FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「西岡54号墳」

「西岡54号墳」1

 「西岡54号墳」は、大田区西嶺町に存在するとされる古墳です。『東京都遺跡地図』には大田区の遺跡番号55番の古墳(円墳)として登録されています。

 この古墳も、前回紹介した「西岡53号墳」と同様に、『考古学雑誌』 第26巻第5号の「荏原台地に於ける先史及び原始時代の遺跡遺物」では取り上げられていません。昭和26年(1951)発行の『大田区史』の「大田区田園調布附近封土式古墳一覧表」にのみ記述が見られ、「型式」は「円型墳」、「備考」に「封土大半崩壊され詳細不明」とのみ書かれており、これ以上の詳細はわかりません。

 画像は、大田区西嶺町にある西嶺高砂公園内です。
 昭和60年(1985)に東京都教育委員会より発行された『都心部の遺跡』の古墳分布図には、この公園の敷地内に跡地としてのマークが記されています。同書の古墳分布図は比較的正確に古墳の跡地が記されている印象があるのですが、この公園の住所は”西嶺町30番地”であるのに対して、同書に古墳の所在地として記載されている住所は”西嶺町31番地”となっており、正確な所在地を特定するのはなかなか難しい状況です。


「西岡54号墳」2

 『都心部の遺跡』に記されているのはこのあたりです。
 公園内の最も高い位置で、立ち入り禁止の柵が設けてある中には微妙な高まりが見られます
 ひょっとしたら、公園の造成時に古墳の残骸を保護したようなことなのかもしれませんし、もちろん古墳とは全く関係のない単なる築山なのかもしれませんが、真相はわかりません。。。


「西岡54号墳」3

 『東京都遺跡地図』を参考にした54号墳の所在地は、なんとなくこのあたり。
 宅地となっているようです。。。
 何か痕跡が残されているのかどうか、全くわかりませんでした。

<参考文献>
東京都教育委員会『都心部の遺跡』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2020/03/13(金) 23:24:09|
  2. 大田区/田園調布古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「西岡53号墳」

「西岡53号墳」

 「西岡53号墳」は、大田区田園調布南に存在したとされる古墳です。
 『東京都遺跡地図』には大田区の遺跡番号54番の古墳(円墳)として登録されています。

 荏原台古墳群と総称される、大田区の田園調布古墳群から世田谷区の野毛古墳群にかけての多くの古墳は、1930年代に、後に大田区立郷土博物館の館長を努める西岡秀雄氏により分布調査が行われています。この記録は『考古学雑誌』 第26巻第5号の「荏原台地に於ける先史及び原始時代の遺跡遺物」の中で紹介されており、高塚古墳については番号が付けられて「西岡××号墳」という名称で紹介されています。
 ほとんどの古墳が破壊されて消滅してしまった現在となっては、この西岡氏の記録は往時の古墳群の様子を知る貴重な手がかりです。ただし、同書に記載されているのは1号墳から52号墳までで、今回のこの「西岡53号墳」についてはなぜか記載がありません。
 唯一、昭和26年(1951)発行の『大田区史』の「大田区田園調布附近封土式古墳一覧表」に記述が見られ、「型式」は「円型墳?」、「備考」に「原形消滅し、詳細不明」とのみ書かれています。

 というわけで、画像が「西岡53号墳」の跡地とされる周辺のようすです。
 『東京都遺跡地図』や各種発掘調査報告書等に掲載されている古墳分布図に記されている53号墳の位置はまちまちで、正確な跡地を特定することは難しいのですが、比較的正確に古墳の跡地を記していると思われる『都心部の遺跡』の分布図では、画像の集合住宅の位置あたりが跡地として記されています。
 残念ながら、古墳の痕跡は何も残されていないようです。。。

<参考文献>
東京都大田区役所『大田区史』
東京都教育委員会『都心部の遺跡』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2020/03/12(木) 23:03:35|
  2. 大田区/田園調布古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「西岡52号墳」

「西岡52号墳」

 「西岡52号墳」は、大田区田園調布本町に所在したとされる古墳です。『東京都遺跡地図』には大田区の遺跡番号53番の古墳(円墳)として登録されています。

 この古墳も、田園調布古墳群中の多くの古墳と同様に、すでに開発により消滅しています。
 1930年代当時、大田区立郷土博物館の館長を努める西岡秀雄氏により行われた荏原台古墳群の分布調査により把握されており、この調査報告が掲載されている「荏原台地に於ける先史及び原始時代の遺跡遺物」『考古学雑誌 第26巻 第5号』には次のように紹介されています。

第五十二號古墳 
(所在位置)舊地名 東京都荏原郡東調布町大字下沼部
      新地名 東京市大森區田園調布二丁目一〇一〇細川氏所有地
(型式)圓型墳
(現況其の他)以前畑中にあつたが、現在は全く附近に石室壁の相當大きな破片を残すのみで、全く原形を留めない。詳細不明。
(『考古学雑誌 第26巻 第5号』57ページ)


 『東京都遺跡地図』の分布図を参考にすると、画像の右側あたりが跡地ではないかと思われるのですが、すでに古墳の痕跡はなく、正確な所在地はわかりません。前回取り上げた51号墳と、今回の52号墳には同じ住所が書かれていますので、かなり近い位置に存在していたようです。。。

<参考文献>
西岡秀雄「荏原台地に於ける先史及び原始時代の遺跡遺物」『考古学雑誌 第26巻 第5号』
東京都教育委員会『都心部の遺跡』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2020/03/11(水) 22:02:15|
  2. 大田区/田園調布古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「西岡49号墳」と「西岡51号墳」

「西岡49号墳」と「西岡51号墳」

 「西岡49号墳」、「西岡51号墳」は、大田区田園調布本町に所在したとされる古墳です。
 『東京都遺跡地図』には西岡49号墳が大田区の遺跡番号50番、西岡51号墳が52番の古墳(円墳)として登録されています。

 この2基の古墳は既に消滅しており、現在は見ることが出来ません。1930年代当時、大田区立郷土博物館の館長を努める西岡秀雄氏により行われた荏原台古墳群の分布調査により把握されています。この調査報告が掲載されている「荏原台地に於ける先史及び原始時代の遺跡遺物」『考古学雑誌 第26巻 第5号』には次のように紹介されています。

第四十九號古墳
(所在位置)舊地名 東京都荏原郡東調布町大字下沼部
      新地名 東京市大森區田園調布二丁目
(型式)圓型墳
(現況其の他)封土の一部は破壊されたが未だに其の原形を失はず、墳上には稲荷神社がある。高さ二•五米。土器片を採集したことがあるが未發のものである。

第五十一號古墳
(所在位置)舊地名 東京都荏原郡東調布町大字下沼部
      新地名 東京市大森區田園調布二丁目一〇一〇細川氏所有地
(型式)圓型墳
(現況其の他)以前畑中にあつたが、現在は全く原形を留めない。土人の話によれば大正十年頃切り崩しの時、石棺及び直刀を出土したと云ふが詳細不明である。高さ約二米。(『考古学雑誌 第26巻 第5号』56~57ページ)

 その後の昭和11年に東京府により発行された『東京府史跡名勝天然記念物調査報告所 第十三冊』には、51号墳についてのその後の記述が見られます。

 圓墳卽ち西岡第五一號墳は、寫眞の示すが如く極めて小規模のもので、現在多少表面が削平せられて、最初の形を失つてゐるとしても、其の高さは二米を過ぎることはなからうし、徑は十五米内外、古墳としては問題にならないものであらうが、前述した地下横穴式石室古墳のあつたところと接して居るし、かつその古墳の規模と似てゐるので、或はこれにも地下横穴式石室が築營されてゐるかも知れない。(『東京府史跡名勝天然記念物調査報告所 第十三冊』14ページ)

 おそらく、昭和初期には台地縁辺部に49号墳と51号墳という2基の小円墳があり、そこから一段高い場所に盟主墳である50号墳が所在する、という状況だったのでしょうか?
 田園調布古墳群は、かなり多くの古墳が密集して存在した第古墳群であったと思われるのですが、発掘調査はあまり進んでいない状況で、詳細がわからないのは残念なところです。それだけに、西岡秀雄氏の調査の記録はとても貴重な存在です。。。

<参考文献>
西岡秀雄「荏原台地に於ける先史及び原始時代の遺跡遺物」『考古学雑誌 第26巻 第5号』
東京府「東京府下の古墳」『東京府史跡名勝天然記念物調査報告所 第十三冊』
東京都教育委員会『都心部の遺跡』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2020/03/10(火) 23:23:48|
  2. 大田区/田園調布古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「西岡50号墳」

「西岡50号墳」1

 画像は、大田区田園調布本町に所在する「西岡50号墳」を南西から見たところです。
 『東京都遺跡地図』には大田区の遺跡番号51番の古墳(円墳)として登録されています。

 この古墳は、昭和58年度の東京都心部遺跡分布調査の際に実測調査が行われており、その結果が東京都教育委員会より発行された『都心部の遺跡』に掲載されています。同書によると、この古墳の周囲はコンクリート壁に囲まれて墳袖は明瞭でないものの、現状の規模は全長28.4m、後円部東西径24m、南北径23.0mで、前方造り出し部端の幅は約5mを測ります。墳頂部は平らに削平されていて現状の高さはコンクリート壁の上から2mあり、墳頂部にある大木の根につく土盛から元は4m以上の墳丘を有していたと考えられています。
 同書には、「造り出し部が未発達なことから、帆立貝式古墳とみるよりも、むしろ造り出し付き円墳と考えた方がよさそうである」とされており、最新の『東京都遺跡地図情報インターネット提供サービス』でもこの古墳は”円墳”と記載されています。


「西岡50号墳」2

 北西からみたところ。
 左端の草が枯れて茶色く変色したあたりが前方部(造り出し部?)です。

 『東京都遺跡地図』のインターネット公開版は、地図上に記されている古墳の位置がずれている場合があるので、現存している古墳の場合でもなかなか見つからず、現地で道に迷う事がよくあります。特に、西岡49号墳から52号墳までの4基の位置はなぜかかなりずれているので、最初に訪れた日はかなり長時間迷って歩き回りました。
 正確に記されているのは、昭和60年(1985)の『都心部の遺跡』か、大田区の郷土博物館や多摩川台公園古墳展示室で販売されている『大田区古墳ガイドブック ー多摩川に流れる古代のロマンー』という小冊子の付録の「古墳散策マップ」だけで、それ以外は『東京都遺跡地図』も含めてなぜかずれた位置に記されています。。。


「西岡50号墳」3

 墳丘上の様子。
 平坦な部分が広い印象です。
 1960年代に後円部頂は削平されているようですが、どうして削られてしまったんだろう。。。 


「西岡50号墳」4

 墳頂部の大木の根の部分。
 なるほど確かに、露出している根っこの部分は、かつては地中に埋まっていたらしく見えます。
 築造時は、今よりもずっと高さがあったようですね。。。

<参考文献>
西岡秀雄「荏原台地に於ける先史及び原始時代の遺跡遺物」『考古学雑誌 第26巻 第5号』
東京府「東京府下の古墳」『東京府史跡名勝天然記念物調査報告所 第十三冊』
東京都教育委員会『1985 都心部の遺跡』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2020/03/09(月) 23:08:43|
  2. 大田区/田園調布古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (10)
足立区/その他の古墳・塚 (19)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (13)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (19)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (10)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (16)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木久が原古墳群 (11)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (8)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (5)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (37)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (7)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (52)
横浜市の古墳・塚 (11)
相模原市の古墳・塚 (14)
宇都宮市の古墳・塚 (21)
上三川町の古墳・塚 (0)
壬生町の古墳・塚 (5)
下野市の古墳・塚 (0)
小山市の古墳・塚 (0)
栃木市の古墳・塚 (0)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
埼玉県の古墳・塚 (13)
千葉県の古墳・塚 (1)
群馬県の古墳・塚 (8)
ぐんま古墳カード (12)
茨城県の古墳・塚 (5)
長野県の古墳・塚 (6)
福島県の古墳・塚 (3)
東京の一里塚 (22)
東京の庚申塔 (5)
未分類 (12)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR