fc2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「飛鳥塚」

「飛鳥塚」

 画像は、板橋区西台1丁目にある「東京都立志村学園」を南から見たところです。『東京都遺跡地図』には、画像の周辺に「飛鳥塚」が登録されています。板橋区の遺跡番号145番の年代不詳の塚です。残念ながら塚は跡形もなく消滅しており痕跡すら見当たりません。名称のある塚ですから何か伝承や由来等が残されているのかもしれませんが、詳細はわかりませんでした。

 『いたばし風土記』にはこの周辺地域の古墳の言い伝えについて次のように書かれています。

 この付近の道路が今のように整備されない昭和25、6年頃、まだ若木町へ通じる道路もなく谷川の流れがちょろちょろ流れ落ち、野鳥の「こじっけい」の親子が道の真中で人影をみてもあわてるでもなくたわむれていました。通りがかりのお百姓さんと道ばたで、人なつかしさにならんで一休みした時、こう話してくれました。
 「ほら、この谷川の左手の雑木林の下に、おれんちの荒地がある。畑にしようと思って掘ったところ沢山の土のがならんで出て来た。骨つぼかも知れない。気味がわるいのでそのまま埋めちもうた」
 どうも、このお百姓さんの見たは古墳の土留の円筒埴輪だったらしいのですが、そのままわからずじまいになってしまいました。今になってみますと惜しまれます。(『いたばし風土記』56ページ)


<参考文献>
東京都板橋区役所『板橋区史』
板橋区教育委員会『いたばし風土記』

  1. 2014/10/26(日) 04:00:50|
  2. 板橋区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「板橋区№146遺跡(浅間塚)」

「板橋区遺跡番号146番 無名塚(浅間塚)」

 画像は板橋区西台2丁目、天祖神社境内にある「浅間塚」を東から見たところです。「天祖神社」の境内の奥に現存しており、板橋区の遺跡番号146番の名称のない塚(年代不詳)として登録されています。

 塚は天祖神社境内の左奥、高くなった台地上に所在します。位置的にいかにも古墳らしい場所に存在しますし、何より東京都内で古墳巡りをしていると、こういう残骸っぽい感じがむしろ古墳らしく見えてしまいます。ちなみにこの塚の所在する天祖神社の起源は古墳の上に祀られていた祠であると言い伝えられており、また昔は神社の小高い丘の上に古墳があり、そこで信仰が行われていたとも言い伝えられているそうです。


「板橋区遺跡番号146番 無名塚(浅間塚)」

 画像は、にある「天祖神社」を東から見たところです。 現地には板橋区教育委員会による説明板が立てられており、次のように紹介されています。

天祖神社 
 御祭神大孁貴命、大日孁貴命。
 創建年代は不詳であるが、口碑によると当社は円墳の上に営まれた小祠に始まると伝えられ、西台村の鎮守であった。江戸時代には神明社と称したが、明治六年三月に社号を天祖神社と改称した。
 当社の奥の山には御嶽山が祀られている。本殿左脇には、明治七年に京徳観音付近で発掘された石棒(石神―農耕子孫繁昌の神、長さ70cm、太さ20cm)を安置する。また本殿左奥の石祠は、「天王さま」とも呼ばれる八雲神社で、京徳地区(当社の西方)から明治四十年に現在地に移された。その石祠の三面には、中国の故事(鯉の滝のぼり、韓信の股くぐり、カメ割りの唐絵)がそれぞれ彫られている。
 当社の大鳥居には寛政八(一七九六)年の刻銘があるが、これは神明造りの鳥居としては区内最古のものである。
平成六年三月 板橋区教育委員会


<参考文献>
板橋区教育委員会『まち博ガイドブック(志村坂上・中台・蓮根・舟渡・前野)』
株式会社 学生社『板橋区 史跡散歩』
現地説明版

  1. 2014/10/23(木) 02:31:52|
  2. 板橋区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「板橋区№147遺跡(御岳塚)」

「板橋区遺跡番号147番 無名塚(御岳塚)」

 画像は、板橋区西台2丁目の天祖神社境内にある「御岳塚」を南西から見たところです。『東京都遺跡地図』には、板橋区の遺跡番号147番の名称のない塚(年代不詳)として登録されています。

 西台の「一山元講」では、かつて12月の冬至に火渡りの神事が行われていたそうです。火渡りとは、薪を井桁に積んで燃やして、おき火になったところで青竹で分けて平らにして、その上を渡るのだそうです。この火渡りの火にあたると風邪をひかないといわれていたので、近隣の人たちも大勢集まったそうです。火渡りは大正初期に始まったといわれていて、昭和12年まで行われていた後途絶えてしまっていましたが、天祖神社の建て替えの際に境内で復活して行われたそうです。

 この御岳塚が古墳を流用して造られているのかどうかは調査が行われないとわかりませんが、少なくともこの周辺地域に多くの古墳の言い伝えが残されており、この御岳塚が所在する「天祖神社」も円墳の上に営まれた小祠に始まると伝えられています。周辺に古墳が存在した可能性は高いのではないかと思われ、なかなか興味深い場所だと思います。


「板橋区遺跡番号147番 無名塚(御岳塚)」

 御岳塚の頂部のようすです。御岳祠が祀られています。

<参考文献>
板橋区教育委員会『まち博ガイドブック(志村坂上・中台・蓮根・舟渡・前野)』
板橋区史編さん調査会『いたばし区史研究 第5号』
現地説明版

  1. 2014/10/16(木) 00:51:16|
  2. 板橋区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「板橋区№148遺跡」

「板橋区遺跡番号148番 無名塚」

 『東京都遺跡地図』によると、板橋区西台2丁目の天祖神社の敷地内に、板橋区の遺跡番号148番の名称のない塚(年代不詳)が登録されています。画像は、その推定地を西から見たところです。

 天祖神社の敷地内には板橋区の遺跡番号146、147、148番の3つの塚が登録されています。146番の塚は「浅間塚」、147番の塚は「御嶽塚」として現存するようですが、この148番の塚は残念ながら消滅しているようすで、『東京都遺跡地図』に記されている地点は住宅か駐車場となっています。


「板橋区遺跡番号148番 無名塚」

 天祖神社の境内には「おしわぶきさま」なる石神様が祀られています。現地の説明板には次のように書かれていました。それにしても立派なお姿。。。


 おしわぶきさま(しゃぶきさま)

  ご由来
 「おしわぶきさま」は、男根の形をした石神様で、築造は古く天神の天降る頃(天孫降臨)と云われております。以前は、近くの京徳(神社南方の地域)に祀られておりましたが、明治初期に当社に移されてまいりました。
 昔は、田畑の辻や村の境、橋のたもと等に「道祖神」として祀られて、道路の往来の安全を守り、疫病や悪神を追い祓い、五穀豊穣を願う農村の信仰として親しまれてまいりました。
 また、御神体が石で作られていることから、「石神」が「せき神」、「しゃく神」と呼ばれ、それがいつしか「石(せき)」が「咳」に、「しゃく神」が「杓子」となり「しゃもじ」を奉納する風習がいまれたとされています。


<参考文献>
板橋区教育委員会『まち博ガイドブック(志村坂上・中台・蓮根・舟渡・前野)』
現地説明版

  1. 2014/10/10(金) 02:58:59|
  2. 板橋区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「板橋区№149遺跡」

「板橋区遺跡番号149番 無名塚」

 『東京都遺跡地図』のインターネット公開版によると、板橋区若木2丁目の画像の地点に板橋区の遺跡番号149番の年代不詳の無名の塚が登録されています。

 この塚に関する由緒や言い伝え等まったくわからず、古墳であったのか塚であったのか不明です。板橋区の場合、遺跡地図に残存マークが記されていながら、訪れてみると跡形もないというパターンは多いようです。
 この周辺には古墳の言い伝えも残されており、また地形的にもいかにも古墳が存在しそうな台地上にあたるのですが、すでに塚は消滅しており宅地となっているようです。。。

  1. 2014/10/05(日) 23:46:20|
  2. 板橋区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「板橋区№150遺跡(一夜塚)」

「板橋区遺跡番号150番 無名塚(一夜塚)」

 『東京都遺跡地図』のインターネット公開版によると、板橋区中台2丁目の画像の地点に板橋区の遺跡番号150番の年代不詳の無名の塚が登録されています。すでに塚は消滅しており住宅地となっています。

 板橋区教育委員会から発行された『いたばしの地名』によると、この塚が「一夜塚」で、中台郵便局の南側にあったとしています。さらにこの塚について次のように書かれています。


 中台2丁目30番地に中台二郵便局があります。北に向ってゆったりと傾斜しているところで、東武住宅が整然とした街並みを造成しました。この中に戦国時代の一夜塚があって志村城を守っていたといいます。志村城から見て対面する向こう側の台地をさしていたことと思われます。(『いたばしの地名』119ページ)

 それにしても、北条氏の軍勢が一夜のうちに築いたといわれる遺跡番号155番の「一夜塚」から数百メートルしか離れていないこの地点にも同じ名称の「一夜塚」が所在したとは驚きですが、どうして2基の一夜塚が存在することになったのかは謎です。。。

<参考文献>
板橋区教育委員会『いたばしの地名』

  1. 2014/09/28(日) 23:22:03|
  2. 板橋区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「板橋区№151遺跡」

「板橋区遺跡番号151番 無名古墳」

 『東京都遺跡地図』のインターネット公開版によると、板橋区中台3丁目の画像の地点に板橋区の遺跡番号151番の古墳が登録されています。

 この地域は舌状台地の先端にあたり、かつて正福寺があったために「正福寺山」と呼ばれていたそうです。正福寺は明治時代には廃寺となり、現在は「日本大学豊山女子高等学校」の敷地となっています。学校建設のために整地されているために遺跡の痕跡は残されていませんが、このお寺の境内には古墳ではないかと思われるこんもりとした塚が所在したそうで、取り壊される際には埴輪が出土したと伝えられています。
 開発により地形自体が変わってしまっていますので、もはや地中にすら何も残されていないのだと思いますが、『東京都遺跡地図』には、周囲の複雑に入り組んだ台地上に多くの塚が記されていますので、古墳の存在の可能性も大きいのではないでしょうか。。。


「板橋区遺跡番号151番 無名古墳」

 「日本大学豊山女子高等学校」の反対側、「中台さとやま公園」を西から見たところです。この公園の奥、台地上の学校の敷地内が古墳の推定地にあたる場所のようです。。。

<参考文献>
東京都板橋区役所『板橋区史』

  1. 2014/09/24(水) 01:15:27|
  2. 板橋区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「板橋区№152遺跡&№153遺跡」

「板橋区遺跡番号152番&153番 無名塚」

 「東京都遺跡地図情報インターネット提供サービス」の板橋区の欄には多くの古墳や塚が登録されています。板橋区中台3丁目の画像の周辺には板橋区の遺跡番号152番と153番の2基の塚が登録されており、残存マークが記されています。遺跡地図を参考にすると、道路の右手前あたりが153番、右奥あたりが152番の塚が所在地であるようですが、塚の痕跡は残されていないようでした。


「板橋区遺跡番号152番&153番 無名塚」

 板橋区役所により昭和29年に発行された『板橋区史』の67ページの古墳表には、板橋区史編纂のために昭和27年(1952)から翌年にかけて行われた実地調査により、「古墳らしきもの」まで含めたという25基の塚が掲載されており、板橋区の遺跡番号152番と153番の塚も含まれています。当時この地点は「延命寺」の境内であったようすで(同書には「円明寺」と書かれている)、1基は「上に鐘樓あり」、またもう1基は「上に墓あり、」とされていますが、開発が進んだ現在は宅地となっています。画像はその「延命寺」を南から見たところです。


「板橋区遺跡番号152番&153番 無名塚」

 画像は「延命寺」の境内を南東から見たところです。画像の奥の台地上が鐘樓と墓が立てられていたという2基の塚の推定地にあたります。
近隣には埴輪が出土したとされる遺跡番号151番の古墳があり、この2基の塚の所在した位置を考えると古墳であった可能性も大きいのではないかと思いますが、塚が消滅してしまった今となっては真相を知ることは出来ません。「東京都遺跡地図情報インターネット提供サービス」では、どちらの塚も年代不詳の塚であるとされています。。。

<参考文献>
東京都板橋区役所『板橋区史』

  1. 2014/09/20(土) 03:19:47|
  2. 板橋区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「板橋区№154遺跡」

「常楽院」

 画像は、板橋区前野町4丁目にある「常楽院」を南から見たところです。「東京都遺跡地図」のインターネット公開版には、この「常楽院」の敷地内に板橋区の遺跡番号154番の年代不詳の無名塚が登録されています。

 「常楽院」は通称「土器寺」と呼ばれているそうです。戦前から戦後にかけて行われた前野町周辺の区画整理の際に出土した土器類を、当時の住職であった第十九世守山聖真氏が収集展示したことによるそうです。「常楽院」の土器収蔵庫には境内から掘り出された壷型土器をはじめとして数多くの貴重な考古資料が収蔵されているのだそうです。東京都教育委員会により敷地内に設置された説明板にも、次のように書かれています。

有形文化財(考古資料)
  前野町遺跡出土弥生土器

 前野町遺跡は武蔵野台地の縁部に広がる集落跡です。昭和一三年から一四年にかけて杉原荘介が発掘調査を行い、出土した土器は弥生時代終末の「前野町式」土器として設定されました。
 同時期、常楽院に転住した守山聖眞は、寺院周辺の区画整理で掘り出された遺物の収集と保存に尽力します。昭和三六年杉原荘介は常楽院(五六点、現存五三点)、明治大学博物館(六点)所蔵資料を図示し、「前野町式」土器を再定義しました。「前野町式」土器は壷•台付甕•高杯•鉢•器台•小形壷で構成されます。土師器の研究が進む過程で「前野町式」土器の中には古墳時代初頭の土師器が含まれていることが明らかとなり、現在これらの土器は「弥生時代終末から古墳時代初頭」の時期に位置づけられています。

平成23年3月   東京都教育委員会


「常楽院境内」

 昭和29年に発行された『板橋区史』の「古墳表」にはこの常楽院境内に「古墳らしき」痕跡が残されていたことが書かれていますが、当時既に壊滅していたようで、現在残念ながら塚は痕跡も残されていないようすです。。。

<参考文献>
東京都板橋区役所『板橋区史』
板橋史談会『改訂版 いたばし郷土史辞典』
いたばしまち博友の会『板橋の史跡を訪ねる』
板橋区教育委員会『まち博ガイドブック(志村坂上・中台・蓮根・舟渡・前野)』
現地説明版

  1. 2014/09/02(火) 00:17:42|
  2. 板橋区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「板橋区№155遺跡(一夜塚)」

「一夜塚」
 
 「一夜塚」は、板橋区前野町5丁目に所在したとされる塚です。大永四年に志村城を攻め寄せた北条氏の軍勢が一夜のうちにこの塚を築き、城を攻め落としたことにより「一夜塚」と呼ばれるようになったという言い伝えがあり、この周辺では有名な塚であったようです。『板橋区史』には「大正五年に大部分が掘崩して畑になった。その際に何も出たことを伝えないが、或囲は古墳であったかと思われる。」と書かれており、古墳であった可能性も記されています。

 『東京都遺跡地図』のインターネット公開版では、板橋区の遺跡番号155番に登録されている名称のない塚がこの「一夜塚」で、この塚の跡地であるとされている前野町5丁目10番周辺は現在野球のグラウンドとなっています。この地点が推定地で間違いないのであれば、遺跡地図に記されている一夜塚の位置はかなりズレがあることになりますが、塚が消滅してしまった現在、正確な跡地はわからなくなっているようです。

 この塚については多くの文献に記述が見られ、江戸時代の地誌『新編武蔵風土記稿』には「村ノ中程ニアリ。二間四方。往昔志村ノ城ヲ攻ントテ。寄手一夜ノ内ニ此塚ヲ築キ。遂ニ城ヲ攻落セシ故ノ名ナリ。」と、また『江戸名所図会』には「同じ所、西南の畑の中にあり。この地を前野と号す。相云ふ、小田原北条家の時、千葉家の城を攻め落とさんとして、寄手の軍兵この地に於て一夜の間に炮坐を築き、城へ向けてこの塚上より大発炮を放ち、遂いに城兵を焼き討ちにせしといふ。」と、また大正7年(1918)に発行された『北豊島郡誌』には「大字前野にありたり。面積175坪、直立24尺、新編武蔵風土記稿には二間四方とす。古老相云ふ、千葉家の志村城を攻め落とさんがため寄手の軍勢一夜に此塚を築き、塚上より大砲を放ち遂に城を攻落せしと云ふ、但大正5年春頃之を毀しるちて畑地となし今其形跡なし。」と書かれています。


 この「一夜塚」について調べてみたところ、なかなか興味深い記事を見つけました。まず、板橋区史編さん調査会から平成10年に発行された『板橋区史 通史編 上巻』の「一夜塚」の項には次のように書かれています。

 …さらに戦国期の北条氏については、大永四年(1524)北条氏綱による江戸城攻めに際して、志村城が攻略されたという伝承が前野西熊野神社に残っている。
 このとき、当社の旧地一夜塚には、対面の舌状台地にある志村城に向け砲台が造られたという。これはまた『異本小田原記』(『資料編2』史料405)の記事にみられるような上杉方と氏綱方との板橋攻防戦の記述内容との関連性がみられ、まことに興味深い。このような伝承は、支配者と当地域とのかかわりを知る手がかりとして、見逃すことはできないのである。(『板橋区史 通史編 上巻』292ページ)

  
 この記述に対して『板橋史談 第193号』には木村博氏により次のように書かれていました。

 …ところで、私が面白かったのは、いわずと知れたことだが、「一夜塚」が「対面の舌状台地にある志村城に向け砲台が造られたという」とある部分である。それは大永四年の合戦に「砲台」があったとは到底思えないからである。
 わが国における「鉄砲の伝来」は、天文12年(1543)に、ポルトガル人が種子島に漂着した際に伝えられたとされているからである。
 この程度の歴史は、小学校の教科書にも出ていたかと思うが、私が「面白かった」のは、「伝承」というものの一面を考える上で「考えさせられた」からであった。
 伝説が少しずつ「ふくらんで」ゆく(オーバーになってゆく)類である。それを証明するような話だと思った。
 私どもが従来聞いていた「一夜塚」の伝説というのは「志村城を攻めたとき、寄せ手が「塚」(砦のようなもの)を造った」といった話であった。だが、まさかここに「砲台が築かれた」という話は初めてであった。私が「驚いた」理由である。(『板橋史談 第193号』2ページ)

 『新編武蔵風土記稿』や『江戸名所図会』といった江戸時代の文献に書かれている内容が誤りであるのか、それとも天文12年(1543)以前に既に「鉄砲の伝来」があったのか真相はわかりませんが、「言い伝え」というのは尾ひれが付いていくもので「伝説」がイコール「史実」ではないということは理解できるところで、なかなか興味深い話だなと思います。
 何よりも、これだけの伝説が残されている「一夜塚」がこわされて消滅してしまったのは残念なことですね。。。


「一夜塚」

 この「一夜塚」に建てられていたという三峯神社の石祠は、近くの「西熊野神社」に移されて残されています。他に庚申塔が3基と榛名神社の石祠も並んで立てられています。そして、境内には板橋区教育委員会による説明板が設置されていて、この「一夜塚」についての記述もみることができます。
 

「一夜塚」
 
<参考文献>
東京都板橋区役所『板橋区史』
板橋区史編さん調査会『板橋区史 通史編 上巻』
板橋史談会『板橋史談 第193号』
板橋史談会『改訂版 いたばし郷土史辞典』
いたばしまち博友の会『板橋の史跡を訪ねる』
現地説明版

  1. 2014/08/30(土) 01:19:46|
  2. 板橋区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (10)
足立区/その他の古墳・塚 (19)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (11)
北区/飛鳥山古墳群 (9)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (28)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (6)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (20)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (10)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (17)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木久が原古墳群 (13)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (8)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (37)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (14)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (34)
狛江市/その他の古墳・塚 (24)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (37)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (6)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (17)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (9)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市 (52)
横浜市 (11)
相模原市 (15)
日光市 (8)
那須町・大田原市 (22)
那珂川町・那須烏山市 (22)
塩谷町・矢板市 (9)
芳賀町・市貝町・茂木町 (37)
宇都宮市 (117)
鹿沼市 (15)
壬生町・上三川町 (22)
下野市 (24)
真岡市・益子町 (62)
小山市・野木町 (33)
栃木市 (66)
佐野市・足利手の古墳・塚 (0)
埼玉県の古墳・塚 (108)
千葉県の古墳・塚 (1)
群馬県の古墳・塚 (26)
ぐんま古墳カード (12)
茨城県の古墳・塚 (8)
長野県の古墳・塚 (30)
山梨県の古墳・塚 (1)
福島県の古墳・塚 (3)
愛知県の古墳 (11)
岐阜県の古墳 (3)
一里塚 (23)
神社巡りと蕎麦屋探訪 (19)
未分類 (19)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR