fc2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

佐久市「富士塚古墳」

佐久市「246 富士塚古墳」1

 画像は、佐久市猿久保に所在する「富士塚古墳」です。

 ここは、前回紹介した「御経塚古墳」と「金比羅塚古墳」の続きで、土地の所有者の奥さまから、「富士浅間神社のところも古墳でうちもお参りに行くんだよ」とお聞きしまして、「もちろんチェック入ってますよ!」とばかりに次に訪れたのがこの古墳でした。笑。

 佐久市の遺跡番号246番に登録されている古墳で、小さな円墳ではありますが非常に良好に残っている印象です。


佐久市「246 富士塚古墳」2

 東から見たところです。
 祠が祀られていますし、墳頂部はそれなりに削平されているのかもしれませんが、それ以外はどこも崩されていないように感じます。(わからんけど)


佐久市「246 富士塚古墳」3

 北東から見たところ。


佐久市「246 富士塚古墳」4

 墳頂部の様子。


佐久市「246 富士塚古墳」5

 富士浅間神社の祠です。



 今年のブログの更新はきっとこれが最後ですね。

 今年は、春先から秋頃までブログを更新するモチベーションが著しく下がっていました。
 古墳をめぐる意欲までが下がっていたわけでもないのですが、でも実際に春から秋までほとんど古墳巡りをしなかったし、そもそも夏は暑くて仕方がなかったし、、、。゚(゚´Д`゚)゚。

 それが、真夏に名古屋遠征をしてそれが楽しかったこともあり、巡るならいろいろな土地に行きたいなあと思うようになりまして、さらに11月に長野に遠征したのがもっと楽しくて、それでブログを更新するモチベーションも上がったのかな。。。

 来年もきっと、更新したりしなかったりすると思います。

<参考文献>
長野県佐久市教育委員会『長野県佐久市遺跡詳細分布調査報告書』


人気ブログランキングへ

  1. 2023/12/31(日) 18:10:36|
  2. 長野県の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐久市「消滅した御経塚古墳と金比羅塚古墳」

佐久市「259 御経塚古墳」1

 今回は、「御経塚古墳」と「 金比羅塚古墳」の探訪の記録です。

 この2基は佐久市猿久保に所在する古墳で、東西に並ぶようにかなりの近距離に存在したようです。
 ただし、御経塚古墳のほうは残念ながらすでに消滅しており、跡地は更地となっていてまったく痕跡もありませんでした。


 ちょうどこの更地の横に車を停めて近隣の地元の方に声をかけてみたところ、「あそこから出てきた女性がここの所有者だから聞いてみるといいよ!」とお教えいただき、その女性に話しかけてみました。

 私が跡地の横に車を停めたので、土地の購入希望の人かと思われたようで、「あんた、土地を買ってここに引っ越してきなよ!」と言われてびっくり‼️笑。
 長野は好きな県だし佐久にもいい印象しかありませんのでちょっと心が動きましたが、でもやっぱりちょっと無理ですよね。。。

 やはり、画像の地点が御経塚古墳の跡地で、10年ほど前まではちゃんとここに墳丘があったそうですが、奥さま曰く「壊した際に何も出てこなかったから古墳じゃないんじゃないか?」とおっしゃっていました。


佐久市「259 御経塚古墳」2

 跡地の横に怪しげな巨石が置かれていて古墳との関連を妄想しましたが、これは古墳とは関係ないらしいです。


佐久市「260 金比羅塚古墳」1

 こちらはもう1基の「金比羅塚古墳」です。
 『長野県佐久市遺跡詳細分布調査報告書』の分布図や、ネットで公開されている『』に記されている位置とは若干のズレがあるので、注意が必要かも。

 所有者の奥さま曰くこの土地は手放していて、その理由が旦那さまの「夢見が悪い」からなんだそうです。
 この「夢見が悪い」というのが具体的にどういうことなのか、旦那さまのお話をお聞きできなかったのでわからないのですが、とても興味深いです。



佐久市「260 金比羅塚古墳」2

 墳丘には石段が設けられていて、墳頂部の平坦地に石祠が祀られています。
 おそらくこれが金比羅さまなのかな。。。


佐久市「260 金比羅塚古墳」3

 この古墳もかなり昔に掘られているらしいのですが、やはりなにも出てこなかったといわれているそうです。

 ただし、塚の周囲には、かつて掘り出された石室の石材ではないかとも思われる河原石が多数置かれていましたし、墳丘上には天井石では?という石も見られ、なかなかに妄想が広がる状況です。


佐久市「260 金比羅塚古墳」4

 墳丘上の様子。

 石祠が祀られていて、これが金比羅さまなのかな?
 祠の横に天井石みたいなの、見えますよね?


佐久市「260 金比羅塚古墳」5

 ほら。
 古墳だと思うけどなぁ、、、(*´~`*)


佐久市「260 金比羅塚古墳」7

 土地の所有者の奥さまに「大根が取れたから持っていきな?」とおっしゃっていたいて、いや、もちろん「いただけないっす、、、((((;´・ω・`)))、、、」とお断りしたのですが「ここで出会うのも縁なんだから、持っていきな?」と言われて、ありがたくいただきました。

 今年の秋は、佐久市内を中心に長野県内に5日ほど滞在したのですが、こういうことは何度もありました。
 旅行者に施しをする文化があるのか、それともまさか私が貧乏人なのがバレているのかな?とか色々考えましたが、どこで誰と話しても皆さん一様に親切で、心温まります。

 大根は煮物にしていただきました。
 とってもおいしかったです。。。


佐久市「260 金比羅塚古墳」6

 佐久に滞在中は、なぜか何度も浅間山にカメラを向けたくなりました。。。
 11月であるにもかかわらず、前日には雪が降ってしまって、ノーマルタイヤの私はどうなることかと心配になりましたが、なんとか翌日は晴れて雪は溶けました。

<参考文献>
長野県佐久市教育委員会『長野県佐久市遺跡詳細分布調査報告書』


人気ブログランキングへ

  1. 2023/12/29(金) 23:13:31|
  2. 長野県の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐久市「桟敷古墳」

佐久市「55 桟敷古墳」1

 画像は、佐久市安原に所在する「桟敷古墳」を北東から見たところです。

 いつもなら農作業をしているような地元の方に声をかけて古墳を見学するとことなのですが、ここではなぜか周辺にだ〜れも見当たらない状況で、当然ながら土地の所有者もわからず、遠巻きに見学するのみで現地を後にしました。
 帰宅してからじっくりと撮影した画像を見ると、二段築成らしき墳丘がキレイに写っていて、もう少しじっくりと観察できればよかったかな、と少し後悔。。。


佐久市「55 桟敷古墳」2

 南から見たところです。
 よく見ると、墳丘裾部に標柱みたいなのが立っているのですが、訪れた当日はこれに気が付かず、全然チェックしませんでした。゚(゚´Д`゚)゚。
 くっつき虫だらけだったしね。。。

<参考文献>
長野県佐久市教育委員会『長野県佐久市遺跡詳細分布調査報告書』


人気ブログランキングへ

  1. 2023/12/28(木) 01:11:10|
  2. 長野県の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐久市「宮の西古墳」

佐久市「73 宮の西古墳」1

 今回は、佐久市下平尾に所在する「宮の西古墳」を紹介します。

 この古墳は、佐久市教育委員会より発行されている『長野県佐久市遺跡詳細分布調査報告書』に、残存する古墳として掲載されています。
 しかし、事前にGoogleマップで確認すると、この周辺は耕地整理が行われているらしき様子で、それらしき高まりも確認できず、おそらくは古墳は削平されているのかな?という印象でした。
 なので、ここは見る必要はなく素通りしようかな、と思っていましたが、どうせ近くを移動するのだから念のために確認しておこう、という感じで横を通ったら、石室らしき石組がチラッと見えてびっくり!!!

 耕地整理の際に壊さずに残しておいたんですよね。。。


佐久市「73 宮の西古墳」2

 石組の様子。
 ということは、畑に埋もれて墳丘の基底部も残されている感じですよね。わからんけど。


佐久市「73 宮の西古墳」3

 間違いなく古墳の石材ですよね。
 ちょうど畑の畔のところに残っています。
 立ち寄ってよかったよ。。。

<参考文献>
長野県佐久市教育委員会『長野県佐久市遺跡詳細分布調査報告書』


人気ブログランキングへ

  1. 2023/12/26(火) 23:04:08|
  2. 長野県の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐久市「潰石古墳」

佐久市「54 潰石古墳」

 画像は、佐久市上平尾に所在する「潰石古墳」です。

 この古墳へは、畑の畦道を歩いて近づきました。
 いつもなら畑で作業する地元の方に声をかけて見学するところですが、ここではたまたま人の姿がまったくなく、土地の所有者もわからないので、墳丘に登ったりはせず遠巻きに写真を撮っただけで退散しました。

 前回紹介した「塚畑古墳」から西に500メートルほどの位置に所在します。
 古くは「塚畑」という字名だったようですが、現在は「上平尾」というのですね。
 私は「塚畑」がよかったなあ。。。笑。

 学術的な調査が行われているのか、詳細はわかりません。。。

<参考文献>
長野県佐久市教育委員会『長野県佐久市遺跡詳細分布調査報告書』


人気ブログランキングへ

  1. 2023/12/12(火) 23:01:07|
  2. 長野県の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐久市「塚畑古墳」

佐久市「71 塚畑古墳」1

 画像は、佐久市上平尾に所在する「塚畑古墳」です。
 
 この古墳は、佐久市の遺跡番号71番に登録されています。
 古墳の周囲は宅地化が進んでおり、周囲の道路からではどこにあるのかよくわからなかったのですが、声をかけた方が運よく古墳の土地の所有者で、見学させていただきました(ありがとうございました、、、)。


佐久市「71 塚畑古墳」3

 この古墳も、覆土がほとんど取り払われて石室の石材が剥き出しになって残存する、という状況です。
 ただし、やはりくっつき虫等々雑草が生い茂っていて、全貌を写真に収めるのは厳しい状況です。
 ってか、くっつき虫って以前よりも増えてきたというか、繁殖している気がするけど気のせいかな。。。

 ちなみにこの地域の字名は「塚畑」で、これは当然ながら古墳に由来する地名となるようですが、地名になるぐらいだから当然多くの古墳の存在が想定されますよね。
 土地の所有者のお母様にお聞きできたのですが、やはりかつては周辺に何もの古墳が存在したそうですが、現在残っているのは残念ながらこの1基のみであるということでした。。。


佐久市「71 塚畑古墳」2

 天井石と思われる巨石の上には祠が祀られています。

<参考文献>
長野県佐久市教育委員会『長野県佐久市遺跡詳細分布調査報告書』


人気ブログランキングへ

  1. 2023/12/11(月) 20:51:56|
  2. 長野県の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

佐久市「矢口古墳群」

佐久市「矢口古墳群3号墳」1

 今回は、佐久市横根に所在する「矢口古墳群」の探訪の記録です。
 前回取り上げた「横根古墳群」と同じ湯川左岸の丘陵上に位置しており、3基の古墳で構成されています。

 佐久市上平尾の農道を平尾神社のある東に向かって歩くと、露出した古墳の石室が右側に見えてきます。
 最初の画像は「矢口古墳群3号墳」です。


佐久市「矢口古墳群3号墳」2

 3号墳は、石室を覆っていたであろう覆土はほとんど取り払われてしまった状況です。
 横穴式石室はかろうじて原形をとどめるものの、崩壊寸前という印象です(でも、だから見どころがあるとも言えるわけなのですが、、、)。

 
佐久市「矢口古墳群3号墳」3

 相変わらず、古墳の周囲はくっつき虫に覆われていてなすすべなし。笑。


佐久市「矢口古墳群1号墳」

 『長野県佐久市遺跡詳細分布調査報告書』の分布図からすると、3号墳の道路を挟んで西側の山林内に1号墳と2号墳が存在するはずなのですが、明確に墳丘であると思われる遺構は見当たりませんでした。

 ただし、石室の石材なのかな?とも思える巨石がゴロゴロと転がっているので、ひょっとしたらかつてはここに古墳があったのかもしれません。

 画像は2号墳かな?と思えるあたり。


佐久市「矢口古墳群2号墳」

 こちらは1号墳かな?と思えるあたり。
 いや、もちろんすべての石が古墳由来とは限らないし、気のせいである可能性も十分にあるわけですが。。。


佐久市「矢口古墳群近くの怪しい塚」1

 矢口古墳群の3基がある西側の畑地内で発見した、超怪しい塚。
 『長野県佐久市遺跡詳細分布調査報告書』にも、ネットで公開されている最新の『佐久市遺跡詳細分布図』にも何も記されていないので、古墳ではないのかもしれませんが、個人的には超怪しい!と感じました。笑。

 遠くから見ても、祀られている祠の土台となっている巨石が天井石のように見えるし、裾のあたりにも巨石の存在が確認できます。

 
佐久市「矢口古墳群近くの怪しい塚」2

 近寄ってみたところ。
 ね。古墳っぽいでしょ?


佐久市「矢口古墳群近くの怪しい塚」3

 塚の上には石段が設けられていますが、石段の石は古墳由来ではなさそうですが。。。


佐久市「矢口古墳群近くの怪しい塚」4

 ほら。
 天井石っぽいよね。

 古墳じゃないのかな。。。

<参考文献>
長野県佐久市教育委員会『長野県佐久市遺跡詳細分布調査報告書』
佐久市志編纂委員会『佐久市志 歴史編1 原始古代 図書』


人気ブログランキングへ

  1. 2023/12/10(日) 17:51:59|
  2. 長野県の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

佐久市「横根古墳群」その10

佐久市「横根古墳群26号墳」1

 今回は、佐久市横根に所在する「横根古墳群」の第10回目、いよいよ最終回となります。

 今回紹介するのは26号墳から28号までの3基。
 最初の画像は「横根古墳群26号墳」となります。

 丘陵の高くなった頂部に築造されており、周囲の古墳よりも少々大きな印象です。
 ちょっと偉い人のお墓なのかな。。。


佐久市「横根古墳群26号墳」2

 墳頂には、かつて祀られていたと思われる祠の残骸が散らばっていました。


佐久市「横根古墳群26号墳」3

 26号墳の墳頂部から見下ろしてみたところ。
 かなり高さが残されていますよね。

 ちょっと窪んでいる場所があって、石室が開口していないか昂りましたがそうではない感じ。。。


佐久市「横根古墳群27号墳」1

 山に入るときに、土地の所有者であると思われるお宅で声をかけて入山しました。

 「ちょっと前に、奥の畑地だったあたりでクマを見たという話を聞いているから気をつけろよ?」
 と言われまして、お話から察するに、クマが出たのは27号墳や28号墳が所在する平坦地であると思われるのですが、

 「まあ今は昼間で明るいから大丈夫だとは思うよ。。。」
 というセリフに背中を押されて、
 
 「なら、クマが出たらやられる前に叫びますから」
 とか言って山に入ったわけですが、やっぱりちょっと怖いし心の片隅に残りますよね。

 で、いよいよクマが出たと言われる平坦地に差し掛かったのですが、そこでかなりの近距離から結構大きな野ウサギがブワッと飛び出してきて、不覚にも叫んでしまいました。。。゚(゚´Д`゚)゚。

 う〜ん。声、ひっくり返っていたと思うなあ。。。


 そんな後に見学したのが、この「横根古墳群27号墳」です。

 かなり雑草が生い茂っていて、写真ではなんだかよくわからないと思いますが、肉眼で見た感じでは石材らしき石が散見できたし、ここが27号墳で間違いないと思います。


佐久市「横根古墳群28号墳」

 最後、画像が「横根古墳群28号墳」です。


 とりあえず、全28基中消滅したのではないかと考えられるのは2号墳と16号墳の2基のみで、他の26基はすべて見学することができました。
 ただし、帰宅してから、ネットで公開されている『佐久市遺跡詳細分布図』の分布図を確認すると、この28号墳の東側に「××号墳」という名称がつけられていない古墳が記されているようです。
 19号墳と20号墳の間にあるらしき無名称古墳と合わせて現地では見逃してしまったのですが、ひょっとしたらほかにも未確認の古墳があるかもしれないし、今後の調査の進展に期待したい古墳群ですね。

 今回で横根古墳群は終了となりますが、佐久市の古墳はまだまだ続きます!

<参考文献>
長野県佐久市教育委員会『長野県佐久市遺跡詳細分布調査報告書』
佐久市志編纂委員会『佐久市志 歴史編1 原始古代 図書』


人気ブログランキングへ

  1. 2023/12/09(土) 19:03:20|
  2. 長野県の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐久市「横根古墳群」その9

佐久市「横根古墳群23号墳」1

 佐久市横根に所在する「横根古墳群」の第9回目となります。
 今回は、23号墳から25号墳までの3基を取り上げます。

 最初の画像は、「横根古墳群23号墳」です。

 畑地内に残された6号墳から14号墳は石室が露出した状態のものが少なくないのに対して、山林内に残された20号墳から28号墳の墳丘は良好に残されていて、興味深いです。


佐久市「横根古墳群23号墳」2

 同じく23号墳の墳頂部の様子です。
 平坦ではなく、ペコっと窪んでいる様子がおわかりでしょうか。。。
 おそらくは盗掘を受けているのかな?


佐久市「横根古墳群24号墳」1

 こちらは「横根古墳群24号墳」です。

 
佐久市「横根古墳群24号墳」2

 24号墳の墳頂部の様子です。
 やはりベコっと窪みができていて、盗掘を受けている様子が伺えます。


佐久市「横根古墳群25号墳」1

 こちらは「横根古墳群25号墳」です。
 北西側に突き出た舌状台地の先端に所在する古墳で、大きな古墳ですが墳丘は良好に残存する印象です。

 やはり円墳なのかな。。。


佐久市「横根古墳群25号墳」2

 25号墳の墳頂部の様子。
 石材と思われる石がゴロゴロと転がっていました。

 次回はいよいよ横根古墳群の最終回です。。。

<参考文献>
長野県佐久市教育委員会『長野県佐久市遺跡詳細分布調査報告書』
佐久市志編纂委員会『佐久市志 歴史編1 原始古代 図書』


人気ブログランキングへ

  1. 2023/12/08(金) 19:12:53|
  2. 長野県の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐久市「横根古墳群」その8

佐久市「横根古墳群20号墳」1

 今回は、佐久市横根に所在する「横根古墳群」の第8回目となります。
 今回は、20号墳から22号墳までの3基を取り上げます。

 横根古墳群は、南西側に6号墳から15号墳までが密集して存在しており、そこから北東側にちょっと離れて20号墳から28号墳までの9基が密集しています。

 畑地内に残存する6号墳から15号墳までの古墳が、削平を受けて石室が露出している古墳が多数存在するのに対して、山林内に残存する20号墳から28号墳までの9基は比較的墳丘が良好に残されている印象を受けます。

 最初の画像は「横根古墳群20号墳」です。


佐久市「横根古墳群20号墳」2

 同じく20号墳を別角度から。
 山の斜面に造られているのが印象的ですね。。。


佐久市「横根古墳群20号墳」3

 20号墳は天井石らしき石材が露出していました。


佐久市「横根古墳群21号墳」1

 こちらは「横根古墳群21号墳」です。

 おそらく墳形は円墳でしょうか?
 やはり山の斜面に築造されています。


佐久市「横根古墳群21号墳」2

 やはり墳丘斜面には、石材らしき巨石が散在しています。


佐久市「横根古墳群22号墳」1

 こちらは「横根古墳群22号墳」です。
 21、22号墳と比べると大きな古墳である印象です。
 どんな人物が埋葬されているのか、興味深いです。


佐久市「横根古墳群22号墳」2

 やはり、石室材と思われる巨石が墳丘斜面に見られます。

 横根古墳群、まだまだ次回に続きます!

<参考文献>
長野県佐久市教育委員会『長野県佐久市遺跡詳細分布調査報告書』
佐久市志編纂委員会『佐久市志 歴史編1 原始古代 図書』


人気ブログランキングへ

  1. 2023/12/07(木) 19:44:13|
  2. 長野県の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (10)
足立区/その他の古墳・塚 (19)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (11)
北区/飛鳥山古墳群 (9)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (28)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (6)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (20)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (10)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (17)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木久が原古墳群 (13)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (8)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (37)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (14)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (34)
狛江市/その他の古墳・塚 (24)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (37)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (9)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市 (52)
横浜市 (11)
相模原市 (15)
日光市 (8)
那須町・大田原市 (22)
那珂川町・那須烏山市 (22)
塩谷町・矢板市 (9)
芳賀町・市貝町・茂木町 (21)
宇都宮市 (117)
鹿沼市 (15)
壬生町・上三川町 (22)
下野市 (23)
真岡市・益子町 (19)
小山市・野木町 (33)
栃木市 (66)
埼玉県の古墳・塚 (108)
千葉県の古墳・塚 (1)
群馬県の古墳・塚 (26)
ぐんま古墳カード (12)
茨城県の古墳・塚 (8)
長野県の古墳・塚 (30)
山梨県の古墳・塚 (1)
福島県の古墳・塚 (3)
愛知県の古墳 (11)
岐阜県の古墳 (3)
一里塚 (23)
神社巡りと蕎麦屋探訪 (17)
未分類 (17)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR