古墳なう

ご〜ご〜ひでりんの古墳探訪記

「布田九塚 その3」

 今回は布田九塚シリーズの最終回、『布田九塚 その3』と題して、広範囲に分布したと考えられる布田九塚のうち「上布田古墳群」の範囲内に存在したと思われる塚の推定地を探っていきたいと思います。今回も、地元の郷土史家である石森直吉氏により書かれたという塚の所在地を記した手書きの地図とわずかな文献のみが手がかりですが、おおよその位置を推定出来る塚を紹介しようと思います。

「ツカ」

 画像は、布田九塚の手書きの地図の、上布田古墳群中南東側に位置する塚の跡地周辺のようすです。比較的大きな塚である円形のマークが記されており、カタカナで「ツカ」とのみ書かれています。東西に走る品川道と、南北に走る調布駅に向かう白山通りが交差する辻の南西角に所在したと推定される塚で、画像の、弧を描くようにカーブする道路の左側あたりに塚が存在したと考えられます。この道の形状も、塚の痕跡である可能性も考えられるところですが、詳細はわかりません。周辺は完全に宅地化が行われており、塚の痕跡は全く残されていないようです。


「旧品川みち」

 この場所は断片的にわずかに残る品川道の旧道で、「旧品川みち」の標識と、調布市教育委員会による「旧品川道」の説明板が設置されています。説明板には次のように書かれています。

 旧品川道(いかだ道)

 この掲示板の脇に東西につながる道は、かつ
ての品川道である。
 この道は、今の府中に武蔵国府がおかれたこ
ろ、相模国から国府に行き来する旅人たちの交
通路であるとともに、東海道方面に通じる脇街
道であったという。また、府中の大国魂神社(六
社宮)の大祭にさいして清めに用いる海水を、
品川の海から運ぶための重要な道であった。
 この品川道は、府中から調布を通り、狛江・
世田谷を経て、品川の立会川付近で東海道に結
ばれていたといわれている。
 近世になると、筏乗たちが多摩川の上流から
河口まで材木を運びその帰り道に利用したので、
「いかだ道」とも呼ばれていた。このような由
緒ある品川道も、今では市内のところどころに
残るのみである。
(国府は政府の出先機関としての役所)
平成元年二月十日
             調布市教育委員会


 帰宅後に画像をチェックしていて気がついたのですが、中央に見えるのは火の見櫓だったのですね。いつだったか瑞穂町を探訪していて、火の見櫓の存在が妙に気になっていたのですが、古墳の痕跡ばかりを気にして、あまり空を(上を)見上げなくなってしまっているなあと、妙な反省をしました。。。


「白山宮神社」

 画像は、調布市布田5丁目に所在する「白山宮神社」を東から見たところです。布田九塚の手書きの地図には、この白山宮神社と思われる鳥居が描かれており、この西側に円形の塚マークが記されています。名称はなく、大きさからしてかなり小さな塚だったのではないかと推定されますが、周辺の古墳の分布状況や府中崖線からの距離からすると、古墳であった可能性も考えられる、気になる塚です。


「白山宮神社」

 画像は白山宮神社境内のようすです。少なくともこの敷地内に塚の痕跡は見られません。塚の推定地と考えられる社殿の西側の地域も宅地化が進んでおり、やはり塚の痕跡は残されていないようです。
 さらには、白山宮神社南側の三軒家と呼ばれる地域にも、鳥居のマークの西側に同じような小さな塚のマークが記されています。この塚に関しては、神社か祠の存在も発見できず、塚の痕跡も見つけることは出来ませんでした。戦後の空中写真等で確認すると、まだ宅地化される以前の畑の中にポツリと塚かもしれない影を見ることが出来るのですが、現在のこの周辺は宅地化が進んでいます。


「上布田4号墳(庚塚)」

 画像は、2017年3月25日付『古墳なう』の「上布田4号墳(庚塚)」の回でも紹介した、庚塚跡地と推定される南側の民家の敷地内に存在する祠です。布田九塚の手書きの地図にある「カナモリイナリ」と書かれた稲荷はこの祠ではないかと思われるのですが、確信はありません。最近になって画像を見てみると、祠の周囲に石造物らしき存在があり、もしこの石造物の中に庚申塔があればこの場所が庚塚で間違いないと思うのですが、散策している当日は気がつかず、確認しませんでした。。。


「カナモリイナリ」

 布田九塚の地図では、「カナモリイナリ」の鳥居のマークの南側に小さな円形の塚マークが記されています。庚塚の跡地と推定されている場所は祠の民家の北側の駐車場の場所ですので、地図とは矛盾するのですが、この地図が描かれた当時は塚の北側に祠が祀られていたのかもしれませんし、真相はわかりません。
 現地を散策すると、祠の北側の道路の形状が弧を描くようにS字にクランクしていて、古墳の痕跡ではないかと妄想してしまいます。。。


「上布田3号墳(飯盛塚)」

 画像は、2017年3月23日付『古墳なう』で紹介した「上布田3号墳(飯盛塚)」の跡地周辺のようすです。道路が左に折れ曲がった右側あたりが飯盛塚の跡地です。布田九塚の地図では、実際の道路の曲がり方と逆になっていてわかり難いのですが、この周辺の道は昭和初期から変わっていないようなので、この道路の曲がり方は古墳の痕跡といえるかもしれません。。。


「古天神」

 「布田九塚」の最後は、「古天神」と書かれたかなり大きな円形のマークの塚です。この古天神とは、現在は甲州街道の北側に移された「布多天神社」の旧地を指す名称で、文明9年(1477)の多摩川の洪水のために移されたといわれています。この神社は「延喜式神名帳」に記載されている古社で式内社多摩八座のひとつであり、現在の布田5丁目53番地周辺が伝承地とされています。
 宅地化が進む以前のこの場所は雑木林となっており、これは戦後の空中写真等で確認することが出来ます。これを現在の地図と重ね合わせると、布田九塚の地図にある円形のマークの塚が発掘調査により存在が確認された3基の古墳のいずれかであると仮定すると、「古天神1号墳」である可能性を感じます。この地図が書かれた当時は、雑木林の中に古墳の墳丘が残されていたのではないかと思われますが、これも真相はわかりません。
 画像は、「古天神2号墳」が保存されている「市立古天神公園」のようすです。

 さて、ここまで「布田九塚」と呼ばれた、古墳の可能性も考えられる塚の跡地をめぐってみました。調布市の郷土研究家である故石森直吉の手記、『たづくりを巡りて』には、「扇台塚」や「砂利塚」といった、所在地不明の塚の名称も存在します。また、府中崖線から一段下がった崖下の水田地帯にも、「三本松塚」、「神明塚」、「不動の森塚」といった名称の塚が存在したともいわれています。
 今後の調査により、これらの未確認の塚の所在が明らかにされる日を楽しみに待ちたいと思います。。。

<参考文献>
調布市市史編集委員会『調布市史 上巻』
調布市史編纂委員会『調布市史 民俗編』
多摩中央信用金庫『多摩のあゆみ 第52号』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2017/05/06(土) 01:35:35|
  2. その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「布田九塚 その2」

「椿稲荷(小山稲荷)」

 前回に続き、今回は『布田九塚 その2』と題して、広範囲に分布したと考えられる布田九塚のうち、下布田古墳群の範囲内に存在したと思われる塚の推定地を探っていきたいと思います。手がかりは、地元の郷土史家である石森直吉氏により書かれたという塚の所在地を記した手書きの地図とわずかな文献のみですが、おおよその位置を推定出来る塚も存在します。

 画像は、調布市布田6丁目41番地付近に所在する「椿稲荷(小山稲荷)」を北東から見たところです。品川道沿いの「椿地蔵前」交差点の南西角にあり、享保二十年(1735)造立の地蔵尊が一体安置されています。敷地内に「シロハナヤブツバキ」という自然状態ではまれに見られる珍しいツバキがあることが「椿地蔵」の名称の由来となっているというお地蔵様です。
 布田九塚の地図には、円形の塚のマークの中にお地蔵様が描かれていますので、かつてはこの地蔵は塚上に祀られていたようです。ただし、この地蔵とツバキは品川道の拡張工事の際に、現位置よりも北に約5メートルの位置から移されているようですので、この場所に古墳が存在したとすれば、現在は品川街道のアスファルトの下(画像右側の横断歩道のあたり?)に埋没しているのかもしれません。


「椿稲荷(小山稲荷)」

 画像は、椿地蔵を正面(北)から見たところです。敷地内がうっすらと盛り上がっているようにも見えるのが気になるところです。。。


「椿稲荷(小山稲荷)」

 画像は、椿地蔵の敷地内のようすです。敷地内に保存されている樹齢約700年と推定されるシロハナヤブツバキは、昭和41年(1966)4月1日に調布市の天然記念物(植物)に指定されています。かつては五幹に分かれ、高さは約5メートル、東西7メートル、南北8メートルにわたって茂っていたようですが、平成2年頃に樹勢が衰え、回復に努めたものの、現在残っているのは、枝分れの一本とひこばえです。平成23年にも樹勢回復作業を行っているようです。


「山口稲荷」

 布田九塚の地図には、品川道の北側に「旧ツカ」の名称で、三角のマークの小塚が描かれています。現在の品川道のあたりからは、近年の発掘調査により「下布田16号墳」が確認されており、小塚は16号墳である可能性も考えられますが、地図で上では品川道から少し離れた位置に塚が描かれていることから、画像の「山口稲荷」のあたりが小塚の推定地ではないかと考えました。
 この塚に関しては位置を特定するための情報がなく、根拠はありません。周辺を歩いてみた感覚で、このあたりかなあという感じです。山口稲荷周辺に塚の痕跡は残されていないようです。


「狐塚(下布田6号墳)」

 画像は「狐塚(下布田6号墳)」を北西から見たところです。この古墳は、『古墳なう』の2015年12月15日の回でも一度取り上げていますが、「布田九塚」において唯一残存する古墳で、発掘調査ののちに「歴史の広場」として整備、公開されています。平成26年(2014)3月14日には、「下布田6号墳(狐塚古墳)及び出土品」が、調布市指定記念物(史跡) として登録されています。


「釈迦塚」

 「釈迦塚」は、この塚が古墳であれば「下布田古墳群」に属する古墳であると思われ、この地域で一番大きな塚であったともいわれています。
 この周辺の古墳については明治時代に井上喜久治氏が報告しており、明治26年発刊の『東京人類学会雑誌 第93号』に掲載されている「玉川沿岸遺跡探検の記」には「(前略)翌十四日案内者を雇ひ再ひ玉川沿岸に至て古墳の二三ヶ處に散在しあるを見る何れも皆土饅頭にして石槨の顯れたるものなし此處は總て調布村の内にして右二三個の内釋迦塚と云云るは大なるものにして先年發掘の際石槨顯れたるも今は舊に復して其形狀を見る能はず(後略)」とあり、なんとこの当時23基もの古墳と考えられる塚が残されていたことが記載されています。また、「狐塚の西方」に所在したとされる釈迦塚は、付近に埴輪の破片が散布しており、面積260平方メートル、高さ3.6メートルの円墳であったされています。この釈迦塚の所在地について、調布市郷土史料保存会より発行された『調布のあゆみ』では「今の布田6–27~28」としています。画像はこの釈迦塚の跡地周辺を南西から見たところです。
 下布田古墳群は、まだ発掘が行われていない空白地帯があり、釈迦塚についても学術的な調査は行われていないために詳細は不明ですが、「埴輪の破片が散布していた」という記述からしてこの釈迦塚が古墳であった可能性はかなり高いのかもしれません。ちなみにこの推定地の西側では、比較的大形の円墳である「下布田17号墳」が確認されています。果たしてこの17号墳が釈迦塚であったのか、未調査の区画から今後釈迦塚が確認されるのか、調査の進展が楽しみな古墳です。


「釈迦塚」

「釈迦塚」

 画像は、調布市布田2丁目の蓮慶寺に安置されている「釈迦如来座像」を南から見たところです。このお釈迦さまは元々は釈迦塚の近くに祀ってあったといわれており、塚の名もそこから付けられたそうです。お釈迦さまは、明治以降から流浪の旅をすることとなり、昭和38年から八雲小学校北裏の荒井茶舗に置かれた後、現在では蓮慶寺に移されて大切に保護されています。


「下布田7号墳」

 布田九塚の手書きの地図には釈迦塚と狐塚の間に小さな塚が描かれていますが、これは発掘調査により確認されている「下布田7号墳」である可能性が高いように思います。明治初年の地租改正の際に作成された『地籍図』には、下布田7号墳ではないかと考えられる不規則に小さな区画が存在しており、地籍図が作成された時点では古墳の墳丘の高まりが残されていたのではないかと想定されている古墳です。戦後の空中写真でもわずかに7号墳の墳丘らしき影を確認することができます。この古墳は、外径22m、内径15.2mの円墳であることがわかっています。


布田九塚2-10

 布田九塚の手書きの地図を参考にすると、狐塚の南東に「サイド」と書かれた塚と、南西に「旧ツカ」と書かれた、それぞれ三角マークの小塚が描かれています。また釈迦塚の南西方向に1基、「ツカ」と書かれた丸いマークの大きな塚が描かれています。狐塚の南西と南東に描かれている2基の小塚は、発掘調査により確認されている「下布田3号墳」と「同5号墳」ではないかと考えるのが妥当ではないでしょうか。この下布田地区一帯は、第二次世界大戦中の高射第一1師団高射砲第112連隊第14中隊の矢ケ崎照空隊陣地が設営された場所であったといわれており、この照空灯は、当時残存していた3号墳と5号墳の墳丘を流用して設置されていたといわれています。そして、昭和初期の空中写真で2基の古墳の墳丘らしき影を確認することができます。
 また、釈迦塚の南西方向の大塚は、調布市郷土博物館分室の西側に現存する塚と考えるのが妥当ではないでしょうか。この塚は、近年行われた発掘調査により性格は判明していないという正体不明の塚ですが、現在もマウンドが残存するこの塚は当然昭和初期にも存在したはずです。ただし、この正体不明の塚は、内径31.8mの円墳である「下布田3号墳」や内径約17mほどの円墳であるとされる「下布田5号墳」と比較するとかなり小さな塚であり、釈迦塚の南西の「ツカ」が丸い大塚のマークで書かれていることからすると、未発掘の地域に狐塚や釈迦塚と同程度の未知なる古墳が存在した可能性も考えられるかもしれません。

 以下、次回の「布田九塚 その3」へ続く…

<参考文献>
井上喜久治「玉川沿岸遺跡探検の記」『東京人類学会雑誌 第93号』
石森直吉『たづくりを巡りて』
調布市市史編集委員会『調布市史 上巻』
多摩中央信用金庫『多摩のあゆみ 第52号』
調布市郷土博物館『下布田古墳群の調査』
企画調整部広報課『調布こぼれ話』
調布ブッククラブ『調布の民話集』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/04/26(水) 01:53:47|
  2. その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

「布田九塚 その1」

「布田九塚」原図

 調布市の郷土研究家、故石森直吉の手記『たづくりを巡りて』には、この調布市布田周辺の墳丘が削平されて失われた古墳(塚)について書かれています。同書によると、品川道の南側の崖線付近には、狐塚、釈迦塚、飯盛塚、扇台塚、砂利塚といった多くの塚が分布しており、これらは「布田九塚」と呼ばれていたそうです。また、崖下の水田地帯にも、三本松塚・神明塚・不動の森塚といった塚があったといわれています。
 この布田九塚と呼ばれる古墳(もしくはこれに類似する塚)は、ほとんどが太平洋戦争中から戦後にかけて削平されており、痕跡を残すのは、発掘調査の結果古墳であることが確認された「狐塚(下布田6号墳)」1基のみです。ほかに「飯盛塚(上布田3号墳)」と「庚塚(上布田4号墳)」の2基が『東京都遺跡地図』に登録されているものの、これ以外の塚は所在地もわからなくなっているようです。ただし、地元の郷土史家である石森直吉氏により書かれた、塚の所在地を記した手書きの地図が残されており、おおよその塚の位置は知ることが出来ます。(実際には円形マークが大塚、三角マークが小塚で、合わせて18基が記されています。)
 今回はこの地図を頼りに、布田九塚と呼ばれた塚のうちの国領南古墳群の範囲内に存在したと思われる塚の跡地を探ってみました。

「十万石稲荷(小山稲荷)」

 画像は「十万石稲荷(小山稲荷)」を北西から見たところです。
 この近くに十万石大名の蔵があった伝承に由来するといわれる神社で、国領町4丁目12番地付近の三角地に祀られています。果たしてこの場所に古墳が存在したのでしょうか。。。


「十万石稲荷(小山稲荷)」

 画像は、十万石稲荷の境内のようすです。地図を参考にすると、鳥居のマークより西の道路側に円形の塚のマークが記されていますので、画像の手前のあたりが塚の跡地かと考えられますが、周囲は開発による宅地化が進んでいることから境内が狭くなっている可能性もあり、また社殿の位置が変わっている可能性も考えられますので、正確な塚の位置は何ともいえないところです。境内に特に地面が盛り上がっているような場所も見当らず、痕跡は残されていないようです。
 府中崖線からかなり距離のあるこの場所に古墳が存在した可能性は考え難いようにも思いますが、発掘調査は行われていないため詳細は不明です。


「十万石稲荷(小山稲荷)」

 西から見た十万石稲荷です。やっぱり三角地なんだ!という感じですね。。。


「赤稲荷(衢稲荷)」

 続いて、国領町5丁目37番地付近に所在する「赤稲荷(衢稲荷)」です。品川道沿いの「国領町5丁目」交差点の北東角にあり、調布市史編纂委員会より発行された『調布市史 民俗編』には「社と地続きの範囲の上ヶ給の地付の家七、八軒で祀る大人のビシャ講は今もあるが、子供のコモリ行事は三〇年ころまでだった。」と書かれています。
 ちなみに布田九塚の地図には「血又イナリ」と書かれているのが気になるところですが、どんな意味があるのでしょうか。。。


「赤稲荷(衢稲荷)」

 分布図では塚のマークの円形の中に神社の鳥居が描かれていますので、稲荷の祠は塚上に祀られているものと思われます。画像は赤稲荷を南西から見たところですが、確かに稲荷の敷地は周囲よりも若干高くなっており、塚の跡地であることを感じさせます。


「赤稲荷(衢稲荷)」

 赤稲荷境内のようす。祠の位置がわずかに高く盛り上がっているようですが、この地膨れのほかには、古墳跡であるような痕跡は特に見られないようです。赤稲荷も府中崖線縁辺部からは少し距離があるようですので、この場所が古墳であったかどうかは微妙なところですが、近年の発掘調査により、崖線から離れた位置に存在する下布田16号墳が発見されていますので、この赤稲荷が古墳跡である可能性も考えられるかもしれません。


Y字路の間の無名塚

 画像は、調布市国領町6丁目3番地付近を南から見たところです。布田九塚の地図を参考にすると、このY字路の間の三角地周辺に古墳らしき塚が存在したようです。この塚には名称の記載がなく、また周辺に塚らしき痕跡は全く見ることが出来ず、詳細はわかりません。

 ちなみに、このY字路を右に進んだ右手の京王バスの調布営業所の敷地が、発掘調査により「国領南2号墳」が検出された場所です。布田九塚の地図にも、この辺りに三角の小塚のマークが記されており、「稲荷山跡」と書かれています。おそらくこの塚は、国領南2号墳と同一のものではなく、稲荷山はもう少し南側にあったのではないかと思われるのですが、この塚についてはあまり深追いはせず、画像はありません。。。

以下、次回の「布田九塚 その2」へ続く…

<参考文献>
調布市市史編集委員会『調布市史 上巻』
調布市史編纂委員会『調布市史 民俗編』
多摩中央信用金庫『多摩のあゆみ 第52号』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/04/22(土) 00:15:49|
  2. その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「十三坊塚」

調布市 十三坊塚

 調布市内には「十三塚」の伝承が残されているようです。江戸時代の地誌『新編武蔵風土記稿』には、上布田宿の項に「十三坊塚 乾ノ方ニアリ」とあり、小島分村の項には「十三坊塚 又十三本塚トモイヘリ街道ノ北裏ニアリ」と書かれています。この上布田宿の乾と小島分の甲州街道の北裏とは同じ場所を指しており、これは現在の調布市調布ヶ丘1丁目の一部から同3丁目の一部にかけてであるようですが、近年の町名改正以前のこの地域が「塚通」という字名であったことから、この地域に「十三坊塚」呼ばれる塚が存在したことが想定されているようです。

 十三塚については、柳田国男氏と堀市郎氏による『十三塚考』に秋田県から鹿児島県に及ぶ223ヶ所が取り上げられており、昭和59年(1984)に発刊された『十三塚―実測調査・考察編―』には333ヶ所の十三塚が取り上げられています。十三塚は、13基の塚が一列に並ぶ列塚をなすものが最も多く、東京都内で唯一現存する稲城市平尾と川崎市白鳥との境に所在する十三塚は1m前後の小さな塚が東西方向に一直線に並び、中央の1基が若干高いという典型的な十三塚の形態となっているようですが、北区や荒川区内に存在したという「十三坊塚」は点在しており、塚ではなく古墳群だったのではないかという説もあるようです。
 この調布の十三坊塚については、早い時期に消滅しており、また塚にまつわる伝承も残されていないことから、どんな性格の塚であったかはわからなくなっています。。。

<参考文献>
調布市市史編集委員会『調布市史 上巻』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/04/19(水) 08:20:25|
  2. その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「郷土博物館分室西側の正体不明の塚」

「郷土博物館分室西側の正体不明の塚」

 画像は、調布市郷土博物館分室の西側、調布市小島町3丁目に所在する正体不明のマウンドです。

 このマウンドは、調布市布田6丁目地域を中心とする「下布田遺跡」の崖線際に所在しており、平成14年(2002)3月に学術調査が行われています。塚は、人為的に版築された構築物であることが判明しています。
 版築土には円礫と縄文時代の石器が混入しており、周辺からはこの塚に伴う周溝は確認されなかったようです。また、塚の頂部の地表直下からは、粉状の骨と寛永通宝6枚が納められた、江戸時代の壺を容器とした蔵骨器が出土しているものの、地表直下から出土していることから、この埋納が塚の築造の本来の目的ではないのではないかと考えられています。現時点では、この塚の築造時期や性格は不明とされています。

 「下布田古墳群」は、多摩川中流域左岸の立川段丘縁辺部に立地していますが、この地域は南東から北西方向にかけて僅かな段差があり、これは古多摩川によって形成されたと考えられています。このうち古墳群は北側の高位段丘面の縁辺部に沿う形で形成されており、低位段丘面には古墳時代後期集落が広がっています。低位段丘面からはこれまで古墳は確認されていないことから、やはりこの塚が古墳であるとは考え難いかもしれません。。。

<参考文献>
調布市遺跡調査会『下布田遺跡 ―第70地点(宅地造成工事)の調査―』
調布市教育委員会『埋蔵文化財年報 ―平成23年度―』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/04/16(日) 22:54:04|
  2. その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

カテゴリ

足立区 (4)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (0)
葛飾区 (6)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (3)
墨田区 (0)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (11)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (6)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
練馬区 (7)
杉並区 (12)
中野区 (9)
豊島区 (2)
新宿区 (0)
渋谷区 (17)
目黒区 (8)
文京区 (3)
千代田区 (3)
港区 (4)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (89)
田園調布古墳群 (29)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (54)
野毛古墳群 (13)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (6)
その他の古墳・塚 (11)
三鷹市 (4)
狛江市 (43)
狛江古墳群-和泉支群 (17)
狛江古墳群-岩戸支群 (3)
狛江古墳群-猪方支群 (23)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (55)
国領南古墳群 (2)
下布田古墳群 (16)
上布田古墳群 (7)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (11)
府中市 (77)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市内の塚 (10)
国立市 (24)
下谷保古墳群 (12)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (9)
立川市 (14)
稲城市 (0)
多摩市 (4)
和田古墳群 (4)
多摩市内の塚 (0)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (4)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (47)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (16)
日の出町 (2)
青梅市 (11)
古墳空白地域 (19)
西東京•清瀬•東久留米市 (0)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (7)
福生市•羽村市•瑞穂町 (12)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
宇都宮市•鹿沼市 (0)
壬生町•上三川町 (5)
群馬県の古墳 (0)
茨城県の古墳 (5)
神奈川県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
長野県の古墳 (6)
未分類 (1)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR