古墳なう

ご〜ご〜ひでりんの古墳探訪記

「西岡第31号古墳+西岡第32号古墳(新居里古墳)」

「西岡第32号古墳」

 大田区田園調布5丁目に所在するのが「西岡第31号古墳」と「西岡32号墳」です。『東京都遺跡地図』には31号古墳が大田区の遺跡番号20番、32号古墳が21番の古墳として登録されています。

 この古墳は、後に大田区立郷土博物館の館長を努める西岡秀雄氏により1930年代に行われた荏原台古墳群の分布調査により把握されています。当時の記録が掲載されている『考古学雑誌 第26巻 第5号』「荏原台地に於ける先史及び原始時代の遺跡遺物」にはこの古墳について次のように書かれています。

第三十一號古墳
(所在位置)舊地名 東京都荏原郡東調布町大字上沼部字新居里
      新地名 東京市大森區田園調布四丁目一二二、西澤氏邸内
(型式)圓型墳
(發掘者氏名及び出土品等)
 西岡 秀雄…石釧〔寫眞第一二〕 土器底部等 昭和七年
(現況其の他)現在は邸宅地となり全く原形を留めない。高さ約三・五米。

第三十二號古墳
(所在位置)舊地名 東京都荏原郡東調布町大字上沼部字新居里
      新地名 東京市大森區田園調布四丁目一二二、西澤氏邸内
(型式)圓型墳
(發掘者氏名及び出土品等)
 西岡 秀雄 松野 正徳…埴輪圓筒〔寫眞第一三〕・土器等 昭和七年
(現況其の他)現在は邸宅地となり殆ど原形を留めない。高さ約二米。
(『考古学雑誌 第26巻 第5号』316~317ページ)


 第31号古墳からは石釧が出土しており、また第32号古墳からは多摩川流域で最古のものであるとされている円筒埴輪が出土しています。この2基の古墳の出土遺物が同時期であり、また立地的に隣接していることから1基の前方後円墳ではないかとも考えられており、この地域の小字名から「新居里古墳」と呼ばれています。同じ田園調布5丁目内には、やはり前方後円墳ではないかと考えられている「西岡第19号古墳」が築造されており、立地的に同じような多摩川に突出した狭小な舌状台地の先端に存在するこの「新居里古墳」が前方後円墳である可能性は、じゅうぶんに考えられるように思います。
 画像の、台地上に立つ松の木の根本のあたりに存在した(多分)と思われるのが、西岡第32号古墳です。昭和60年(1985)に発行された『都心部の遺跡』では「一部遺存」とされ、現状径30mの円墳であるとされています。現在も痕跡は残されているのかもしれませんが、敷地内を見学することは出来ません。。。


「西岡第31号古墳」

 『都心部の遺跡』では第31号古墳も「一部遺存」とされています。
 周辺にお住まいの方に伺ったところでは、この古墳に隣接する集合住宅の建築の際には人骨が出土したというお話も聞きました。この人骨が第31号古墳の被葬者であったかどうかは不明ですが、興味深いお話だと思います。。。


「西岡第31号古墳+西岡第32号古墳(新居里古墳)」

 多摩川台公園内に所在する古墳展示室には、この古墳から出土した円筒埴輪のレプリカが展示されています。埴輪は2本出土しており、共に底部より15cm程の間の表面の劣化が激しいことから、この部分を墳丘に埋めていたと考えられているようです。この埴輪は5世紀前半に作られ、荏原台古墳群では最古の埴輪であることがわかっています。

<参考文献>
西岡秀雄「荏原台地に於ける先史及び原始時代の遺跡遺物」『考古学雑誌 第26巻 第5号』
東京都教育委員会『都心部の遺跡』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』
大田区立郷土博物館『大昔の大田区』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/05/19(金) 00:06:04|
  2. 田園調布古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「西岡第30号古墳」

「西岡第30号古墳」

 「西岡第30号古墳」は、大田区田園調布5丁目に所在したとされる古墳で、『東京都遺跡地図』には大田区の遺跡番号19番に登録されています。この古墳は、西岡秀雄氏により行われた荏原台古墳群の分布調査により把握されており、この調査報告が掲載されている「荏原台地に於ける先史及び原始時代の遺跡遺物」『考古学雑誌 第26巻 第5号』には次のように記載されています。

第三十號古墳
(所在位置)舊地名 東京都荏原郡東調布町大字上沼部字新居里
      新地名 東京市大森區田園調布四丁目一二二、早田氏邸内
(型式)圓型墳
(發掘者氏名及び出土品等)荏原郡史蹟調査部 耳環・小刀・管玉等 昭和二年
(現況其の他)現在は邸宅地となり全く原形を留めない。詳細不明。
(『考古学雑誌 第26巻 第5号』316ページ)


「西岡第30号古墳」

 昭和60年(1985)に発行された『都心部の遺跡』にはこの古墳について「空地の道路側に僅かの土盛が存在するのみ。」と記載されており、分布図に位置が記されています。また、所在地の住所も記載されています。これを参考にすると、ちょうど画像の道路のあたりに古墳が存在したのではないかと思われます。記載されている住所は道路の左側にあたるようですが、当時存在した僅かの土盛が存在する空地とは、道路の右側ではないかと思われます。
 画像の、民家の庭の道路側がわずかに高くなっており、これが古墳の痕跡なのではないかとも考えましたが、真相はわかりませんでした。。。

<参考文献>
西岡秀雄「荏原台地に於ける先史及び原始時代の遺跡遺物」『考古学雑誌 第26巻 第5号』
東京都教育委員会『都心部の遺跡』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/05/18(木) 00:25:04|
  2. 田園調布古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「西岡第29号古墳」

「西岡第29号古墳」

 画像は、大田区田園調布5丁目に所在する「秋葉のクロマツ」を東から見たところです。東京都の天然記念物として指定されている巨木で、松の根本には秋葉神社の石祠が祀られており、東京都教育委員会による説明板も設置されています。そして、このクロマツに隣接するあたりに存在したとされているのが「西岡29号墳」です。『東京都遺跡地図』には大田区の遺跡番号18番の古墳として登録されています。

 西岡29号墳は、西岡秀雄氏により行われた荏原台古墳群の分布調査により把握されています。この調査報告が掲載されている「荏原台地に於ける先史及び原始時代の遺跡遺物」『考古学雑誌 第26巻 第5号』には次のように紹介されています。

第二十九號古墳
(所在位置)舊地名 東京都荏原郡東調布町大字上沼部字新居里
      新地名 東京市大森區田園調布四丁目一二二、松野喜内氏邸内
(型式)圓型墳
(現況其の他)道路開墾の爲其の周圍を切り取られ、上圓下方型を呈するが、内部は發掘されてゐない。高さ約三・五米。
(『考古学雑誌 第26巻 第5号』316ページ)


 『都心部の遺跡』にはこの古墳の正確な所在地の記載があり、西岡第29号古墳が存在したのは、秋葉のクロマツの北側に隣接する個人の邸宅周辺であるようです。この邸宅の庭のあたりは周囲より高くなっており、この場所が古墳の痕跡なのではないかと推測しましたが、残念ながら学術的な調査が行われた形跡はなく、詳細はわかりません。西岡秀雄氏による「上圓下方型を呈する」という記述は大変気になるところですが、『都心部の遺跡』には径約24メートルの円墳であるとしているようです。。。

<参考文献>
西岡秀雄「荏原台地に於ける先史及び原始時代の遺跡遺物」『考古学雑誌 第26巻 第5号』
東京都教育委員会『都心部の遺跡』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/05/17(水) 00:01:21|
  2. 田園調布古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「西岡第28号古墳」

「西岡第28号古墳」

 大田区田園調布5丁目に所在したとされるのが「西岡28号墳」です。『東京都遺跡地図』には大田区の遺跡番号17番の古墳として登録されています。

 この古墳は、後に大田区立郷土博物館の館長を努める西岡秀雄氏により行われた荏原台古墳群の分布調査により把握されています。この調査報告が掲載されている「荏原台地に於ける先史及び原始時代の遺跡遺物」『考古学雑誌 第26巻 第5号』には次のように紹介されています。

第二十八號古墳
(所在位置)舊地名 東京都荏原郡東調布町大字上沼部
      新地名 東京市大森區田園調布四丁目一二五、池田氏邸内
(型式)圓型墳
(採集者氏名及び出土品等)石川氏 六鈴鏡・直刀・鉄蔟・馬轡等 大正十五年
(現況其の他)道路開墾工事の爲切り崩され、現在は全く原形を留めない。高さ約四•五米。堀梅天氏出土品所蔵。
(『考古学雑誌 第26巻 第5号』315~316ページ)


 画像の道路の周辺に古墳が存在したのではないかと思われますが、戦前の宅地開発により消滅しており、古墳の痕跡を見つけることは出来ませんでした。おそらくは、道路の建設のために台地ごと切り崩されており、周溝も含めて痕跡は残されていないのかもしれません。


「西岡第28号古墳」

 多摩川流域で最古とされるこの古墳の横穴式石室からは多くの副葬品が出土しており、この古墳から出土した六鈴鏡や世田谷区の「御岳山古墳」から出土した七鈴鏡は周りに鈴の付いた特徴のある鏡で、この鏡の出土例が群馬県を中心とした北関東に多くみられることから、ここが製作地ではないかと考えられているようです。

 それにしてもこの周辺は坂道が多く、この日もテレビの企画で坂道巡りをする団体と出会いました。坂道マニアにはたまらない地域かもしれませんが、古墳マニア(笑)にとっては、地形を把握してから歩かないと登ったり降りたりとかなり苦労をすることになります。。。

<参考文献>
西岡秀雄「荏原台地に於ける先史及び原始時代の遺跡遺物」『考古学雑誌 第26巻 第5号』
東京都教育委員会『都心部の遺跡』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』
大田区立郷土博物館『大昔の大田区』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/05/16(火) 00:23:59|
  2. 田園調布古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「西岡第27号古墳」

「西岡第27号古墳」

 画像は、田園調布5丁目にある「馬坂」を南西から見たところです。この坂は大正の頃までは馬をひく荷車で台地上へ上る唯一の坂道であったといわれており、かつては荷車が通れる程度の狭い道であったといわれています。この坂道を登り切った右側あたりに所在したとされる古墳が「西岡27号墳」です。『東京都遺跡地図』には大田区の遺跡番号16番の古墳(円墳)として登録されています。

 この古墳は、西岡秀雄氏により行われた荏原台古墳群の分布調査により把握されています。この調査報告が掲載されている「荏原台地に於ける先史及び原始時代の遺跡遺物」『考古学雑誌 第26巻 第5号』には次のように紹介されています。

第二十七號古墳
(所在位置)舊地名 東京都荏原郡東調布町大字上沼部
      新地名 東京市大森區田園調布四丁目一二五、池田氏邸内
(型式)圓型墳
(現況其の他)依然其の痕跡があつたが現在は邸宅地となり全く原形を留めない。詳細不明。
(『考古学雑誌 第26巻 第5号』315ページ)



「西岡第27号古墳」

 その後、昭和58年(1983年)には東京都心部遺跡分布調査団により分布調査が行われています。この調査結果が掲載されている『都心部の遺跡』には第27号古墳の正確な所在地の住所の記載があり、分布図にはその位置が記されています。画像はその、第27号古墳の跡地周辺のようすです。現在更地となっているこの場所か、隣接する民家のあたりが古墳の跡地であると思われますが、残念ながら古墳の痕跡は見ることが出来ません。これから発掘調査が行われるのでしょうか。。。

<参考文献>
西岡秀雄「荏原台地に於ける先史及び原始時代の遺跡遺物」『考古学雑誌 第26巻 第5号』
東京都教育委員会『都心部の遺跡』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/05/15(月) 08:41:45|
  2. 田園調布古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カテゴリ

足立区 (4)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (0)
葛飾区 (6)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (3)
墨田区 (0)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (11)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (6)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
練馬区 (7)
杉並区 (12)
中野区 (9)
豊島区 (2)
新宿区 (0)
渋谷区 (17)
目黒区 (8)
文京区 (3)
千代田区 (3)
港区 (4)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (85)
田園調布古墳群 (25)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (54)
野毛古墳群 (13)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (6)
その他の古墳・塚 (11)
三鷹市 (4)
狛江市 (43)
狛江古墳群-和泉支群 (17)
狛江古墳群-岩戸支群 (3)
狛江古墳群-猪方支群 (23)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (55)
国領南古墳群 (2)
下布田古墳群 (16)
上布田古墳群 (7)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (11)
府中市 (77)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市内の塚 (10)
国立市 (21)
下谷保古墳群 (12)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (6)
立川市 (13)
稲城市 (0)
多摩市 (4)
和田古墳群 (4)
多摩市内の塚 (0)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (4)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (47)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (16)
日の出町 (2)
青梅市 (11)
古墳空白地域 (19)
西東京•清瀬•東久留米市 (0)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (7)
福生市•羽村市•瑞穂町 (12)
栃木県の古墳 (11)
那須町•大田原市•那珂川町 (6)
宇都宮市•鹿沼市 (0)
壬生町•上三川町 (5)
群馬県の古墳 (0)
茨城県の古墳 (5)
神奈川県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
長野県の古墳 (6)
未分類 (1)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR