺には雑木が生えていて、松の木もあったそうです。塚にはよくイモリがたくさん上がってきたので、それで「イモリ塚」と呼ばれたのだという言い伝えが残されているそうです。また墳丘が飯を盛り上げたような形をしていて、それで「飯盛塚」と呼ばれたという言い伝えも残されているようです。
 こうした、言い伝えの残された塚が開発により消えてしまうことは残念です。。。

<参考文献>
調布市市史編集委員会『調布市史 上巻』
調布市郷土博物館『下布田古墳群の調査』
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
調布市立図書館『子供のための調布のむかしばなし』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/03/23(木) 23:20:03|
  2. 上布田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「古天神2号墳」

「古天神2号墳」

 「上布田古墳群」は、多摩川左岸の標高33m付近に位置する、布田5〜6丁目に分布する古墳群です。これまでの発掘調査により円墳5基と河原石積横穴式石室1基が確認されており、また、かつて「布田九塚」と呼ばれた塚群に数えられる「飯盛塚(上布田3号墳)」と「庚塚(上布田4号墳)」が否定されています。「古天神2号墳」は、調布市布田5丁目に所在する古墳です。調査時にすでに墳丘は消滅しており、昭和54年(1979)に調布市遺跡調査会により行われた試掘調査により検出された古墳です。『東京都遺跡地図』には、調布市の遺跡番号53-4番に登録されています。

 この古墳は試掘調査により周溝の一部のみが確認されており、「古天神1号墳」とほぼ同規模の古墳であることがわかっています。その後、未調査のまま「市立古天神公園」内に埋没保存されており、築造時期や規模については不明となっています。画像が、古天神2号墳の所在地となる公園内のようすです。おそらくは公園内に造られた円形の施設は古墳の周溝を表しているものではないかとも考えられるのですが、敷地内に設置された説明板には特に記述は見られないようです。


古天神遺跡 説明板

 調布市により設置された説明板には次のように書かれています。

 古天神遺跡 調布市布田5丁目53番地

 ここは昔から古天神とよばれ、今から千余年前の
『延喜式』という本にみえる、布田天神のお社があっ
た所といわれています。
 昭和五十五年三月からこの一帯に住宅ができるた
め、遺跡の発掘調査が行われました。
その時、今から一万年ぐらい前の旧石器や、四~五
千年前の縄文時代における人びとの生活の跡などが
発見されました。
 それらの近くには人を埋葬したまわりに、幅四~
五メートル、深さ約四十~七十センチメートルの溝
を直径三十一メートルにわたって掘りめぐらした、
円形周溝墓とよばれる五世紀ごろのお墓や、七世紀
ごろの竪穴住居の跡が三軒発見されました。その他
にも鎌倉-室町時代ごろとみられる地下式横穴とよ
ばれる、穴ぐらのような墓が十基分と、たくさんの
河原石を積んでこしらえた室町-江戸時代の墓が十
数ヶ所発見されています。
 なお古天神のまわりには、これらにつづく各時代の
遺跡や遺物が広い範囲に発見され、市内でもとくに
埋蔵文化財の多い重要地帯の一つにかぞえられます。
          昭和五十八年四月一日
                  調布市


<参考文献>
滝沢亮「調布市上布田遺跡の調査」『考古学ジャーナル 昭和58年6月号』
調布市市史編集委員会『調布市史 上巻』
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/03/22(水) 00:30:19|
  2. 上布田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「古天神1号墳」

「古天神1号墳」

 「上布田古墳群」は、多摩川左岸の標高33m付近に位置する、布田5〜6丁目に分布する古墳群です。これまでの発掘調査により円墳5基と河原石積横穴式石室1基が確認されており、また、かつて「布田九塚」と呼ばれた塚群に数えられる「飯盛塚(上布田3号墳)」と「庚塚(上布田4号墳)」が否定されています。「古天神1号墳」は、調布市布田5丁目で発掘調査により確認された古墳で、『東京都遺跡地図』には調布市の遺跡番号53-3番に登録されています。

 この古墳は調査時にはすでに墳丘が失われており、昭和54年(1979)に調布市遺跡調査会により行われた発掘調査により、周溝のほぼ全体が検出されています。古墳の規模は、外径約31mの陸橋部を持つブリッジ付円墳で、埋葬施設は検出されなかったものの周溝からは土師器広口壺や坩、椀、高坏が出土しています。築造時期は5世紀前半と推定されているようです。画像が古墳の跡地周辺のようすですが、調査後には宅地化のために整地が行われ、古墳は完全に消滅しています。
 この地区は、古くより古天神(ふるてんじん)と呼ばれる、「延喜式」という書物に見られる布多天神社の比定地であるといわれています。「上布田古墳群」に属していながらも「古天神××号墳」という名称がつけられているのはこれが理由であり、現在確認された3号墳までの3基の古墳が台地縁辺部に並ぶように存在していたことがわかっています。今後の調査次第では、未確認の古墳発見の期待が大きい地域ではないでしょうか。。。

<参考文献>
滝沢亮「調布市上布田遺跡の調査」『考古学ジャーナル 昭和58年6月号』
調布市市史編集委員会『調布市史 上巻』
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』 


人気ブログランキングへ

  1. 2017/03/21(火) 00:00:06|
  2. 上布田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「上布田1号墳」+「上布田2号墳」

「上布田1号墳」+「上布田2号墳」

 「上布田古墳群」は、布田5・6丁目に分布する古墳群です。これまでの発掘調査により円墳5基と河原石積横穴式石室1基が確認されており、また、かつて「布田九塚」と呼ばれた塚群に数えられる「飯盛塚(上布田3号墳)」と「庚塚(上布田4号墳)」が否定されています。

 画像は、「上布田1号墳」と「同2号墳」の跡地である調布市布田6丁目周辺を南から見たところです。この2基の古墳は、昭和56年(1981)に調布市遺跡調査会により行われた調査により確認されており、『東京都遺跡地図』には1号墳が調布市の遺跡番号53-1番に、2号墳が53-2番に登録されています。
 上布田1号墳は、調査時にはすでに墳丘は失われており、版築の状態は確認されなかったそうです。周溝の南東部と西部の一部が検出されており、直径約20mの円墳であると考えられています。埋葬施設は河原石積横穴式石室で、石室内からガラス玉17個が出土しています。
 「上布田2号墳」は1号墳の北東約13m、周溝の外側で確認された古墳で、墳丘や周溝は確認されず、地表の下約50cmの深さで河原石積の横穴式石室が検出されています。玄室規模は約1.1×0.4m、幅が奥壁部分で30cm、中央部分が最大45cm、羨道部で23cmと若干の胴張りを呈する小石室で、この石室内からは遺物は出土しなかったそうです。


「上布田2号墳」

 上布田2号墳の埋葬施設は、発掘調査終了後に小島町3丁目の調布市立郷土博物館の敷地内に移築されて展示されており、画像はその石室のようすです。郷土博物館の正面から入った右手の植え込みの中にひっそりと存在しますが、保存状況はちょっと残念な感じで、目立たない場所に説明板も色褪せています。昨年夏に訪問した際に、新しく買ったカメラで撮影しようと石室の場所を訪れましたが、草ボウボウで草をかき分けないと石材も見えない有様で衝撃的な光景でした。調布市の郷土博物館は何度か訪れたことがあり、スタッフの方にも質問に丁寧に答えていただいたり、資料を頂いたりと親切にしていただいているのですが、この石室だけはもう少し何とかならないものでしょうか。。。

<参考文献>
調布市市史編集委員会『調布市史 上巻』
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』 


人気ブログランキングへ


  1. 2017/03/20(月) 00:41:05|
  2. 上布田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「下布田17号墳」

「下布田17号墳」

 画像は、調布市布田6丁目の「下布田17号墳」の跡地周辺を北から見たところです。この17号墳は下布田古墳群中の西端に位置しており、墳丘がすでに失われていたものの、平成22年(2010)に行われた宅地造成工事に伴う発掘調査において周溝の一部が検出されたことにより、その存在が確認されています。古墳は約4分の1ほどが調査されており、外径約36.2m、内径約28.4mの円墳と推定される、下布田古墳群中かなり大型の部類に入る古墳です。埋葬施設は調査区外であったため不明で、須恵器坏や須恵器甕、土師器等が出土しています。

 古墳の所在地はY字路の道路の間の三角地となっており、この道路の形状は、古墳が残存していた頃の名残ではないかとも考えられているようです。「布田九塚」のうちの1基とされる「釈迦塚」がこの17号墳である可能性も大いに考えられるところですが、真相は発掘が行われていない空白地帯の調査を待ちたいところです。。。
 
<参考文献>
株式会社 盤古堂『下布田古墳 ―第98地点(共同住宅・宅地造成工事)の調査―』


人気ブログランキングへ


  1. 2017/03/18(土) 00:04:00|
  2. 下布田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カテゴリ

足立区 (4)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (0)
葛飾区 (6)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (3)
墨田区 (0)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (11)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (6)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
練馬区 (7)
杉並区 (12)
中野区 (9)
豊島区 (2)
新宿区 (0)
渋谷区 (17)
目黒区 (8)
文京区 (3)
千代田区 (3)
港区 (4)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (75)
田園調布古墳群 (15)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (54)
野毛古墳群 (13)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (6)
その他の古墳・塚 (11)
三鷹市 (4)
狛江市 (43)
狛江古墳群-和泉支群 (17)
狛江古墳群-岩戸支群 (3)
狛江古墳群-猪方支群 (23)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (43)
国領南古墳群 (0)
下布田古墳群 (17)
上布田古墳群 (5)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (2)
府中市 (77)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市内の塚 (10)
国立市 (19)
下谷保古墳群 (11)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (5)
立川市 (13)
稲城市 (0)
多摩市 (4)
和田古墳群 (4)
多摩市内の塚 (0)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (4)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (42)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (14)
日の出町 (2)
青梅市 (11)
古墳空白地域 (16)
西東京•清瀬•東久留米市 (0)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (6)
福生市•羽村市•瑞穂町 (10)
神奈川県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
群馬県の古墳 (0)
栃木県の古墳 (5)
茨城県の古墳 (5)
長野県の古墳 (6)
未分類 (1)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR