古墳なう

ご〜ご〜ひでりんの古墳探訪記

「あきる野市№104-3遺跡(牛沼古墳群3号墳)」

「あきる野市№104-3遺跡(牛沼古墳群3号墳)」

 画像は、あきる野市牛沼に所在する「あきる野市№104-3遺跡(牛沼古墳群3号墳)」を南西から見たところです。『多摩地区所在古墳確認調査報告書』には「牛沼古墳群3号墳」という名称で掲載されていますが、『東京都遺跡地図』にはあきる野市の遺跡番号104-3番の無名の古墳として「あきる野市№104-3遺跡」の名称で登録されています。

 この牛沼古墳群3号墳は、前回紹介した2号墳の東方数十メートル程の民家の敷地内に所在します。この古墳も、学術的な調査は行われていないため、埋葬施設や周溝等の詳細は不明で、『多摩地区所在古墳確認調査報告書』には、墳丘は「消滅」、主体部についても「石積の一部と思われる石が露出している」とのみ書かれています。


「あきる野市№104-3遺跡(牛沼古墳群3号墳)」

 画像は、3号墳の南東数十メートル程の地点に所在する鳥居と祠です。古墳のある周辺を歩くと古墳跡ではないのかと思えるような場所に遭遇するのですが、この祠は牛沼古墳群と同じ台地上の縁辺部にあり、また祠の周囲には河原石が散在していて、積石塚の跡地かもしれないとも思えるような場所です(またいつもの妄想かもしれませんが)。。。


「あきる野市№104-3遺跡(牛沼古墳群3号墳)」

 再度訪問した際には、祠の周囲がブルーシートで覆われていたのですが、発掘調査の予定でもあるのでしょうか。気になる場所です。


「西秋留石器時代住居跡」

 画像は、同じあきる野市牛沼に所在する「西秋留石器時代住居跡」です。国の史跡として指定されている縄文時代の住居跡で、崖下に秋川を望む、秋川左岸の河岸段丘上に所在します。牛沼古墳群から徒歩10分程の場所です。


「西秋留石器時代住居跡」

  国史跡
西秋留石器時代住居跡(清水遺跡)
所在地 東京都あきる野市牛沼二六五番地
指定日 昭和八年四月十三日
 昭和七年、後藤守一氏を中心として東京府(現東京都)によって調査が行われ、縄文時代後期の敷石住居跡五軒や石棺墓二基、石組の炉一基などが発見された。
 当時、敷石住居跡が単独で出土した例はあったが、このように狭い範囲にまとまったものはほとんど無く昭和八年、国の史跡に指定された。
 また、これらの遺構の他、縄文時代中期及び後期の土器や、石皿、凹石、石棒、打製石斧、石錘などの石器も多数出土している。
 調査当時、発見された住居の床面と周囲とが同じ面であると認められたため、竪穴式の住居ではなかったと判断され、それ以降の、敷石住居は平地住居であるとする説の有力な根拠とされるなど、学史的にも非常に貴重な遺跡である。
  東京都あきる野市教育委員会

 
<参考文献>
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/05/23(火) 02:15:14|
  2. 牛沼古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「あきる野市№104-2遺跡(牛沼古墳群 2号墳)」

「あきる野市№104-2遺跡(牛沼古墳群 2号墳)」

 画像は、あきる野市牛沼に所在する「あきる野市№104-2遺跡(牛沼古墳群2号墳)」を北西から見たところです。『多摩地区所在古墳確認調査報告書』には「牛沼古墳群2号墳」という名称で掲載されていますが、『東京都遺跡地図』にはあきる野市の遺跡番号104-2番の無名の古墳として「あきる野市№104-2遺跡」の名称で登録されています。

 この牛沼古墳群2号墳も、前回紹介した2号墳と同様に、圏央道の建設計画に対しての地元住民の反対運動や訴訟の末に、破壊を免れたという古墳です。1号墳と同じく真上が圏央道の秋川高架橋となっており、古墳はフェンスに囲まれる形で現状保存されています。
 古墳が残されたことに対しては喜ばしいとは思うのですが、施錠されて滅多に人が立ち入らない敷地内でさらにフェンスで囲ってしまったことにより、フェンスの外側は整地されているにも拘らずフェンスの内部だけが竹林となって鬱蒼としています。本当にこれで良いのだろうかと甚だ疑問なのですが、きちんと整備して史蹟公園として古墳を公開したりできないのでしょうか。。。


「あきる野市№104-2遺跡(牛沼古墳群 2号墳)」

 画像は、北から見た、雑草の合間に僅かに見える2号墳のマウンドです。平成7年(1995)に発行された『多摩地区所在古墳確認調査報告書』には墳丘は「消滅」とあり、主体部についても「石積の一部と思われる石が露出している」とのみ書かれていますが、少なくとも1号墳と比べると墳丘らしきマウンドが残されているようにも見えます。


「あきる野市№104-2遺跡(牛沼古墳群 2号墳)」

 画像は、最初に訪問したときの2号墳のようすです。このときは、フェンス内の竹や雑草が伐採されていて墳丘がきれいに見えたのですが、残念ながら敷地内には入ることが出来ず、遠方からの見学のみでした。。。

<参考文献>
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/05/22(月) 00:17:18|
  2. 牛沼古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「あきる野市№104-1遺跡(牛沼古墳群 1号墳)」

「あきる野市№104-1遺跡(牛沼古墳群 1号墳)」

 「牛沼古墳群」は多摩川の支流である秋川左岸に所在する古墳群です。多摩地区所在古墳確認調査団により行われた平成4年度の分布調査において把握されており、3基の古墳により形成されていることがわかっています。この調査結果が掲載されている『多摩地区所在古墳確認調査報告書』には「牛沼古墳群」という名称で掲載されているのですが、その後の『東京都遺跡地図』には、あきる野市の遺跡番号104番の無名の古墳として登録されており、現在ネットで公開されている『東京都遺跡地図情報インターネット提供サービス』には、「№104-1遺跡」から「№104-3遺跡」までの3基の古墳として登録されています。この古墳に北側には、5次にわたる発掘調査が行われた「西龍ヶ崎遺跡」があり、この古墳も 「牛沼西龍ケ崎古墳」や「西龍ケ崎塚古墳」等々、さまざまな名称で呼ばれているようです。

 画像は、あきる野市牛沼に所在する「あきる野市№104-1遺跡(牛沼古墳群 1号墳)」を南西から見たところです。この1号墳のちょうど真上は圏央道の秋川高架橋となっていますが、古墳の所在する牛沼地域ではこの圏央道の建設にあたって地元住民の激しい反対運動があり、多くの訴訟も起こされたようです。江戸時代から先祖代々生活を続けてきた旧家の住民に対する不当な土地収用、騒音や振動など道路公害とともに、地権者の敷地内に発見された古墳時代後期の円墳がこの事業により破壊されることなども訴えられたようです。
 この古墳は、当時、土地所有者で原告の地元住民の敷地内に所在する古墳の上に圏央道の橋脚を立てることになっており、土地収用後に古墳の学術的な調査を行った後に消滅という流れであったようですが、工事着工を急ぐ起業者は当初の工事費用に数千万円を上乗せして高架橋方式に大きく設計変更。これは、関係する鉄鋼メーカーの談合によりかなりの高値で落札されたといわれており、この工事を受注した会社からは2人の逮捕者を出したようです。


「あきる野市№104-1遺跡(牛沼古墳群 1号墳)」

 土地収用後の古墳周辺は整地が行われてゲートボール場が作られているようですが、通常は施錠されていて敷地内に立ち入る事は出来ません。古墳の学術的な調査は行われず、説明板なども特に設置されていないようです。数奇な運命に翻弄されながらも圏央道の高架橋の下に残された1号墳は、現在はフェンスに囲まれて保存されています。
 私が最初に訪れたときは敷地内に立ち入ることは出来ず、遠方から見学するのみだったのですが、2度目の訪問の際は町内会によるゲートボール大会が行われており、使用者に許可を得て見学することができました。
 画像はフェンスの内部のようすです。墳丘らしきマウンドは見られないようですが、積石塚と思われる石積みの一部が露出しています。


「あきる野市№104-1遺跡(牛沼古墳群 1号墳)」

 画像は、西から見た牛沼1号墳です。この角度から見ると、僅かに盛り上がった古墳らしい形状を見ることが出来ます。
 色々経緯のあった古墳であるようですが、せっかく破壊を免れて保存されることになったわけですから、きちんと発掘調査を行ったうえで史蹟公園のような形で公開することは出来ないものかと思うのですが、難しいのでしょうね。。。

<参考文献>
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/05/21(日) 00:41:19|
  2. 牛沼古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カテゴリ

足立区 (4)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (0)
葛飾区 (6)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (3)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (11)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (6)
墨田区 (3)
江戸川区 (0)
練馬区 (7)
豊島区 (2)
文京区 (6)
杉並区 (17)
中野区 (17)
新宿区 (17)
千代田区 (7)
目黒区 (8)
渋谷区 (17)
港区 (4)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (94)
田園調布古墳群 (34)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (54)
都指定史跡 野毛大塚古墳 (0)
野毛古墳群 (13)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (6)
その他の古墳・塚 (11)
三鷹市 (4)
狛江市 (43)
狛江古墳群-和泉支群 (17)
狛江古墳群-岩戸支群 (3)
狛江古墳群-猪方支群 (23)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (55)
国領南古墳群 (2)
下布田古墳群 (16)
上布田古墳群 (7)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (11)
府中市 (77)
史跡 武蔵府中熊野神社古墳 (2)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
府中市内の塚 (10)
国立市 (24)
下谷保古墳群 (12)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (9)
立川市 (14)
稲城市 (0)
多摩市 (4)
和田古墳群 (4)
多摩市内の塚 (0)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (10)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (47)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (16)
日の出町 (2)
青梅市 (11)
古墳空白地域 (19)
西東京•清瀬•東久留米市 (0)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (7)
福生市•羽村市•瑞穂町 (12)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
宇都宮市•鹿沼市 (0)
壬生町•上三川町 (5)
群馬県の古墳 (0)
茨城県の古墳 (5)
神奈川県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
長野県の古墳 (6)
未分類 (2)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR