古墳なう

ご〜ご〜ひでりんの古墳探訪記

「飛鳥山1号墳」

「飛鳥山1号墳」

 「飛鳥山古墳群」は、武蔵野台地の東端部をなす本郷台、JR京浜東北線の王子駅を眼下に臨む崖線上に立地する、北区の遺跡番号46番の古墳群です。
 この古墳群の所在する飛鳥山公園は「飛鳥山遺跡」と呼ばれており、昭和11年以来の発掘調査により遺跡が発見されています。しかし、古墳に関しては古くは江戸時代の地誌『新編武蔵風土記稿』や『江戸名所図会』等にも記述は見当たらず、明治42年の旧帝国陸地測量部作成の地図にも存在は記されず、昭和60年に東京都教育委員会により発行された『都心部の遺跡』にも飛鳥山古墳群の記載はありませんでした。これは、残されていた古墳が旧渋沢庭園の築山として認識されていたためと考えられているようです。その後、平成元年に行われた発掘調査によりようやく「飛鳥山1号墳」の存在が明らかになりました。

 画像は、北区王子1丁目にある「飛鳥山1号墳」を南西から見たところです。飛鳥山古墳群中唯一墳丘が残されているこの古墳は、飛鳥山公園内に現状保存されており、いつでも見学することが出来ます。


「飛鳥山1号墳」

 現地に設置された説明版には次のように書かれています。


飛鳥山1号墳
 古墳時代後期の直径31mの円墳。平成元年の調査で周圍には幅3.8mの周溝が廻ること
が確認された。また、平成5年の埋葬施設の調査で、切石を使用した横穴式石室が確認され
ている。石室は玄室の左側壁の最下段と床石の一部が原位置を留めている他は、大きく壊さ
れていた。石室の形態は残された側壁から「胴張型横穴式石室」と判断できた。石室内から
は大刀や刀子の破片、鉄蔟•耳環•管玉•切小玉•ガラス小玉が出土している。公園内では他
にも古墳の周溝が確認されており、古墳群が形成されていたようである。


<参考文献>
東京都北区『北区史 通史編 原始古代』
東京都北区教育委員会『文化財研究紀要 第4集』
現地説明版

  1. 2014/04/04(金) 00:32:16|
  2. 飛鳥山古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「飛鳥山2号墳」

「飛鳥山2号墳」

 「飛鳥山古墳群」は、武蔵野台地の東端部をなす本郷台、JR京浜東北線の王子駅を眼下に臨む崖線上に立地する飛鳥山公園内に所在する、北区の遺跡番号46番の古墳群です。
 画像は、飛鳥山公園内にある「飛鳥山2号墳」が検出された地点を南から見たところです。墳丘や主体部は検出されず円形の周溝のみが検出されており、規模は推定で内径20.30m、外径26.40mとされています。築造時期は、6世紀後半と考えられています。

 この飛鳥山公園は、江戸時代中期に八代将軍徳川吉宗が桜を植樹して以来、桜の名所として知られています。明治6年(1873)に公園となった飛鳥山公園は当時の東京市で公園として定められた5つの公園のうちの1つで、日本で初の公園なのだそうです。いつも大勢の人で賑わっている素敵な公園です。

 飛鳥山2号墳の前には「飛鳥山の歴史」という大きな石碑が立てられており、次のように書かれています。


飛鳥山公園の歴史

 飛鳥山公園は、明治六年に定められたわが国最初の公園の一つです。
 この公園のある台地は、上野の山から日暮里、田端、上中里と続いている丘陵の一部です。
 このあたりは、古くから人が住んでいたらしく先土器時代(日本で最も古い時代)縄文時代、弥生時代の人々の生活の跡が発見されています。
 ここを飛鳥山と呼ぶようになったのは、昔この丘の地主山(現在の展望台の所)に飛鳥明神の祠が祀られていたからと伝えられています。
 江戸時代の中ごろ元文二年(1737)徳川八代将軍吉宗が、この地を王子権現に寄進し、荒地を整備して、たくさんの桜や松、楓などを植えたので、それからは桜の名所として有名になり付近に茶屋などもできました。その説明は、右手の大きな石碑に詳しく刻まれていますが、この文章がとても難しく、すでにその当時から読み難い石碑の代表になっていました。
 飛鳥山のお花見は、向島とともに仮装が許されていたので、まるで落語にでてくるような、仇討の趣向や、変装などのためにたいへんな賑わいでした、又、東側の崖からは、カワラケ投げも行われ、土皿を風にのせて遠くまで飛ばす遊びも盛んでしたが、明治の末になって、危険防止のため禁止されました。
 この山は、東から西へのなだらかな斜面でしたが、道路拡張のにためにせばめられ、さきに中央部につくられていた広場の跡地に噴水ができ、夜は五色の光に輝いています。
昭和五十五年二月吉日
東京王子ロータリークラブ


「飛鳥山2号墳」

 この2号墳にも盛土が存在しますが、これは古墳とは無関係で公園を造成したときの築山です。この下に古墳の周溝が眠っています。恐らく、この歩道の縁石を取り囲むように周溝が存在しているのではないかと思われます。。。

<参考文献>
東京都北区教育委員会『飛鳥山遺跡Ⅱ』
東京都北区教育委員会『未知しるべ道しるべ 北区文化財ガイドブック』

  1. 2014/04/01(火) 00:38:39|
  2. 飛鳥山古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「飛鳥山3号墳」

「飛鳥山3号墳」

 「飛鳥山古墳群」は、武蔵野台地の東端部をなす本郷台、JR京浜東北線の王子駅を眼下に臨む崖線上に立地する飛鳥山公園内に所在する、北区の遺跡番号46番の古墳群です。
 この飛鳥山古墳群から南東約2kmの位置には「田端西台通遺跡」が、反対に北東約2kmの位置には「十条台古墳群」が、また、北北東約2.5kmの地点には「赤羽台古墳群」が所在しており、北から「赤羽台古墳群」「十条台古墳群」「飛鳥山古墳群」「田端西台通遺跡」と北区内の台地上に連なる形で崖線上に4つの古墳群が確認されています。

 画像は、飛鳥山公園内にある「飛鳥山碑」を南西から見たところです。この石碑は、八代将軍徳川吉宗が飛鳥山を整備し、遊園として一般庶民に解放したのを記念して元文二年(1737)に建立されたもので、東京都の有形文化財に指定されています。ちょうどこの石碑の後ろ側に所在するのが「飛鳥山3号墳」です。


「飛鳥山3号墳」

 「飛鳥山3号墳」は墳丘や主体部は検出されず、円形の周溝の約4分の1のみが検出されており、規模は推定で内径18.70m、外径27.00mとされています。まるで、検出された周溝を囲むような形状で盛土が存在しますがこれは古墳とは無関係で、公園を造成したときの築山であるようです。この下に古墳の周溝が眠っています。

<参考文献>
東京都北区『北区史 通史編 原始古代』
東京都北区教育委員会郷土博物館建設準備室『飛鳥山遺跡Ⅱ』

  1. 2014/03/30(日) 00:25:08|
  2. 飛鳥山古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「飛鳥山4号墳」

「飛鳥山4号墳」

 「飛鳥山古墳群」は、武蔵野台地の東端部をなす本郷台、JR京浜東北線の王子駅を眼下に臨む崖線上に立地する飛鳥山公園内に所在する、北区の遺跡番号46番の古墳群です。

 画像は、飛鳥山公園内にある「飛鳥山4号墳」が検出された地点を南西から見たところです。墳丘や主体部は検出されず円形の周溝が検出されており、規模は推定で内径30.00m、外径36.40mとされています。周溝は一部がとぎれて陸橋をもち、また、周溝から墳丘内の主体部に通じる墓道が検出されています。周溝からは土師片が多数出土しており、石室の石材を加工した残片と思われる凝灰岩片が出土しています。古墳時代後期に築造されたと推定されているようです。

 「飛鳥山1号墳」以外の古墳からの遺物の出土はほとんど見られないようですが、江戸時代の地誌『新編武蔵風土記稿』には「近キ年飛鳥山ヨリ堀得タリト云、古代ノ制ナリ」とあり、古刀がこの飛鳥山から出土したことが記述されています。掲載されている図には、約60cmほどの錆びた大刀のように描かれており、飛鳥山古墳群の中の1基から出土したものではないかと考えられているそうです。

<参考文献>
東京都北区『北区史 通史編 原始古代』
東京都北区教育委員会『飛鳥山遺跡Ⅲ』

  1. 2014/03/29(土) 00:03:07|
  2. 飛鳥山古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「飛鳥山6号墳」

「飛鳥山5号墳」

 「飛鳥山古墳群」は、武蔵野台地の東端部をなす本郷台、JR京浜東北線の王子駅を眼下に臨む崖線上に立地する飛鳥山公園内に所在する、北区の遺跡番号46番の古墳群です。

 画像は、飛鳥山公園内にある「飛鳥山6号墳」が検出された地点を南西から見たところです。公園の歩道が交差した舗装された部分が古墳の中心にあたり、円形の周溝の一部が検出されています。墳丘や主体部は検出されず、規模は推定で内径11.00m、外径14.60mとされています。土師器や須恵器が出土しており、古墳時代後期に築造されたと考えられています。残念ながら古墳の痕跡は何も残されていないようです。。。

<参考文献>
東京都北区『北区史 通史編 原始古代』
東京都北区教育委員会『飛鳥山遺跡Ⅲ』

  1. 2014/03/27(木) 23:50:15|
  2. 飛鳥山古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

カテゴリ

足立区 (4)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (0)
葛飾区 (6)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (3)
墨田区 (0)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (11)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (6)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
練馬区 (7)
杉並区 (12)
中野区 (9)
豊島区 (2)
新宿区 (0)
渋谷区 (17)
目黒区 (8)
文京区 (3)
千代田区 (3)
港区 (4)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (89)
田園調布古墳群 (29)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (54)
野毛古墳群 (13)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (6)
その他の古墳・塚 (11)
三鷹市 (4)
狛江市 (43)
狛江古墳群-和泉支群 (17)
狛江古墳群-岩戸支群 (3)
狛江古墳群-猪方支群 (23)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (55)
国領南古墳群 (2)
下布田古墳群 (16)
上布田古墳群 (7)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (11)
府中市 (77)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市内の塚 (10)
国立市 (24)
下谷保古墳群 (12)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (9)
立川市 (14)
稲城市 (0)
多摩市 (4)
和田古墳群 (4)
多摩市内の塚 (0)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (4)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (47)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (16)
日の出町 (2)
青梅市 (11)
古墳空白地域 (19)
西東京•清瀬•東久留米市 (0)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (7)
福生市•羽村市•瑞穂町 (12)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
宇都宮市•鹿沼市 (0)
壬生町•上三川町 (5)
群馬県の古墳 (0)
茨城県の古墳 (5)
神奈川県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
長野県の古墳 (6)
未分類 (1)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR