FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「松原のお富士さん」

「松原のお富士さん」

 画像は、世田谷区松原1丁目に所在する「神道扶桑教」本部(大教庁)を南から見たところです。この神道扶桑教の教会内には、「松原のお富士さん」と呼ばれる富士塚が所在します。


「松原のお富士さん」

 鳥居をくぐって、南から見た境内のようす。
 左に見えるのが本殿で、右に富士塚が見えます。

 この神道扶桑教は、江戸時代に庶民の間でブームとなった富士講の流れをくむ宗教団体で、明治15年(1882)に明治天皇の勅裁により国家公認の教派神道の一派となり、昭和27年(1952)に包括宗教法人となっています。
 当初は、芝区神明町(現在の港区浜松町)に華頂宮旧邸を移築して本殿風に改修し、そこに富士塚を造って教会としましたが、その後、世田谷区松原の現在地に移設。当時、富士塚もこの地に移設されており、高さは約10メートルもある大きなもので、地元では「松原のお富士さん」として知られた存在であったようです。
 しかしその後、昭和20年(1945)5月の東京大空襲によりすべて焼失。平成29年(2017)7月9日に、平成の富士塚として復興開山されています。


「松原のお富士さん」

 画像が平成の富士塚「松原のお富士さん」です。
 現地の説明板には次のように書かれています。

 松原のお富士さん
    神道扶桑教富士塚 松原富士遺構 
 神道扶桑教の起源は元亀三年(一五七二)富士道開祖藤原東覚角行師が
戦国乱世の荒廃した世を救うため「天地平安 萬人安福」を真願として
富士道を開かれたことに遡ります。角行師が御神威を篭めて謹製奉願した
ご神鏡は富士講により代々受け継がれ此処、扶桑教太祠に奉斎されています。
江戸時代には全国各地に多くの富士講が組織され富士山への登拝修行が行われ
ました。明治時代に入り初代管長宍野半が多数に分立していた富士講を統合し
「富士山 日本」を意味する「扶桑」を教団名として明治十五年(一八八二)に
明治天皇の勅裁を賜り「神道扶桑教」を特立いたしました。
 当初、扶桑教富士塚は芝神明町(現港区浜松町)に建立されました。
その後、太祠の移転とともに大正八年(一九一九)この地に移設。高さ約10mほどの
立派な富士塚でしたが昭和二十年(一九四五)五月二十五日の東京第三次大空襲に
より羅災し本殿他境内建物が全焼したため、現在は富士山内外八海八大龍神宮
を合わせ斎っています。
 廻りに建つ石碑は芝神明町より移設したものです。
                       神道扶桑教 全国富士講睦



「松原のお富士さん」

 正面から見た松原富士。
 表面は富士山の黒ボク石(溶岩)でおおわれており、祠が祀られています。


「松原のお富士さん」

 ちゃんと胎内も設けられています。
 う〜ん。いつもながら横穴式石室にしか見えない。。。


「松原のお富士さん」

 境内には、芝神明町から移設されたという多くの石造物が残されています。

<参考文献>
現地説明板


人気ブログランキングへ


  1. 2019/10/09(水) 02:25:17|
  2. 世田谷区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「新一里塚」

「新一里塚の里程標」

 今回は、世田谷区給田3丁目に所在したといわれる「新一里塚」の探訪記録です。

 この一里塚は、明治3年(1870)に内藤新宿を基点として甲州街道に築造されたという新一里塚で、世田谷区と調布市の市境に近い旧甲州街道沿いの民家の敷地内に、里程標と世田谷区教育委員会による説明板が建てられています。
 説明板には次のように書かれています。

 里 程 標(新一里塚)
  銘 文
(正 面)内藤新宿より三里 品川県
(左側面)内藤新宿より三里 品川県
(背 面)明治三庚午八月 武蔵国多摩郡給田村
(右側面)内藤新宿より三里 品川県
  年 代
 明治三年(一八七〇)
  伝 来
 甲州街道には、江戸時代日本橋を基点とした一里塚が、四キ
ロメートルごとに築かれていた。
 この里程標は、明治三年に内藤新宿(現新宿御苑内にあった
高遠藩内藤家下屋敷)を基点とした甲州街道に建立された新一
里塚で、記録によれば芝生に覆われた三メートル位の塚の上に
建てられてあったという。
 この標石は、上馬一丁目の前田鉄郎氏によって保管されたの
ち、昭和五十一年十二月、同氏から世田谷区立郷土資料館に寄
贈された。その後、同五十九年二月、元位置に近い現在地に復
元した。
 碑文にある「品川県」とは、明治二年布告された「府県施政順序
規則」により荏原郡、豊島郡の半分および多摩郡の一部を含めた
地域をいう。なお荏原郡の一部であった現世田谷区の旧井伊領
は「彦根藩」、後に「長浜県」と名付けられたが同五年には東京府
となり品川県はなくなった。
      昭和六十年三月
                   世田谷区教育委員会



「新一里塚の里程標」

 民家の門前に建てられた「里程標」と説明板です。


「新一里塚の里程標」

 以前、渋谷区幡ヶ谷で発見された、新一里塚の里程標の石碑を紹介したことがありますが、やはりこの碑にも「明治三庚…」と刻まれていましたので、同時期に造られたもので間違い無いようです。。。

【このブログの過去の関連記事】
http://gogohiderin.blog.fc2.com/blog-entry-633.html (2016年10月30日号「笹塚」その1)
http://gogohiderin.blog.fc2.com/blog-entry-806.html (2017年11月17日号「笹塚」その2)

<参考文献>
現地説明板


人気ブログランキングへ


  1. 2019/10/06(日) 23:29:12|
  2. 世田谷区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「石井土塚」

「石井土塚」

 画像は、世田谷区大蔵3丁目の大蔵団地内に所在する「石井土塚」を北西から見たところです。
 この塚は、『東京都遺跡地図』では世田谷区の遺跡番号245番の「時代不明の塚」としながらも「方墳』とも書かれています。また、昭和63年(1988)に東京都教育委員会より発行された『東京都遺跡地図』には「石井戸塚」の名称で掲載されているようですが、最新の『東京都遺跡地図情報インターネット提供サービス』では「石井土塚」という名称で掲載されています。ちなみにこの地域は、町名にはなっていないものの「石井戸」(石井と井戸をかけて石井戸)という地名で呼ばれており、また石井戸は「石井土」とも書かれているようなので、どちらが正しい塚の名称なのかは何ともいえません。学術的な調査の記録は見当らず、発掘調査は行われていないようですので、塚の性格や出土品の存在などの詳細もわかりませんでした。


「石井土塚」

 塚は石垣により方形に改変されており、この形状からは方墳であるようにも見うけられますが、南側に残されている塚の残土のようすからは、円形の塚であった可能性も考えられるのかもしれません。
 『大蔵 世田谷区民俗調査第7次報告』にはこの塚について「塚の祭り 大蔵団地の中の妙法寺領のところに塚があり、そこに妙法寺住職の玉田顯壽氏が大正7年2月9日に「石井神社舊地」と刻んだ石碑を建立した。一昨年よりその祭りを行うようになり、その際には経を唱え、子供達に甘酒を配り、石井戸囃子を奏じた。以後、何年か間隔をあけて行う予定だという。」とのみ書かれており、塚の性格についてはふれられていません。
 この塚の周辺には「砧中学校古墳群」や「殿山古墳群」、「大蔵古墳群」などが所在しており、またこの塚の築造された立地的に考えても、この塚は古墳ではないのかなと考えてしまいますが、古墳であるある可能性はないのでしょうか。。。


「石井土塚」

 墳丘上のようすです。『東京都遺跡地図』には塚の規模について「径5m、高さ1.5m」と書かれています。
 画像は4~5年前のものですが、塚は今も健在であるようです。。。

<参考文献>
世田谷区教育委員会・世田谷区民俗調査団『大蔵 世田谷区民俗調査第7次報告』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/12/20(水) 22:56:43|
  2. 世田谷区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「星野塚」

「星野塚」

 「星野塚」は、世田谷区桜上水2丁目に所在したとされる塚です。『東京都遺跡地図』には、世田谷区の遺跡番号243番の"中世の塚”として登録されています。

 この塚に関しては、記述のある文献が見つからず、詳細はわかりませんでした。『東京都遺跡地図』には赤い色の残存マークが記されており、径1.3m、高さ0.9mと規模についても記されているのですが、現地は周辺地域の宅地化が進み、塚が残されているようすはありません。
 塚のご近所に長く暮らす古老の男性にお話を聞くことが出来たのですが、かつては、画像の城南信用金庫の裏側あたりに塚があり、頂部には祠が祀られていたそうですが、今から50年ぐらい前には塚は崩されて消滅してしまった、ということでした。
 個人の邸宅内に、なんらかの塚の痕跡が残されているということは考えられれると思うのですが、路上から見渡した限りでは何も発見できず、残念ながら詳細のわからなかった塚です。もしまた訪れる機会があって何か発見できたら、あらためて更新しようと思います。。。

<参考文献>
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/12/19(火) 21:42:49|
  2. 世田谷区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「船橋観音堂塚」

「船橋観音堂塚」

 画像は、世田谷区船橋1丁目に所在する「船橋観音堂塚」を北から見たところです。『東京都遺跡地図』には世田谷区の遺跡番号185番として登録されている、中世から近世に築造されたとされている塚です。

 この「船橋観音堂塚」と、塚の所在する「船橋観音堂」について、世田谷区教育委員会より発行された『せたがや社寺と史跡』には次のように書かれています。

 船橋観音堂は、宮坂の常徳院旧跡と伝えられる船橋の通称「穴山」または「御林」とも呼ばれている地点の南、百米余りの所にある。
 創建年代は不明であるが、常徳院が宮坂へ移された以後の建立と考えられる。慶安4年(1651)・寛文5年(1665)の頃、鈴木半右衛門家の先祖が所有地116坪余りを寄進し、一族及び同志代々の霊塋守護、供養のため建立したものである。隣地境内に200坪余りの共同墓地がある。
 此の鈴木家は、延宝年代(1673~1680)頃より享保14年(1729)まで3代にわたり、船橋村知行の徳川家旗本山本氏領5ケ村の宰領名主となっていた記録がある。鈴木家には正徳6年(1716)、宝暦8年(1758)などの堂宇に関する古文書及び現在に至るまでの書類が保存されている。現在のお堂は昭和11年に改築したもので建坪9坪、木造瓦葺入母屋造りである。
 本尊は聖観世音菩薩座像で檜皮葺屋根の高雅な御堂造りの厨子の中に安置されている。厨子は間口奥行とも3尺、高さ約6尺。両扉には木造くりぬきの16の菊、五七の桐の吉良家の紋章が一対ずつ刻してある。
 『世田谷城名残常盤記』によれば、足利氏時代の世田谷城主吉良氏寄進の仏像ではないか、また天文4年(1535)吉良頼康の時、その家臣内海掃部・鈴木藤三郎などは吉良氏側近の婦女子のため無実の罪を蒙り、横死したが後に無実とわかり尉霊の措置が取られたと伝えられているので、この観音堂もこの事件に起因するのではないかとも云われている。
 堂の前、南側に老樹に固まれた古塚がある。高さ2m余り、頂に観世音石仏像を安置しているが、何か古事蹟を秘めているもののようである。塚の麓には鈴木・内海家及び一族の墓地がある。寛永・承応年代のものそれぞれ一基、その他慶安・延宝・元禄など古いものがある。
 お堂は境内共同墓地使用者の保有するもので、宗派は限定できないが、古くからの使用維持者は曹洞宗常徳院の檀下である。
 秋10月頃には、お十夜講が毎年おこなわれていたが、昭和17年頃から中絶されている。(『せたがや社寺と史跡』30~31ページ)


 世田谷の住宅街にこんなに大きな塚が残されているとはちょっとびっくりですが、塚自体は墓地化が進んでいて全体の形状は少しわかり難くなっています。『東京都遺跡地図』によると、塚の規模は直径8m、高さ2mで、中世から近世の塚であると記載されていますので、どうやら古墳とは無関係であるようですね。。。


「船橋観音堂塚」

 画像は墳頂部のようすです。「観世音石仏像」が祀られています。

<参考文献>
世田谷区教育委員会『せたがや社寺と史跡』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/12/18(月) 22:54:13|
  2. 世田谷区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (10)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (14)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (16)
豊島区の古墳・塚 (3)
文京区の古墳・塚 (8)
杉並区の古墳・塚 (18)
中野区の古墳・塚 (17)
新宿区の古墳・塚 (19)
千代田区の古墳・塚 (7)
目黒区の古墳・塚 (9)
渋谷区の古墳・塚 (19)
港区の古墳・塚 (8)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (15)
大田区/田園調布古墳群 (34)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (8)
大田区/その他の古墳・塚 (52)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (9)
世田谷区/大蔵古墳群 (0)
世田谷区/砧中学校古墳群 (2)
世田谷区/喜多見古墳群 (13)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (18)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (7)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (1)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (14)
府中市/高倉古墳群 (32)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (15)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (9)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (8)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (12)
町田市/能ケ谷香山古墳群 (0)
町田市/その他の古墳・塚 (21)
八王子市の古墳・塚 (33)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (5)
小金井市•国分寺市の塚 (3)
東村山市•東大和市の塚 (9)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (47)
横浜市の古墳・塚 (0)
相模原市の古墳・塚 (7)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (8)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
未分類 (8)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR