fc2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「板橋区№159遺跡(熊野神社)」

「板橋区遺跡番号159番 無名塚」

 画像は、板橋区志村2丁目にある「熊野神社」を南から見たところです。この神社の社殿は古墳上に建てられているといわれており、『東京都遺跡地図』には、板橋区の遺跡番号159番の年代不詳の塚として登録されています。


「板橋区遺跡番号159番 無名塚」

 塚を別角度から見たところ。
 このところ跡地ばかりで風景写真みたいになっていましたが、やはり墳丘が残されている古墳を見たいものです。。。

「板橋区遺跡番号159番 無名塚」

 『新版江戸名所図会』には「今奥の院と称する地に石祠あり、十四、五年前この地を穿ちて古鏡二面と刀一と振を得たりしとなり。されどその故をしらざれば祟あらん事を恐れ元の如く埋蔵したりとなり」と書かれています。つまりは安永の頃、古鏡二面と刀一と振を掘り出したものの祟りを恐れて元の場所に埋め戻してしまったということのようで、その後明治33年(1900)の社殿改築の際に古鏡二面と合子が出土しており、塚が経塚であるということは間違いないようです。
 塚は、社殿の北側に残されています。この大きな盛土からして、この塚が古墳であるなら埋葬施設の残骸くらいは残されているのではないかとも思いますが、塚は発掘調査はされていませんので、詳細はわかりません。


「板橋区遺跡番号159番 無名塚」

 画像は、墳頂部を南西から見たところです。埴輪や土師器の破片でも落ちてないものかとキョロキョロしてみましたが、特に見当たりませんでした。。。


「板橋区遺跡番号159番 無名塚」

 この周辺は「志村城」の跡地で、通称城山として知られています。志村小学校の運動場のあたりが本丸、熊野神社のあたりが二の丸と推定されており、小学校と神社の間には今も空濠、土塁の後が残されています。画像は、社殿の西側に残されている空濠のようすです。板橋区立郷土資料館でお聞きしたところによると、この空濠は古墳の周溝を利用して造られたものではないかと考えられているそうで、やはりこの塚が古墳である可能性は高いようです。

<参考文献>
東京都板橋区役所『板橋区史』
板橋史談会『改訂版 いたばし郷土史辞典』
板橋区教育委員会『まち博ガイドブック(志村坂上・中台・蓮根・舟渡・前野)』

  1. 2013/10/30(水) 23:41:16|
  2. 板橋区/志村古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「お伊勢塚」

「お伊勢塚」


 画像は、お伊勢塚があったとされる板橋区志村2丁目の推定地を北西から見たところです。板橋区の遺跡番号158番の古墳として登録されており、直径13m、高さ3mの規模の円墳であったとされています。コパル第一工場の建設により消滅しており、当時の調査によると「地面下二米程に平鍬けずりあとのある巾一米四〇程の蒲鉾形の天井のある玄室がほぼ南北にあり、人骨一体分が掘り出された。頭蓋後頭部、大腿骨、上・下肢骨、歯等があった。副葬品としては挙大の巻貝一コ、土師器高杯の上皿部分一コ、挙大の河底石数十コは副葬ではなかろうが、玄室の南側から出た。また、密掘が行われたらしい。」と報告されています。
 この調査を担当した北條治宗氏が現地を訪れたとき、すでに古墳は20メートルも移動しており、もとあった古墳の2メートル下に人骨を伴う玄室があったと伝えられています。古墳が20メートルも別の場所に移動するというのも不思議な話なのですが、『板橋区史 資料編1 考古』によるとこのお伊勢塚古墳と玄室とは別個のものであるとしていて、報告された玄室とは崖面にうがたれた横穴墓であると推定しているようです。
 この人骨は、志村城址供養塔(宝塔)が工場敷地内に立てられて移してあるそうなのですが、現在この場所には集合住宅が建てられており、供養塔がどこにあるのかもよくわからず、残念ながら見ることは出来ませんでした。

 コパル第一工場が建設される以前には、この台地上にお伊勢塚以外にも十数基の古墳があったと云われているそうですので、広く古墳群が形成されていた可能性もあるのかもしれませんね。。。

<参考文献>
板橋区史編さん調査会『板橋区史 資料編1 考古』
板橋区史編さん調査会『文化財シリーズ第17集 いたばし風土記』
板橋区教育委員会『まち博ガイドブック(志村坂上・中台・蓮根・舟渡・前野)』

  1. 2013/10/25(金) 01:54:12|
  2. 板橋区/志村古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「板橋区№157遺跡」

「板橋区遺跡番号157番 無名塚」

 1932年1月、人類学者の石田収蔵氏が小豆沢・志村一帯を調査しており、志村古墳3基と熊野神社西方に「伊勢塚」という名の古墳があると手帳に記述していたそうです。その後、1953年に板橋区志村2丁目にある志村城の一角が光学機器コパルに払い下げられる際に、北條治宗氏により「お伊勢塚」が調査されており、他に「熊野神社社殿下の古墳」と「東方に離れた地点」の3箇所の古墳の存在が確認されています。
 画像は、「東方に離れた地点」の古墳が所在したとされる周辺です。塚は開発により発掘調査されることなく宅地化され、現在は跡形もなく消滅しています。『東京都遺跡地図』には、板橋区の遺跡番号157番の年代不詳の塚として登録されています。


「板橋区遺跡番号157番 無名塚」

 塚の推定地前の路上には、板橋区により「いたばしまちあるきマップ」が設置されています。こういうのがあるだけでも、ここが跡地だった!と自分を納得させて帰ることができたりするわけです。。。

<参考文献>
東京都板橋区役所『板橋区史』
板橋区史編さん調査会『板橋区史 資料編1 考古』

  1. 2013/10/21(月) 01:05:04|
  2. 板橋区/志村古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「無名塚」

「無名塚」

 板橋区小豆沢2丁目19番のちょうど角のところに1基の庚申塔が立っています。この場所にはかつて小高い塚があり、庚申塔はその上に祀られていたと云われています。

 東京都板橋区役所から昭和29年に発行された『板橋区史』の古墳表には、同じ小豆沢2丁目に「志村第一号古墳」、「同2号墳」とともに「3号墳」の存在が記されています。この塚と3号墳が同一のものなのか詳細はわかりませんが、この周辺に多くの古墳や塚が存在したのは間違いないようです。

 遺跡というのは本来、その土地、その場所に保存されるのが理想だと思いますが、開発の進んだ東京にあってこうして歩道のど真ん中に文化財が残されているのを見ると、ちょっとビックリしてしまいますね。。。

<参考文献>
板橋まち博友の会『板橋の史跡を訪ねる』

  1. 2013/10/13(日) 04:41:56|
  2. 板橋区/志村古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「板橋区遺跡番号161番 無名塚」

「総泉寺(そうせんじ)」

 「総泉寺(そうせんじ)」は、板橋区小豆沢3丁目板にある曹洞宗の寺院で、妙亀山総泉寺と号します。本尊は釈迦如来座像です。このお寺は以前は台東区橋場にありましたが、関東大震災で被災し昭和3年にこの地にあった大善寺と合併して移転して来たそうです。画像は、その総泉寺を南東から見たところです。
 『東京都遺跡地図』には、板橋区の遺跡番号161番の名称のない塚がこの総泉寺の敷地内に残存扱いで登録されておりますが、現地を訪れてみたところでは、残念ながら塚は残されていないようで。昭和29年に発行された『板橋区史』の古墳表にも総泉寺墓地に1基記されていますので、少なくとも昭和初期には古墳らしき高まりが残されていたのかもしれません。


「無名塚」

 画像は、総泉寺の東方100mほどの地点で見かけた祠です。オリエンタル酵母工業株式会社の敷地内にあり、祠の周囲が塚状に高くなっていたので、ひょっとしたらこれが161番の塚かもしれないと思い(161番の塚ではないと思いますが)、カメラに収めておいた一枚です。この祠について後日調べてみたところなかなか面白いお話が見つかったので、紹介してみたいと思います。


 この工場に祀られている神社は、稲荷神社で、京都の伏見稲荷神社から分霊を勧誘、祭祀した社で、「穣福稲荷」と命名されている。勧誘したのは、昭和十三年四月で、当時、出征していた兵士の武運長久と工場の安全、工員の健康の祈願をする神社として、代表者が伏見稲荷の本社から神霊を受けてきた。ところが京都から帰る途中、不思議なことに奉持していた御神体が、あるときは重く、またあるときはとても軽く感じられたという。「不思議なことがあるものだ」と、当時の代表者たちは話し合ったという。
 ところが、勧誘した翌十四年五月、板橋の工業史上、最も悲惨といわれる大日本セルロイドの大災害が発生、六二棟を全焼、三四人の死者が出た。
 その日、つまり昭和十四年五月九日は晴天であったが西風が吹いていた。ところが、わずかな煙草の火の粉が、セルロイドのくず袋に引火、その火が西風にあおられ、隣のマグネシウム工場に燃え移り、さらに隣の日本火工でほしていた火薬に引火、大爆発をおこした。そして日本火工の屋根で、マグネシウム工場の火事を見ていた三四人を吹きとばし、大日本セルロイドでも、倉庫や事務所を全焼、一三人のけが人を出した。まことに悲惨な爆発事故であった。
 当時、オリエンタル酵母工業の隣は、トーハツ株式会社であったが、この社も類焼、煙は遠く都心の方からも、ながめられたという。
 ところが、この大惨事にもかかわらず、オリエンタル酵母工業株式会社は類焼をまぬがれ、軽微な被害ですんだ。
 そこで、これはまことに天の助けであり、当社で祀っている祭神の稲荷大明神「穣福稲荷」のおめぐみに違いないと語り合い、ますます信仰を深めたという。なお、昭和十九年・二十年の米軍の飛行機による爆撃の時にも、少しの被害も受けなかったが、これまた、稲荷様の霊験によるものと深い信仰を捧げている。(『板橋区史 資料編5 民俗』749〜750ページ)



<参考文献>
板橋区史編さん調査会『板橋区史 資料編5 民俗』
板橋区教育委員会『まち博ガイドブック(志村坂上・中台・蓮根・舟渡・前野)』

  1. 2013/10/10(木) 05:00:58|
  2. 板橋区/志村古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「志村古墳群 1号墳」

「志村古墳群 1号墳」

 「志村古墳群」は、志村台地の縁辺に位置する志村2丁目から小豆沢4丁目にかけての古墳群です。画像は、板橋区小豆沢2丁目に所在したとされる、「志村古墳群1号墳」の推定地を北西から見たところです。『東京都遺跡地図』には未登録となっている古墳です。

 この古墳は、1935年の中山道拡幅および土地区画整理工事に伴い緊急発掘されています。古墳の規模は直径13~14m、高さ3mと考えられています。埋葬施設は切石積横穴式石室で、玄室の奥行き1.9m、奥壁幅1.8m、玄室入口部幅1.64m、入口幅推定84cmです。調査時にはすでにかなりの破壊を受けていたそうで、羨道部の規模は不明とされています。また古墳はすでに盗掘を受けており、遺物は発見されなかったそうです。石室の形状から推定して、終末期の古墳であると考えられているようです。

 すでに古墳は消滅している筈なのですが、現地の古墳が所在したとされる地点に植え込みが造られていてちょっとビックリしました。。。

<参考文献>
板橋区史編さん調査会『板橋区史 通史編 上巻』
板橋区史編さん調査会『板橋区史 資料編1 考古』

  1. 2013/10/07(月) 02:52:46|
  2. 板橋区/志村古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「志村古墳群 2号墳」

「志村古墳群 2号墳」

 「志村古墳群」は、志村台地の縁辺に位置する、志村2丁目から小豆沢4丁目にかけての古墳群です。このうち「志村古墳群 2号墳」は小豆沢3丁目に所在したとされる、『東京都遺跡地図』には未登録となっている古墳です。
 1935年の中山道拡幅および土地区画整理工事に伴い1号墳が緊急発掘されており、石室を伴う古墳であることがわかっていますが、2号墳については詳細は不明とされています。ちなみに『日本の古代遺跡32 東京23区』には、2号墳は系5m、高さ1.5mのもので、主体部などを検出することはできなかった、と書かれています。
 『板橋区史 資料編1 考古』に掲載されていた古墳の位置を示す地図を参考にすると、画像の地点が推定地となるのですが、残念ながらすでに古墳は削平されており、何の痕跡もありませんでした。ちなみに、東京都板橋区役所から昭和29年に発行された『板橋区史』の古墳表には3号墳の存在も書かれているのですが、詳細はまったくわかりません。。。

<参考文献>
東京都板橋区役所『板橋区史』
板橋区史編さん調査会『板橋区史 資料編1 考古』


  1. 2013/10/03(木) 01:28:37|
  2. 板橋区/志村古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「びく塚(八百漁藍塚)」

「びく塚(八百漁藍塚)」

 板橋区には、多くの古墳や塚が『東京都遺跡地図』に登録されています。その中にはほとんど調査もされないまま破壊され、言い伝えとしてのみ残されている塚も数多く存在します。この「びく塚」もそんな塚のひとつです。画像は、板橋区小豆沢4丁目に所在したとされる「びく塚」の推定地を南から見たところです。板橋区の遺跡番号162番の塚です。

 この「びく塚」について、昭和7年発行の『志村郷土誌』には次のように書かれています。


「八百漁藍塚 往昔太平洋の荒波が小豆澤の地に迄及んでいた事は貝塚の項目にも述べた通りである。従って当時の住民は漁業を以て生業としていたのであるが、地形の変転は止むべくもあらずして、太平洋の波は遠く東方の彼方に退く様になって来た。ここに於て住民は漁業に代るべき生計の道を講ぜねばならなくなり、即ちいつしか漁具を捨てて農業に従う様になったのである。その時の戸数は総て十二軒あったので、之を十二軒百姓という。さてこの十二軒の人々が漁具を棄てて農に就かんとする時、その盟約を堅く守る為め、祖先伝来の数百の漁藍を悉く穴に埋め塚とした。之を伝えて八百漁藍塚というのである。近年に至るまで小豆沢に生れた者は、その盟約を守ったという。現在此の塚は貝塚となっている所である。」(『志村郷土誌』146~147ページ)

 また、平成7年に発行された『いたばしの地名』には次のように書かれています。


「小豆沢の台地下、新河岸沿いで漁業をしていた人々が、農業を始めた時、今まで使っていた多くの漁藍(びく)を一ヶ所に埋め塚を作った。その塚を「八百漁藍塚」と呼び、そこから始まる坂の名称にもなった。」(『いたばしの地名』102ページ)

 画像の奥に向かった下り坂が「漁藍坂」と呼ばれた坂で、、交差点のすぐ奥あたりが「びく塚」の推定地となるようですが、昭和7年頃の区画整理の道路工事により台地ごと削られているため、塚は痕跡も残らず消滅しているようです。ちなみに『東京都遺跡地図』では画像の東側(右側)の住宅地のあたりが所在地となっているのですが、平成20年に発行された『板橋史談 第247号』30ページ「小豆沢(四)びく塚・くび塚」による「びく塚」の推定地に説得力を感じたので、この地点の画像を掲載してみました。

<参考文献>
志村『志村郷土誌』
板橋区教育委員会『文化財シリーズ第81集 いたばしの地名』
板橋史談会『改訂版 いたばし郷土史辞典』
板橋史談会『板橋史談 第247号』

  1. 2013/09/30(月) 00:14:14|
  2. 板橋区/志村古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「善右衛門首塚」

「善右衛門首塚」

 画像は、板橋区小豆沢4丁目に所在したとされる「善右衛門首塚」の推定地を南から見たところです。画像中央の電柱の前の路上が、かつて善右衛門の首塚が存在した推定地です。塚はすでに消滅しており、言い伝えとしてのみ残されている伝説の塚です。『東京都遺跡地図』にも未登録となっています。

 この「善右衛門首塚」について、昭和7年発行の『志村郷土誌』には次のように書かれています。


「善右衛門の首塚 漁藍塚から数間東方に離れて一叢の薮がある。瓦礫陶片等磊々としている。之が首塚と言伝える所であって、鍬鎌を加えたり一歩でも此の地に入るようなことがあれば、直に覿面の怪知があるということで、古来幾人となく開墾を試みたが皆其の災厄に遭って、目的を達する事が出来なかったということである。この善右衛門と云うのは、小豆沢村の名主で、当時領主、地頭より「小物成」と云ってキビ豆類の小物にまで課税され、非常に苦しみつゝあった村民を救わんとして、前野村の市衛門と共に直訴したゝめ遂に斬罪に処せられたのである。村民は之を聞き知り恰も慈父を失った様な思いでその首を請いうけ、此の塚に葬ったのであった。其の後時かわり星移りて此の尊き犠牲者もいつとはなしに一般からは忘れられようとしているが、つい近年迄何れの人かは知れぬが時折この塚をたずねては香花を手向けていたという。恐らく善右衛門を刑に処した地頭の後裔の者ではなかろうか。」(『志村郷土誌』147~148ページ)

 昭和7年頃に区画整理が行われるまでは塚は残されていたそうで、数本の太い木と篠竹が生えており、祟りがあると恐れられていたので誰も入る者はいなかったそうです。


「善右衛門首塚」

 残念ながらこの「善右衛門の首塚」は取り壊されて跡形もありませんが、この塚の上に立てられていたといわれる庚申塔が、板橋区小豆沢4丁目にある龍福寺(小豆沢観音塚古墳のある小豆沢神社の隣)に残されています。龍福寺の門を入ると右手に庚申塔等が集められた塚があり、この中に首塚の庚申塔も保存されています。このお寺は、通称「板碑寺」と呼ばれるほどの多くの板碑を保存しているお寺として有名で、かつては二十余基の板碑がありましたが、空襲でその多くが破損して現在では7基が残るだけだとなっているそうです。。。

「善右衛門首塚」

 画像が、「善右衛門の首塚」に立てられていた庚申塔です。

<参考文献>
志村『志村郷土誌』
板橋史談会『改訂版 いたばし郷土史辞典』
板橋区教育委員会『まち博ガイドブック(志村坂上・中台・蓮根・舟渡・前野)』
板橋史談会『板橋史談 第66号』
板橋史談会『板橋史談 第247号』
板橋区教育委員会『文化財シリーズ第81集 いたばしの地名』
現地説明版

  1. 2013/09/26(木) 01:18:26|
  2. 板橋区/志村古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「小豆沢観音塚古墳」

「小豆沢観音塚古墳」

 画像は、板橋区小豆沢4丁目にある「小豆沢観音塚古墳」を南東から見たところです。板橋区の遺跡番号163番の塚として登録されています。

 「志村古墳群」は志村台地の縁辺に位置する、志村2丁目から小豆沢4丁目にかけての古墳群です。小豆沢観音塚古墳はこのうちの1基とされていますが、未発掘の塚であるため古墳であると確定はされていないようです。『東京都遺跡地図』には、「小豆沢観音塚古墳」という名称で登録されていながら、遺跡の概要が古墳ではなく「墳墓」とされています。
 1935年の中山道拡幅および土地区画整理工事に伴い後藤守一氏により測量調査されており、『東京府史蹟名勝天然記念物調査報告書』第十三冊「東京府下の古墳」には次のように書かれています。


「俚称観音塚という。上に小豆沢神社祠をおいてあるが、今は墳丘の変形甚しく、僅かに南西隅にその処女状態を保っているに過ぎない。高さ四米あるが、恐らく原形においては五米近くあったでろう。径四十米近くあったろうか、本墳は今回の発掘調査関係以外のものである。」

「小豆沢観音塚古墳」

 昭和40年の社殿改築により墳丘は大きく削平されてしまったようですが、それ以前はもっと高い墳丘が残されていたそうです。境内の南西寄りには大きな窪みもあったそうですので、ひょっとしたら盗掘されたか、もしくは崩落した石室が残されていたのかもしれません。今後の調査次第で周溝や埋葬施設など古墳の痕跡が発見される可能性もあるかもしれませんし、本格的な調査を期待したいところです。


「小豆沢観音塚古墳」

 大きな窪みがあったとされる墳丘上の南西側のようすです。境内はかなり広く、多くの祠が祀られています。

 この周辺はかつて「かに山」と呼ばれていたそうで、板橋区教育委員会から発行されている『いたばしの地名』には次のように書かれています。


かに山(四丁目)小豆沢小名…小豆沢四丁目の台地上地域を言います。ここから南にかけての地には古墳の塚が多く在ったといいます。これらのことから祭祀に必要な土器などに用いられる良質な赤土と共に、土器(埴師)が居住していた可能性があります。埴はハニワ(埴輪)のハニで粘土のことで、ハニがやがてカニに転化したと思われます。近くの赤羽も関東ローム層の赤土を赤埴と呼び赤羽に転じたといいます。または荒川が大きく弧を描いている台地上に位置していて、地形が蟹の姿ににていることからこの名が付いたともいわれています。(『いたばしの地名』101ページ)

 この周辺には志村古墳群1号墳、2号墳、善右衛門の首塚、びく塚といった多くの塚があったとされています。かつてはかなり大きな古墳群が存在していたかもしれませんね。。。


「小豆沢観音塚古墳」

 画像は、西から見た小豆沢観音塚古墳です。

 唯一、『板橋ものがたり ―史跡篇―』ではこの観音塚が前方後円型の古墳であるとされています。その根拠については何も書かれていないのですが、「Googleマップ 」でこの地点を上空から見ると、確かに周囲の道路が墳丘に沿うような形状になっていて、じっと眺めていると前方後円墳に見えてくるから不思議です。この古墳が前方後円墳であるなら、画像は前方部から後円部を見たところ、ということになるのですがいかがでしょうか。ちなみに、板橋区立郷土資料館で伺ったところでは、「小豆沢観音塚古墳」は古墳かどうかは微妙であるそうです。。。
 
<参考文献>
板橋区史編さん調査会『板橋区史 通史編 上巻』
板橋区史編さん調査会『板橋区史 資料編1 考古』
板橋区教育委員会『文化財シリーズ第81集 いたばしの地名』
板橋史談会『改訂版 いたばし郷土史辞典』
板橋史談会『板橋史談 第93号』
板橋ものがたり刊行会『板橋ものがたり ―史跡篇―』

  1. 2013/09/20(金) 02:18:47|
  2. 板橋区/志村古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (10)
足立区/その他の古墳・塚 (19)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (9)
北区/飛鳥山古墳群 (9)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (28)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (6)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (19)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (10)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (16)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木久が原古墳群 (13)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (8)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (37)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (14)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (33)
狛江市/その他の古墳・塚 (24)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (37)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (7)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (52)
横浜市の古墳・塚 (11)
相模原市の古墳・塚 (15)
那須町の古墳・塚 (1)
大田原市の古墳・塚 (14)
那珂川町の古墳・塚 (4)
宇都宮市の古墳・塚 (43)
鹿沼市の古墳・塚 (13)
壬生町の古墳・塚 (5)
上三川町の古墳・塚 (17)
下野市の古墳・塚 (5)
栃木市の古墳・塚 (0)
埼玉県の古墳・塚 (46)
千葉県の古墳・塚 (1)
群馬県の古墳・塚 (22)
ぐんま古墳カード (12)
茨城県の古墳・塚 (5)
長野県の古墳・塚 (6)
福島県の古墳・塚 (3)
東京の一里塚 (23)
東京の庚申塔 (5)
未分類 (13)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR