古墳なう

ご〜ご〜ひでりんの古墳探訪記

「古屋敷塚古墳」

「古屋敷塚古墳」

 「古屋敷塚古墳」は、岩戸支群中最北端にあたる狛江市岩戸北3丁目に所在した古墳です。『東京都遺跡地図』には狛江市の遺跡番号24番に登録されている古墳です。

 この古墳は、昭和35年(1960)に行われた分布調査時には残存しており、実測調査が行われています。墳頂部に祠が祀られていたこの古墳は調査当時にはすでに土砂採取が進み、特に北側は掘削が中心部に迫っている状況でした。しかし、埋葬施設の石材等は出土せず、石室、礫槨以外の竪穴系の主体部ではなかったかと考えられていました。また、葺石や埴輪等も確認されなかったようです。
 その後古墳は削平され、正確な所在地もわからなくなっていましたが、昭和62年(1987)に始まる小田急線の高架複々線化工事に伴う発掘調査により集溝の一部が検出され、正確な所在地や規模が明らかとなっています。
 周溝の内径は39m、外径は52mを測り、北西側に幅5mほどのブリッジが検出されています。周溝内から出土した遺物から、古墳の築造時期は5世紀第2四半期とされています。『東京都遺跡地図』には、昭和35年(1960)に行われた調査時の規模である径38m、高5mが記載されています。

 画像は、狛江市岩戸北3丁目の「古屋敷塚古墳」の跡地周辺を南西から見たところです。道路から右側の宅地にかけて古墳が存在したと思われますが、残念ながら痕跡は何も残されていないようです。。。

<参考文献>
狛江市史編さん委員会『狛江市史』
狛江市教育委員会『狛江市の古墳(Ⅰ)』
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
狛江市教育委員会『猪方小川塚古墳と狛江古墳群』


人気ブログランキングへ

  1. 2016/07/14(木) 09:19:34|
  2. 狛江古墳群-岩戸支群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「亀塚古墳」

「亀塚古墳」

 画像は、狛江市元和泉1丁目にある「亀塚古墳」を北西から見たところです。『東京都遺跡地図』には狛江市の41番の古墳として登録されています。

 昭和35年(1960)、明治大学考古学研究室により初めて本格的に狛江市内の古墳についての分布調査が実施されています。当時、地元研究者が確認していた137基分の古墳リストに基づき調査を行った結果、昭和35年の段階で残存している古墳は、この亀塚古墳を除き16基、何らかの状態で墳丘の一部でも痕跡として残っている古墳は15基で、合計でも31基という状況でした。
 その後、16年後の昭和51年には再度、詳細な分布調査が実施されたそうですが、この16年間で14基の墳丘が消滅してしまい、残存する古墳はわずか17基となっていたそうです。また、既に消滅してしまったものについても検証を行い、古墳だった可能性の高いものは13基。つまり、合計49基が現状で確認出来る古墳とされたそうです。

 亀塚古墳は、昭和26年(1961)に宅地開発により破壊が始まったのを機に本格的な緊急発掘調査が実施されました。埋葬施設は後円部から木炭槨が2基、前方部から石棺が1基、発見されています。また、白銅製の尚方作神人歌舞画像鏡をはじめとする多くの遺物も発掘され、周溝覆土からは円筒埴輪、また前方部からは人物埴輪、馬形埴輪などが出土するなど、多大な成果を挙げたそうです。


亀塚古墳

 画像は、昭和26年(1961)の往時の亀塚古墳です。この古墳が属する「狛江古墳群」は、狛江市南部を中心に分布する南武蔵でも屈指の古墳群として知られています。この狛江古墳群は、江戸時代の地誌『新編武蔵風土記稿』や『武蔵名勝図会』などに塚の存在が記載されるなど江戸時代からその存在が知られ、かつては「狛江百塚」と呼ばれていました。
 この亀塚古墳について、次のような記述が見られます。


亀塚 村内小名田中というところの畠の中にあり。大さ凡そ一反歩程。塚上に雑木生茂せり。高さ二丈余。四足、頭尾とおぼしくて、山足あるゆえに、往昔より亀塚と号す。中古以来畠中ゆえ、耕作の時々切り崩して、いまはその山足なく、丸き大塚となれり。上古いかなる人の古墳なるか、更にその謂れも不知。定めて高貴の人の墳なるべし。(武蔵名勝図会)

[塚] 亀塚 小名田中ニアリ。其地一段許高サ二丈余、コノアタリノ大塚ナリ。塚上ニ雑木オヒ茂リ首尾手足ノサマモアリテ、亀ノ形ニ似タリシタハカク号セシヨ。サレトココハ畑中ニテ土民等トシドシニ掘崩シタレハ、今ハソノサマモ見エス。(新編武蔵風土記稿)
(『史料に見る江戸時代の世田谷』353〜354ページ)



「亀塚古墳」

 この古墳は当時、保存運動の機運も高まっていたそうですが、残念ながら昭和34年には結局破壊され、現在残存する前方部とされる部分は、残土を盛って復元されたものなのだそうです。
 この前方部には「狛江亀塚」の碑が立てられています。


「亀塚古墳」

 「亀塚古墳」は最大長41m、後円部径34m、高さ7mの帆立貝形前方後円墳で、墳丘を取り囲んだ幅9mの周溝があり、北側に陸橋が存在します。狛江古墳群のなかでも唯一の前方後円墳です。
 残念ながら墳丘は消滅しましたが、当時の後円部の周囲を取り巻くように道路が弧を描いており、古墳の痕跡を見ることができます。


「亀塚古墳」

 残された古墳の前方部はいつでも見学することができますが、宅地に囲まれて非常にわかりにくい場所にあるので、気をつけていないと通り過ぎてしまいそうです。周辺には案内板が設置されています。矢印に沿って細い路地を進むと、突き当たりの石段のところが亀塚古墳です。

狛江市 41「亀塚古墳」5

<参考文献>
狛江市史編さん委員会『狛江市史』
狛江市教育委員会『狛江市の古墳(Ⅰ)』
下山照夫『史料に見る江戸時代の世田谷』
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
狛江市教育委員会『猪方小川塚古墳と狛江古墳群』
現地説明版

  1. 2015/04/07(火) 01:51:19|
  2. 狛江古墳群-猪方支群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「供養塚」

「供養塚」

 「供養塚」は、昭和35年(1960)の分布調査時には把握されており、狛江市教育委員会より発行された『狛江市の古墳(Ⅰ)』に掲載されている当時の『狛江古墳群地名表』にはNo.86番の「円墳?」として取り上げられています。同書には「堤防用地 平夷」とのみ書かれており、当時すでに古墳は削平されて消滅していたようです。その後の昭和51年(1976)の調査の際にはこの古墳は取り上げられていません。『東京都遺跡地図』にも未登録となっています。

 画像は、狛江市駒井3丁目にある「供養塚公園」を南から見たところです。塚の名前が公園の名称に残されており、数少ない塚の痕跡といえると思います。地元では通称ボロ公園と呼ばれているそうです。
 かつて多摩川の堤防が新しく造られた際に、昔川だった低地を埋めるためにこの供養塚の土が使われて、平地になったといわれています。この供養塚公園が塚の跡地であるかどうかを特定することはできなかったのですが、この周辺に存在したことは間違いないようです。。。

<参考文献>
狛江市教育委員会『狛江市の古墳(Ⅰ)』
狛江市中央公民館『平成13年度 郷土のむかし講座』

  1. 2015/02/09(月) 02:28:23|
  2. 狛江古墳群-猪方支群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「熊野塚」

「熊野塚」

 画像は狛江市東和泉1丁目、「熊野塚」の推定地を南から見たところです。画像中央の道路が左に曲がっている左側あたりが熊野塚の跡地であると思われます。『東京都遺跡地図』には未登録の古墳です。

 この古墳は、昭和35年(1960)に行われた分布調査時には把握されています。『狛江市の古墳(Ⅰ)』に掲載されている、当時の『狛江古墳群地名表』には、No.61番の円墳として取り上げられています。同書では「宅地 平夷」とのみ書かれており、当時すでに墳丘は削平されていたようです。その後の昭和51年(1976)の調査の際には「現存しない古墳」の項に「1976年の調査時点で現存していないが、存在の可能性の高い古墳」として紹介されています。その後、平成7年(1995)に多摩地区所在古墳確認調査団により発行された『多摩地区所在古墳確認調査報告書』にはこの古墳は取り上げられていません。

 この塚の所在地は、昭和35年の「狛江古墳群地名表」では和泉2583番地、昭和51年の「古墳分布図地名表」では和泉2454番地、『狛江市史』の本文中では小字玉泉寺前2517番地、「狛江古墳群一覧表」では東和泉1丁目35番地とそれぞれ違っていて跡地を特定するのは難しかったのですが、先日紹介した「稲荷前塚」と同様に『旧彦根藩世田谷領二〇ヶ村絵図』に位置が記されており、推定地を特定することができます。


「熊野塚」

 熊野塚の推定地近くには、画像のような庚申塔が立てられています。
 この庚申塔もかつては墳丘上にまつられていたのでしょうか。。。


「諏訪塚+熊野塚」

 この熊野塚と諏訪塚、稲荷前塚の3基の塚は、明治末期に多摩川の堤防工事のため盛り土を利用するために取り除かれたといわれており、塚は消滅して痕跡も残されていません。祀られていた祠については『狛江市史』に記述があり、「熊野の祠は、玉泉寺持だったので、明治の神仏分離で伊豆美神社の所轄となり、明治四十一年(1908)六月の許可で伊豆美神社境内末社の神明社に合祀された。」と書かれています。

 画像が伊豆美神社の境内にある、熊野神社が合祀されたという「神明社」です。この伊豆美神社も「大塚山古墳」から「腰掛塚古墳」へと渡り歩いた神社であるといわれており、古墳に縁の深い神社であるといえるかもしれませんね。。。


 過去に掲載した古墳についても、新しい情報を追加しています。「猪方稲荷塚」に追記を、「清水塚1号墳」に画像を追加しました。こちらもぜひぜひご覧になってください!

<参考文献>
狛江市史編さん委員会『狛江市史』
狛江市教育委員会『狛江市の古墳(Ⅰ)』
多摩地域史研究会『多摩川流域の古墳』
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
狛江市教育委員会『田中・寺前遺跡発掘調査報告所 ~第5次発掘調査~』

  1. 2015/02/07(土) 23:38:45|
  2. 狛江古墳群-猪方支群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「諏訪塚」

「諏訪塚」

 画像は、狛江市東和泉1丁目に所在したとされる「諏訪塚」の推定地を南から見たところです。この道路の右側あたりが諏訪塚の跡地であると思われます。ちなみに突き当たりの右側あたりが「稲荷前塚」の推定地です。『東京都遺跡地図』には未登録の古墳です。

 この古墳は、昭和35年(1960)に行われた分布調査時には把握されています。『狛江市の古墳(Ⅰ)』に掲載されている当時の『狛江古墳群地名表』には、No.56番の円墳として取り上げられています。当時の現状については「宅地 平夷」とのみ書かれており、この古墳も調査当時すでに墳丘が削平されて消滅していたようです。その後の昭和51年(1976)の調査の際には「現存しない古墳」の項に「1976年の調査時点で現存していないが、存在の可能性の高い古墳」として紹介されています。その後、平成7年(1995)に多摩地区所在古墳確認調査団により発行された『多摩地区所在古墳確認調査報告書』にはこの古墳は取り上げられていません。

 これらの塚の所在地は、昭和35年の「狛江古墳群地名表」と昭和51年の「古墳分布図地名表」では和泉2450番地、『狛江市史』の本文中では和泉2453番地、「狛江古墳群一覧表」では東和泉1丁目34番地とそれぞれ違っており、跡地を特定するのは難しかったのですが、先日紹介した「稲荷前塚」と同様に『旧彦根藩世田谷領二〇ヶ村絵図』に位置が記されており、推定地を特定することができます。


「諏訪塚+熊野塚」

 この諏訪塚、熊野塚、稲荷前塚の3つの塚は江戸時代に編纂、刊行された多くの地誌にとりあげられています。画像の『武蔵名勝図会』和泉村大塚の図には中心に大きく描かれた「亀塚」や泉龍寺の参道とともに3つの塚が描かれており、「この他は、これより形小さき塚三、四あり。地頭下屋敷と号する南の角に、鼎足の如く相並びてあり。高さ各八、九尺許。塚上にいまは熊野、稲荷、諏訪などの小祠を祀れり。又、外にある小塚は高さ四、五尺以上なり。百姓屋敷内、或は田圃の辺にあり。」と、塚のようすが記されています。また『新編武蔵風土記稿』には、「塚三ヶ所 石谷某屋敷跡より南方泉龍寺大門脇につづき鼎足の如くに並べり、其間十五間もしくは二十間に及べり、三ケ所共に塚上には古松立り、一は熊野、一は稲荷、一は諏訪の祠を建り、いづれも玉泉寺の持、この外、畑中及び村民の屋敷内にも大さの似たる塚七ケ所あり、共に所謂を伝へず」とあり、熊野塚、諏訪塚、稲荷前塚の3基の古墳以外にも周辺に7基の塚が存在したことが記されています。昭和35年の狛江古墳群地名表には3基の古墳の他にも「大手塚第2号古墳」、「十幹森古墳」、「天神古墳」、「白旗塚」等の古墳が記載されていますが、江戸時代にはこれらの多くの塚が残存していたようです。


「諏訪塚+熊野塚」

 さて、この諏訪塚の墳丘上に鎮座していたとされる諏訪神社については『狛江市史』に記述があり、「明治十三年(1880)の『皇国地誌』では諏訪神社は、まだ、字寺前二四五三番地にあったが、明治四十二年伊豆美神社境内末社の稲荷社に合祀、移転され、塚はすぐそばの熊野神社のそれと同じく取除かれて平地となった。」と書かれています。熊野塚、稲荷前塚と同じく、明治末期に多摩川の堤防工事のため盛り土を利用するために削平されたらしく、塚は消滅して痕跡も残されていません。

 画像が、伊豆美神社の境内にある「稲荷社」です。これはあくまで合祀されたもので、墳丘上に建てられていた祠が残されているわけではありませんが、唯一の古墳の痕跡といえるかもしれませんね。。。

<参考文献>
狛江市史編さん委員会『狛江市史』
狛江市教育委員会『狛江市の古墳(Ⅰ)』
多摩地域史研究会『多摩川流域の古墳』
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
狛江市教育委員会『田中・寺前遺跡発掘調査報告所 〜第5次発掘調査〜』

  1. 2015/02/06(金) 00:02:01|
  2. 狛江古墳群-猪方支群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カテゴリ

足立区 (4)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (0)
葛飾区 (6)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (3)
墨田区 (0)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (11)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (6)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
練馬区 (7)
杉並区 (12)
中野区 (9)
豊島区 (2)
新宿区 (0)
渋谷区 (17)
目黒区 (8)
文京区 (3)
千代田区 (3)
港区 (4)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (89)
田園調布古墳群 (29)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (54)
野毛古墳群 (13)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (6)
その他の古墳・塚 (11)
三鷹市 (4)
狛江市 (43)
狛江古墳群-和泉支群 (17)
狛江古墳群-岩戸支群 (3)
狛江古墳群-猪方支群 (23)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (55)
国領南古墳群 (2)
下布田古墳群 (16)
上布田古墳群 (7)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (11)
府中市 (77)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市内の塚 (10)
国立市 (24)
下谷保古墳群 (12)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (9)
立川市 (14)
稲城市 (0)
多摩市 (4)
和田古墳群 (4)
多摩市内の塚 (0)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (4)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (47)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (16)
日の出町 (2)
青梅市 (11)
古墳空白地域 (19)
西東京•清瀬•東久留米市 (0)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (7)
福生市•羽村市•瑞穂町 (12)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
宇都宮市•鹿沼市 (0)
壬生町•上三川町 (5)
群馬県の古墳 (0)
茨城県の古墳 (5)
神奈川県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
長野県の古墳 (6)
未分類 (1)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR