古墳なう

ご〜ご〜ひでりんの古墳探訪記

「御嶽塚21号墳」

「御嶽塚21号墳」

 御嶽塚古墳群は、JR南武線西府駅南側の府中崖線上に広がる、府中市西端に存在する古墳群です。東西約600m、南北約100mの範囲に分布しており、西端は国立市の「下谷保古墳群」につながると考えられています。当初は「高倉古墳群」の一部であるとされていましたが、古墳の分布に違いが見られることや高倉古墳群との間に小規模な開析谷が入り込んでいることから、現在は別々の古墳群とされています。

 「御嶽塚21号墳」は武蔵国府関連遺跡の第1443次調査により確認された古墳です。この当時すでに墳丘は消滅して存在しなかった古墳ですが、調査により周溝が検出されており、推定内径14mほどの周囲に幅約1.5〜2mの周溝が巡る円墳であると考えられています。主体部は検出されていないため詳細不明で、周溝からは土師器の台付甕や壺などが出土しています。

 画像は、府中市西府1丁目に残されている「府中崖線」を南西の市川緑道側から見たところです。この地区はニセアカシア、ケヤキ、シラカシといった崖線の自然樹林が保存されており、この崖沿いに多摩川の水や沿線の湧水を集めて流れる市川沿いには緑道が整備されています。この崖線沿いの立川段丘上に存在するのが「御嶽塚古墳群」で、この崖線から80mほど北の地点が御嶽塚21号墳の所在地ということになります。


「御嶽塚21号墳」

 画像は、東京の名湧水57選にも選ばれている「西府町湧水」です。かつての府中市は、崖線(ハケ)から湧き出る湧水が良質で豊富な土地でしたが、今ではこの西府町湧水が唯一の湧水であるようです。古墳が築造された古代から続く貴重な湧水かも知れませんし、大切にしたい風景ですね。。。

<参考文献>
府中市教育委員会・府中市遺跡調査会『武蔵国府の調査 43』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2016/02/25(木) 00:22:01|
  2. 御嶽塚古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「御嶽塚19号墳」

「御嶽塚19号墳」

 御嶽塚古墳群は、JR南武線西府駅南側の府中崖線上に広がる、府中市西端に存在する古墳群です。東西約600m、南北約100mの範囲に分布しており、西端は国立市の「下谷保古墳群」につながると考えられています。当初は「高倉古墳群」の一部であるとされていましたが、古墳の分布に違いが見られることや高倉古墳群との間に小規模な開析谷が入り込んでいることから、現在は別々の古墳群とされています。

 「御嶽塚19号墳」は武蔵国府関連遺跡の第1374次調査により確認されています。墳丘は既に消滅して存在しなかった古墳ですが調査により周溝が検出されており、推定内径18mほどの周囲に幅約3m深さ約70cmの周溝が巡る円墳であると推定されています。主体部は検出されていないため詳細不明で、周溝からは土師器の丹塗りの坏や刷毛目のつく甕などが出土しています。

 画像は府中市西府町1丁目の御嶽塚19号墳の跡地を南東から見たところです。画像の道路の右側あたりが19号墳の跡地となるようですが、やはりこの古墳も地上に痕跡を見ることはできないようです。。。

<参考文献>
府中市教育委員会・府中市遺跡調査会『武蔵国府の調査 41』
府中市教育委員会・府中市遺跡調査会『武蔵国府関連遺跡調査報告 40』


人気ブログランキングへ

  1. 2016/02/24(水) 01:00:32|
  2. 御嶽塚古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「御嶽塚18号墳」

「御嶽塚18号墳」

 御嶽塚古墳群は、JR南武線西府駅南側の府中崖線上に広がる、府中市西端に存在する古墳群です。東西約600m、南北約100mの範囲に分布しており、西端は国立市の「下谷保古墳群」につながると考えられています。当初は「高倉古墳群」の一部であるとされていましたが、古墳の分布に違いが見られることや高倉古墳群との間に小規模な開析谷が入り込んでいることから、現在は別々の古墳群とされています。

 「御嶽塚18号墳」は、武蔵国府関連遺跡の西府・本宿町地域に位置する、JR南武線西府駅西北西約430mに地点で確認された古墳です。古墳の東側の一部が検出され、周溝の約4分の3ほどが調査されています。規模は墳丘径9mの周囲を幅2mほどの周溝が廻る円墳と推定されており、周溝内からは古墳に伴う遺物は検出されなかったものの縄文土器が出土しています。
 画像中央の道路から右側の建物にかけてが古墳の跡地であると思われますが、残念ながら古墳の痕跡を見ることは出来ませんでした。。。

<参考文献>
府中市教育委員会・府中市遺跡調査会『武蔵国府の調査 39』
府中市教育委員会・府中市遺跡調査会『武蔵国府関連遺跡調査報告 40』


人気ブログランキングへ

  1. 2016/02/23(火) 02:28:09|
  2. 御嶽塚古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「御嶽塚17号墳」

「御嶽塚17号墳」

 御嶽塚古墳群は、JR南武線西府駅南側の府中崖線上に広がる、府中市西端に存在する古墳群です。東西約600m、南北約100mの範囲に分布しており、西端は国立市の「下谷保古墳群」につながると考えられています。当初は「高倉古墳群」の一部であるとされていましたが、古墳の分布に違いが見られることや高倉古墳群との間に小規模な開析谷が入り込んでいることから、現在は別々の古墳群とされています。

 「御嶽塚17号墳」は、府中市府中第五小学校校庭整備に伴う第1315次調査により周溝が検出された古墳です。墳丘は削平されており、周溝の位置部が検出されたのみで規模は不明で、主体部についても未調査であるため詳細のわからない古墳です。画像の、府中第五小学校の敷地の北方角のバックネットのあたりが古墳の跡地であると思われますが、痕跡は何も残されていないようです。

 この周辺地域に存在したといわれる多くの古墳や塚については江戸時代の地誌類にも記されており、住吉町3丁目にある正光院所蔵の絵図には「べったら塚」、「鎧塚」、「正光院塚」といった塚が描かれていたそうです。この絵図は現在所在不明となっており、塚の正確な位置はわからなくなっているようですが、いずれもこの第五小学校周辺のハケ上(府中崖線縁辺)に存在したようです。延宝6年(1678)の検地帳には「べったら塚」という小字名が見え、また他に「大塚」などの小字名もあるようです。また戦後まで残されていたといわれている「正光院塚」については猿渡盛厚著『武蔵府中物語』に記述が見られ、当時道路普請のために発掘が行われて刀剣類が沢山出たものの、その刀剣類は所在不明であることが書かれています。また『武蔵名勝図会』には、現在の御嶽塚の周辺に高さ1丈4、5尺の「堂塚」が所在したことが書かれています。
 残存する古墳は御嶽塚古墳1基のみという御嶽塚古墳群ですが、古くは名称のある塚も数多く見られることから、かつてはかなりの數の古墳が存在していたことがうかがえます。今後新たな古墳の発見も考えられ、更なる調査の進展が楽しみな地域であると思います。

<参考文献>
猿渡盛厚『武蔵府中物語 第八編』
府中市教育委員会『府中市内旧名調査報告書 道・坂・塚・川・堰・橋の名前』
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
府中市教育委員会・府中市遺跡調査会『武蔵国府の調査 39』
府中市教育委員会・府中市遺跡調査会『武蔵国府関連遺跡調査報告 40』


人気ブログランキングへ

  1. 2016/02/21(日) 01:02:06|
  2. 御嶽塚古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「御嶽塚16号墳」

「御嶽塚16号墳」

 御嶽塚古墳群は、JR南武線西府駅南側の府中崖線上に広がる、府中市西端に存在する古墳群です。東西約600m、南北約100mの範囲に分布しており、西端は国立市の「下谷保古墳群」につながると考えられています。当初は「高倉古墳群」の一部であるとされていましたが、古墳の分布に違いが見られることや高倉古墳群との間に小規模な開析谷が入り込んでいることから、現在は別々の古墳群とされています。

 「御嶽塚16号墳」は、JR南武線北側に位置する区画整理事業のための1295・1337・1340次調査において検出された古墳です。墳丘は削平されていたものの円形を呈する周溝全体の約70%程度が調査されており、埴輪片3,000点のほか、土師器の甕2点、出土しています。規模は内径推定約15.8mの円墳であると推定されています。須恵器の埦1点と坏16点、須恵器の瓶1点などが出土しています。
 駅周辺には以前は多くの畑地が残されていたのですが、近年は開発が進み、駅前にはロータリーが造られて大きなマンションも立ち始めています。画像のJR西府駅の駅舎の場所が古墳の跡地となるようですが、すでに古墳の痕跡を見ることはできません。


「御嶽塚16号墳」

 この御嶽塚16号墳から出土した円筒埴輪は、府中市郷土の森博物館と武蔵府中熊野神社古墳展示館にて見学することができます。画像の埴輪は府中市郷土の森博物館に展示されているもので、武蔵府中熊野神社古墳展示館ではこの埴輪について次のように解説されていました。

御嶽塚16号墳出土埴輪
 御嶽塚16号墳に伴う埴輪片約2700点は、人物埴輪の一部と見られる形象埴輪の破片1点と、朝顔形を含む円筒埴輪の破片でした。破片を接合した結果、4個の円筒埴輪が復元できました。
 円筒埴輪は、2条の凸帯で区切られた3段の構成です。2段目に一対の透孔が設けられています。外面には、斜めにハケメがつけられています。3段目に、上下に蛇行するヘラ記号がつけられたものもあります。
 形態的特徴は、埼玉県の出土資料に類似しています。このことから北武蔵の埴輪工人が関与していると考えられ、制作された時期は、6世紀前半頃と想定しています。


<参考文献>
府中市教育委員会・府中市遺跡調査会『武蔵国府関連遺跡調査報告 40』


人気ブログランキングへ

  1. 2016/02/20(土) 01:41:52|
  2. 御嶽塚古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カテゴリ

足立区 (4)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (0)
葛飾区 (6)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (3)
墨田区 (0)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (11)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (6)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
練馬区 (7)
杉並区 (12)
中野区 (9)
豊島区 (2)
新宿区 (0)
渋谷区 (17)
目黒区 (8)
文京区 (3)
千代田区 (3)
港区 (4)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (75)
田園調布古墳群 (15)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (54)
野毛古墳群 (13)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (6)
その他の古墳・塚 (11)
三鷹市 (4)
狛江市 (43)
狛江古墳群-和泉支群 (17)
狛江古墳群-岩戸支群 (3)
狛江古墳群-猪方支群 (23)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (54)
国領南古墳群 (2)
下布田古墳群 (17)
上布田古墳群 (7)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (9)
府中市 (77)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市内の塚 (10)
国立市 (19)
下谷保古墳群 (11)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (5)
立川市 (13)
稲城市 (0)
多摩市 (4)
和田古墳群 (4)
多摩市内の塚 (0)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (4)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (42)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (14)
日の出町 (2)
青梅市 (11)
古墳空白地域 (16)
西東京•清瀬•東久留米市 (0)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (6)
福生市•羽村市•瑞穂町 (10)
神奈川県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
群馬県の古墳 (0)
栃木県の古墳 (5)
茨城県の古墳 (5)
長野県の古墳 (6)
未分類 (1)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR