古墳なう

ご〜ご〜ひでりんの古墳探訪記

「西岡19号墳(庵谷古墳)」

「西岡19号墳(庵谷古墳)」

 画像は大田区田園調布にある「西岡19号墳(庵谷古墳)」を南東から見たところです。大田区の遺跡番号8番の古墳です。

 この周辺は、世田谷区尾山台から野毛にかけての古墳群が「野毛古墳群」、大田区田園調布一帯の古墳群が「田園調布古墳群」と呼ばれ、合わせて「荏原(台)古墳群」と総称されています。この西岡19号墳は田園調布古墳群の最北西に位置しており、舌状台地の突端に築造されています。かつてはこの古墳は円墳であるとされてきましたが、「玉川村全図」に前方後円墳の形状が認められるなど昭和初期の地形図の再検討により、現在では全長約60mの前方後円墳ではないかと考えられています。発掘調査はされていないようで詳細はわかりませんが、直刀の出土が伝えられているようです。
 墳丘は上部が削平されているものの下部が残されているようです。墳丘上は宅地となっていたようですが、訪れたときは建物はなく更地になっていました。 敷地内のようすはわかりませんが、周囲に積まれている溶岩は古墳の面影なのでしょうか???

 <参考文献>
東京都教育委員会『都心部の遺跡 1985』
大田区教育委員会『大田区の文化財第30集 考古学から見た大田区 ―横穴墓・古代・中世 資料集―』

  1. 2013/07/22(月) 01:12:11|
  2. 田園調布古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「八幡神社境内古墳」

「八幡神社境内古墳」

 この「八幡神社境内古墳」は、大田区田園調布にある「八幡神社」の境内に残されているとされる古墳で、画像はその八幡神社を南西から見たところです。大田区の遺跡番号159番の古墳です。


「八幡神社境内古墳」

 1985年に東京都教育委員会が発行した『都心部の遺跡』には、「境内に墳丘の一部が残り、石室の石材と推定されるものも認められる」と記述されています。この『都心部の遺跡』に掲載されている古墳分布図の位置からすると、画像の八幡神社の裏側にあたる画像の地点が古墳ではないかと思われますが、確証はありません。この後ろは道路となっているため、この盛土が古墳であるならば大きく削平されているようです。
 大田区教育委員会が発行した『大田区の文化財第30集 考古学から見た大田区 ―横穴墓・古代・中世 資料集―』には、埋葬施設は横穴式石室であると記載されてますが、詳細はわかりませんでした。。。

<参考文献>
東京都教育委員会『都心部の遺跡 1985』
大田区教育委員会『大田区の文化財第30集 考古学から見た大田区 ―横穴墓・古代・中世 資料集―』

  1. 2013/07/20(土) 00:58:55|
  2. 田園調布古墳群
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

「西岡47号墳」

「西岡47号墳」

 画像は大田区田園調布にある「西岡47号墳」を南東から見たところです。大田区の遺跡番号 36番の古墳です。

 この古墳は聖フランシスコ修道院の敷地内にあります。墳丘は広場整地のため昭和31年頃に削平されており、現在は墳丘の一部が残存しています。復元径30mの円墳で、土器片が採集されているそうです。
 墳丘上にマリア様が祀られているというとても興味深い古墳です。


「西岡47号墳」

 当日は修道院の受付の方に声をかけて写真を撮らせていただきました。ありがとうございました。。。

<参考文献>
東京都教育委員会『都心部の遺跡 1985』

  1. 2013/07/16(火) 02:16:30|
  2. 田園調布古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「浅間神社古墳」

「浅間神社古墳」

 画像は、大田区田園調布1丁目の「浅間神社古墳」を南東から見たところです。

 後円部上に社殿が建てられています。以前は画像の手前、南東側に前方部が伸びていると考えられていましたが、平成2年(1990)の東急東横線の拡幅工事の際に行われた発掘調査により、前方部は反対の西側に向いている事がわかったそうです。また、築造された丘陵の地形に影響されて、前方部はやや多摩川寄りに折れ曲がっている事もわかったそうですが、残念ながらこの前方部は東急東横線の切り通しにより消滅しています。墳丘築造企画の復元から、全長約60m、後円部径約32m、前方部幅約30mの前方後円墳であると推定されています。

 大正4年の社殿建築と昭和48年の社殿改築で後円部は削平されています。その際に横穴式石室は発見されていないので、主体部は竪穴式の粘土槨か木棺直葬ないし礫槨であったと考えられているようです。また、出土した埴輪から5世紀後半から6世紀初頭の築造と推定されています。
 

「浅間神社古墳」

 江戸時代の地誌『新編武蔵風土記稿』には、下記のように取り上げられています。

『浅間社 除地、小名堀廻しの西の方二十四五歩ばかりの山上にあり。勧請の年歴等も詳ならず。祭礼は六月朔日なり。東光院野も地なりと云。
石龕 山の上中央の所にあり一尺五寸四方、高さ三尺東向なり。本尊正観音は銅佛立像にて長八尺許、相傳此像は古佛にして此所へ垂跡ありし年代も詳ならず。一年洪水ありし時風雨ことに烈しくして社内も破壊せしかば、尊像の所在を失ふ…』


 当時、各地で富士塚と呼ばれる富士山に見立てた塚が築かれました。この浅間神社も富士塚になっていて、拝殿に登る石段の両脇の斜面には溶岩が積まれています。本殿の建築様式は、都内では唯一の浅間造というのだそうです。



「浅間神社古墳」

 展望台からの眺めが絶景です!


「浅間神社北古墳」

 画像は、大田区立多摩川台公園のあじさい園からみたところです。この盛土は、以前は「浅間神社北古墳」とされていましたが、調査の結果では切り通しを造った際の廃土で、古墳ではないことが判明しているそうです。この奥の、東急東横線の切り通しを挟んだ反対側に浅間神社はあります。

<参考文献>
浅間神社古墳遺跡調査団・東京急行電鉄株式会社『浅間神社古墳 1992』
多摩地域史研究会『多摩川流域の古墳』
大田区立郷土博物館『大昔の大田区』




  1. 2012/10/08(月) 10:48:04|
  2. 田園調布古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「宝來山(蓬莱塚)古墳(西岡37号墳)」(東京都指定史跡)

「宝來山古墳」

 多摩川下流域の左岸、鵜の木から田園調布、世田谷区の野毛に至る舌状台地上には、大小さまざまな円墳や前方後円墳が存在し、荏原(台)古墳群と呼ばれています。このうち、世田谷区の野毛から尾山台周辺までを野毛古墳群、大田区の田園調布周辺を田園調布古墳群と呼ばれています。
 画像の「宝來山古墳」はこの田園調布古墳群の中央に位置する前方後円墳で、墳丘長97.5m、後円部径52m、後円部高11m、前方部幅37m、前方部高8mと推定されています。これは、同じ田園調布古墳群に存在する「亀甲山古墳」に次ぐもので、南武蔵を代表する古墳です。亀甲山古墳が古くから知られていたのに対して、この宝來山古墳が広く知られるようになったのは比較的に新しいようで、昭和9年の宅地造成のための土取り工事により、古墳であるとの認識もないまま小山を削平したところ、露出した粘土槨の埋葬施設から多くの副葬品が出土したことによるそうです。この工事で、残念ながら後円部の大半は失われましたが、平成7年の確認調査では残された前方部にも埋葬施設のあることが推定され、平成8年には東京都指定史跡に指定されています。
 画像は、この残された前方部を南西から見たところです。


「宝來山古墳」

 画像は、南東から前方部を見たところです。前方部前端もわずかに切断されているようです。

<参考文献>
東京都指定史跡宝來山古墳調査会『東京都指定史跡宝來山古墳』
現地説明板





  1. 2012/09/23(日) 11:01:13|
  2. 田園調布古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

カテゴリ

足立区 (4)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (0)
葛飾区 (6)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (3)
墨田区 (0)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (11)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (6)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
練馬区 (7)
杉並区 (12)
中野区 (9)
豊島区 (2)
新宿区 (0)
渋谷区 (17)
目黒区 (8)
文京区 (3)
千代田区 (3)
港区 (4)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (75)
田園調布古墳群 (15)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (54)
野毛古墳群 (13)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (6)
その他の古墳・塚 (11)
三鷹市 (4)
狛江市 (43)
狛江古墳群-和泉支群 (17)
狛江古墳群-岩戸支群 (3)
狛江古墳群-猪方支群 (23)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (54)
国領南古墳群 (2)
下布田古墳群 (16)
上布田古墳群 (7)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (10)
府中市 (77)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市内の塚 (10)
国立市 (19)
下谷保古墳群 (11)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (5)
立川市 (13)
稲城市 (0)
多摩市 (4)
和田古墳群 (4)
多摩市内の塚 (0)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (4)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (42)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (14)
日の出町 (2)
青梅市 (11)
古墳空白地域 (16)
西東京•清瀬•東久留米市 (0)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (6)
福生市•羽村市•瑞穂町 (10)
神奈川県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
群馬県の古墳 (0)
栃木県の古墳 (5)
茨城県の古墳 (5)
長野県の古墳 (6)
未分類 (1)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR