古墳なう

ご〜ご〜ひでりんの古墳探訪記

「大道法師の塚(稲荷塚)」

「大道法師の塚(稲荷塚)」

  北区豊島5丁目の周辺には隅田川(旧入間川)が蛇行しており、土地が天狗の鼻のように大きく突き出ている場所があります。この周辺は古くから「天狗の鼻」と呼ばれていました。この天狗の鼻の先のあたり、豊島のもとの渡船場の手前あたりに所在したといわれているのが「大道法師の塚」です。
 画像は、現在の「天狗の鼻」の先端あたりを南から見たところです。ただし、この周辺は河川工事が行われており、大きく地形が変わっています。北区の地図を見ると、北区と足立区の区境のラインが現在の天狗の鼻の先端よりも大きく北東に湾曲していますが、これがかつての旧荒川(隅田川)の川筋です。つまり、天狗の鼻の先端がここまで伸びていたということになります。したがって、大道法師の塚の所在地も画像より北東側ということになります。


「大道法師の塚(稲荷塚)」

 この塚には稲荷の祠が祀られていたことから「稲荷(とうかん)塚」とも呼ばれていたそうです。周囲には他に小さな塚も存在していたようで、この塚を壊した人が病気で寝込んでしまったことから、祟りを恐れて大道法師の塚には誰も手をつけなかったといわれています。明治の初め頃までは畑の中に残されていたそうですが、現在は開発が進み、塚は消滅しています。
 河川工事が行われる以前の北豊島郡の古地図を見ると、大道法師の塚の跡地ではないかと思われる場所を推測することができます。画像は、北区教育委員会により現地に立てられている説明板の地図ですが、「阿弥陀の渡船場」として矢印で示してある場所のすぐ南西に鳥居のマークが付けられているのを確認することが出来ます。おそらくここが「大道法師の塚」に祀られていたという稲荷の祠なのではないかと思われます。


「大道法師の塚(稲荷塚)」

 画像が、大道法師の塚の推定地と思われる周辺です。現在は荒川と隅田川に挟まれた、北区の飛地となっている地点です。当然ながら塚の痕跡を見ることはできません。

 この「大道法師の塚」について、『北豊島郡誌』には次のように書かれていました。


 【大道法師の塚】 武州豊島郡沼田村へわたり越さんといふ、豊島の渡しの手前西側畑の中に大道法師の塚あり、世上の流布語に大道法師と稱する是なり、土人の説に大道法師の草鞋につきて土砂落たりしが塚になりしといひ傳ふ、里俗はこれを稲荷塚とも稱し或は此あたりを小名に呼で代田ともいへり是昔のかよふを以て土人認め傳へしにや、又此側に小さき塚一つ中古までありしを畑主破壇し圃に引ならしけるに馬骨とも覺しき物夥しく出しが、その祟りにや畑主は年久しく煩ひければ恐れて大道法師の塚へは鎌さへ入ずとなん、大道法師といふものいかなる人にや怪しき巷談ながら見聞せしままを記す、周圍凡三間餘りあらん。文化十一年の記(『北豊島郡誌』359ページ)


「大道法師の塚(稲荷塚)」

 画像は、荒川と隅田川の間の飛地にある「宮城ゆうゆう公園」に所在する謎の塚です。特に説明板が設置されているわけでもなく、由来等はわからないのですが、大道法師の塚の跡地と考えられる地点にあまりにも近いのでビックリしてしまいます。
 北区から荒川区にかけての隅田川沿いの低地には多くの塚が存在したといわれており、その中には古墳だったのではないかと考えられているものも少なくないようです。この大道法師の塚の周囲には無名の塚も何基かあったようですが、天狗の鼻にも古墳群が存在していたのかもしれませんね。


「大道法師の塚(稲荷塚)」

 だいだらぼっちの伝説の残る塚というと、東京都内では立川市富士見町の「富士塚」や、あきる野市雨間にある「大塚古墳」といった方形の塚を思い出しますが、この「大道法師の塚」はどんな性質の塚だったのでしょうか。。。

<参考文献>
北豊島郡農会『北豊島郡誌』
東京都北区役所『新修 北区史』
東京都北区教育委員会『北区の昔がたり』
現地説明版

  1. 2015/01/25(日) 09:54:13|
  2. その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「大塚古墳」

「大塚古墳」

 画像は、赤羽西5丁目の「大塚古墳」が所在したとされる推定地を西から見たところです。北区の遺跡番号14番の古墳として登録されており、円墳であったとされています。

 この周辺には十三坊塚と呼ばれるほど、多くの古墳が存在したといわれています。中でも「大塚古墳」はこの古墳群の盟主墳ともいえるかなり大きな古墳で、終戦後までは残されていたようです。「東京都遺跡地図」のインターネット公開版では現存マークが付けられていますが、発掘調査等は行われず、現在は破壊されて消滅しています。

 この「大塚古墳」について、『岩淵町郷土誌』には次のように書かれています。

[大塚古墳]
 赤羽の臺地陸軍用地となってゐる原の中に一つの古墳がある。形式は所謂圓形墳に属するもので、周圍約百七十尺、高さ約十五尺程あり、この近郊では大きな部に入る方である。(明治初年の測圖によると百坪餘あった)元はこれを中心として十三の古墳が點在してゐて十三坊塚と呼んだものだと云ふ。想像すれば之はこの地方の豪族の葬られた所で、小墳は陪塚ではなかつたかと考へられる。
 附近の地は大塚と云ふが、勿論この古墳から起つたものであらう。小石川の大塚・王子町上十條の大塚等も古墳から来た地名である。尚此處から南方七町程、今火工廠稲付射場の裏手の柵の際にも稍小さい圓形墳が辛じて残つてゐる。又被服廠の構内となつた所にも以前は餘程古墳があつたし、附近には庚塚と云ふ小字名もあるので、この一帯に古墳群の在つたことが考へられる。昔の人はこの多い古墳を見て、此處に何時か大戦争があつて、その戦死者を埋めたのだと云ふ戦争傅説を生み出したが、元より古墳は其のやうなものではない。第三章に記したやうに上代文化所産の貴重な遺跡であつて、その中に包藏されてゐる種々の副葬品によつて、記録以外の史實を探究することが出来るのである。(『岩淵町郷土誌』359~360ページ)


 また、『北区史 通史編 原始古代』には次のように書かれています。

 赤羽地区には、赤羽台古墳群の他にかつて古墳があったことが伝えられている。昭和5年(1930)に刊行された『岩淵町郷土誌』には赤羽台の当時の陸軍用地内に大きな塚があったことを記している。古墳のあった場所は、現在の赤羽5丁目のあたりである。編者の平野実・桜井泰仁はこれを古墳であるとし、「大塚古墳」の名で紹介している。『岩淵町郷土誌』によればこの「大塚古墳」は、「周囲約百七十尺、高さ十五尺程」であったようである。つまり、高さ4.5メートル、直径約20メートルにもなり、高さに比べて径が小さいがかなり大きなものであったことがわかる。墳頂部には「明治天皇駐蹕之跡」の碑が建っている。先の平野・桜井はこの碑が建立されたおかげでこの「大塚古墳」が保存されることになったことを記しているが、残念ながらその後に壊されてしまい、現在ではまったくその面影もない。果たしてこの「大塚古墳」がいつごろのものなのかは不明であるが、その規模からして単なる塚でないことは明白であろう。(『北区史 通史編 原始古代』201ページ)


「大塚古墳」

 画像は、『岩淵町郷土誌(364ページ)』に掲載されている大塚古墳です。かなり大きな墳丘を見ることができ、墳頂部には立派な記念碑が建てられています。この「明治天皇駐蹕之跡」の碑について『岩淵町郷土誌』によると、明治7年9月および12月の2回にわたって行われた陸軍創始以来最初の機動演習が岩淵町を中心に行われ、このようすを明治天皇が「大塚古墳」の墳丘上に立たれて御覽遊されたそうで、これを記念して建てられたのがこの「明治天皇駐蹕之跡の碑」であるそうです。四国特産の御影石造りの礎石の台上に青銅製の砲身を4個の砲弾で囲む、かなり立派な記念碑であったようです。
 さて、明治天皇の記念碑まで建てられていたこの地域の盟主墳ともいえる大塚古墳がなぜ忽然と消滅してしまったのか、あまりにも情報が少ないことを不思議に思ったので調べてみたところ、少しだけわかってきました。
 昭和20年の終戦までは古墳は残されていたようで、米軍が撮影した昭和22年(1947)の航空写真にはこの「大塚古墳」ははっきりと写っています。しかし、戦後すぐに米進駐軍により記念碑の砲身が切り落とされ、墳頂部には御影石の礎石だけが残されていたそうです。その後、大蔵省印刷局赤羽宿舎(戦災者や海外引き揚げ者の簡易住宅という説もある)建設のため、周囲に高い塀を張り巡らしての工事が始まり、完成した時には塚は跡形もなく消滅して記念碑もなくなっていたそうです。更にはその工事の際、記念碑の土台となっていた御影石を密かに搬出して庭石にしていたという町の住人がおり、この行為を許せない人により訴訟にまで発展したそうですが、「払い下げ」という判決で終わっているそうです。このあたりの経緯が「大塚古墳」についての情報の少なさに繋がっているのかもしれません。。。
 残念なのは、埋葬施設や周溝の有無、出土遺物等についての記録はまったく見つからず、この塚が果たして本当に古墳であったかどうかはまったくわかりませんでした。


「大塚古墳」

 近くの歩道橋の上から敷地内を見ることが出来ましたが、現在は更地となっており、古墳の痕跡は残されていないようです。画像の右下辺りに古墳が存在していたと思われます。


「大塚古墳」

 大塚古墳の跡地の向かいに所在する「善徳寺」の門前には「富士見坂」についての案内碑が立てられており、大塚古墳についての記述が見られます。案内碑には次のように書かれています。
  
富 士 見 坂
 この坂を富士見坂という。このあたり、昔は人家のない台地で、富士山の眺望がよかったところからこの名がついた。江戸時代の「遊暦雑記」には、「左右只渺茫たる高みの耕地にして折しも夕陽西にかたぶきぬれば全景の芙嶽を程近く見る、此景望又いうべき様なし」と記されている。
 かつてこの近くに周囲五〇〇余メートルといわれる大塚古墳(円墳)があったが、いまはみられない。
昭和五十九年三月
東京都


「大塚古墳」

 案内碑では、大塚古墳の在りし日のスケッチを見ることが出来ます。

<参考文献>
歴史図書社『岩淵町郷土誌』
東京都北区『北区史 通史編 原始古代』
北区史を考える会『会報 第8号』
北区史を考える会『会報 第24号』
現地説明版

  1. 2014/05/10(土) 23:52:09|
  2. その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

「庚塚」

「庚塚」

 画像は、北区赤羽西5丁目にある「赤羽スポーツの森公園」を西から見たところです。この周辺に所在したとされているのが「庚塚」です。
 昭和5年(1930)に発行された『岩淵町郷土誌』にはこの「庚塚」について次のように書かれています。
 
庚 塚 同字庚塚1435にあったものは、同書に「一畝六歩、官有地」と見えているが、今はその形跡も残っていない。(『岩淵町郷土誌』361ページ)

 また、同じ『岩淵町郷土誌』の「大塚古墳」の項にもこの「庚塚」についての記述が見られます。


[大塚古墳]
 赤羽の臺地陸軍用地となってゐる原の中に一つの古墳がある。形式は所謂圓形墳に属するもので、周圍約百七十尺、高さ約十五尺程あり、この近郊では大きな部に入る方である。(明治初年の測圖によると百坪餘あった)元はこれを中心として十三の古墳が點在してゐて十三坊塚と呼んだものだと云ふ。想像すれば之はこの地方の豪族の葬られた所で、小墳は陪塚ではなかつたかと考へられる。
 附近の地は大塚と云ふが、勿論この古墳から起つたものであらう。小石川の大塚・王子町上十條の大塚等も古墳から来た地名である。尚此處から南方七町程、今火工廠稲付射場の裏手の柵の際にも稍小さい圓形墳が辛じて残つてゐる。又被服廠の構内となつた所にも以前は餘程古墳があつたし、附近には庚塚と云ふ小字名もあるので、この一帯に古墳群の在つたことが考へられる。昔の人はこの多い古墳を見て、此處に何時か大戦争があつて、その戦死者を埋めたのだと云ふ戦争傅説を生み出したが、元より古墳は其のやうなものではない。第三章に記したやうに上代文化所産の貴重な遺跡であつて、その中に包藏されてゐる種々の副葬品によつて、記録以外の史實を探究することが出来るのである。(『岩淵町郷土誌』359〜360ページ)


「庚塚」

 「大塚古墳」のすぐ南側に所在したこの「庚塚」は、「十三坊塚」と呼ばれた古墳群のうちの1基ではないかと考えられます。塚は残念ながら消滅しており、痕跡は見当たりませんでした。
 稲付字庚塚1435という番地は現在の「赤羽スポーツの森公園」の周辺にあたりますが、正確な所在地はわからず、また「庚塚」という小字名も町名の改称により消滅しています。。。

<参考文献>
東京都北区役所『新修 北区史』
歴史図書社『岩淵町郷土誌』

  1. 2014/05/01(木) 22:18:53|
  2. その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「稲付瀞勝寺前古墳」

「稲付瀞勝寺前古墳」

 画像は、北区赤羽西1丁目にある「静勝寺」を南西から見たところです。この静勝寺から南へかけての丘陵一帯が、室町時代の武将、太田道灌が築造したといわれている「稲付(いねつけ)城」の跡地で、後年、道灌の子孫である資宗が城址を含めた地を同寺に寄進して、道灌とその父道真の法号により自得山静勝寺と改めました。稲付城跡は北区の遺跡番号15番の遺跡として登録されており、昭和36年1月31日に東京都の旧跡に指定されています。


「稲付瀞勝寺前古墳」

 この「静勝寺」の付近にも古墳らしき塚があったと云われています。『岩淵町郷土誌』にはこの塚について「同字番場543、瀞勝寺前にも面積七歩の塚があった、これも跡も判らない。」との記述が見られます。また『新修 北区史』には『新編武蔵風土記稿』に掲載されている塚として「稲付瀞勝寺前古墳」の名称で「面積七歩といわれる古墳があった。」と紹介しています。この「稲付瀞勝寺前古墳」の跡地である番場543番地とは「静勝寺」のすぐ門前の画像の周辺であると思われますが、残念ながら何の痕跡も残されていないようです。 


「稲付瀞勝寺前古墳」

 静勝寺の敷地内には東京都教育委員会による2種類の説明板が建てられていますが、どちらも「稲付城跡」についての記述が中心で、古墳についてはふれられていないようです。説明板には次のように書かれていました。

東京都指定旧跡
稲付城跡

所在地 北区赤羽西1–21–17
    静勝寺
指 定 昭和36年1月31日
 稲付城跡は、武蔵野台地北東端部の標高21m程度の舌状台地先端上に立地する自然地形を利用した中世の城館跡です。文化・文政期の地誌「新編武蔵風土記稿」にも「堀蹟」として登場します。
 現在静勝寺が所在する平坦面に主郭があったと考えられています。北面と東西面は崖面で、南側は台地が続き平坦な地形になっています。周辺からは、発掘調査によって幅約12m、深さ約6mの空堀の跡等が検出され、その際に16世紀前半頃の遺物が出土しました。
 静勝寺には室町時代の武将、太田道灌の木造座像が所蔵されています。寺伝によれば、城はこの道灌による築造とされています。今のところ築造した人物を特定する明確な根拠はありませんが、荒川を全面にひかえ北方の防御を重視した城の構造と、発掘調査の成果などから、南側に勢力をもった扇谷上杉氏にかかわりのある城館であったと推測されます。道灌が扇谷上杉氏の家宰であったことから、道灌築城の可能性も考えられます。

 平成25年3月 建設
 東京都教育委員会


「稲付瀞勝寺前古墳」

東京都指定文化財(旧跡)
稲付城跡

北区赤羽西1-21-17

 稲付城跡は現在の静勝寺境内一帯にあたり、太田道灌が築城したといわれる戦国時代の砦跡です。
 昭和62年(1987)、静勝寺南方面で行われた発掘調査によって、永禄年間(1558–1569)末頃から天正10年(1582)頃に普請されたとみられる城の空堀が確認されました。
 また、静勝寺に伝存する貞享4年(1687)の「静勝寺除地検地地図」には境内や付近の地形のほか、城の空堀の遺構が道として描かれており、稲付城の城塁配置を推察することができます。
 この付近には鎌倉時代から岩淵の宿が、室町時代には関が設けられて街道の主要地点をなしていました。稲付城は、その街道沿いで三方を丘陵に囲まれた土地に、江戸城と岩槻城を中継するための山城として築かれたのです。
 道灌の死後、この城は孫の資高が居城し、後に後北条氏に仕えました。その子康資は後北条氏の家臣として岩淵郷五ヶ村を所領しました。
 明暦元年(1655)に道灌の子孫資宗は静勝寺の堂舎を建立し、道灌とその父資清の法号にちなんで寺号を自得山静勝寺と改めました。その後も江戸時代を通じて太田氏は、太田道灌の木造を安置する道灌堂や厨子を造営するなど静勝寺を菩提寺としていました。
 平成13年3月
 東京都北区教育委員会


「稲付瀞勝寺前古墳」

 静勝寺の敷地内、石段を登った右側には、昭和62年(1987)に行われた発掘調査によって出土した遺跡が保存されています。

<参考文献>
東京都北区役所『新修 北区史』
歴史図書社『岩淵町郷土誌』
名著出版『北区の歴史』
現地説明版

  1. 2014/04/28(月) 02:05:57|
  2. その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「伊勢塚」

「伊勢塚」

 画像は、北区西が丘2丁目にある「北区立梅木小学校」を西から見たところです。

 この敷地は、明治38年に火薬や火気類の爆破や射撃の練習場として設けられた「旧陸軍火工廠稲付射場」の跡地で、現在は北区立梅木小学校、西が丘保育園、うめのき幼稚園となっています。この旧陸軍射撃場の敷地内に所在したとされているのが「伊勢塚」で、古墳ではなかったかと考えられています。ちょうど梅木小学校の校舎のあたりに築山があり、その上に射撃の標的が置かれていたそうですが、この築山が古墳だったのかそれともほかの場所に古墳があったのか、正確な推定地はわかりません。
 昭和5年(1930)に発行された『岩淵町郷土誌』にはこの「伊勢塚」について、「稲付字梅の木1073、今陸軍射撃場の一角にその面影を見せているもので、明治10年代の書上には「塚一畝十八歩、官有地」と誌されているのがこれであろう。」と書かれており、また「火工廠稲付射場の裏手の柵の際にも稍小さい圓形墳が辛じて残つてゐる。」とも書かれています。

 赤羽西5丁目には戦後まで「大塚古墳』が残されていました。周囲にはこの「大塚古墳』を中心に13基の古墳が所在しており、「十三坊塚」と呼ばれていたそうです。この「伊勢塚」もこのうちの1基であった可能性もあるかもしれませんね。


「伊勢塚」

 梅木小学校の正門脇の塀沿いには、今でも陸軍用地の標識が残されています。。。

<参考文献>
名著出版『北区の歴史』
歴史図書社『岩淵町郷土誌』

  1. 2014/04/26(土) 23:31:26|
  2. その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カテゴリ

足立区 (4)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (0)
葛飾区 (6)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (3)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (11)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (6)
墨田区 (0)
江戸川区 (0)
練馬区 (7)
豊島区 (2)
文京区 (3)
杉並区 (17)
中野区 (12)
新宿区 (9)
千代田区 (7)
目黒区 (8)
渋谷区 (17)
港区 (4)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (94)
田園調布古墳群 (34)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (54)
都指定史跡 野毛大塚古墳 (0)
野毛古墳群 (13)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (6)
その他の古墳・塚 (11)
三鷹市 (4)
狛江市 (43)
狛江古墳群-和泉支群 (17)
狛江古墳群-岩戸支群 (3)
狛江古墳群-猪方支群 (23)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (55)
国領南古墳群 (2)
下布田古墳群 (16)
上布田古墳群 (7)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (11)
府中市 (77)
史跡 武蔵府中熊野神社古墳 (2)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
府中市内の塚 (10)
国立市 (24)
下谷保古墳群 (12)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (9)
立川市 (14)
稲城市 (0)
多摩市 (4)
和田古墳群 (4)
多摩市内の塚 (0)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (10)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (47)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (16)
日の出町 (2)
青梅市 (11)
古墳空白地域 (19)
西東京•清瀬•東久留米市 (0)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (7)
福生市•羽村市•瑞穂町 (12)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
宇都宮市•鹿沼市 (0)
壬生町•上三川町 (5)
群馬県の古墳 (0)
茨城県の古墳 (5)
神奈川県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
長野県の古墳 (6)
未分類 (2)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR