古墳なう

ご〜ご〜ひでりんの古墳探訪記

「谷保古墳」

「谷保古墳」

 「下谷保古墳群」は、青柳に点在する「青柳古墳群」よりも一段高い立川段丘縁辺部に、東西700m、南北150mの範囲で分布する古墳群です。これまでに、発掘調査により下谷保1~10号墳までの10基が古墳として確認されており、さらに古墳ではないかと推測される遺構も存在しているようです。
 今回紹介するのは「谷保古墳」です。『東京都遺跡地図』には国立市の遺跡番号23-5番の遺跡として登録されている古墳で、画像はこの谷保古墳を西から見たところです。発掘調査が行われていないため、埋葬施設や周溝の詳細は不明で、また埴輪や葺石の存在もわからないようですが、古墳ではないかと考えられている遺構で、国立市谷保の民家の敷地内に残されています。平成6年(1994)には多摩地区所在古墳確認調査団により測量調査が行われており、東西径約16m、南北径約14m、高さは約1.8mで、墳丘の東側がコンクリートの壁により裾部が削平、また残る三方は住宅により囲まれているものの、比較的良好な状況で残存しているようです。
 

「谷保古墳」

 鳥居をくぐると、墳丘の中腹には石段が設けられており、この石段を登ると墳頂部には祠が祀られています。


「谷保古墳」

 墳頂部のようすです。
 当日は、土地の所有者に声をかけて見学させていただきました。ありがとうございました!

<参考文献>
原田重久『わが町国立』
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/06/02(金) 01:20:24|
  2. 下谷保古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「下谷保古墳群 未登録古墳(第六天神社)」

「下谷保古墳群 未登録古墳(第六天神社)」

 「谷保天満宮」は東京都国立市谷保に所在します。菅原道真公の第三子、菅原道武公が建てたとされる、湯島天神、亀戸天神とならび関東三大天神の中の一社と称される神社です。この谷保天満宮参集殿の東側、天神坂上の梅林北方に祀られているのが、画像の「第六天神」の祠です。祭神は、面足命(おもたるのみこと)と煌根命(かしこねのみこと)の二柱の神で、これが古事記に出てくる神代の第六代目の神であることから第六天神と称されています。


「下谷保古墳群 未登録古墳(第六天神社)」

 画像は、第六天神社を北西から見たところです。学術的な調査が行われていないことから『東京都遺跡地図』には未登録となっているようですが、この神社は削平された古墳の墳頂部に建てられていると考えられており、1995年に発行された『多摩地区所在古墳確認調査報告書』には「崖線上に存在する為に、北側の甲州街道寄りから観察すると高さのない平坦な墳丘に見えるが、南側から観察すると約1.5m程の高さがある。」と記述されています。この場所が古墳であれば、「下谷保古墳群」の西端に位置する古墳ということになるようです。
 古墳はかなり平坦に削平されているようですが、この角度から見ると僅かな高まりを見ることが出来ます。


「下谷保古墳群 未登録古墳(第六天神社)」

 墳頂部のようすです。祠の周囲の河原石は、埋葬施設の石材を流用したものではないかと想像してしまいますが、真相はわかりません。。。


「下谷保古墳群 未登録古墳(第六天神社)」

 画像は、南東から見た第六天神社です。以前は、古墳の南側に建物があったので、『多摩地区所在古墳確認調査報告書』の「南側から観察すると約1.5m程の高さがある。」という記述を確認することは難しかったのですが、この建物が取り壊されたことにより、古墳の全体像をカメラで捉えることが出来ました。確かに甲州街道側から見るとほとんど高さは感じられないのですが、この角度から見るとはっきりと古墳を感じることが出来ます。


「下谷保古墳群 未登録古墳(第六天神社)」

 この谷保天満宮の東に広がる梅林遺跡では近年、古墳の石室と周溝が調査されています。これまでにこの周辺で発見されている古墳の埋葬施設はすべて河原石積みの石室でしたが、近年に発掘された石室は切石を積み上げたものだったそうです。
 この古墳は未発掘であることから埋葬施設については詳細不明ですが、石材らしき河原石を見ることが出来ます。主体部は河原石積横穴式石室でしょうか。。。


「下谷保古墳群 未登録古墳(第六天神社)」

 河原石を接写!


「下谷保古墳群 未登録古墳(第六天神社)」

 墳頂部から南側を見たところです。まだまだ、意外と高さが残されているようすがわかると思います。
 
<参考文献>
くにたち郷土文化館・国立市教育委員会『国立の古墳-四軒在家遺跡の発掘調査-』
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/06/01(木) 01:12:35|
  2. 下谷保古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「下谷保10号墳」

「下谷保10号墳」

 「下谷保古墳群」は、立川段丘縁辺に位置しており、東西700m、南北150mに分布する古墳群です。この周辺地域にはかつては多数の古墳が存在していたといわれており、『町勢要覧』沿革Ⅰには「谷保天満宮の東方台上に古墳群がある。以前相当多数あったらしいが、開墾されてしまって現在では少し残っているばかりである。」と書かれています。古墳群は梅林遺跡や下谷保遺跡、谷保東方遺跡にまたがっており、現在までに下谷保Ⅰ~10号墳と谷保古墳の11基の古墳が確認されています。

 「下谷保10号墳」は平成23年12月に行われた共同住宅建設における試掘調査により埋葬施設と周溝が検出され、その後の平成24年に本調査が行われています。
 この古墳の周溝は北側半分が検出されていますが、その形状から細長い不正円形(楕円形?)をしていたようです。通常、古墳の周溝は墳丘と共に円形を描きますから、この10号墳は個性的な古墳です。また、特筆すべきは埋葬施設に凝灰質砂岩と推測される切石切組積み石室が採用されていることです。10号墳に見られるような切石切組積石室は、多摩川中流域ではこれまで5例しか発見されていないそうですから、かなり希少な古墳であるといえます。一体どんな被葬者が埋葬されていたのでしょうか。
 石室内からは人骨歯牙2体分が検出されたものの人口遺物はなく、周溝内より須恵器坏蓋・平瓶が1点ずつ出土しています。

 下谷保10号墳の跡地には、すでに古墳の痕跡は何も残されていません。現地説明会が行われたら見逃さずに見学に行こうと思っていたのですが、行われなかったようです(行われたのかもしれませんが)。

<参考文献>
国立市教育委員会『東京都国立市 市内遺跡緊急調査報告5 平成21~23年度』
くにたち郷土文化館『くにたち発掘 ~最近の発掘から~』


人気ブログランキングへ

  1. 2016/05/23(月) 01:26:58|
  2. 下谷保古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「下谷保9号墳」

「下谷保9号墳」

 「下谷保9号墳」は平成21年6月に行われた道路改良工事における試掘調査により、立川段丘面が南に向かう暖傾斜面と急斜面との境で横穴式石室が検出されています。墳丘や石室天井部は削平されていたものの、玄室床面は保存状態がよく、直刀1振の他、鉄鏃10点、刀子2点などが出土しています。
 この古墳の規模は周溝が未確認のために明確ではないものの、墳丘径約8mほどの円墳ではないかと推定されています。築造は出土した遺物により6世紀末から7世紀前葉と推定され、下谷保古墳群の時期の判明している古墳の中では最も古い段階に位置付けられると考えられています。

 画像の周辺が下谷保9号墳の所在地であると思われますが、地上には古墳の痕跡は残されていないようです。。。

<参考文献>
国立市教育委員会『東京都国立市 市内遺跡緊急調査報告5 平成21~23年度』


人気ブログランキングへ

  1. 2016/05/22(日) 02:39:49|
  2. 下谷保古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「下谷保8号墳」

「下谷保8号墳」

 「下谷保8号墳」は平成18年(2006)3月に行われた個人住宅建設における試掘調査により、周溝が検出されています。推定墳丘径約10m、外周径約12mという小形の円墳で、ボウリング調査により河原石積横穴式石室が残存していると推測されていますが詳細は不明です。
 画像は下谷保8号墳の所在地を南東から見たところです。墳丘はすでに削平されているようですが、未調査の部分が多く残されており、将来の調査が期待されています。


「下谷保8号墳」

 画像は下谷保8号墳の北西側に隣接する祠です。8号墳との関係は不明ですが、この周辺は畑地が多く残されており、またこうした祠が祀られている場所も多く(もちろんこうした祠のすべてが古墳上に建てられたとは限りませんが)、今後の調査により新たな古墳が更に発見される可能性も残されているのではないでしょうか。。。

<参考文献>
国立市教育委員会『東京都国立市 市内遺跡緊急調査報告4 平成16~20年度』
国立市教育委員会『東京都国立市 市内遺跡緊急調査報告5 平成21~23年度』


人気ブログランキングへ

  1. 2016/05/20(金) 10:30:13|
  2. 下谷保古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カテゴリ

足立区 (14)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (10)
葛飾区 (13)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (10)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (11)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (6)
墨田区 (3)
江戸川区 (0)
練馬区 (7)
豊島区 (2)
文京区 (8)
杉並区 (17)
中野区 (17)
新宿区 (17)
千代田区 (7)
目黒区 (8)
渋谷区 (18)
港区 (4)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (94)
田園調布古墳群 (34)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (54)
都指定史跡 野毛大塚古墳 (0)
野毛古墳群 (13)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (6)
その他の古墳・塚 (11)
三鷹市 (4)
狛江市 (43)
狛江古墳群-和泉支群 (17)
狛江古墳群-岩戸支群 (3)
狛江古墳群-猪方支群 (23)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (55)
国領南古墳群 (2)
下布田古墳群 (16)
上布田古墳群 (7)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (11)
府中市 (77)
史跡 武蔵府中熊野神社古墳 (2)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
府中市内の塚 (10)
国立市 (24)
下谷保古墳群 (12)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (9)
立川市 (14)
稲城市 (0)
多摩市 (4)
和田古墳群 (4)
多摩市内の塚 (0)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (10)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (47)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (16)
日の出町 (2)
青梅市 (11)
古墳空白地域 (19)
西東京•清瀬•東久留米市 (0)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (7)
福生市•羽村市•瑞穂町 (12)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
宇都宮市•鹿沼市 (0)
壬生町•上三川町 (5)
群馬県の古墳 (0)
茨城県の古墳 (5)
神奈川県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
長野県の古墳 (6)
未分類 (2)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR