fc2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

下野市「三王山古墳群1号古墳 (三王山南塚1号) 」

479 三王山古墳群1号古墳(三王山南塚1号)1

 今回から、下野市に所在する「三王山古墳群」を取り上げようと思います。


 三王山古墳群は田川と鬼怒川によって形成された三王山台地上に位置しており、舌状台地の南端から北に2km、幅500mの幅に広がっており、古墳の総数は60基を超える大規模な古墳群であったと考えられています。
 古墳群は南から「磯部支群」、「朝日観音支群」、「車塚支群」、「愛宕神社支群」、「三王山支群」、「志部支群」の6つの支群に分けられており、さらに西に「星宮神社古墳群」も隣接しています。

 私は以前に一度訪れて古墳群全体を見学したことがあるのですが、この時は真夏だったせいか磯部支群が草ボウボウで、しかも雨が降り出してしまったこともあり、じっくりと見学することはあきらめて車での「偵察」に切り替えました。

 せっかく偵察したのだからすぐに再訪すればいいのにそのまま何年も経ってしまうところが私のイカンところなのですが、昨年あたりから発掘調査が続けられていることや、草が刈られて見学しやすくなっているのに気がついていて、ようやく今年に入って見学に向かいました。。。


 まずは最も南にある「磯部支群(三王山南古墳群」からということで、今回は「三王山古墳群1号墳(三王山南塚1号古墳)」です。


479 三王山古墳群1号古墳(三王山南塚1号)2

 西から見たところ。
 左手前が前方部。右奥が後方部ですな。

 『南河内町史 史料編1 考古』によると、規模は全長45m,後方部幅28m・後方部高さ4m,前方部幅17m・前方部高さ2mで、同じく前方後方墳である2号墳と2基が東西に並んで築造されていて、2基ともに前方部を南西に向けています。


479 三王山古墳群1号古墳(三王山南塚1号)3

 北西から見たところ。
 右が前方部、左が後方部という状況です。


479 三王山古墳群1号古墳(三王山南塚1号)4

 前方部から後方部を見たところです。
 古墳の形状は、全体的にはよく残されているように感じられるのですが、後方部がかなりざっくりと削られているのがわかるでしょうか。

 ちょっと近寄ってみましょう。。。


479 三王山古墳群1号古墳(三王山南塚1号)5

 前方部上の様子です。
 ベッコリ凹んでいてちょっと痛々しいです。


479 三王山古墳群1号古墳(三王山南塚1号)6

 並んで所在する2号墳は、前方部が三味線の撥のようにやや広がりを持つ撥型を呈しており、これは全国的にも類例が極めて少なく、しかも初期の古墳に限られているそうです。
 しかし、この1号墳は2号墳と比べて前方部が高く発達しており、撥型の広がりは見られません。

 2基の前方後方墳は「2号墳」→「1号墳」の順に築造されたと想定されているようです。
 栃木県は前方後方墳がかなり多く築造された地域なのですが、とても興味深いですね。。。

 以下、次回の「三王山古墳群2号古墳 (三王山南塚2号) 」に続く。。。

<参考文献>
下野市教育委員会『下野市遺跡分布図』
南河内町『南河内町史 史料編1 考古』


人気ブログランキングへ

  1. 2023/03/26(日) 20:16:13|
  2. 下野市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

下野市「山王塚古墳」

377「山王塚古墳」1

 画像は、下野市国分寺に所在する「山王塚古墳」です。

 全長は90mと推定される前方後円墳で、下野市の遺跡番号377番に登録されている古墳です。
 6世紀末から7世紀小島の築造と推定されています。


377「山王塚古墳」3

 右手前が後円部で、左奥が前方部という状況です。

 当日は土地の所有者の方に声をかけて見学しました。
 古墳についてお聞きしたのですが、「山王塚」の名称からしてどこかに山王さまが祀られているものと思い込んでいましたが、「いや、なにも祀られていませんよ」というお返事。笑。

 墳丘上はかなり草ボウボウだったこともあり、無理して登りませんでした。。。


377「山王塚古墳」4

 全長は90mほどで、二段に築造された大型の前方後円墳であったとされていますが、墳丘は全体が満遍なく削平されて小さくなっているような印象です。
 埴輪や葺石は見られないものの巨大な横穴式石室が確認されています。
 
<参考文献>
下野市教育委員会『下野市遺跡分布図』
しもつけ歴文カード『山王塚古墳』


人気ブログランキングへ

  1. 2023/03/19(日) 20:13:47|
  2. 下野市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下野市「丸塚古墳」ー下野市指定史跡ー

378「丸塚古墳」1

 画像は、下野市国分寺に所在する「丸塚古墳」です。

 栃木県の史跡として指定されているこの古墳は、下野市内でも古くから知られた存在で、畑の中にポッカリと浮かぶ、お椀を伏せたように半円を描く大きな墳丘は一際目立ちます。

 早速近寄ってみましょう!


378「丸塚古墳」3

 墳丘南東側裾部に、「史跡丸塚古墳」と刻まれた石碑と、下野市教育委員会による説明板が設置されています。

 件指定史跡 丸塚古墳
 丸塚古墳は、7世紀のはじめごろに築造された、
栃木県を代表する大型円墳です。墳丘は、2段に
つくられ、墳丘の第一段の平坦面(基壇)の幅が
広いのが特徴です。
 墳丘の大きさは、墳丘第一段の直径が66m、
第二段の直径が42m、墳丘第一段目からの高さ
が約6.5mあります。
 この古墳の埋葬施設は、横穴式石室で、墳丘の
南面に開口しています。遺体を納めた玄室は、凝
灰岩の大きな一枚岩を切り組んだ技法で構築され
ています。また玄門は、この一枚岩の中心をくり
ぬいて造られており、優れた石材の加工技術がう
かがえます。
 平成18年度に実施した発掘調査では、石室の
床面付近から約70点のガラス小玉が出土しました。
              下野市教育委員会



378「丸塚古墳」2

 墳丘は「丸塚」の名にふさわしく、キレイに残されていますよね。

 この古墳は、いわゆる「下野型古墳」と呼ばれるこの地域特有の形状を呈する古墳です。
 下野型古墳の特徴として、の一つ目は、墳丘1段目の基壇面がかなり広く造られており、見た目は2段目だけが墳丘のように見え、かつては古墳の大きさをこの2段目のみが全長として測られていたそうですが、現在は基段面を含めたサイズが古墳の全長として測られています。

 これ、私的には「手抜きでしょ、、、」と思っているんですが、古墳を築造する材料が足りなかったかもしれないし、人手が足りなかったかもしれないし、昔は昔で色々あったんだろうなあと思います。。。

 3枚目の画像は墳丘の2段目ということになりますな。。。

 ちなみに、基壇面の低くなりすぎた箇所には若干の盛土がされているそうなので、やはり木断面も墳丘の一部なのだと思います。

 そして二つ目は、石室に巨大な大谷石の凝灰石の切石が用いられており、前方後円墳に限ると、石室が後円部ではなく前方部に造られています。


378「丸塚古墳」5

 開口する石室の様子。
 柵で覆われていて中に入ることはできませんが、中を観察することはできるようです。


378「丸塚古墳」6

 石室は、一枚岩の凝灰岩を5枚使用して構築されています。
 切り出した場所はわかっていないようですが、一体どうやってこんな巨石をここまで運んだのかとても興味深いです。


378「丸塚古墳」7

 天井石です。


378「丸塚古墳」8

 墳頂部から見下ろしたところ。
 かなり高さが残されているわけですが、墳頂部には大きな撹乱はなく、築造当時の状況に近いと考えられているようです。

 ちなみに墳頂平坦面の中央に直径30cmほどの穴が掘られていて、人頭大の礫が3〜5個詰められていたそうで、何の目的があったのかとっても不思議です。


378「丸塚古墳」9

 北西から見た丸塚古墳です。

 やっぱり、畑の中に残された古墳は見学しやすいし、良い眺めです。
 藪の中の古墳ときたらホントにもう。。。


378「丸塚古墳」4

 説明板に掲載されていた丸塚古墳の墳丘測量図です。
 黄色い部分が基壇面ということになりますね。

<参考文献>
下野市教育委員会『下野市遺跡分布図』


人気ブログランキングへ

  1. 2023/03/17(金) 22:41:39|
  2. 下野市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

下野市「小田坂9号墳」

399 小田坂9号墳1

 画像は、下野市国分寺に所在する「小田坂9号墳」です。

 この9号墳は下野市の遺跡番号399番に登録されています。
 昭和16年の『紀元 千六百年記念古墳調査』にも記載が認められ、「国分寺村第40、41、77、78、79号墳」のうちの1基にあたるとされています。

 『下野市遺跡分布図』では「消滅」とされている古墳ですが、民家の敷地内の角にわずかながら高まりが残されており、これが古墳の残存部分ではないかと感じたので、掲載しておこうという企画です。笑。


399 小田坂9号墳2

 南から見たところ。
 もちろん、お庭の築山とか、単なる残土の山である可能性も考えられますし、古墳かどうかはアレですが。。。
 一応、分布図に記された位置とは一致しています。


399 小田坂9号墳3

 高まりの様子。

<参考文献>
下野市教育委員会『下野市遺跡分布図』


人気ブログランキングへ

  1. 2023/03/15(水) 00:51:23|
  2. 下野市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下野市「小田坂6号墳」

396 小田坂6号墳1

 画像は、下野市国分寺に所在する「小田坂6号墳」です。
 小田坂古墳群は1号墳から9号墳まで9基の古墳で構成されていますが、実際に散策してみて見学できたのは4基のみでした。
 特にこの6号墳の周辺には複数の古墳が密集していたようですが、4号墳、5号墳、7号墳、8号墳はすでに消滅しており、確認できるのは6号墳と9号墳の2基でした。


396 小田坂6号墳2

 この6号墳は下野市の遺跡番号396番に登録されています。

 昭和16年の『紀元 千六百年記念古墳調査』にも記載が認められ、「国分寺村第40、41、77、78、79号墳」のうちの1基にあたるとされています。
 『下野市遺跡分布図』には規模、径約8m、高さ約1mと書かれていますが、現状はさらに小さくなっているようにも感じられます。。。


396 小田坂6号墳3

 周辺には、葺石か石室の石材と思しき河原石が散乱していました。


396 小田坂6号墳4

 すぐ横に太陽光パネルが接近しており、いずれ人知れず消滅してしまいそうな古墳です。
 せめてしっかりと調査が行われるといいのですが。。。

<参考文献>
下野市教育委員会『下野市遺跡分布図』


人気ブログランキングへ

  1. 2023/03/13(月) 19:00:58|
  2. 下野市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下野市「小田坂3号墳」

391 小田坂3号墳1

 画像は、下野市国分寺に所在する「小田坂3号墳」と思われる高まりです。
 
 下野市教育委員会より発行された『下野市遺跡分布図』によると、下野市の遺跡番号391番の古墳として登録されていますが、径約7m、高さ約1mとかなり小さな高まりで、同書には1号墳と同様に「東側にある小田坂用水堀跡掘削時の掘り上げ土の可能性がある。」と書かれています。


391 小田坂3号墳2

 南西から見たところ。
 同じように、用水堀跡掘削時の掘り上げ土ではないかと疑われている1号墳は、用水堀から多少離れた位置にありましたが、この3号墳は用水堀に隣接している状況で、確かに古墳ではないという可能性も感じます。。。


「小田坂3号墳」3

 堀がきれいに残されていて、実際に見学した際には「まさか城址?」とも感じました。
 いったいなんの遺構なんだろうと思っていましたが、用水堀だったのですね。。。

<参考文献>
下野市教育委員会『下野市遺跡分布図』


人気ブログランキングへ

  1. 2023/03/12(日) 18:44:28|
  2. 下野市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下野市「小田坂1号墳」

388 小田坂1号墳1

 画像は、下野市国分寺に所在する「小田坂1号墳」を北から見たところです。
 下野市の遺跡番号388番に登録されている古墳で、規模は東西約10m、南北約12mの不整形を呈しており、高さは約1.5mです。

 東側を道路により、また北側も畑地により削られているのかな?という印象ですが、古墳であるかどうかは微妙で、『下野市遺跡分布図』には「西側にある小田坂用水堀跡掘削時の掘り上げ土あるいは自然地形の可能性もある。」と書かれています。


388 小田坂1号墳2

 南東から見たところ。

 立地的には思川左岸の台地縁辺部にあたり、周囲には古墳が密集しているという状況ではありますが、古墳であるかどうかは微妙で、『下野市遺跡分布図』には「西側にある小田坂用水堀跡掘削時の掘り上げ土あるいは自然地形の可能性もある。」と書かれています。


388 小田坂1号墳3

 西から見上げたところ。
 「××古墳群」という古墳群の名称の付け方が謎なのですが、単に字名をつけているだけなのかな???

<参考文献>
下野市教育委員会『下野市遺跡分布図』


人気ブログランキングへ

  1. 2023/03/11(土) 23:18:15|
  2. 下野市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下野市「熊野塚古墳」

354 熊野塚古墳1

 画像は、下野市川中子に所在する「熊野塚古墳」です。
 下野市の遺跡番号354番に登録されている古墳で、昭和16年の『紀元 千六百年記念古墳調査』には「国分寺村第37号墳」として掲載されています。


354 熊野塚古墳2

 北西から見たところ。
 周囲の地形からすると、本当に古墳かな?とも思えます。
 わずかな高まりの上には氏神様の祠が祀られています。


354 熊野塚古墳3

 規模は径約6m、高さは1.5mで、円墳であるとされています。


354 熊野塚古墳4

 もちろんちゃんと参拝してきました。

 下野市の古墳の写真もかなり溜まっているし、しばらくは下野市の古墳を取り上げようかなと覆っています。。。

<参考文献>
下野市教育委員会『下野市遺跡分布図』


人気ブログランキングへ

  1. 2023/03/08(水) 23:41:53|
  2. 下野市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下野市「下古山北原古墳」その2

下野市「下古山北原古墳」2-1

 先日、下野市の国道4号線沿いにある、ユニクロ石橋店に立ち寄りました。
 お店の駐車場に車を停めて、車から降りて何気なく向かい側に目をやりました。

 「まままま、まじか!」と固まること数十秒。。。

 実はかつて、このお店の道路を挟んで向かい側に「下古山北原古墳」なる古墳が存在したのですが、古墳は完全に削平され、また敷地内にあった建物も含めて整地されて更地になっていました。


下野市「下古山北原古墳」2-2

 画像の、地面の色が濃くなったあたりが古墳の跡地です。
 もはや何の痕跡も見当たりませんな、こりゃ。


下野市「下古山北原古墳」2-3

 かつての下古山北原古墳の姿です。

 すぐに報告書が刊行されているとも思えないし、下野市に電話にて問い合わせてみました。


下野市「下古山北原古墳」2-4

 文化財の担当の方によると、試掘調査が行われたものの古墳の遺構は検出されず、周溝も存在しなかったそうです。
 つまりは下古山北原古墳は近世の塚であり、古墳ではなかったのです。

 広大な更地を見たときには呆然となりましたが、とりあえずは納得。

 田川右岸の台地縁辺部には、宇都宮市から下野市にかけて多くの古墳が分布しているのですよ。
 この下古山北原古墳は、立地的には古墳なのかなと思いつつ、見学した印象は塚っぽいなとも感じていたのですが、やっぱり塚だったのですね。。。

【このブログの過去の関連記事】
http://gogohiderin.blog.fc2.com/blog-entry-1351.html(2021年09月19日号下野市 「下古山北原古墳」)



人気ブログランキングへ

  1. 2022/05/19(木) 23:08:16|
  2. 下野市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

下野市 「橋本神社古墳群」

橋本神社

 今回取り上げるのは、栃木県下野市の「橋本神社古墳群」です。

 画像は「橋本神社」の一の鳥居の様子です。

 この神社の主祭神は天照皇大神で、明治35年(1902)の大暴風雨により、字内の11社(字天神の天満宮、神明宮、愛宕神社、稲荷神社、神明宮、八坂神社、稲荷神社、大杉神社、諏訪神社、雷電神社、猿田彦神社)が倒破。
 このため、明治37年(1904)にこれらを合祀して現在地に社殿を造営、地名をとって橋本神社として創建されたそうです。


 この台風は栃木県内の被害が大きく、特に足尾付近の被害が甚大だったようですが、それにしても11社もの神社が倒壊してしまうとは、どれほど大きな台風であったのかとびっくりしますね。。。

 東には姿川低地、西に浅い谷が入る舌状台地上に立地する古墳群です。


橋本神社古墳群1号墳

 これが2基あるうちの1基、「橋本神社古墳群1号墳」です。

 社殿の東に残存する古墳で、規模は東西11m、南北12m、高さ2.6mで、周囲が若干削平されて墳形が損なわれているものの、比較的良好に残されているようです。

 墳丘上で少量の土師器片が採集されているものの、埴輪は含まれていないようです。


橋本神社古墳群2号墳

 これがもう1基、神社の参道西側に所在する「2号墳」です。
 低墳丘で、墳端部が明確ではない古墳ですが、直径約15m、高さ約1mの円墳であるとされています。


橋本神社古墳群2号墳2

 墳丘上には古い墓石や石塔が建てられています。

 小さな円墳が2基という少々マニアックな古墳群ではありますが、誰でもいつでも見学しやすい古墳ですね。。。

<参考文献>
栃木県神社庁『栃木県神社誌』
石橋町『石橋町史 第一巻 史料編(上)』


人気ブログランキングへ

  1. 2021/10/03(日) 23:19:35|
  2. 下野市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (10)
足立区/その他の古墳・塚 (19)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (11)
北区/飛鳥山古墳群 (9)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (28)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (6)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (20)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (10)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (17)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木久が原古墳群 (13)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (8)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (37)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (14)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (34)
狛江市/その他の古墳・塚 (24)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (37)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (6)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (17)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (9)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市 (52)
横浜市 (11)
相模原市 (15)
日光市 (8)
那須町・大田原市 (22)
那珂川町・那須烏山市 (22)
塩谷町・矢板市 (9)
芳賀町・市貝町・茂木町 (37)
宇都宮市 (117)
鹿沼市 (15)
壬生町・上三川町 (22)
下野市 (24)
真岡市・益子町 (62)
小山市・野木町 (33)
栃木市 (66)
佐野市・足利手の古墳・塚 (0)
埼玉県の古墳・塚 (108)
千葉県の古墳・塚 (1)
群馬県の古墳・塚 (26)
ぐんま古墳カード (12)
茨城県の古墳・塚 (8)
長野県の古墳・塚 (30)
山梨県の古墳・塚 (1)
福島県の古墳・塚 (3)
愛知県の古墳 (11)
岐阜県の古墳 (3)
一里塚 (23)
神社巡りと蕎麦屋探訪 (19)
未分類 (19)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR