古墳なう

ご〜ご〜ひでりんの古墳探訪記

「奈良橋庚申塚」

「奈良橋庚申塚」

 東大和市内に現存する高塚古墳は存在せず、この地域に有力な支配者の存在はなかったのではないかとも考えられているようですが、塚の存在により「塚」が地名として使われた場所は数多く存在するようです。芋窪村には法界塚、狐塚。蔵敷村には山王塚、庚申塚、塚前。高木村には蛇塚、塚下。清水村には金剛塚、庚申塚。宅部・内堀地区には行人塚、東光院塚、大塚、庚申塚、御判塚、送神塚、霊光塚、塚の腰など、かなりの数にのぼりますが、多くの塚は現在消滅しており、その位置も判らなくなっているようです。

 「奈良橋庚申塚」も、地元ではかなり知られた地名であるようですが、残念ながら塚は削平されており、現在は存在しません。画像は奈良橋庚申塚の跡地を南東から見たところです。交番の前の、交差点の角のところに塚は存在したようです。


「奈良橋庚申塚」

 画像は、奈良橋庚申塚から移設された現在の庚申塔のようすです。東大和市奈良橋1丁目の雲性寺の山門の下に所在します。庚申塔のほかに馬頭観音も立てられています。一説によると、新青梅街道拡張工事の際、駐在所に出入りするパトカーの邪魔になるということで庚申塚は崩されてしまったようですが、庚申塔や馬頭観音、道標といった石造物は元あった場所に保存しないと意味がないように思いますが、このあたりはなかなか難しいですね。。。


「奈良橋庚申塚」

 天王山雲性寺の山門前のようすです。創建は永享11年(1439)といわれるこのお寺の山門はなんと、箱根の関所の一の門として使われていたものなのだそうです。この山門はなかなか数奇な運命を辿っているといわれますので詳しく調べてみると面白いかもしれません。


「奈良橋庚申塚」

 雲性寺境内に咲く「ハンカチの木」の花です。私はこの花をこの雲性寺の境内で初めて見ましたが、なかなか見ることのない珍しい形状の花だと思います。。。


「奈良橋庚申塚」

 「奈良橋庚申塚」の痕跡は、様々な場所に名称として残されているようです。バス停にも……


「奈良橋庚申塚」

 交差点にも……


「奈良橋庚申塚」

 そして橋の名称にも!東大和市内で一番有名な塚の名称であるようですし、やはり塚が消滅してしまったのは残念でなりません。。。 

<参考文献>
東大和市教育委員会『道と地名と人のくらし』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2016/06/11(土) 03:42:58|
  2. 東村山•東大和•武蔵村山市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「山王塚」

「山王塚」

 画像は、東大和市蔵敷2丁目に所在する「山王塚」の跡地を北西から見たところです。

 この場所はかつて三本杉または一本杉とも呼ばれた杉の木が目印となっていた三角地で、現在はフェンスで囲まれた中に山王社が祀られています。東大和市教育委員会より発行された『道と地名と人のくらし』では昭和49年当時の山王塚の写真を見ることが出来ますが、かつてのこの場所は小高く盛り上がった塚上に祠が祀られていて、古墳ではないかとも考えられていたようです。雑誌『武蔵野』にはこの周辺の遺跡を廻った村高擔風氏の一文が掲載されており、「山王塚の遺跡 自動車にて村山に着くや蔵敷村に有名な夫婦杉のある山王塚に向ふ桑畑には未だ雪の鹿の子斑に残る霜解道を漸くに夫婦杉の許に抵れば小高くなれる薮は古墳の崩れたるものにて小さな祠が安置してある四辺の畦道を彷徨ひて石斧を獲たるが内野杢左衛門氏方に多数蔵すを聞き同家を訪ふ旧地の主人快く倉より取出して土器(形は崩る)石器矢根石等を示さる何れも同村字台より発掘せるもの縄紋土器は磨石斧と共に出しが当時は博物館にても土器全形を足るものなりかば非常に珍重されしなん……」と書かれています。

 多摩川から遠くはなれた東大和市内では未だ古墳の発見はないようですが、当時「古墳の崩れたるもの」と考えられた山王塚も残念ながら古墳ではなかったようです。


「山王塚」

 ちなみに、雑誌『武蔵野』は日本考古学の指導者として著名な鳥居龍蔵氏により創立された「武蔵野会」の機関紙として創刊された雑誌です。東大和市内においては、大正5年(1916)に東京市により村山・山口両貯水池の建設が行われた際、湖底に沈んでしまう埋蔵文化財の調査を依嘱されたのが鳥居龍蔵氏であったそうです。鳥居龍蔵氏といえば、大正12年(1923)に起こった関東大震災で東京が廃墟と化した際、震災によって建物が焼けたり崩れたりして元々の地面の起伏が露出したことを鳥居龍蔵氏はチャンスと捉えて、カメラを携えて東京市中の古墳と思われる塚を調査したというエピソードが有名ですが、東大和市内の調査を行っていたとは知りませんでした。。。


東大和市 未登録 山王塚3

 この山王塚の場所は「蔵敷調練場跡」として昭和55年4月1日に東大和市の旧跡として指定されており、敷地内には東大和市教育委員会による説明板が立てられています。この説明板には次のように書かれています。

東大和市旧跡
蔵敷調練場跡
             所在 東大和市蔵敷二丁目
             指定 昭和五十五年四月一日

 江戸時代末期は日本全体が混乱し、治安が乱れていた。
このため、丈久三年、この付近を治めていた韮山代官江川
太郎左衛門は、治安維持のため、また頻繁に起こる百姓一
揆鎮圧のため、村役人級の農民に編成し、小銃を貸し付け、
農業の合間に軍事訓練を行った。農兵に軍事訓練を行った
場所を調練場といい、この付近一帯がその場所であった。
                 東大和市教育委員会


 山王社の南側が調練場で、北西の一角にはクリの木で作った玉除を埋めこんだ大きな土手が築かれて射的場として使われていました。現在は開発が進み昔の面影はなくなっているようですが、調練場という名は戦前までは残されていたようです。。。

<参考文献>
村高擔風氏「村山地方の遺跡廻り」『武蔵野 第一巻 第一号』
東大和市教育委員会『道と地名と人のくらし』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2016/06/09(木) 00:58:38|
  2. 東村山•東大和•武蔵村山市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「残堀一本榎の塚」

「残堀一本榎の塚」

 さて、前回までに、「三本榎塚」と総称される「乙幡榎塚」、「加藤榎塚」、「奥住榎塚」の三つの榎の塚を紹介しましたが、これらの塚はすべて市街道(瑞穂町内では江戸街道と呼ばれ、ほかに村山通り江戸道、引又街道とも呼ばれる)沿いに存在しています。武蔵村山市周辺では、南北の道は中世の道で、東西の道は近世の道であるともいわれてきたようですが、江戸時代初期に江戸と青梅を結ぶ道として作られたとされるこの市街道沿いにはほかにもいくつかの塚が存在しており、「勘兵衛塚」、「念仏塚」、「千部塚」、「三本榎・奥住榎塚」、「三本榎・加藤榎塚」「三本榎・乙幡榎塚」、「残堀一本榎塚」と7基の塚が確認されているようですが、残念ながら三本榎の塚以外はすべて削平されて消滅しているようです。

 画像は、武蔵村山市三ツ藤3丁目に所在する「北多摩西部消防署三ツ木出張所」を東から見たところです。市街道(引又街道)と三ツ木街道が交差する四辻であるこの場所にかつて「一本榎の塚」と呼ばれる塚が存在したといわれています。


「残堀一本榎の塚」

 残念ながら榎の大木は台風により倒壊、塚も昭和40年代に消滅していますが、塚の上に建てられていたとされる庚申塔が消防署の敷地の一角に今も残されています。高さ103cm、幅37cmのこの庚申塔は、正面に「庚申塔」と大きく掘り込まれており、右側面には「文政三庚辰三吉詳日」、左側面には「天下泰平国土安全」とあり、裏面には「武州多摩郡山郷三ツ木村峰」と刻まれています。榎の塚もすでになく、引又街道も新青梅街道に取って代わられてしまった今、この庚申塔のみが昔の面影を偲ばせています。。。

<参考文献>
武蔵村山市史編さん委員会『武蔵村山市史 通史編 上巻』
武蔵村山市立歴史民俗資料館『資料館だより 第4号』


人気ブログランキングへ

  1. 2016/06/01(水) 00:06:00|
  2. 東村山•東大和•武蔵村山市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「三本榎塚(奥住榎塚)」

「三本榎塚(奥住榎塚)」

 武蔵村山市に所在する「三本榎」は、乙幡榎(榎3丁目)、加藤榎(学園1丁目)、奥住榎(学園1丁目)の三本の榎の総称です。『東京都遺跡地図』には、「三本榎塚」の名称で武蔵村山市の遺跡番号37番の”近世の塚”として登録されています。昭和50年(1975)には市の木に榎が制定され、これはこの三本榎が由来となっているなど、武蔵村山市のシンボルとして親しまれているようです。昭和51年(1976)には武蔵村山市の史跡として指定されています。

 画像は、武蔵村山市学園1丁目に所在する「奥住榎塚」を南西から見たところです。こと奥住榎は水道局敷地内に所在しているため、路上からの見学となります。


「三本榎塚(奥住榎塚)」

 この三本榎にはある伝説が残されています。この地には昔、乙幡、加藤、奥住という3人の若者がおり、遠矢の競争をしたそうです。この矢を打った場所は、赤堀の三王様とも行人塚ともいわれているようですが、遠矢の競争をして自分の矢が落ちたところに榎を植えていったと伝えられています。上の榎が乙幡、中の榎のが加藤榎、下の榎が奥住榎、三本揃って三本榎と呼ばれています。この地域では、榎の葉の出具合によりその年の桑の葉の出来を占ったともいわれています。
 ちなみにこの三本榎の近隣に「行人塚」が存在したとは驚きなのですが、この行人塚の所在地については情報が見つからず、詳細はわかりませんでした。。。

 画像は、奥住榎の塚のようすです。「三本榎(奥住榎)」と刻まれた石柱が立てられています。

<参考文献>
武蔵村山市立歴史民俗資料館『資料館だより 第48号』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2016/05/31(火) 00:32:52|
  2. 東村山•東大和•武蔵村山市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「三本榎塚(乙幡榎塚)」

「三本榎塚(乙幡榎塚)」

 武蔵村山市に所在する「三本榎」は、乙幡榎(榎3丁目)、加藤榎(学園1丁目)、奥住榎(学園1丁目)の3本の榎の総称です。『東京都遺跡地図』には、「三本榎塚」の名称で武蔵村山市の遺跡番号37番の”近世の塚”として登録されています。昭和50年(1975)には市の木に榎が制定され、これはこの三本榎が由来となっているなど、武蔵村山市のシンボルとして親しまれているようです。昭和51年(1976)には武蔵村山市の史跡として指定されています。

 画像は「乙幡榎」を南西から見たところです。この乙幡榎と加藤榎は、昭和60年代以降の病虫害と思われる症状や雪害による太枝の損傷などにより衰えが見えたようですが、活性剤の注入や腐朽部分の切除などの樹勢回復手術が行われ、その結果、乙幡榎は回復したようです。

 それにしても、23区内ではこんな風景はなかなか見ることができませんし、都心部ではもはや見上げないと青空すら見ることができませんから、心洗われるような光景です。古くは広大な畑地の中に3本榎は存在しており、塚ももっと大きなものだったようですが、この当時の雄姿を見てみたいものです。


「三本榎塚(乙幡榎塚)」

 現在の乙幡塚は「三本榎史跡公園」という史跡公園内に保存されており、敷地内には武蔵村山市教育委員会による説明板が設置されています。

市指定史跡 三 本 榎
          昭和五十一年四月五日指定

 三本榎は、東から奥住榎(水道局用地内)加藤
榎(都道東)と、この乙幡榎をあわせて呼んだも
のです。
 大正時代末期(約六〇年前)に植えかえられた
奥住榎を除いて、樹齢は二百余年と推定されてお
り、その見事な枝ぶりは広く市民に親しまれてい
ます。
 昔、腕自慢の若者三人が遠矢(弓)の競争をし、
北に見える赤堀の山から放った矢が落ちた場所に
榎が植えられ、それぞれの名をつけたという伝説
があります。
 三本榎の南を東西に走る道路は、引又街道(市
街道)と呼ばれていました。この道路は、江戸時
代から明治時代にかけて重要な生活道路であった
ため、三本榎はここを往来する人々の休憩所とな
っていました。
 この乙幡榎の塚にある庚申塔は、寛政十一年
(一七九九)に造立されたものです。
 昭和五十六年七月
            武蔵村山市教育委員会



「三本榎塚(乙幡榎塚)」

 乙幡榎の塚上には庚申塔が立てられています。高さ90cm、幅36cm、厚さ21cmの角柱状のもので、正面には「庚申塔」と大きく刻まれており、下部には三猿が配されています。右側面には「寛政十一己未年五月吉日」とあり、左側面には「多摩郡上中藤村赤堀講中 世話人高橋権八郎」と刻まれています。

<参考文献>
武蔵村山市立歴史民俗資料館『資料館だより 第6号』
武蔵村山市立歴史民俗資料館『資料館だより 第11号』
武蔵村山市立歴史民俗資料館『資料館だより 第48号』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2016/05/29(日) 00:58:20|
  2. 東村山•東大和•武蔵村山市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カテゴリ

足立区 (4)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (0)
葛飾区 (6)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (3)
墨田区 (0)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (11)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (6)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
練馬区 (7)
杉並区 (12)
中野区 (9)
豊島区 (2)
新宿区 (0)
渋谷区 (17)
目黒区 (8)
文京区 (3)
千代田区 (3)
港区 (4)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (75)
田園調布古墳群 (15)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (54)
野毛古墳群 (13)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (6)
その他の古墳・塚 (11)
三鷹市 (4)
狛江市 (43)
狛江古墳群-和泉支群 (17)
狛江古墳群-岩戸支群 (3)
狛江古墳群-猪方支群 (23)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (54)
国領南古墳群 (2)
下布田古墳群 (17)
上布田古墳群 (7)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (9)
府中市 (77)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市内の塚 (10)
国立市 (19)
下谷保古墳群 (11)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (5)
立川市 (13)
稲城市 (0)
多摩市 (4)
和田古墳群 (4)
多摩市内の塚 (0)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (4)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (42)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (14)
日の出町 (2)
青梅市 (11)
古墳空白地域 (16)
西東京•清瀬•東久留米市 (0)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (6)
福生市•羽村市•瑞穂町 (10)
神奈川県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
群馬県の古墳 (0)
栃木県の古墳 (5)
茨城県の古墳 (5)
長野県の古墳 (6)
未分類 (1)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR