古墳なう

ご〜ご〜ひでりんの古墳探訪記

「天神山(梶原館跡埴輪出土地点)」

「天神山(梶原館跡埴輪出土地点)」

 画像は、東大井3丁目にある「來福寺」を東から見たところです。このお寺の境内からは、発掘調査により埴輪片が検出されており、古墳の存在が想定されています。『東京都遺跡地図』には「梶原氏館跡」として品川区の遺跡番号22番の遺跡として登録されていますが、『東京都遺跡地図情報インターネット提供サービス』には、古墳は登録されていないようです。

 來福寺は、平安時代の中期にあたる正暦元年(990)の創建とされています。昨年の9月21日の回の『古墳なう』では、大井1丁目に所在したとされる「納経塚」とその言い伝えについて取り上げましたが、この來福寺は納経塚から掘り出されたとされる二体の地蔵像の一体である「延命地蔵」が本尊で、この地蔵は別名「経読地蔵」とも呼ばれています。


「天神山(梶原館跡埴輪出土地点)」

 江戸時代の地誌『新編武蔵風土記稿』にはこの来福寺について「境内除地四段一畝十八歩、村の東北にあり」と記し、また天満宮(聖天堂)について「門を入て右の方小高き処にあり」と書かれています。そして、『南浦地名考』にはこの天満宮について「境内に天満宮の社あり、故に始は天神山とも云ひしとぞ」とあり、また「現在は歓喜天を祀ってある。この小高きところは円墳のように考えられる」とも書かれています。
 画像が、円墳ではないかとされる「聖天堂」を南西から見たところです。山門を入って右手の塚状に小高くなったマウンドの上にあり、歓喜天が祀られています。山門とともに江戸時代の終りごろに建てられたという古いものであるそうです。
 この塚が古墳であるという説は南浦地名考以外には特に見つからなかったのですが、実際に見学したところでは、素人目に見てもいかにも古墳を削って造られたような円形のマウンドです。東大井4丁目周辺に存在する品川大井古墳群から南に2~300メートルという近距離にあり、また同じ台地上の縁辺部という立地状況からしても、このマウンドが古墳である可能性は高いように思われます。


「天神山(梶原館跡埴輪出土地点)」

 聖天堂(墳丘上?)のようすです。このマウンドが古墳であれば、墳丘上部を大きく平らに削平されているようですが、聖天堂は山門とともに江戸時代の終わりごろに建てられたといわれていますので、古墳もこの頃に削平されたのかもしれません。。。


「天神山(梶原館跡埴輪出土地点)」

 埴輪片などの遺物が残されていないか表面観察を試みましたが、特にそれらしき遺物を見つけることは出来ませんでした。


「天神山」

 聖天堂の背後(北東側)に存在するのが、埴輪片が出土したとされる問題の塚状のマウンドです。残念ながらこの場所はフェンスに覆われていて立ち入ることが出来なかったのですが、聖天堂の土台となっているマウンドが円墳で、聖天堂裏のマウンドも円墳であると考えるには、両者の距離は近すぎる(というよりもくっついている)ように思いますし、ひょっとしたら聖天堂建立の際に削られた古墳の残土の山で、そこかに埴輪が紛れ込んでいた、ということも考えられるのかもしれませんが、このあたりの真相はわかりません。


「天神山(梶原館跡埴輪出土地点)」

 画像は、南から見たマウンドのようすです。こちらから見ると円形を呈する塚のように見えます。石造物が何基か立てられているようなのですが、落ち葉が降り積もって殆ど見えなくなっています。
 発掘調査は狭い範囲に限られていたようなので、埋葬施設や周溝などの詳細はわからないようですが、出土した円筒埴輪は6世紀後半の所産と考えられるもので、これは同じ大井古墳群の「大井林町古墳」から出土した埴輪とほぼ同時期のものであるようです。


「天神山(梶原館跡埴輪出土地点)」

 南西から見たマウンドのようすです。北西側が來福寺の建物に、まだ北東側がマンションにより削られているようなので、形状については何ともいえないところですが、方形を呈するようにも思えます。こちらから見ると、聖天堂の土台の部分が後円部で、この背後のマウンドが前方部という小形の前方後円墳なのではないかという期待も膨らみますが、このあたりは謎のままです。


「天神山」

  來福寺境内のようすです。この築山もまた古墳跡ではないかと妄想してしまいますが、古墳とは関係ないようですね。

<参考文献>
磯ケ谷紫江『南浦地名考』
品川区教育委員会『品川の地名』
品川区教育委員会『しながわの史跡めぐり』
品川区立品川歴史館『品川地中探検記』
現地説明板


人気ブログランキングへ

  1. 2017/01/07(土) 04:02:32|
  2. 品川大井古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「品川区№18遺跡(須恵器及び円筒埴輪片散布域)」

「品川区№18遺跡(須恵器及び円筒埴輪片散布域)」

 画像は、品川区南品川5丁目に所在する「海晏寺(かいあんじ)」を東から見たところです。
 海晏寺は建長3年(1251)、北条時頼が鎌倉の建長寺の蘭渓道隆を迎えて開いたと伝えられ、その後時頼の息子の時宗の時代に新たな堂が造られて、阿弥陀仏が安置されたといわれています。墓地には、東京都の旧跡に指定されている岩倉具視、白井鳥酔、加舎(春秋庵)白雄の墓があり、また松平慶永、由利公正の墓が品川区の史跡に指定されています。岩倉具視のお墓は本堂の裏手に残されているようですが、残念ながら一般の参拝は認められていないようです。この本堂裏手に、品川区の遺跡番号18番の古墳が登録されています。


「品川区№18遺跡(須恵器及び円筒埴輪片散布域)」

 この遺跡番号18番の古墳はすでに削平されており、墳丘の存在しない古墳です。都心部遺跡分布調査団により行われた昭和58年度の品川区大井地区の古墳分布調査により、須恵器高杯、須恵器甕、形象埴輪がそれぞれ1点と円筒埴輪片5点が採集されており、これにより古墳の存在が想定されているようです。
 画像の道路の右側あたりが「須恵器及び円筒埴輪片散布域」となるようです。実際にはもう少し奥の方ではなかったかと思います。残念ながらこの場所は見学不可で、立ち入ることが出来ないようですので、路上から見学するより手段が無いのが残念です。遺物はかなり広い範囲から採集されているようなので、古墳が円墳であれば複数の古墳が存在したか、もしくは前方後円墳が存在した可能性も考えられるところですが、真相は不明のままです。


「品川区№18遺跡(須恵器及び円筒埴輪片散布域)」

 塀の隙間から覗いてみるとこんな感じ。平らに整地されているようなので、はっきりと墳丘が残る古墳は存在しないようです。品川区の史跡として指定されるような墓所ですから、ちゃんと整備して見学できるようになると良いのになあと思うのですが、なかなか難しいですね。。。

<参考文献>
東京都教育委員会『都心部の遺跡』
品川区教育委員会『しながわの史跡めぐり』
品川区立品川歴史館『東京の古墳 ―品川にも古墳があった―』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/01/05(木) 03:00:40|
  2. 品川大井古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「大井公園内古墳」

新年あけましておめでとうございます。
昨年は御訪問いただき、ありがとうございました。
本年もよろしくお願い申し上げます。


「大井公園内古墳」

 「大井公園内古墳」は、その名の通り、品川区東大井4丁目に所在する大井公園内の築山として存在しています。『東京都遺跡地図』には品川区の遺跡番号20番の古墳として登録されています。画像はこの大井公園内古墳を南東から見たところです。
 このマウンドの周辺からは、都心部遺跡分布調査団により行われた昭和58年度の品川区大井地区の古墳分布調査により円筒埴輪片が採集されています。この埴輪片の発見により、それまで公園の造営時に盛られたものであると思われていた築山が、実は元々存在した古墳を流用したものではないかと考えられているようです。発掘調査は行われていないため、埋葬施設や周溝の有無については不明であるようです。
 

「大井公園内古墳」

 古墳は盛り土により築造されていますので、夏になれば草が生え、木には葉が茂ります。当然墳形も見難くなりますし、自然の中での古墳探訪はスズメバチに追われたり、蛇が出たりと実はかなり危険で怖いのです。都心部の古墳においてはこのような危険はあまりありませんが、それでもやはり古墳は冬の見学が理想的です。

 大井公園内古墳は整備が行われていますので、落ち葉なども清掃され、冬には残存する墳丘をはっきりと見ることが出来ます。公園内には広葉樹が植えられているので、秋になると葉が紅や黄色に色づき始め、秋も深まる11月後半には中旬から下旬が紅葉が深まる古墳の姿を見ることが出来ます。
 画像は、秋の大井公園内古墳を南東から見たところです。。。


「大井公園内古墳」

 画像は、大井公園の坂の下に品川区教育委員会により設置されている説明板です。古墳についての記述は見られないものの、江戸時代のこの周辺は下屋敷であり、この下屋敷内に所在したと云われる塚についての興味深い記述が見られます。
 説明板には次のように書かれています。

旧・越前鯖江藩間部家下屋敷跡
(元:陸奥仙台藩伊達家下屋敷跡)
東大井4丁目

 この地より高台に向かう一帯には、越前国(現・福井県)間部下総守の下屋敷があった。
もともとは、万治元年(1658)に仙台藩伊達家が麻布(現・港区)下屋敷を返上して、新た
に大井村に拝領した下屋敷であった。この屋敷内には高尾太夫の器を埋めたという塚が
あり、その上にはひと株の枝垂梅があったと伝えられている。元文2年(1737)に、鯖江
藩間部家大崎屋敷と伊達家品川屋敷の一部を交換し、間部家の下屋敷となった。その後、
一部は再び伊達家の所有となった。
 安政2年(1855)頃の鯖江藩主間部下総守詮勝は5万石の家禄があり、上屋敷は常盤橋
御門内(現・千代田区大手町)にあった。
                               品川区教育委員会


 この説明板にある下屋敷の範囲から「高尾太夫の器を埋めたという塚」を現在確認されている古墳に当てはめてみると、「大井公園内古墳」か「大井林町1号墳(伊達家邸内古墳趾・伊達古墳)」、「大井林町2号墳(内山家墓所内古墳)」の何れかではないかと考えられます。ただし、当時、2基の林町古墳を発掘したとされる徳川義宣氏著『大井林町古墳』には、1号墳の発掘や2号墳の埴輪片の採集についての詳細な記述が見られるものの、大井公園内古墳についての記述は全く見られないことは不自然にも感じられますし、ひょっとしたら大井公園内古墳は大井公園を造成した際に造られた築山で、都心部遺跡分布調査団により円筒埴輪片が採集されたのは偶然であるという可能性も考えられるかもしれません。
 いずれにせよ、この周辺に複数の古墳が存在したことは間違いないと思われますので、今後の調査の進展に期待をしたい地域だと思います。。。


「大井公園内古墳」

 あらためて、季節により移り変わる大井公園内古墳、その1。画像は、南から見た夏の大井公園内古墳です。
 これこのとおり、案の定、草ボウボウですね。。。


「大井公園内古墳」

 季節により移り変わる大井公園内古墳、その2。先ほどと同じ、南から見た、色づき始めた秋の大井公園内古墳です。紅葉がきれいです。


「大井公園内古墳」

 季節により移り変わる大井公園内古墳、その3。同じく南から見た、冬の大井公園内古墳です。残存する墳丘のようすをはっきりと見ることができます。


「大井公園内古墳」

 画像は墳頂部のようすです。灰皿が設置されており、喫煙所となっているのが残念なところですね。。。


「大井公園内古墳」

 画像は、墳頂部から北東側を見下ろしたところです。埴輪片が採集されたのはこの辺りだと思われます。この日も表面観察を試みましたが、埴輪片らしき遺物は見られませんでした。。。

<参考文献>
東京都教育委員会『都心部の遺跡』
品川区立品川歴史館『東京の古墳 ―品川にも古墳があった―』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2017/01/03(火) 23:12:22|
  2. 品川大井古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「旧中原街道供養塔群(四ツ塚?)」

「旧中原街道供養塔群(四ツ塚?)」

 画像は、品川区荏原1丁目にある「旧中原街道供養塔群」を北西から見たところです。4基の供養塔がこの場所に集められており、保存されています。品川区教育委員会により設置された説明板には次のように書かれています。

品川区指定有形民俗文化財
旧中原街道供養塔群(一)
所在 荏原一丁目十五番十号
指定 昭和六十三年三月二十二日(第十九号)

 本供養塔群は、かつては現在地の北方約一〇
メートルの辻にあったが、昭和三十八年の区画
整理の際、ここに移されてきた。
 四基の供養塔のうち中央の大きい石造地蔵菩
薩は、総高一・九メートルに及ぶ。造立年代は
わからないが、台石に刻まれている十七の村名
や型態からみて江戸時代中期と考えられる。
向かって右の地蔵菩薩は延享三年(一七四六)
寒念仏供養のためのもの、左手奥の馬頭観音は
元文元年(一七三六)造立であり、この頃戸越
本村に馬持講があったことを示す。その前にあ
る聖観音は石造墓碑で、貞享年間(一六八四~
八七)に建てられた。
 これらの供養塔は江戸中期から後期の庶民の
信仰状況を示すものとして貴重である。

 平成十三年三月三十日
             品川区教育委員会



「旧中原街道供養塔群(四ツ塚?)」

 設置された説明板によると、この供養塔群は「現在地の北方約10メートル」ほどの場所にあったということですが、『荏原中延史 後編』の付図を確認すると確かにこの位置に塚のマークが記されており、かつては塚の上に供養塔が立てられていたのかもしれません。ただし昭和38年(1963)に発行された『校註南浦地名考』には「四ツ塚 此所に石地蔵あり塚はなし桐ヶ谷戸越居木橋谷山の四ヶ村の出崎なりしと云ふ(註)中原街道の脇にこの石地蔵は現存している。」と書かれています。江戸時代末期には塚はすでに削平されており、供養塔群のみが残されていたのかもしれません。この周辺の地名は古くは「四ツ塚」という字名で呼ばれていることから、複数の塚が存在したのではないかと思われますが、塚の性格や所在地についてはわかりませんでした。


「旧中原街道供養塔群(四ツ塚?)」

 画像が、塚の跡地と考えられる周辺を中原街道側から見たところです。街道沿いにはビルが立ち並び、塚の痕跡は完全に失われているようです。。。

<参考文献>
芳根彌三郎『荏原中延史 後編』
品川区誌研究会『校註南浦地名考』
品川区教育委員会『品川の地名』
現地説明板


人気ブログランキングへ

  1. 2016/11/09(水) 22:19:36|
  2. その他の塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「長者町庚申塚」

「長者町庚申塚」

 画像は、品川区旗の台1丁目に所在する「旗の台1丁目石造庚申供養塔」を東から見たところです。中原街道沿いのこの場所にはかつて「長者町庚申塚」と呼ばれる塚が存在したといわれています。この塚については昭和29年(1954)に発行された『荏原中延史』に、「長者町庚申塚」の名称で記述を見ることが出来ます。

 「中延鎌倉街道の三叉路『旧延山小学校前』に庚申塚がある。寛文五年の供養塔が建ててあり、現在もあるけれども、これは位置が少々変つた。大正十年頃発掘して引ならして跡に交番を建てた。その折人骨が澤山出て來た。石塔も三基発掘された。其の供養塔には寄進者の名前が掘付けてあるけれど、磨滅してはつきりと判らない。(後略)」(『荏原中延史』35ページ)

 人骨が出土したということですので、少なくとも庚申塔が立てられる以前からこの塚は存在していたのではないかと思われます。例えば中世の合戦の戦死者を葬った首塚であったのか、それとも古代に築造された古墳であったのか、学術的な調査は行われることなく消滅しているため詳細はわかりません。


「長者町庚申塚」

 庚申供養塔を南から見たところです。遠目に見るとこの場所が周囲よりも若干高く感じられるのですが、これは塚の名残なのでしょうか。。。

 庚申塔は品川区の有形民俗文化財に指定されています。現地に設置されている品川区教育委員会による説明板には次のように書かれています。

品川区指定有形民俗文化財
旗の台一丁目石造庚申供養塔
所在 旗の台一丁目一番
指定 昭和六十一年三月十四日(第十七号)

 中原街道から分かれて小山に至る旧道の分
岐点にあり、寛文五年(一六六五)旧中延村の
庚申講中が造立したもので、区内現存の庚申
塔五十基のうち三番目に古い。中央に「南無
妙法蓮華経」の髭題目を彫り、その下に石塔
を造立した七名の氏名が刻まれている。
 本塔は高さ九二センチメートル、板碑型で材質は安山
岩、向かって右上部に一部欠損が見られるが、
保存状態は概して良好である。日蓮宗の影響
か、青面金剛・三猿・日月が掘られていない
文字塔として特色がある。
 全村のほとんどが日蓮宗といわれる旧中延
村に、日蓮宗の僧が指導したと思われる庚申
講の存在を示す資料として貴重である。

  平成十三年三月三十日
            品川区教育委員会


「長者町庚申塚」

 庚申供養塔の敷地のようすです。ああ、やっぱりY字路の間の三角地なんだ!と思いましたが、三角畑や三角田は地域によっては不吉なものだとして嫌われていた、と何かの本で読んだ覚えがあるのですが、開発の進んだ東京都内でも庚申塔などの石造物やお稲荷さんの祠などがY字路の間の三角地に残されているという光景は度々目にします。世界でも有数の先進都市でありながらもこうして古いものが残されているあたりが東京の魅力的なところでもあると思います。。。


中原街道高札場跡

 訪れてみてわかったのですが、この場所は高札場の跡地でもあるようで、道路を挟んだ向かい側には「札場の跡」と刻まれた石碑があり、品川区郷土の会による説明板が立てられています。

 中原街道高札場跡
            所在 品川区旗の台1−2−14号
 高札場は札場(フダバ)といい 江戸時代に高札が掲示
された場所をいう。高札とは法度(法令・禁令)などを板
札に墨書したもので町辻、橋詰など多くの人々の目にふれ
る場所に設置されここ中原街道は江戸から相模国中原へ向
かう主要な道路であった。当敷地は芳根氏で徳川時代から
大正時代まで俗称を(札場)と呼ばれていた。
なお同書には東京都認定天然記念物の大欅(樹齢約四百年)
が昭和四十一年まであった。
   平成十年十月吉日        品川区郷土の会



木霊稲荷神社

 さらにこの場所には「木霊稲荷神社」という神社も存在しています。小さな祠の神社ですが、この神社を信仰するものは不思議と願いが叶えられて幸せが訪れることから、別名「不思議稲荷」とも呼ばれているそうです。
 帰宅してからあらためて地図を見てみると、この場所は六差路になっているのですね。この周辺は昔は長者町と呼ばれ、資産家が多く暮らしていたといわれているようですが、かなり古くから人通りの多い場所だったのかもしれませんね。。。

<参考文献>
芳根彌三郎『荏原中延史』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2016/11/08(火) 01:17:23|
  2. その他の塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カテゴリ

足立区 (4)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (0)
葛飾区 (6)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (3)
墨田区 (0)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (11)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (6)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
練馬区 (7)
杉並区 (12)
中野区 (9)
豊島区 (2)
新宿区 (0)
渋谷区 (17)
目黒区 (8)
文京区 (3)
千代田区 (3)
港区 (4)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (75)
田園調布古墳群 (15)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (54)
野毛古墳群 (13)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (6)
その他の古墳・塚 (11)
三鷹市 (4)
狛江市 (43)
狛江古墳群-和泉支群 (17)
狛江古墳群-岩戸支群 (3)
狛江古墳群-猪方支群 (23)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (54)
国領南古墳群 (2)
下布田古墳群 (16)
上布田古墳群 (7)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (10)
府中市 (77)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市内の塚 (10)
国立市 (19)
下谷保古墳群 (11)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (5)
立川市 (13)
稲城市 (0)
多摩市 (4)
和田古墳群 (4)
多摩市内の塚 (0)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (4)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (42)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (14)
日の出町 (2)
青梅市 (11)
古墳空白地域 (16)
西東京•清瀬•東久留米市 (0)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (6)
福生市•羽村市•瑞穂町 (10)
神奈川県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
群馬県の古墳 (0)
栃木県の古墳 (5)
茨城県の古墳 (5)
長野県の古墳 (6)
未分類 (1)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR