FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「新一里塚」

「新一里塚」

 府中市と国立市の境となる、府中市日新町5丁目の住宅街の一角には、1基の塚が残されています。府中市の所有となっている塚の敷地はフェンスで覆われて保存されており、塚上には大きな榎が植えられていて一里塚のような様相を呈していますが、敷地内には説明板や標柱等は存在せず、『東京都遺跡地図』にも登録されていないようです。

 画像の、民家と民家の間に見えるフェンス内に、この塚は所在します。
 昭和60年に府中市教育委員会より発行された『府中市内旧名調査報告書 道・坂・塚・川・ 堰・橋の名前』の「塚」の項には、この塚は「新一里塚」という名称で掲載されており、「昔の甲州街道ぞいにある塚、榎の大木がある。日本電気構内にある一里塚跡からみて、一里としては距離が短いので”半里塚”かともいう」と書かれています。
 「半里塚」とは初めて聞く名称ですが、果たしてここがかつての甲州道中で、半里塚が存在したのでしょうか。


「新一里塚」

 東から見た塚の様子です。
 フェンスで覆われた三角地となっている敷地内はわずかに塚状に盛り上がっているようです。
 昭和44年(1969)に発行された、原田重久著『国立歳事記』に、この塚に関する記事を見つけることができました。

 谷保田圃の、府中市四谷寄りー本宿用水の南側に、一筋の里道が東西に走っている。この道端に榎塚がある。
 慶長年間(1596ー1615)時の幕府が始めて江戸から甲州への道路を作ったときは、府中市分倍から谷保田圃の中を通り、西方に至って多摩川を渡り、日野万願寺に抜けていた。
 榎の木のある塚は、一里塚の名残りである。三十六町を一里とした道程は、一里塚が目安になっているが、これは、道の両側に各一基ずつ築かれ、その中間に半里塚があった。
 これが定められてから九十年ほど後の貞享年中(1684ー88)に、道筋が一部改められた。これは、府中六所宮(大国魂神社)の前を通って、本宿、谷保、立川柴崎に至る段丘上のコースをとっている。現在のハケ上の道がそれである。
 現在の甲州街道は、このあと更に道筋を北方に移したいわゆる新道だ。
 一理又は半里毎に塚をつくり、そこに榎の木を植えたのは、榎という植物が長期繁茂し、風雪に堪え得る性質をもっていたからだろう。また、旅人が、遠方からこれを眺めて、旅程を按配するに好適な巨樹となったからでもあろう。(『国立歳事記』67~68ページ)


 最初に江戸から甲州への道路を造った当時は、多摩川に近い段丘地帯に集落が点在していたことから、ハケ上、ハケ下を縫って、江戸から甲州方面に通じていたそうです。
 ということは、この塚が一里塚(半里塚)出会ったとして、「新一里塚」という名称が適当なものであるかはちょっと微妙ですね?


「新一里塚」
 
 フェンスの内部の様子です。草が生い茂っていてわかりにくいのですが、わずかながらの高まりを見ることができます。
 猿渡盛厚著『武蔵府中物語 下巻』610ページには、この塚についての記述が見られ、「本宿南新田にある一本榎塚の如きは、ただ一基のみではあるが、一里塚 としてはっきりした口碑もなく、疑わしいから、それと定めがたい」と書かれています。
 また、平成24年度の第1回府中市文化財保護報告会では、委員から「古墳の可能性はむしろ無いですか。こんな位置では無いのでおかしいですか」という意見が出ており、事務局は「可能性もあるかとは思っておりますが」と答えているという様子が議事録に記載されているようです。
 この周辺の低地では今のところ古墳は発見されていにようですが、多摩川の対岸である日野市内の低地では、「落川・一の宮遺跡1号古墳」なる六角形墳が確認されています。
 果たしてこの塚が古墳である可能性もあり得るのでしょうか。


「新一里塚」

 南東から見た「新一里塚」。
 榎の木の存在からして、見た目はとっても一里塚っぽいです。


 「新一里塚」

『国立歳事記』に掲載されていた、往時の一里塚。
 昭和の中頃までは、大きな塚が残されていたようです。
 それにしても、こんな塚がひっそりと残されているあたりは、東京もまだまだ捨てたもんじゃないですよね。。。

<参考文献>
原田重久著『国立歳事記』
猿渡盛厚『武蔵府中物語 下巻』
府中市教育委員会『府中市内旧名調査報告書 道・坂・塚・川・堰・橋の名前』


人気ブログランキングへ

  1. 2019/10/03(木) 23:43:35|
  2. 府中市/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「三千人塚(石仏塚)」 ー東京都指定史跡ー

「三千人塚(石仏塚)」ー東京都指定史跡ー1

 画像は、府中市矢崎町2丁目に所在する「三千人塚」を南西から見たところです。
 多くの伝承が残されているこの三千人塚は、府中市の遺跡番号11番に登録されており、昭和25年には東京都の旧跡に指定。その後、平成17年には東京都の史跡に指定されています。


「三千人塚(石仏塚)」ー東京都指定史跡ー2

 「三千人塚」は、元弘3年(1333)の分倍河原の合戦で亡くなった三千人の戦死者を埋葬した墳墓であるという伝承が残されており、江戸時代の地誌類にも取り上げられるなど古くから知られていたようです。
 『武蔵名勝図会』には「分倍古戦場」の項に「分倍野は府中駅より南にて、地は府中に属して小名とす。古え数度の合戦ありし処ゆえ、田の中に塚多し」とあり、「読史余論には、廿一日には立川原合戦とあり廿二日は分倍合戦と記す。按ずるにいまの立川柴崎あたりに古戦場もなく、古塚などもなし。又、河原も戦場とする地形ならず。いま本宿村の南裏に古塚あり。かの地を立川原と記されたるべし。」とも書かれています。
 また、この場所は国府時代からの古い刑場のあったところで牢場とも呼ばれていました。この周囲を耕すことはもちろん、塚上にある榎の枝一本でも切ると必ず祟られると言い伝えられており、明治末年頃までは誰も周辺を耕作する者もなく、かなり荒廃していたようです。(ちなみに昭和20年代にも、道路工事のために塚の西側の地ならしを始めた際にその場に居合わせた関係者が卒倒したという話が残されているようです。)

 しかしその後、昭和30年(1955)に地元の郷土史家らが中心となって塚の西側を中心に発掘調査を行い、鎌倉時代から南北朝時代の蔵骨器(火葬骨を納めた骨壺)4個が発見されています。また平成17年(2005)に行われた学術調査により、塚の東側から石にお経の文字を写した「礫石経」が大量に出土しています。これらの、3cmから10cmほどの大きさの礫に書き写された文字は非常に上手な字もあればただ字を真似て書き写したようなものもあり、たくさんの人がお経を書き写したことがわかっています。一緒に出土した陶磁器の破片から、これらの礫石経の年代は江戸時代末期頃と考えられています。


「三千人塚(石仏塚)」ー東京都指定史跡ー3

 画像は北東から見た「三千人塚」です。

 過去の2度の発掘調査により、三千人塚はこれまでいわれてきた分倍河原の合戦の戦死者を祀った塚であるという伝承とは関係がなく、鎌倉時代から室町時代の地元の有力者一族による小さな石積みのお墓が点在していたところが江戸時代に信仰の対象となり、礫石経を用いた石を積んで新たな塚を築いて、今日まで地元の文化財として保存されてきたものであることがわかっています。
 では、真の三千人塚はどこにあったのかということになりますが、猿渡盛厚氏が著書『武蔵府中物語』の中で興味深い地元の古老の証言を紹介しています。同書には「去る明治33、4年頃、馬場大門欅並木の中間の府道工事の際、道路面が凹くて盛土をする必要があって、その土砂を採取するため、此の辺に塚を破壊して土砂を搬んでいって地均ししたのであるが、其の時一つの塚からは、多数の人骨が出て始末に困つたことを覚えていると語られたが、其の咄氏によつて思ふに、それが眞の三千人塚であつたのだろふ。されば田村永年が描いた松並木中にあつたのが眞の三千人塚であつたことが判る。」と書かれています。
 田村永年が描いたという松並木中の塚の正確な所在地はわからなかったのですが、分倍河原の合戦ほどの大きな合戦であれば、1基のみならず数多くの塚が存在したのかもしれませんし、今後の調査により真相が判明してくるのかどうか、とても興味深いところです。。。


「三千人塚(石仏塚)」ー東京都指定史跡ー4

 『東京都遺跡地図』には、径15m、高さ1.5mの規模とされているのですが、それよりは若干小さく感じられるようにも思います。
 敷地内には東京都教育委員会により説明板が設置されており、次のように書かれています。

東京都指定史跡
 三 千 人 塚
       所在地 府中市矢崎町二丁目二十一番二号
       指 定 平成十七年二月二十二日

 三千人塚は、江戸時代の地誌「武蔵名勝図絵」などにも
紹介されている由緒ある塚です。塚の上には、多摩地区最
古となる康元元年(一二五六)の板碑が建ててあり、「板
碑の立つ塚」として、昔から注目されてきました。
 昭和三十年に地元の郷土史家により、この塚の西側が発
掘調査され、鎌倉時代から南北朝時代の蔵骨器(四個)が
出土しています。
 平成十七年に学術調査を行ったところ、塚の東側から、
石にお経の文字を写した「礫石経」が大量に出土しました。
この調査により、現存の塚の高まりは、元弘三年(一三三
三)の分倍河原の合戦で亡くなった三千人の戦死者を埋葬
したという伝承とは関係がなく、江戸時代に造られたもの
であることがわかりました。
 三千人塚は、鎌倉時代から室町時代の在地の有力者一族
による小さな塚(墓)の点在した場所が、江戸時代には信
仰の対象となり、地元の文化財として今日まで大切にされ
てきたといえます
 平成十八年三月一日
                  東京都教育委員会



「三千人塚(石仏塚)」ー東京都指定史跡ー5

 塚上の、多摩地区最古という康元元年(1256)の板碑です。
 

「三千人塚(石仏塚)」ー東京都指定史跡ー6 

 宮町3丁目の「ふるさと府中歴史館」には、三千人塚から出土したという礫石経が展示されています。
 江戸時代後期のもので、「佛」「法」「濁」「是」「却」など法華経の文字が石に角が記されています。


「分倍河原古戦場碑」

 三千人塚から西に800mほどでしょうか。分梅町2丁目の新田川緑道には「分倍河原古戦場碑」が建てられており、「分倍河原古戦場」は東京都の旧跡に指定されています。
 東京都教育委員会により設置された説明板には次のように書かれています。

東京都指定旧跡
   分倍河原古戦場
        所在地 府中市分梅町二ー五九
        指 定 大正八年十月
 文永(一二七四)、弘安(一二八一)の役を経験
した頃、北条執権政治は根底からゆるぎ御家人救
済の方法として徳政令を発布したが、これがか
えって政権破滅の速度を速めた。元弘三年(一三
三三)五月、新田義貞は執権北条高時を鎌倉に攻
めるため、上野、武蔵、越後の兵を率いて上野国
新田庄から一路南下し、所沢地方の小手指ヶ原で
北条方の副将長崎高重、桜田貞国を破り(五月十
一日)、さらに久米川の戦で優位に立った。北条
方は分倍に陣を敷き、北条泰家を総帥として新田
勢を迎撃した。新田勢は敗れて所沢方面に逃れた
が、この時、武蔵国分寺は新田勢のために焼失さ
せられたという。その夜(五月十五日)、新田勢に
三浦義勝をはじめ相模の豪族が多く協力し、十六
日未明再び分倍の北条勢を急襲し、これを破って
一路鎌倉を攻め二十二日に鎌倉幕府は滅亡した。
平成十年三月 建設
              東京都教育委員会



「新田義貞公之像」

 JR南武線と京王線が交わる分倍河原駅南東側のロータリーには「新田義貞公之像」が。
 国府が置かれたというこの地域の歴史上最も大きな出来事は、やっぱり分倍河原の合戦なのかなあと、つくづく感じてしまいます。

 「新田義貞公之像」南側の歩道には石碑が建てられており、次のように刻まれています。

 この像は、新田義貞と北条泰家の軍勢が鎌倉幕府の興亡をかけて火花を散らし
た分倍河原合戦 を題材に、武士の情熱と夢をモチーフとして制作したものである。
 元弘三年(一三三三)五月八日、上州生品神社(群馬県新田町)の社前で鎌倉
討幕の旗を上げた新田義貞は、越後・甲斐・信濃の同族軍等を糾合、翌九日には
利根川を渡って武蔵国へ入り、千寿王(後の足利義詮)と合流し一路鎌倉を目指
して南下した。一方、幕府軍は入間川で新田軍を阻止するため北上、同月十一日、
両軍は小手指原(所沢市)で遭遇し合戦となった。合戦の勝敗は容易に決しない
まま十二日の久米川の合戦につづき新田軍有利の中で、幕府軍は陣立てのため急
ぎ府中の分倍河原まで退いた。
 同月十五日未明、新田軍は多摩川突破を目指して武蔵国府中を攻め分倍河原に
おいて大いに戦ったが、泰家率いる幕府軍の逆襲にあって大敗を喫し、掘兼(狭
山市)まで敗走した。この時、新田軍の手によって武蔵国分寺の伽藍は灰燼に帰
してしまったといわれている。その夜、掘兼まで後退した焦燥の義貞のもとに相
模の三浦義勝らが相模の国人衆を引き連れて参陣した。幕府の本拠地である相模
の国人衆の加勢に意を強くした義貞は、翌十六日の未明に怒涛の如く分倍河原を
急襲、前日の勝利におごり油断していた幕府軍は、武具を整える間もなく総崩れ
となり、鎌倉の最後の防御線である多摩川は一気に破られ分倍河原合戦は新田軍
の大勝利に終わった。多摩川を越えて鎌倉に進撃した新田軍は、鎌倉で激しい市
街戦を展開し、終に百四十年余り続いた鎌倉幕府を滅亡させたのである。
 こうした史実を通して市民の郷土史への理解を深めるとともに、これを後世に
伝えるため、日本の中世史上重要な意義を持つ分倍河原合戦ゆかりのモニュメン
トを制作し、この地に設置するものである。
 制作は、我が国彫刻界の重鎭で文化功労者・日本芸術院会員の富永直樹先生、
題字は、府中市長吉野和男の揮毫による。
 この「新田義貞公之像」が永くふるさと府中の歴史を伝え、市民の心に生きつ
づけることを願うものである。
     昭和六十三年五月
                                府中市



 分倍河原合戦に関連する塚は府中市内に数多く存在しますが、この「三千人塚」が経石塚で、「耳塚」や「首塚」は古墳、「胴塚」の所在はわからなくなっているようですし、真の三千人塚がどこかに存在するとなれば、とても気になります。(もちろん、宅地化によって消滅している可能性も高いわけですが。。。)
 まだ未発掘らしき押立町の「亀井塚」や、谷保の「御岳塚」あたりが発掘されると、何が出てくるんだろう。。。
 
<参考文献>
猿渡盛厚『武蔵府中物語』
府中市教育委員会『府中市内旧名調査報告書 道・坂・塚・川・堰・橋の名前』
府中市郷土の森博物館『あるむぜお 74号』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2019/09/30(月) 23:59:37|
  2. 府中市/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「本宿一里塚」

「本宿一里塚」1

 画像は、府中市日新町1丁目に所在する「本宿一里塚」を南から見たところです。

 この本宿一里塚は、江戸からちょうど八里目にあたる一里塚です。『東京都遺跡地図』には府中市の遺跡番号8番の遺跡として登録されており、昭59年(1984)1月27日に遺跡範囲のすべてが「甲州街道本宿一里塚跡」として府中市の史跡として指定史されています。
 現在はNEC府中事業場内にあり、当日は許可を得て見学させていただきました。


「本宿一里塚」2

 右側に見えるのは、昭和43年に当時の日本電気(株)により建てられた「史跡 甲州道中一里塚」の石碑です。この石碑には次のように刻まれています。

 史跡 甲州道中一里塚
 一里塚は、江戸時代、街道一里毎に作られた塚で、明治以降
交通機関の発達などにより、多くは取り崩されている。
その基点は、日本橋で、道の両側に土?を築き榎を植え、行旅の
便利を計ったものである。夏は、緑陰が何よりの休息所となり、
秋には、その実が飢えをしのぎ、又、日本橋からの里程を知らせ
るのに役立ち、旅人に親しまれた。  甲州古街道は、府中宿か
ら、この附近を通り青柳下へ出て多摩川を渡り、日野万願寺へと
続いていた。丁度、ここには、江戸より八里の塚があった。
 よって、塚を復し碑を建て後世に伝える。
 昭和43年11月3日 日本電気株式會社 府中事業所




「本宿一里塚」3

 塚のようすです。
 石碑の説明文からすると、塚は復元されたものなのでしょうか。
 塚上に植えられているマサキの木の根が、塚の表面をびっしりと覆っています。


「本宿一里塚」4

 府中市教育委員会により設置された説明板です。
 劣化が激しくほとんど判読不能です。笑。
 最近の夏の暑さは半端じゃないですからね。
 古い説明板の劣化が早いかもしれません。

 帰宅してから解読したところ、次のように書かれていました。

   府中市指定文化財
 市史跡 甲州街道本宿一里塚跡
         昭和五十九年一月二十七日指定
 一里塚は旅人に里程を知らせるため、街道の両側
に一里(約四キロ)ごとに築かれた塚で、我国では
江戸時代になり制度として確立した。すなわち、慶
長九年(一六〇四)徳川家康は江戸日本橋を起点と
して東海・東山・北陸の三道に一里塚を築かせ、そ
れを全国に普及させた。
 塚上には塚を固めるため榎をはじめ松やけやき等
が植えられ、これが旅人にとっては日ざしをさける
木かげの休所となった。
 この本塾一里塚跡は、慶長年中に整備された甲州
街道の日本橋から八里のところに設けられた一里塚
の跡である。
 昭和五十九年七月
               府中市教育委員会



<参考文献>
現地説明版


人気ブログランキングへ


  1. 2019/09/29(日) 07:02:59|
  2. 府中市/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「甲州街道常久一里塚跡」ー府中市指定史跡ー

「甲州街道常久一里塚」

 画像は、府中市清水が丘3丁目の「常久一里塚」を北東から見たところです。『東京都遺跡地図』には府中市の遺跡番号25番に登録されており、昭和59年には府中市の文化財として指定されています。

 「一里塚」は、戦国時代末期にはすでに存在していたようですが、慶長9年(1604)、江戸幕府によって整備が行われ、江戸日本橋を起点として主要街道の両側に1里 (36町=約4km) ごとに塚が築かれました。
 甲州街道は江戸幕府によって整備された五街道のひとつで、東京都中央区から山梨県につながる主要街道です。東西に長い現在の東京都にあってこの甲州街道も東西に走っており、都内では一里塚が最も多い街道です。
 1里目の千代田区隼町から14里目の八王子市裏高尾町の小仏峠までが東京都内にあり、常久一里塚は7里目にあたります。
 塚自体はすでに削平されて消滅しているようですが、跡地には「史跡一里塚」の石碑と府中市教育委員会による説明板が設置されています。

  この地域ではバイパスが完成しており、旧来の「旧甲州街道」と新しい「新甲州街道(新道)」が並行に走っています。この一里塚の場所では、一番北側に現在の新甲州街道(国道20号)が走り、その南に並行して旧甲州街道があり、常久一里塚跡はそのさらに南側の品川道沿いに存在します。
 ということは、この品川道がかつての甲州街道だったというわけか?と意外な感じがします。


「甲州街道常久一里塚」

 跡地には、「史跡一里塚」と刻まれた石碑と、府中市教育委員会により説明板が設置されています。
 説明板には次のように書かれています。

 府中市指定文化財
  市史跡 甲州街道常久一里塚跡

    昭和五十九年一月二十七日指定

 一里塚は旅人に里程を知らせるため、街道の両側に
一里(約四キロ)ごとに築かれた塚で、わが国では江
戸時代になり制度として確立した。すなわち、慶長九
年(一六〇四)徳川家康は江戸日本橋を起点として東
海・東山・北陸の三道に一里塚を築かせ、それを全国
に普及させた。
 塚上には塚を固めるため、榎をはじめ松や欅などが
植えられ、これが旅人にとっては日ざしをさける木か
げの休所となった。
 この常久一里塚跡は、江戸初期に整備された甲州街
道の日本橋から七里のところに設けられた一里塚の跡
と伝えられているものである。府中市内では、このほ
か日進町一丁目の日本電気株式会社府中事業所内にあ
る一里塚跡が「市史跡 甲州街道本宿一里塚跡」とし
て府中市指定文化財となっている。

 平成十五年三月
              府中市教育委員会



<参考文献>
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2019/09/21(土) 23:24:18|
  2. 府中市/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「浅間神社」

「浅間神社」

 府中市若松町には、古くから「浅間山」と呼ばれる丘陵が存在します。
 この浅間山は、前山・中山・堂山という三つの小さな峰からなり、現在は「浅間山公園」として整備されています。海抜80mと、周囲との標高差は30mほどしかない小さな丘陵ですが、多摩川対岸の多摩丘陵と同様に、古多摩川やその他の河川により周囲が削り取られ、ここだけが独立丘として残ったものと考えられています。
 古くは、近くに人見村があったことから「人見山」と呼ばれており、『新編武蔵風土記稿』によると、平地に突出して塚のような形状であったことから「人見塚」とも呼ばれていたようです。また、堂山と呼ばれる丘の頂上に浅間神社が祀られたことから、「浅間山」と呼ばれるようになっなったともいわれています。

 画像は「堂山」と呼ばれる丘陵を南東から見たところです。


「浅間神社」

 実は、この場所を訪れてから5年近く経ってしまいました(『古墳”なう”』というタイトルどうなのよと)。
 府中市内の古墳や史跡をめぐって散々自転車で走り回った後の夕方、「浅間」の文字が心に引っかかって、なんとな〜く立ち寄りました。もはや足がパンパンで、「くわー!これからこの石段を登るのかョ!」と少々怯みましたが、「いや、浅間神社だし何かあるかもしれないし、写真を撮るなら今がギリギリだし!」と考えて、必死で登りました。笑。

 画像が、石段を登りきった丘陵の頂部で見た光景です。
 「げ。古墳みたいな塚がある。。。」と疲れが吹っ飛びました。


「浅間神社」

 南から見た塚の様子です。
 富士塚というよりも「浅間塚」ということになるでしょうか。

 この浅間神社の祭神は、木花開耶姫命が祀られています。
 毎年4月には、この神社のお祭りが行われているそうです。


「浅間神社」

 この丘の南西方面は分倍河原、北西方面は人見ヶ原と呼ばれる、南北朝時代に足利尊氏と新田義興・義宗兄弟の軍が両朝の命運をかけて戦った古戦場で、周辺地域には、「首塚」や「胴塚」といった合戦の戦死者を祀った塚も数多く存在したようです。深読みすると、ひょっとしたらこの浅間塚も、元々は何か別の由来のある塚を流用した可能性も考えられるかも知れません(古墳を流用した可能性はあまり感じられませんが)。

 当然ながらこの後はどんどん日が暮れて、真っ暗な中を中央線方面まで自転車で帰りました。冬は、暗くなると急に体感温度が落ちるので、自転車はなかなか厳しいのですが、最近はあまり無理はしていません。。。

<参考文献>
現地説明板


人気ブログランキングへ

  1. 2019/09/14(土) 23:29:59|
  2. 府中市/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (10)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (13)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (16)
豊島区の古墳・塚 (3)
文京区の古墳・塚 (8)
杉並区の古墳・塚 (18)
中野区の古墳・塚 (17)
新宿区の古墳・塚 (19)
千代田区の古墳・塚 (7)
目黒区の古墳・塚 (9)
渋谷区の古墳・塚 (19)
港区の古墳・塚 (8)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (15)
大田区/田園調布古墳群 (34)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (8)
大田区/その他の古墳・塚 (52)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (9)
世田谷区/大蔵古墳群 (0)
世田谷区/砧中学校古墳群 (2)
世田谷区/喜多見古墳群 (13)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (18)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (7)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (1)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (14)
府中市/高倉古墳群 (32)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (15)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (9)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (8)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (12)
町田市/能ケ谷香山古墳群 (0)
町田市/その他の古墳・塚 (20)
八王子市の古墳・塚 (33)
昭島市/浄土古墳群 (1)
昭島市/その他の古墳・塚 (2)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (5)
小金井市•国分寺市の塚 (0)
東村山市•東大和市の塚 (9)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (47)
横浜市の古墳・塚 (0)
相模原市の古墳・塚 (7)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (8)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
未分類 (8)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR