FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「西東京市内の庚申塔」その5

 西東京市内の庚申塔シリーズ、いよいよ今回が最終回です!


「柳沢2-19の青面金剛庚申塔」1

 まずは、柳沢2丁目19番地に所在する青面金剛庚申塔です。

 元々は、青梅街道に面した旧上保谷100番地に立っていたそうですが、青梅街道の拡張により昭和45年(1970)2月に現在地の小祠に安置され、柳沢睦会(商店街)の管理のもと初牛祭りが盛大に行われているそうです。


「柳沢2-19の青面金剛庚申塔」2

 お堂の扉は施錠されていたため、隙間から必死で中を覗きました。笑。

 当日は見落としてしまったのですが、祠の中にはもう1基、小青面金剛像が付置されていたそうです。。。


「柳沢1-5の文字庚申供養塔」1

 画像は、柳沢1丁目5番地に所在する庚申塔です。


「柳沢1-5の文字庚申供養塔」2

 庚申塔は、現在の伏見稲荷通り沿いの小さなお堂の中に安置されています。

 この場所はあまり目立たないので、通りを歩いていると気が付かずに通り過ぎてしまいそうです。
 (実際に私は一度通り過ぎて周囲を一周。裏側からお堂を見つけました。笑。)


「柳沢1-5の文字庚申供養塔」3

 庚申塔は、現在の伏見稲荷通り沿いの小さなお堂の中に安置されています。
 上柳沢一帯で庚申信仰が盛んであった江戸時代に、個人「頓覚清心信士」を供養したという、類例の少ない塔碑です。


「保谷町3-8の青面金剛庚申塔」1

 画像は、保谷町3丁目8番地に所在の青面金剛庚申塔です。
 市道353号線に拡張した旧道と富士街道(道者街道)との交差点の西北隅に安置されています。

 ちなみに個人的には、やっぱり庚申塔はこうした分かれ道にあって欲しいですよね。
 恋愛で二股はいかんですが、庚申塔は二股に限ります(おやじ)。。。


「保谷町3-8の青面金剛庚申塔」2

 お堂の内部の様子。
 右側が庚申塔で、左側は大乗妙典供養塔です。
 庚申塔の造立は宝永六年七月吉日で、邪鬼と三猿を踏む三面の青面金剛立像です。






「中町3-1の青面金剛庚申塔」1

 中町3丁目1番地に所在する面金剛庚申塔です。
 開発が進み、閑静な住宅街となった地域の一角に、静かに祀られています。


「中町3-1の青面金剛庚申塔」2

 旧保谷市域では、上柳沢の庚申塔と並び立つ秀逸な庚申塔であるとされています。
 下手に弓と矢を持つ像容が特色です。。。


「泉町2-3の青面金剛庚申像」1

 西東京市の庚申塔シリーズ、最後は、泉町2丁目3番地に所在する青面金剛庚申像です。

 現在の「榎ノ木通り」と「関道」が交差する北方、如意輪寺の旧山門から南下する道と、上宿から東南に向かう旧道が鋭角に交差する北側に、小祠の中に安置されています。
 ここは江戸時代には高札場とされていた場所であり、上保谷村の中心であったそうです。


「泉町2-3の青面金剛庚申像」2

 二鶏三猿を刻んだ台石の上にうずくまる邪鬼を踏まえたという青面金剛の全身像で、造立年次と作者が伴っている数少ない例であるそうです。


 この日の探訪は「路傍の庚申塔」をテーマに行いました。
 古墳が存在しない西東京市をじっくり巡ることができたのは、私にとっては大きな楽しみでしたが、例えば向台町6丁目の持宝院など、お寺に移されたような庚申塔を廻らなかったのは今後の課題かも。。。

 色々な場所の庚申塔を散策しましたので、いずれまた機会を見て、紹介できればと思っています。。。

<参考文献>
保谷市教育委員会『保谷の石仏と石塔 一』
保谷市教育委員会『保谷の石仏と石塔 二』


人気ブログランキングへ




  1. 2020/07/05(日) 23:10:56|
  2. 東京の庚申塔
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

「西東京市内の庚申塔」その4

「西原町5-1の青面金剛庚申塔」1

 画像は、西原町5丁目1番地の庚申塔です。

 庚申塔の様子。講中35人による造塔で、寛延2年(1749)に造立の笠付型の青面金剛像です。

 所沢街道が拡張され、庚申塔が道端にかかることから近所に住む並木氏の浄財をもって塔を少し移動して、祠を建てて改修されたそうです。


「西原町5-1の青面金剛庚申塔」2

 ここは、六角地蔵尊の建つ六道の分かれ道で、所沢街道と前沢道の分岐点に建立されました。

 庚申塔の左右側面にそれぞれ、ところざわ・ちちぶ道、まえざわみちと道標が刻まれています。


「石幢六角地蔵尊」1

 画像は、西原町2丁目5番地に所在の「石幢六角地蔵尊」です。

 この地蔵は、江戸時代の安永八年(1779)に田無村地蔵信仰講中43名によって建立されたもので、当時すでにこの場所が六本の分かれ道であったことから、六道(地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上の苦界)を救済するといわれる地蔵を路傍に建立し、道の各方面に地蔵一体ずつ彫刻して、その脚部に保谷、南沢、前沢、所沢、小川、江戸みちの道しるべが刻まれています。


「石幢六角地蔵尊」2

 この地蔵については、西東京市の郷土資料室で存在をお聞きして見学に立ち寄りました。

 当初は、所沢街道をはさんだ向い側に当初建立されたそうですが、移動されたことにより正面の向きを180度変えたため、今では道しるべとして刻まれている地名が全て逆向きになってしまっているという状況であるそうです。笑。

 庚申塔ではありませんが、面白いエピソードなので取り上げてみました。


「石幢六角地蔵尊」3

 綺麗なお花がたくさん生けられています。


「柳沢庚申塔」1

 画像は、田無町2丁目22番に所在する柳沢庚申塔です。

 西東京市の文化財第28号に指定されている庚申塔で、青梅街道と所沢街道の追分に建立された庚申塔です。
 追分は江戸時代の早い時期に開けた所で、柳沢宿と呼ばれ、人家が比較的多く街並みを形成していたそうです。

 『西東京市Web』によると、この庚申塔は昭和40年(1965)頃に所沢街道拡幅のため移設され、その後さらに平成18年(2006)に現所在地に移設されています。建立当時に比較的近い場所となっているようです。


「柳沢庚申塔」2

 西東京市教育委員会による説明板には次のように書かれています。

西東京市指定文化財第二十八号
 柳沢庚申塔
                享保八年(一七二三)建立
 慶長十一年(一六〇六)の江戸城の大改修以来、城の壁材で
ある石炭を運ぶ道として青梅街道がひらかれました。青梅街道
の成立とともにその人馬継立てを行う宿として、田無村柳沢宿
は発展しました。
 享保八年(一七二三)この付近の住民二十三人によって庚申
講が組織され、来世安楽を祈願してこの庚申塔が建立されまし
た。
 庚申塔の型式は、梵字をはじめニ鶏、三猿、青面金剛、邪鬼
が揃えられた代表的な角柱塔で、この宿の経済的な繁栄を誇示
するかのように大形です。
 当時の田無村は交通の要路にあり、青梅道と所沢道などの分
岐点(現田丸屋商店の角)は田丸屋旅館もあり、田無を印象づ
ける著名地点でした。ここに庚申塔を建て、道しるべの役目を
持たせたもので、この地域ではとても古いものです。
  昭和六十三年九月
                   西東京市教育委員会







「弘法大師標柱」1

 画像は「柳沢庚申塔」の東方、所沢街道と富士街道の分かれ道にある「弘法大師標柱」です。

 庚申塔ではありませんが、この景観が私はたまらなく好きだったりしますので、おまけです。。。


「弘法大師標柱」2

 原位置から移動されてお寺や神社、郷土資料館等に集められた石造物も少なくありませんが、こうして舗装された歩道の一角にボコッと残されているような庚申塔やお地蔵様もたくさん目にしました。その度にむしろ、東京という街の懐の深さを感じさせられます。。。

 私は海外に行ったことはありませんが、海外はどうなんだろう。。。

「弘法大師標柱」3

<参考文献>
田無市教育委員会『田無市の文化財 第1集』
田無市教育委員会『田無市の文化財 第3集』


人気ブログランキングへ




  1. 2020/07/02(木) 19:52:33|
  2. 東京の庚申塔
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「西東京市内の庚申塔」その3

 前回から引き続き「西東京市内の庚申塔」、今回はその3です。

「田無町4-19の青面金剛庚申塔」1

 画像は、田無町4丁目19番に所在する庚申塔です。
 青梅街道と府中道が交差する、現在の「田無町5丁目交差点」の南東角に所在します。


「田無町4-19の青面金剛庚申塔」2

 ビルの一角に庚申塔を祀るための空間が造られており、お堂の中に安置されています。


「田無町4-19の青面金剛庚申塔」3

 お堂の内部の様子です。
 かなり風化と破損が激しく、銘文は読めないようですが、青面金剛が邪鬼を踏まえた、六臂(腕)の合掌型忿怒像で、田無の講中によって建立されたものと考えられているようです。

 道しるべも兼ねた庚申塔で、右側面に「ふちうみち」と刻まれているそうです。


「芝久保町4-1の青面金剛庚申塔」1

 8ヶ所目。

 画像は、田無町4丁目1番に所在する庚申塔です。

 青梅街道に東京街道が交差する「橋場」の交差点に造塔されている笠付庚申塔で、人の背丈ほどもあるかなり大きな庚申塔です。


「芝久保町4-1の青面金剛庚申塔」2

 お堂の内部の様子です。
 左が庚申塔で、右側にはお地蔵様と思われる石造物が祀られています。
 お洋服を着せられていて、地元の人に大切に祀られている様子がうかがえますが、肝心の庚申塔の様子がよくわかりませんでした。笑。


「芝久保町4-1の青面金剛庚申塔」3

 青面金剛は一面六臂、合掌型で邪鬼を踏まえています。三猿を刻む庚申塔は田無周辺でも非常に多く、この庚申塔も下部には三猿を浮き彫りにしているそうです。


「芝久保町4-1の青面金剛庚申塔」1

 右側のお地蔵様です。
 ダウンジャケットを着せられていて、その下にはシャツも着用しているようです。
 訪れたのは2月で、季節的に真冬でしたし、仕方がないですかね。。。






「芝久保町4-1の青面金剛庚申塔」2

 9ヶ所目は、芝久保町4丁目12番に所在する「北芝久保庚申塔」です。
 青梅街道沿いの「中国ラーメン揚州商人」というラーメン屋さんの西側に所在します。

 ちなみに、ここが青梅街道であるという認識が今までなかったのですが、自転車で走ってみて初めて知りました。。。

 西東京市の文化財第6号に指定されている庚申塔で、延宝2年(1674)北芝久保地区に入植した農民18人の庚申講中によって建立されたものです。


「芝久保町4-1の青面金剛庚申塔」3

 庚申塔の様子です。
 お堂の前に西東京市教育委員会に取る説明板が設置されており、次のように書かれています。

西東京市指定文化財第六号
  北芝久保庚申塔
延享二年(一六七四)建立
 この庚申塔は、延享二年(一六七四)に北芝久保に入植した
出百姓十八名によって建立されました。この庚申塔は、新田の
はずれの標識でもあり、開拓のモニュメントでもありました。
多摩地域全体を見わたしても、とくに初期に建立されたものに
あたります。
 碑面は、中央に「為奉造立菩薩也」の文字が刻まれ、その下
に三猿の浮彫りがあるだけで、青面金剛のない古い作風を伝え
ており、日天・月天・剣先形など神道の信仰が残されています。
 また三猿は、庚申の申(さる)から発展したもので、そのレ
リーフは、他の庚申塔と比較し、とくに大きく美しいものです。
三猿の上方に陰刻されている雄・雌の鶏は、古くは「暁を告げ、
悪魔を退散させる鳥」という民間信仰でしたが、次第に「庚申
の暁は、鶏が鳴くまで語り明かす」という意味のものとなりま
した。
  昭和四十二年二月
                   西東京市教育委員会


 次回に続く。。。

<参考文献>
田無市教育委員会『田無市の文化財 第1集』
田無市教育委員会『田無市の文化財 第2集』


人気ブログランキングへ




  1. 2020/07/01(水) 19:47:15|
  2. 東京の庚申塔
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「西東京市内の庚申塔」その2


 前回に引き続き、今回も「西東京市内の庚申塔」、その2です。

「向台町4-13の青面金剛庚申塔」1

 画像は、向台町4丁目13番地に所在する庚申塔です。

 一応、当日自転車で巡った順番通りに紹介していますが、この日はかなり朝早く出発したので、この場所でまだ午前10時頃と順調です。しかも、折りたたみ式でなく口径の大きな自転車で来ていますので、スピードが出ることもあって絶好調です。笑。


「向台町4-13の青面金剛庚申塔」2

 この庚申塔は、現在の向台中央通りと市役所通りが交差する「市民公園前」交差点のやや北東寄りに安置されています。

 旧田無市内には13基の庚申塔があり、年代不明のものを除くと元禄までの江戸前期のものが4基、中期が8基で、後期のものはないそうです。
 この庚申塔は寛保3年ですので、江戸中期の造塔ということになるようです。


「向台町4-13の青面金剛庚申塔」3

 庚申塔は、笠付型(85×38×24)の青面金剛像です。






「芝久保町1-13の面金剛庚申塔」1

 5ヶ所目。
 芝久保町1丁目13番に所在する庚申塔です。

 なんと!この庚申塔は銭湯の敷地内に所在するのですが、銭湯の名称はなんと「庚申湯」!
 庚申塔が名称の由来となっているのです!
 これまで「庚申荘」等、アパートの名称では見たことがありますが、「庚申湯」はちょっと感動ですよね。笑。

 しかも!すでに画像の右端にちらりと見えていますが、この庚申塔は塚の上に祀られています。

 この塚に出会えたことで、この日は勝ったも同然!

「芝久保町1-13の面金剛庚申塔」2

 塚の様子です。

 あとで調べてみたところでは、この場所は南側からなだらかなスロープが石神井川まで続く丘であったそうで、路面の高さまで切り崩して更地にしたために庚申塔だけがそのまま残ったということのようです。

 まあ経緯はどうあれ、西東京市内では数少ない「庚申塚」ということになります。


「芝久保町1-13の面金剛庚申塔」3

 庚申塔の様子です。
 地元の人に大切に祀られている様子がうかがえます。
 笠付型の青面金剛像で「宝永三丙戌歳九月吉日」と刻まれています。

 私が上京した頃の東京にはまだお風呂のないアパートがたくさんあり、銭湯にはとってもお世話になりました。
 ひとっ風呂浴びていきたい気持ちもありましたが、まだ午前中。
 あきめて、次の場所へ向かいます。






「南芝久保庚申塔」1

 田無町6丁目1番に所在する「南芝久保庚申塔」です。
 旧田無市の府中道沿い、現在のシチズン時計本社ビルの南側に所在する庚申塔でで、昭和57年には西東京市の文化財第十七号として指定されています。


「南芝久保庚申塔」2

 庚申塔の様子です。
 お堂の横には西東京市による説明板が設置されており、次のように書かれています。
 
西東京市指定文化財第十七号
  南芝久保庚申塔
延亨二年(一七四五)建立
 この庚申塔は、延享二年(一七四五)に田無村南芝久保の三
十八人講中によって建立されました。
 破風形笠の上に宝珠を戴き、正面には六臂(六本の腕)の青
面金剛像が両脚下に二匹の邪鬼を踏まえ、瑞雲、日輪、月輪、
雌雄の鶏などを配し、六臂には、弓、矢、宝剣、矛、輪宝を持
っています。
 この庚申塔の特徴は、左の第一手で俗に「ショケラ」と呼ば
れる女人の髪の毛を握っていることですが、これが何者である
のか、定説はありません。また、このような像がある庚申塔は、
この地域ではほかに例がありません。
 功臣信仰は、中国の道教にある「庚申(かのえさる)の夜、
眠っていると三尸(三匹)の虫が人の体から抜け出して昇天し、
天帝にその人の行いを報告し、天帝は罪過を判定してその人の
寿命を縮める」という話が、仏教や神道と結びついたものです。
 青面金剛が本尊になったのは、仏教の陀羅尼経大青面金剛呪
法に虫除けの法があるということと結びついたものと言われて
います。また「かのえさる」のサルと神道の猿田彦神が結びつ
き、三猿に発展し、庚申塔に描かれるようになりました。
 猿田彦は、道案内の神で、道を守り、旅人の安全を守るとい
う信仰があります。
  昭和五十七年四月
                 西東京市教育委員会掲示


以下、次号に続く。。。

<参考文献>
多田治昭『田無市の庚申塔』
田無市教育委員会『田無市の文化財 第1集』
田無市教育委員会『田無市の文化財 第3集』


人気ブログランキングへ

  1. 2020/06/29(月) 19:32:12|
  2. 東京の庚申塔
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「西東京市内の庚申塔」その1

 さて。今回は大きく脱線してですね。
 古墳でも塚でもなく。。。

 「庚申塔」です。


 今年の2月頃、思い立って西東京市の庚申塔巡りを企画しました。

 西東京市内には高塚古墳の存在はなく、塚に関しても、私がこれまで見学したのは「南入経塚」と「北芝久保富士」の2基のみという状況でした。
 これまで多くの古墳を見学する中で、元々あった古墳を流用する形で使用された「富士塚」や「経塚」、そして「庚申塚」など、多くの塚を見てきましたが、逆に庚申塔の散策を”入り口”とする事で、未知なる庚申塚が発見できればいいなあという狙いがあったかもしれません。
 また、古墳が存在しなかったことであまり細かく散策しなかった西東京市を、自転車でゆっくり走りたいという思いもあったかも。

 今年の初め頃は少々体調を崩していたのですが、少しずつ回復してきたタイミングで、この日はゆっくりと1日かけてのサイクリングにチャレンジでした。

 前代未聞の緊急事態宣言発令の直前。2月のよく晴れた日曜日です。
 思えばこの頃は、コロナウィルスの感染など考えもしませんでした。。。


「新町1-2の庚申塔」1

 1ヶ所目は、新町1丁目2番地に所在する「文字庚申塔」です。

 西東京市の文化財第二十号に指定されている、高さ2メートル近くもある大きな庚申塔です。

 五日市街道から分かれてまっすぐ新田の集落に入る道の入り口に位置しており、元々の所在地も現在地付近であったろうと推定されています。
 五日市街道の改修により、一時武蔵野女子大学の構内に移され、昭和54年(1979)に修理のうえ、現在地に移されているそうです。


「新町1-2の庚申塔」2

 西東京市教育委員会による説明板が設置されており、次のように書かれていました。

西東京市指定文化財第二十号
  文字庚申塔
 現新町の全域は、江戸時代の享保九年(一七二四)から上保
谷新田として開発された新田村でした。それから六十年後の天
明四年(一七八四)九月、この大きな文字庚申塔は、上保谷新
田の入口に建立されました。塔右側面の銘文中に「願主新田中」
とあるのは、新田村の全戸によってこの庚申塔が造立されたこ
とを意味します。塔正面の左脇に、他の庚申塔には例をみない
「五穀成就」と 彫られています。村中あげて穀物が実ることを庚
申に祈った、その願いを読みとることができます。この塔造立
の前年の天明三年は、浅間山の大噴火・洪水 ・冷害が重なって
江戸時代最大の飢饉が始まった年であり、翌天明四年は関東各
地にその影響が及びました。村の入口から飢饉が侵入しないよ
うにと、それを防いでくれる庚申の強い霊力に祈願して建てた
のが、この塔であったはずです。
 塔の下部には十万に通じる道しるべを銘文して、上保谷新田
の地理的な位置を示し、上端に庚申の種子「?」(ウン)、下
端に三猿を刻んで庚申の像客の一部を表現しています。天明四
年の原位置は、現在の場所とほぼ同じであり、塔の正面は東方
を向いていました。
  昭和六十一年三月
                   西東京市教育委員会



「新町1-2の庚申塔」3

 庚申塔の様子です。

 よく見ると、真ん中からポッキリと真っ二つに折れています。
 昭和54年の修理とは、この修復なのかもしれませんね。。。

 目の前を千川上水が流れていて、この上水が武蔵野市と西東京市の市境となっています。
 この庚申塔の場所から東に数十メートルほどの武蔵野市側に、見事な塚の上に石橋供養塔と庚申塔が安置されているのですが、これはまたいずれ武蔵野市編で、多分紹介します。。。






「向台町2-13の庚申塔」1

 2ヶ所目。
 画像は、向台町2丁目13番地に所在する「閻魔堂」です。

 この閻魔堂で寺子屋が開かれ、学制施行の明治5年頃まで住職玉井寛海法士が子供達に読み書きを教えていたそうです。
 当時の閻魔堂は昭和20年の戦災で惜しくも焼失、現在のお堂は平成元年に再建されたものであるそうです。
 この閻魔堂の南西隅に庚申塔が安置されています。


「向台町2-13の庚申塔」2

 庚申塔の様子。笠付型の青面金剛像です。
 小さな木製の屋根がいい感じですねえ。

 真新しいお花が生けられていて、地元の人に大切に祀られている様子がうかがえます。


「向台町2-13の庚申塔」3

 脇を通る江戸道に建立されたものですが、庚申塔の宝珠の下の露盤には文政七年講中十二人の銘文がみられ、享保六年に造立し、103年後に新たな講中により再興されたものであることがわかっているそうです。






「向台町3-5の庚申塔」1

 3ヶ所目。
 画像は、向台町3丁目5番地所在の庚申塔です。

 現在の武蔵野徳洲会病院の南西角にある青面金剛像で、かつて病院の敷地にあったという石川島工場の正面にあったものを、工場の建設によりここに移されたものであるそうです。


「向台町3-5の庚申塔」2

 武蔵野徳洲会病院は2015年にオープンしたばかりの病院で、周辺の開発も進んでいるようなのですが、よくぞこの場所に残されたものですよね。。。

 ひょっとしたら、地元の人にはちょっとした待ち合わせのスポットになっているのかも。。。


「向台町3-5の庚申塔」3

 画像は、向台町3丁目5番地所在の庚申塔です。
 現在の武蔵野徳洲会病院の南西角にある青面金剛像で、かつて病院の敷地にあったという石川島工場の正面にあったものを、工場の建設によりここに移されたものであるそうです。

 武蔵野徳洲会病院は2015年にオープンしたばかりの病院で、周辺の開発も進んでいるようなのですが、よくぞこの場所に残されたものですよね。。。
 地元の人には、ちょっとした待ち合わせのスポットになっているのかも。。。

 この庚申塔も閻魔堂の庚申塔と同様に、まず元禄十四年に建立され、109年後の文化七年に再興されているものであるそうです。

 以下、次号に続く。。。

<参考文献>
保谷市教育委員会『保谷の石仏と石塔 一』
多田治昭『田無市の庚申塔』
田無市教育委員会『田無市の文化財 第3集』

  1. 2020/06/28(日) 22:07:48|
  2. 東京の庚申塔
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (10)
足立区/その他の古墳・塚 (19)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (13)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (19)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (10)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (16)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木久が原古墳群 (11)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (8)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (5)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (37)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (7)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (52)
横浜市の古墳・塚 (11)
相模原市の古墳・塚 (14)
宇都宮市の古墳・塚 (21)
上三川町の古墳・塚 (0)
壬生町の古墳・塚 (5)
下野市の古墳・塚 (0)
小山市の古墳・塚 (0)
栃木市の古墳・塚 (0)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
埼玉県の古墳・塚 (13)
千葉県の古墳・塚 (1)
群馬県の古墳・塚 (8)
ぐんま古墳カード (12)
茨城県の古墳・塚 (5)
長野県の古墳・塚 (6)
福島県の古墳・塚 (3)
東京の一里塚 (22)
東京の庚申塔 (5)
未分類 (12)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR