FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「久地神社裏横穴墓群」

 さて、再び川崎市内の古墳に戻ろうと思います。
 津田山周辺は、かつて東急不動産KKにより開発が行われた地域で、当時の造成工事により多数の横穴墓が発見されており、大部分の横穴墓については調査が行われているようです。
 以前、久地から津田山、溝ノ口、梶が谷周辺の高塚古墳を見学した際に、密かに残されている横穴墓が存在しないものかと注意していたのですが、痕跡が残されている横穴もいくつか存在するようなので、今回取り上げてみようと思います。


 「久地神社裏横穴墓群」

 最初の画像は、川崎市高津区久地1丁目の「久地神社」です。
 この神社の創立年代は不詳であるようですが、江戸時代の地誌『新編武蔵風土記稿』には「赤城社 村の南の丘にあり、此所の鎮守なり、社二間に一間半、東南向、前に石段あり木の鳥居たてり、村内浄元寺持」と記載されており、この赤城社がその後、明治初年の神仏分離により神体が近隣寺院に合祀され、祭神を天照大神と改めて社名が久地神社と改称されました。
 この神社の境内に、「久地神社裏横穴墓群」の痕跡が残されているようです。


「久地神社裏横穴墓群」

 画像の、境内社の鳥居の奥に、横穴墓らしき痕跡が見えています。
 さっそく近付いて見てみましょう。


「久地神社裏横穴墓群」

 画像が、現在の「久地神社裏横穴墓」の残存部分です。
 久地神社裏横穴墓群は津田山北面の最西端にあり、かなり古くから開口していたといわれています。少なくとも5基が確認されており、画像の痕跡は、そのうちの2基ということになるようです。


「久地神社裏横穴墓群」

 奥行きがわずか10〜20cmほどのわずかな痕跡ですが、はっきりとアーチ型の形状を見ることができます。


「久地神社裏横穴墓群」

 久地神社社殿の背後にも怪しい凹みが見られるのですが、これも横穴墓の痕跡なのでしょうか?


「久地神社裏横穴墓群」

 一番北側の、横穴墓らしき痕跡。
 これが横穴墓であれば、一番よく残されているのではないかと思われますが、土砂で埋没しているので内部の状況はわかりません。


「久地円筒分水」

 久地といえばやはり「円筒分水」ですよね。(本当か?)
 知人から存在を教えられていて、この場所で初めてゆっくりと見学しました。
 久地円筒分水は、平賀栄治が設計して手掛けたもので、昭和16年(1941)に完成しました。送水されてくる流量が変わっても分水比が変わらないという定比分水装置の一種で、世界に冠たる独創的な装置なのだそうです。多摩川から取水された二ヶ領用水を平瀬川の下をトンネル水路で導き、中央の円筒形の噴出口からサイフォンの原理で流水を吹き上げさせて、性格で公平な分水比で四方向へ泉のように用水を噴きこぼす装置により、灌漑用水の分水量を巡って渇水期に多発していた水争いが一挙に解決したそうです。
 平成10年(1988)には、国登録有形文化財に指定されています。
 私は、説明板の解説を読んでもすぐにはピンとこなかったんですけどね。しばらくずーっと眺めていたら、なんとなく仕組みがわかってきたような気がして、ちょっと感動しました。

 いろんな国で争い事が絶えない世の中ですが、この円筒分水のように、関わる人が平等に納得できるような良い知恵はないものですかねえ。。。
 
<参考文献>
高津図書館友の会 郷土史研究部古代班『考古たちばな 第5・6合併号』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2019/02/19(火) 02:49:11|
  2. 神奈川県川崎市の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

「日向古墳」&「日向横穴墓群」

「日向古墳」&「日向横穴墓群」

 画像は、川崎市高津区下作延7丁目、「日向古墳」と「日向横穴墓群」の跡地周辺の様子です。日向古墳は高津区No.17遺跡、日向横穴墓群は高津区No.19遺跡として登録されています。

 画像中央の、台地上のマンションのあたりに存在したのが、日向古墳です。昭和61年に行われた古墳の現状確認調査では、径30m、高さ4.5mの規模とされた古墳で、墳丘には6世紀後半代の埴輪列が一列にめぐっていたといわれています。そして、斜面の裾部には7基で構成された日向横穴墓群が、日向古墳を取り囲むように存在していました。
 日向古墳は、発掘調査により墳丘中心部に11本ものトレンチが入れられたものの、横穴式石室等の内部主体は確認されませんでした。この調査結果により、日向古墳の内部主体は日向横穴墓、つまり裾部に築造された日向横穴墓群と高塚・日向古墳は合わせて一体をなすものではなかったかと考えられているようです。
 こうした事例は北九州や中国地方に多く見られるもので、「墳丘横穴墓」と称されるそうです。この「墳丘横穴墓」は近年類例が増加しているようですが、日向古墳と日向横穴墓群の組み合わせは、数少ない東国の「墳丘横穴墓」としての確実例として重要視されているそうです。


「日向古墳」&「日向横穴墓群」

「日向古墳」&「日向横穴墓群」

 画像は、川崎市市民ミュージアムで公開されている、日向横穴墓群出土とされる遺物です。
 最初の画像が大刀で、2枚目の画像は「玉類」です。
 川崎市市民ミュージアムでは、2月17日まで、企画展として「発掘された日本列島2018」を開催中で、どちらもこの企画展で見ることができます。


「虎塚古墳群 第2号墳」

 以前、同じような事例として、茨城県の「虎塚2号墳」と「十五郎穴横穴墓群」を紹介したことがありましたが、川崎市内にも存在したというのは驚きですね。
 画像は、茨城県ひたちなか市所在の「虎塚古墳群 第2号墳」です。規模は南北約15.5m、東西約14m、高さ1.6mとやや楕円形状を呈しており、「十五郎穴横穴墓群」の館出支群の直上に位置しています。調査による出土遺物が極めて少なく、埋葬施設も調査により確認されなかったことから、この古墳は「館出支群」の象徴としての墳丘」である可能性が指摘されています。


「十五郎穴横穴墓群 館出支群」

 画像は、「十五郎穴横穴墓群」の館出支群の様子です。
 日向古墳、日向横穴墓群ともに、開発により消滅してしまった状況は残念ですが、関東各地でもこうした古墳が存在しているのですよね。
 虎塚古墳群は、壁画で有名な「虎塚古墳」も整備、保存されており、春と秋に石室壁画が一般公開されていますし、古墳に興味がある方にはお勧めです!

【このブログの過去の関連記事】
「虎塚古墳と虎塚古墳群 その1」
http://gogohiderin.blog.fc2.com/blog-entry-443.html
「虎塚古墳と虎塚古墳群 その2」
http://gogohiderin.blog.fc2.com/blog-entry-444.html
「十五郎穴横穴墓群」
http://gogohiderin.blog.fc2.com/blog-entry-445.html

<参考文献>
佐藤善一・伊東秀吉「川崎市内の高塚古墳についてー現状確認調査を踏えて」『川崎市文化財調査集録 第24集』
持田春吉・村田文夫「平瀬川下流域から発掘される古墳群から想うこと」『川崎市文化財調査収録 第46集』
ひたちなか市埋蔵文化財調査センター『ひたちなか埋文だより 42』


人気ブログランキングへ

  1. 2019/01/25(金) 01:32:07|
  2. 神奈川県川崎市の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「モッコ塚古墳」と「津田山碑際古墳」

「モッコ塚古墳」

 「モッコ塚」は、川崎市高津区下作延7丁目に所在したとされる塚で、『川崎の遺跡』にも登録されていない、消滅してしまった塚です。第二次大戦の末期である昭和19年(1944)頃に軍の陣地構築の際に削平されてしまったといわれており、出土品の伝承等も残されていないことから塚の性格は不明ですが、かつては高塚古墳ではないかと考えられていたようです。
 画像は、モッコ塚の跡地であるとされる周辺を南東から見たところです。通称「246」と呼ばれる厚木街道により、切り通しとなった津田山丘陵の一番高くなったあたりにモッコ塚は存在したようです。


「モッコ塚古墳」

 塚の所在地と考えられる、津田山丘陵頂部に登ってみました。
 台地の一番高くなったあたりは現在は駐車場となっており、またこの北側一帯は企業の研修センター建設のために台地ごと削られていて、古墳の痕跡のようなものは全くみられません。
 やはりモッコ塚は消滅してしまっているようです。。。


「モッコ塚古墳」

 川崎市から横浜市にかけては丘陵地隊で坂道ばっかりですから、台地の上でいい眺めだな〜と思う場所はたくさんあったのですけどね。いつもハアハア息が切れていて、全く余裕なしです。。。


「津田山碑際古墳」

 モッコ塚の北西300mほどの、やはり津田山丘陵上に所在したと言われるのが「津田山碑際古墳」です。これも古墳ではないかとされていた塚ですが、モッコ塚と同様に、軍の陣地構築により昭和19年(1944)頃に削平されています。
 すでに開発が進み、住宅地となったこの地に古墳の痕跡は見られません。。。


「津田山碑」

 気がつくのが遅かったんですけどね。「津田山碑際古墳」というからには、古墳の周辺に「津田山碑」なる石碑が存在したのではないかと、この近辺を自転車で疾走中に初めて気がついたわけです。津田山丘陵を降りてしまってからもう一度坂道を上るのは嫌だし(笑)、探すなら今でしょ、ということで早速検索してみたところ、下作延7丁目にある「津田山公園」の敷地内に「津田山碑」と呼ばれる石碑が置かれているということがわかりまして、早速立ち寄ってみました。
 というわけで、画像が津田山公園内に建てられている津田山碑です。

 この地の開発を、当時の玉川電気鉄道の津田興二氏が手がけたことから「津田山」と呼ばれるようになり、この津田山碑が犬養穀揮毫の碑である、というところまではわかったのですが、果たしてこの石碑が実際に古墳の際にあったものなのか、またその正確な所在地や、移設の時期や経緯等は今のところ不明です。
 のちに詳細が判明した際には、ひっそりと書き直そうと思います。。。
 
<参考文献>
高津図書館友の会『考古たちばな 第5・6合併号』
上作延緑ヶ丘霊園南横穴墓群発掘調査団『川崎市高津区上作延 緑ヶ丘霊園南横穴墓群発掘調査報告書』


人気ブログランキングへ


  1. 2019/01/23(水) 01:33:06|
  2. 神奈川県川崎市の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ビシャモン塚古墳」

「ビシャモン塚」

 『川崎の遺跡』によると、緑ヶ丘霊園内には、現存する「下作延稲荷塚古墳」や、現存はしないものの発掘調査が行われた「津田山1号墳」、「津田山2号墳」のほかにもう1基、「高津区№25遺跡」として古墳が登録されています。
 この古墳は、行政上は川崎市高津区上作延にあたる地点に所在したとされる、「ビシャモン塚」と呼ばれた塚です。津田山1号墳の発掘調査とほぼ同時期の昭和38年(1963)、川崎市教育委員会の立ち合いのもとで調査が行われたようなのですが、この調査の内容は報告書が未刊行であるため詳細がわかりません。遺物は何も出土しなかったといわれているようです。

 画像は、ビシャモン塚の跡地周辺の現在の様子です。
 古い地形図を見ると、この場所はかつては東に突き出るような形状の舌状台地となっており、この台地上にビシャモン塚が存在したようなのですが、霊園造成工事により地形自体が変わってしまっており、正確な所在地はわかりません。また、跡地周辺には現在、合葬型遺骨埋葬施設の建築工事が行われており、もはや古墳や塚の痕跡は何も見ることができないようです。。。

<参考文献>
高津図書館友の会『考古たちばな 第5・6合併号』


人気ブログランキングへ

  1. 2019/01/21(月) 23:53:35|
  2. 神奈川県川崎市の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「下作延稲荷塚古墳(赤松稲荷大明神)」

「下作延稲荷塚古墳(赤松稲荷大明神)」

 「下作延稲荷塚古墳」は、川崎市高津区下作延に所在する古墳です。
 墳丘上に「赤松稲荷大明神」という稲荷社が建立されていることから「稲荷塚」と呼ばれている古墳で、JR南武線久地駅の南東450mほどの、多摩丘陵の先端に東に延びる、舌状台地のつけ根のあたりに築造されています。
 画像は、この下作延稲荷塚古墳を西からみたところです。


「下作延稲荷塚古墳(赤松稲荷大明神)」

 画像は、南からみた稲荷塚古墳、というよりは南から見た赤松稲荷大明神といったところでしょうか。
 鳥居の左奥に見えるマウンドが稲荷塚古墳です。
 周辺は、緑ヶ丘霊園という川崎市営の都市公園として整備されており、古墳はこの霊園の一角に残されています。昭和20年代に霊園の造成工事が行われた際に、馬形埴輪が出土しており、この塚が古墳であることは間違いないようです。


「下作延稲荷塚古墳(赤松稲荷大明神)」

 南西から見た、下作延稲荷塚古墳の墳丘のようすです。
 平成2年12月にはこの古墳の実測調査が行われており、規模は東西約20.5m、南北約20.5m、高さは約3.8mの、円墳であるとされています。ただし、墳丘の北から西、南にかけては、隣接する墓地建設のための造成工事の際に、余分な土を寄せて造った後世の人為的な形状であり、元々はひとまわり小さい方形に近い形状であったといわれています。このため、方墳であった可能性も考えられているようです。


「下作延稲荷塚古墳(赤松稲荷大明神)」

 墳丘上には稲荷社の祠が祀られており、「赤松稲荷大明神」と刻まれた石碑が建てられています。


「下作延稲荷塚古墳(赤松稲荷大明神)」

 下作延稲荷塚古墳の墳丘上のようすです。若干、平坦に削平されているようですが、古墳は比較的良好に残されているようです。


「下作延稲荷塚古墳(赤松稲荷大明神)」

 画像は、川崎市市民ミュージアムで公開されている、稲荷塚出土とされる埴輪です。顔や足の部分は失われており、残存していたのは胴部左側面だったようです。ほかに、円筒埴輪や須恵器、土師器が出土しています。
 古墳は、出土した埴輪より、6世紀後半の築造と推定されているようです。

<参考文献>
伊東秀吉「川崎市の古墳(二)」『川崎市文化財調査集録 第4集』
浜田普介「川崎の埴輪」『川崎市市民ミュージアム紀要 第4集』


人気ブログランキングへ

  1. 2019/01/18(金) 02:17:52|
  2. 神奈川県川崎市の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (10)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (13)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (16)
豊島区の古墳・塚 (3)
文京区の古墳・塚 (8)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (17)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (7)
目黒区の古墳・塚 (9)
渋谷区の古墳・塚 (19)
港区の古墳・塚 (8)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (15)
大田区/田園調布古墳群 (34)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (8)
大田区/その他の古墳・塚 (52)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (9)
世田谷区/大蔵古墳群 (0)
世田谷区/砧中学校古墳群 (2)
世田谷区/喜多見古墳群 (13)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (16)
武蔵野市の古墳・塚 (2)
三鷹市の古墳・塚 (4)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (28)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (7)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (0)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (11)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (14)
府中市/高倉古墳群 (32)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (10)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (9)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (6)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (8)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (9)
町田市/能ケ谷香山古墳群 (0)
町田市/その他の古墳・塚 (12)
八王子市の古墳・塚 (30)
昭島市/浄土古墳群 (1)
昭島市/その他の古墳・塚 (2)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (15)
西東京•清瀬•東久留米市の塚 (3)
小金井•小平•国分寺市の塚 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市の塚 (14)
福生市•羽村市•瑞穂町の塚 (12)
神奈川県川崎市の古墳・塚 (22)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
宇都宮市•鹿沼市 (0)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (6)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
未分類 (5)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR