古墳なう

ご〜ご〜ひでりんの古墳探訪記

「2号墳(草花古墳群13号墳?)」

「2号墳(草花古墳群13号墳?)」

 「草花古墳群」は、東京都あきる野市草花地内に所在する古墳群です。昭和13年に東京都旧跡に指定された「草花石器時代住居跡」と含む「あきる野市No.63遺跡(草花遺跡)」と重複する重複する状態で存在する古墳群で、『東京都遺跡地図』には現在11基の古墳が登録されています。平成15年から18年にかけて行われた都道秋多3・4・6号線の拡張整備工事ではさらに新たな2基の古墳が検出されています。

 画像は、「2号墳」の所在地を西から見たところです。この歩道から道路にかけてが古墳の所在地となるようです。この古墳からは墳丘や主体部は検出されず、周溝のみが調査されており、外径20m、内径12m前後の規模であると推定されています。東北方向に7mの地点にもう1基の古墳が位置しています。集溝内からは杯が出土しており、形状から1号墳に比べてやや後出の遺物であるようです。
 この古墳の周溝内の土坑からは馬歯が出土しており、馬と関わりのある被葬者であったのではないかと考えられているようです。。。

<参考文献>
秋多3・4・6号線草花地区調査団『草花遺跡』

  1. 2015/05/24(日) 22:01:45|
  2. 草花古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「1号墳(草花古墳群12号墳?)」

「1号墳(草花古墳群12号墳?)」

 「草花古墳群」は、東京都あきる野市草花地内に所在する古墳群です。昭和13年に東京都旧跡に指定された「草花石器時代住居跡」と含む「あきる野市No.63遺跡(草花遺跡)」と重複する重複する状態で存在する古墳群で、『東京都遺跡地図』には現在11基の古墳が登録されています。平成15年から18年にかけて行われた都道秋多3・4・6号線の拡張整備工事ではさらに新たな2基の古墳が検出されています。

 画像は、「1号墳」の所在地を西から見たところです。この歩道から道路にかけてが古墳の所在地となるようです。この古墳からは墳丘や主体部は検出されず、周溝のみが調査されており、外径20m、内径12m前後の規模であると推定されています。周溝内からは土師器や須恵器が出土しており、この出土遺物から6世紀末から7世紀初頭の地区層と考えられているようです。。。

<参考文献>
秋多3・4・6号線草花地区調査団『草花遺跡』

  1. 2015/05/23(土) 01:37:40|
  2. 草花古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「草花古墳群1号墳」

「草花古墳群1号墳」

 「草花古墳群」は、秋留台地の北面に流れる平井川の北岸、草花丘陵を北面にした草花台地に所在します。『秋川市史』によると、草花には48塚があったという古老の言い伝えが残されており、明治の初年頃までは多くの古墳が残されていたことは確かなようですが、そのほとんどは開墾等や後の宅地造成により消滅しています。現在『東京都遺跡地図』に登録されている古墳は11基のみですが、近年には新たに2基の古墳の周溝が検出されており、この一帯にはかなり多くの古墳が存在したと推測されています。

 画像は、「草花古墳群1号墳」が所在したとされる周辺を南から見たところです。『東京都遺跡地図』にはあきる野市の遺跡番号59-1番の古墳として登録されています。
 『多摩地区所在古墳確認調査報告書』によると、この周辺が宅地化される以前に畑の中に1mあまりの石が7個ほど地表面に遺存しており、地元の人たちには古墳であると語られていたそうですが、宅地造成工事により破壊されて消滅したといわれています。画像中央の道路の左側あたりがかつての古墳の所在地となるようですが残念ながら古墳の痕跡は見当たらないようです。
 同書には「未調査だが地中に残っている可能性がある。」とも書かれていますので、今後の調査により周溝等が発見される可能性は残されているのかもしれません。。。

<参考文献>
秋川市史編纂委員会『秋川市史』
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』

  1. 2015/05/22(金) 02:43:29|
  2. 草花古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「草花古墳群2号墳」

「草花古墳群2号墳」

 「草花古墳群2号墳」は、あきる野市草花1492番地附近に所在したとされる古墳です。『東京都遺跡地図』にはあきる野市の遺跡番号59-2番の古墳として登録されています。
 この古墳について『多摩地区所在古墳確認調査報告書』には次のように書かれています。


3-2.(草花古墳群)
遺跡地図番号…秋川・五日市(あきる野)59-2
所在地…………秋川市草花1492付近
占地状況………台地
墳丘……………消滅。
主体部…………石室?
出土遺物………蔵骨器?
周溝……………未調査だが地中に残っている可能性がある。
(『多摩地区所在古墳確認調査報告書』50~51ページ)


 この2号墳もすでに正確な跡地はわからなくなっているようです。近年発行されている「草花遺跡・草花古墳群」等の調査報告書に掲載されている遺跡分布図を参考にすると(東京都遺跡地図のインターネット公開版では地図に記されている位置はおよその目安にしかならないが、近年のあきる野市の報告書に掲載されている古墳の位置はかなり正確に記されているようです)おそらく画像の畑地の中か、この画像を撮影する為に私が立っている駐車場となっている辺りが古墳の推定地となるようですが、残念ながら古墳の痕跡は残されていません。
 訪れた日にこの畑で作業をしている方にお話を伺えました。実はこの場所で立ち話にお付き合いいただいた方がなんとあの「土の巨人」と呼ばれた塩野半十郎氏の親戚の方で、私は塩野氏の本や記録を色々読んでいましたのでとにかくびっくり!という感じで、色々と面白いお話も聞かせていただきました。あれだけの偉業を成し遂げている方ですがかなり変わった人でもあったそうで、草花周辺の畑地は記録に残っている以上にかなり掘り尽くしているそうです。この畑も殆ど塩野氏が発掘したとのことで、「30年以上も前からこの畑を所有しているが、古墳の痕跡らしきものは見当たらなかった」と話していましたので、やはりこの場所ではなく駐車場のあたりが古墳の跡地なのかもしれませんね。
 大きな土器が出土することはないものの、畑仕事をしていると小さな土器片はいまでも毎日のように見かけるそうです。


「草花古墳群2号墳」

 おそらく左奥の駐車場あたりが古墳の推定地。


「草花古墳群2号墳」

 画像は2号墳の推定地とされる箇所からかなり近距離に存在するマウンドです。2年前に訪れた際には3号墳のときと同様に「あれ?ある?」という感じで、おかしいなとは思いつつもこれが古墳だと決め込んで写真を撮りまくりました。笑。
 帰宅してからやはり変だなと思い調べてみたのですが、少なくとも2号墳ではないようなのですが、なんの塚なのかはわからない正体不明のマウンドです。。。


「草花古墳群2号墳」

 塚上には「戦役記念碑」なる石碑が立てられています。

<参考文献>
秋川市史編纂委員会『秋川市史』
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』

  1. 2015/05/20(水) 03:34:22|
  2. 草花古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「草花古墳群3号墳」

「草花古墳群3号墳」

 「草花古墳群3号墳」は、あきる野市草花717番地附近に所在したとされる古墳です。『東京都遺跡地図』にはあきる野市の遺跡番号59-3番の古墳として登録されています。

 「草花古墳群」は、秋留台地の北面に流れる平井川の北岸、草花丘陵を北面にした草花台地に所在します。草花古墳群3号墳はこの台地の縁辺にあり、かつてこの古墳の残形が塩野半十郎氏によって発見されています。『秋川市史』にはこの古墳について、「遺構はその大半を破壊され、消滅していたが、長さ約2メートル、深さ約1メートルの石室の部分が遺存していて、横甕が出土したが、その全容を知る資料は得られなかった。恐らく、この地帯を開墾の折に破壊されたものと思われる。」と書かれています。
 その後、平成4年には多摩地区所在古墳確認調査団により確認調査が行われていますが、『多摩地区所在古墳確認調査報告書』にはこの古墳について次のように書かれています。

3-3.(草花古墳群)
遺跡地図番号…秋川・五日市(あきる野)59-3
所在地…………秋川市草花717付近
占地状況………台地縁辺
墳丘……………消滅。
主体部…………以前、長さ2m、深さ1mの石室の一部が発見された。都道165号線沿いの栗林の中に存在していたと思われるが、今回の分布調査ではその痕跡を確認することはできなかった。
出土遺物………石室が発見された際に横瓶?が出土した
(『多摩地区所在古墳確認調査報告書』51ページ)

 多摩地区所在古墳確認調査報告書の記述からするとこの古墳の所在地はわからなくなっているようなのですが、『秋川市史』の記述からおおよその所在地を推定することが出来ると考えました。前回紹介した「草花前の古墳」が存在したとされる祠はこの3号墳から50メートル南西に所在するということですので、逆に祠から北東に50メートルのあたりが3号墳の所在地であると推定したわけです。
 画像は、3号墳の跡地と推定した場所を2年前に訪れたときのもので、祠から北東に50メートルの地点でみられた積石です。『多摩地区所在古墳確認調査報告書』には、平成4年の調査で痕跡を確認できなかったと記載されていますので、訪れた時の印象は「あれ?ある?」という感じでびっくりしましたが、考えてみるとこんなに目立つ積石を調査団が見落とすようにも思えませんし、本当にこれが古墳かなあと半信半疑でした。形状は、日野市に所在する「西平山古墳群」に残存する古墳や、同じ草花古墳群の中では8号墳にもよく似ています。
 画像は、3号墳の跡地と推定した場所を2年前に訪れたときのもので、祠から北東に50メートルの地点でみられた積石です。『多摩地区所在古墳確認調査報告書』には、平成4年の調査で痕跡を確認できなかったと記載されていますので、訪れた時の印象は「あれ?ある?」という感じでびっくりしましたが、考えてみるとこんなに目立つ積石を調査団が見落とすようにも思えませんし、本当にこれが古墳かなあと半信半疑でした。形状は、日野市に所在する「西平山古墳群」に残存する古墳や、同じ草花古墳群の中では8号墳にもよく似ています。


「草花古墳群3号墳」

「草花古墳群3号墳」

 さて、今年に入ってから現地を訪れてみると驚いたことに積石はすっかり撤去されて影も形もありません。上記の2枚の写真は、積み石があった2013年2月のものと2015年3月の同じ地点を同じ角度で西から見比べてみたものです。調べてみると北側を走っている都市計画道路秋多3・4・6号線は平成3年度から整備が進められており、2年前よりも拡幅されています。この際に歩道の部分の発掘調査が行われていますが、特に周溝等の古墳の遺構は検出されず、どうやら以前見られた積石は古墳ではなかったようです。
 では、3号墳の所在地はどこになるのかということになりますが、『秋川市史』や『多摩地区所在古墳確認調査報告書』には草花718番地とあり、近年発行されている調査報告書の遺跡分布図にもこの地点に3号墳が登録されていることから、西側の宅地となっているあたりが古墳の所在地ということになりそうです。
 『秋川市史』には、4号墳から20メートル離れたところに3号墳、3号墳から50メートル離れたところに祠のある未登録古墳が所在すると書かれているのですが、結論としてはこの記述が間違いで、4号墳から50メートル離れて3号墳、そこから20メートル離れて未登録古墳、というのが正解であると思われます。私も私で早とちりをして、古墳でもない積石の写真を一生懸命撮っていたということになるようです。。。。。

<参考文献>
秋川市史編纂委員会『秋川市史』
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』

  1. 2015/05/18(月) 02:56:28|
  2. 草花古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

カテゴリ

足立区 (4)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (0)
葛飾区 (6)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (3)
墨田区 (0)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (11)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (6)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
練馬区 (7)
杉並区 (12)
中野区 (9)
豊島区 (2)
新宿区 (0)
渋谷区 (17)
目黒区 (8)
文京区 (3)
千代田区 (6)
港区 (4)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (94)
田園調布古墳群 (34)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (54)
野毛古墳群 (13)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (6)
その他の古墳・塚 (11)
三鷹市 (4)
狛江市 (43)
狛江古墳群-和泉支群 (17)
狛江古墳群-岩戸支群 (3)
狛江古墳群-猪方支群 (23)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (55)
国領南古墳群 (2)
下布田古墳群 (16)
上布田古墳群 (7)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (11)
府中市 (77)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市内の塚 (10)
国立市 (24)
下谷保古墳群 (12)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (9)
立川市 (14)
稲城市 (0)
多摩市 (4)
和田古墳群 (4)
多摩市内の塚 (0)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (4)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (47)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (16)
日の出町 (2)
青梅市 (11)
古墳空白地域 (19)
西東京•清瀬•東久留米市 (0)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (7)
福生市•羽村市•瑞穂町 (12)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
宇都宮市•鹿沼市 (0)
壬生町•上三川町 (5)
群馬県の古墳 (0)
茨城県の古墳 (5)
神奈川県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
長野県の古墳 (6)
未分類 (1)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR