古墳なう

ご〜ご〜ひでりんの古墳探訪記

「川口古墳」

「川口古墳」

 画像は、八王子市川口町にある「川口古墳」を東から見たところです。八王子市の遺跡番号31番の古墳です。

 この古墳は土地所有者の耕作中に発見され、八王子市教育委員会に届けられたそうです。昭和32年8月25日から28日にかけて、甲野勇氏の指導により都立南多摩高校地歴部によって発掘されています。発掘当時、すでに耕作のために墳丘は削平されていて、石室の一部が露出していたそうです。
 石室の長さは推定約3.5m、奥壁の幅が約1mで、玄室と羨道の区別が明確ではなく、やや台形に近い長方形の石室と考えられています。主体部より小刀2点のほか、鉄鏃などが出土しています。あきる野市の「瀬戸岡古墳群」とまったく同様式の古墳だそうで、8世紀に入ってから築造された積石塚と考と推定されているようです。


「川口古墳」

 実はこの「川口古墳」は、事前に正確な地点を示す資料が得られず、『東京都遺跡地図』のインターネット公開版の地図だけを頼りに現地を訪れました。近くには「鹿島古墳」、「鹿島北古墳」や「一本松古墳」などがあることからこの「川口古墳」も同じ台地上にあると思い込んでいましたので、崖線上をかなり長時間周辺をウロウロするはめになりましたが、実際は崖の下にあります。道行く人に尋ねてもわからず、何人目かの男性の「古墳かどうかはわからないが、畑の奥にそれらしい土盛りがある…」との言葉でようやく見つけることが出来ました。唯一、この場所の写真が掲載されている『多摩の古墳』と見比べて同じ風景であることを確認したときは、ちょっと感動しました。笑。

 もしこれが「川口古墳」であるならば、『東京都遺跡地図』のインターネット公開版の地図の位置情報はかなりズレているということになります。『多摩地区所在古墳確認調査報告書』では”墳丘は消滅、主体部も消滅?”とされていますので、この小さな塚状の盛土が残存する「川口古墳」の墳丘なのかどうかは微妙なところです。。。

<参考文献>
八王子市史編さん委員会『八王子市史 下巻』
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
八王子市郷土資料館『多摩の古墳』

  1. 2013/03/11(月) 09:49:51|
  2. 八王子市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「鹿島古墳」

「鹿島古墳」

 画像は、八王子市楢原町にある「鹿島神社」を北西から見たところで、この神社の境内に「鹿島古墳」があります。八王子市の遺跡番号81番の古墳です。

 この古墳は、北側を川口川に、また南側を浅川により区切られた台地上に存在します。同じ台地上には、現在でも「鹿島北古墳」や「一本松古墳」が残されており、また昭和42年に発行された「八王子市史 下巻」によると、この「鹿島古墳」の東200mの所には2カ所の「西中野古墳」があったとされています。
 最初の発掘は昭和初年、秋川街道の拡張工事に伴って縄文時代の多数の土器が発見された際に有志の人々の手により行われていますが、報告はされませんでした。この際に、直刀、刀子の類いが発見されたと伝えられていますが、残念ながら現存していないようです。その後、昭和41年5月に測量調査されるまでは、周辺の人々のゴミ穴となっていたそうです。
 主体部は、長さ5.32m、奥壁1.18m、玄室幅1.48m、羨道幅0.74mの河原石による横穴式石室的竪穴式石室で、石室内の保存は比較的良好であったようです。以前は径5m、高さ0.5mの墳丘が残っていたそうですが、現在は削平されているため規模は不明です。周溝も当初から構築されなかった可能性が高いそうです。


「鹿島古墳」


 八王子市郷土資料館から平成21年に発行された『多摩の古墳』によると、「現在でも、鹿島神社の拝殿脇から裏にかけて、わずかな高まりが残っている」と記述されています。実際に訪れてみると確かに僅かながら高まりが見られ、その横に祠が祀られているのですが、石室が残されている正確な地点は残念ながらわかりませんでした。。。

<参考文献>
八王子市史編さん委員会『八王子市史 下巻』
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
八王子市郷土資料館『多摩の古墳』

  1. 2013/03/07(木) 02:17:21|
  2. 八王子市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「鹿島北古墳」

「鹿島北古墳」

 画像は、八王子市楢原町にある「鹿島北古墳」を北から見たところです。八王子市の遺跡番号1026番の古墳です。

 この古墳は、北側を川口川に、また南側を浅川により区切られた台地上に存在します。平成5年には多摩地区所在古墳確認調査団により調査されており、報告書には下記のように記載されています。


墳 丘:直径約3m、高さ約0.7mの地膨れが残る。
主体部:内容不明
備 考:日枝神社の祠が祀られている。
    付近に存在した古墳を合祀したという地元民の話も伝わる。
(『多摩地区所在古墳確認調査報告書』10ページ)




「鹿島北古墳」

 実際に祠のすぐ手前(北側)に古墳らしき盛土が残されています。付近に存在した古墳を合祀したという言い伝えや、周辺に「鹿島古墳」や「一本松古墳」が残されていることを考えると、かつては大きな「古墳群」が形成されていたのかもしれません。。。

<参考文献>
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』

  1. 2013/03/04(月) 01:31:52|
  2. 八王子市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「一本松古墳」

「一本松古墳」

 画像は、八王子市楢原町にある「一本松古墳」を西から見たところです。八王子市の遺跡番号1025番の古墳です。

  この古墳は、北側を川口川に、また南側を浅川により区切られた台地上に存在します。平成5年度に確認調査されていて、『多摩地区所在古墳確認調査報告書』によると、残存する高さは1.0m~1.3m、直径は10m前後とされています。墳丘の西側は道路により削平されているようですが、墳丘の東側が残存しているようです。
 周辺の住民の方に聞いたところでは、古くからあった一本松は倒れて朽ち果ててしまったものの、残されていた古株から新しい松が生えてきたのだそうで、現在ではその名にふさわしく、「一本松」を見ることが出来ました。


「一本松古墳」

 浅川流域は八王子市、日野市の二つの市で占められており、かなり広い範囲になるのですが、『新編武蔵風土記稿』『武蔵名勝図会』といった江戸時代の地誌には、意外にも古墳についての記述は多くはないようです。そんな中、『新編武蔵風土記稿』にはこの「一本松古墳」についての記載が見られるようです。


一本松 村の中程なり、ここに一箇の塚ありて其上に老松孤立するを以此名ありと云、さはいえど一株の松にはあらで、雌木雄木の二本あり、ともに周廻一囲半にあまれる、由来は詳かならず
(『多摩川流域の古墳』79〜80ページ)




「一本松古墳」

 墳頂部には石材かもしれない露出した石が見られますが、主体部についての詳細はわからないようです。


「一本松公園」

 近くには「一本松公園」なる公園があり、まるで古墳を再現したかのような築山があります。最初はこれが一本松古墳なのかと思ってびっくりしました。。。

<参考文献>
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
多摩地域史研究会『多摩川流域の古墳』

  1. 2013/02/27(水) 03:32:08|
  2. 八王子市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カテゴリ

足立区 (4)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (0)
葛飾区 (6)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (3)
墨田区 (0)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (11)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (6)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
練馬区 (7)
杉並区 (12)
中野区 (9)
豊島区 (2)
新宿区 (0)
渋谷区 (17)
目黒区 (8)
文京区 (3)
千代田区 (3)
港区 (4)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (75)
田園調布古墳群 (15)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (54)
野毛古墳群 (13)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (6)
その他の古墳・塚 (11)
三鷹市 (4)
狛江市 (43)
狛江古墳群-和泉支群 (17)
狛江古墳群-岩戸支群 (3)
狛江古墳群-猪方支群 (23)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (54)
国領南古墳群 (2)
下布田古墳群 (17)
上布田古墳群 (7)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (9)
府中市 (77)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市内の塚 (10)
国立市 (19)
下谷保古墳群 (11)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (5)
立川市 (13)
稲城市 (0)
多摩市 (4)
和田古墳群 (4)
多摩市内の塚 (0)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (4)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (42)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (14)
日の出町 (2)
青梅市 (11)
古墳空白地域 (16)
西東京•清瀬•東久留米市 (0)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (6)
福生市•羽村市•瑞穂町 (10)
神奈川県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
群馬県の古墳 (0)
栃木県の古墳 (5)
茨城県の古墳 (5)
長野県の古墳 (6)
未分類 (1)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR