古墳なう

ご〜ご〜ひでりんの古墳探訪記

「大宮町高千穂商業内の古墳」

「大宮町高千穂商業内の古墳」

 前回は、杉並区大宮2丁目の高千穂大学構内から発掘調査により確認された「高千穂大学大宮遺跡1号墳」を紹介しましたが、敷地内にはもう1基、古くから古墳ではないかと考えられてきたマウンドが存在します。

 昭和30年(1955)に東京都杉並区役所より発行された『杉並区史』の「区内発見古墳地名表」には「大宮町高千穂商業内、約30基と伝ういま湮滅してなし」とあり、かつての古墳群の存在を連想させる記述を見ることが出来ます。30基もの古墳が存在したのであれば、高千穂大学の敷地だけでなく隣接する大宮八幡宮や宅地化されている周辺も含めて広い範囲に古墳群が形成されていたのではないかと考えられますが、この約30基といわれる古墳がいつ頃まで残存していたのか、また出土品等の詳細についてはわかりません。その後、昭和50年(1975)に杉並郷土史会により発行された『杉並歴史探訪』にその後の古墳についての記述があり、「高千穂学園は明治四十三年頃、大宮八幡から一万七千坪買って、大正三年に開校したのですが、校地内に塚(円墳)が三個あったので、川田校長が標柱を建てられたそうだ。(中略)三個の円墳のうち二箇所は校地整備の際発掘したが、深く掘らなかったためか、何も出土しなかった。一箇所は、昔の面影は少しもないが、現存している」と書かれています。

 画像は、残存する最後の1基と考えられるマウンドを南から見たところです。


「大宮町高千穂商業内の古墳」

 このマウンドの北側には善福寺川が大きく蛇行する状況で流れ、長い間の河川の蛇行により舌状台地が形成されています。この台地上に旧石器時代から縄文、弥生、古墳、奈良、平安、鎌倉、そして江戸時代へと続く複合遺跡が残されており、さらにこの古墳ではないかと考えられるマウンドも、同じ舌状台地上に存在します。

 画像は現在の墳頂部のようすです。墳丘は四方を削られて方形に改変されており、中央には「浦門川田先生像」と刻まれた像が建てられています。とても古墳には見えない状況で、この大学の卒業生であるという知人に尋ねてみたところ、敷地内に古墳が残されていることなど全く知りませんでした。。。


「大宮町高千穂商業内の古墳」

 墳丘を南西から見たところです。実は意外と高さが残されていることがわかります。


「大宮町高千穂商業内の古墳」

 隣接する「和田堀公園大宮遺跡」からは、弥生時代後期の方形周溝墓3基が調査されており、ここから出土した19点の遺物は杉並区の有形文化財に指定されています。大宮八幡宮の敷地内には杉並区教育委員会による説明板が設置されており、この方形周溝墓についての記述もみられるようです。

 大 宮 八 幡 宮
 当宮は古く、江戸八箇所八幡のうちに数えられた大社です。大宮と
よばれるのは、往古から広大な境内をもつ社であったことから、社名
とも、また鎮座地の地名にもなったといわれています。
 祭神は応神天皇(誉田別尊)、仲哀天皇(帯仲彦尊)、神功皇后(息長
足比売尊)の三神で、創立については、当宮の縁起(天正十九年奥付)
に「平安時代末、源頼義が奥州へ出陣の際、当地で白雲が八つ幡のよ
うにたなびく瑞祥をみて、八幡大神の霊威を感じ勝利を得ることがで
きた。この報賽のため康平六年(一〇六三)、この地に源氏の氏神であ
る八幡神を祀ったのが、当宮の起源である。」と記されています。
 南北朝時代の貞治元年(一三六二)十二月、大宮の社僧が紀伊国(和
歌山県)熊野那智大社に納めた願文の写し(米良文書)があり、これ
によると、その頃から当宮に奉仕する社僧のいたことがわかります。
徳川時代には代々朱印地三十石を与えられて、大名や武士たちからも
武勇の神として崇敬されてきました。
 昭和四十四年には、善福寺川に面する旧境内地から、首長の墓とみ
られる方形周溝墓三基が発掘されました。また対岸の松ノ木台地から
も竪穴住居あと群や、縄文・弥生・古墳時代の各期にわたる遺物が数
多く出土しているので、当宮の周辺は、古くから集落がいとなまれ、
その中心地として重要な地域であったことがうかがわれます。
 社宝には、豊臣秀吉の制札・由比正雪の絵額・山岡鉄舟筆の幟・武
術練達祈願の額などがあります。

  昭和55年2月20日
                       杉並区教育委員会


 高千穂大学構内のマウンドは、学術的な調査が行われていないことから古墳であると断定はされておらず、『東京都遺跡地図』にも未登録となっています。
 もしこの塚が古墳であるならば、杉並区内で唯一墳丘の残る古墳ということになります。いずれ行われるであろう調査の日を楽しみに待ちたいと思います。。。

<参考文献>
東京都杉並区役所『杉並区史』
森泰樹『杉並風土記 下巻』
森泰樹『杉並歴史探訪』
高千穂大学大宮遺跡発掘調査委員会『高千穂大学大宮遺跡』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/09/08(金) 02:05:19|
  2. 杉並区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「高千穂大学大宮遺跡1号墳」

「高千穂大学大宮遺跡1号墳」

 画像は、杉並区大宮2丁目の「高千穂大学大宮遺跡1号墳」の所在地を南東から見たところです。
 『東京都遺跡地図』には「高千穂大学大宮遺跡」が杉並区の遺跡番号180番の遺跡として登録されていますが、近年の発掘調査により、この敷地内から杉並区内で初めての古墳の周溝が発見されています。

 平成13年、学校法人高千穂学園高千穂大学による建築事業計画に伴う試掘調査が行われ、環濠と思われる溝の一部と住居址と思われる落ち込み、土坑などの遺構が検出され、弥生時代後期及び古墳時代後期の土器片や埴輪片、中世の陶磁器編などが出土しており、その後の平成14年に行われた発掘調査により、古墳の西側半分が検出されています。古墳は円墳であると推定されており、周溝外径の最大径は19.5m、周溝内側の墳丘相当部の最大径は13.4mで、陸橋が検出されています。埋葬施設は検出されなかったようですが、遺構外から埴輪片が出土しており、これは杉並区内では3例しかない出土例であるそうです。

 昭和30年(1955)に発行された『杉並区史』の「区内発見古墳地名表」には、この周辺に約30基もの古墳が存在していたという伝承が記されており、また大正3年の開校以前には3基の古墳が存在していたという文献の記録も残されているという中、この1号墳の発見は、この地の古墳群の存在を裏付ける存在となるのかもしれません。。。

<参考文献>
東京都杉並区役所『杉並区史』
高千穂大学大宮遺跡発掘調査委員会『高千穂大学大宮遺跡』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/09/07(木) 01:12:41|
  2. 杉並区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「かんかん塚」

「かんかん塚」

 「かんかん塚」は、杉並区阿佐谷南2丁目に所在したといわれる塚です。『東京都遺跡地図』には未登録の塚ですが、地元にはこの塚にまつわる言い伝えが残されているようです。

 昔、長い間五穀と肉類を断って木食修行をしてきたというやせ衰えた旅の行者が、阿佐ヶ谷村の名主である相沢喜兵衛さん宅を訪れ、「自分の寿命があと二十日程しか残されていないことがわかったので、穴を掘って生き埋めにしてほしい」と頼み込んだそうです。
 名主は、村の人を集めて協力を求め、行者は翌朝、水ごりで身を清めてから白衣に着替え、座禅を組んでから名主の案内で村はずれの山に向かいました。前日に掘られた墓穴の廻りには、生き仏を拝もうと大勢の村人が集まっていたそうです。
 行者は「地下から鉦(かね)の音が聞こえる間は、毎日お椀で一杯の水を息抜き用の竹の穴へ流し込み、鉦の音が聞こえなくなったら竹を引き抜いて穴を埋めてくれ」と村人に頼み、塚の中に入ったそうです。
 竹の穴から鉦の音が聞こえる間は村人たちが毎日水を流し込みましたが、21日後に鉦の音が聞こえなくなり、村人たちが供養をした上で竹を引き抜き、塚を埋めたそうです。
 その後、村人がここを通るとカンカンと鉦の音がすると評判になり、塚は「かんかん塚」と呼ばれるようになったといわれています。

 塚は、大正末期には道路の拡張により一部を削られ、その後の宅地造成により残存部分が削平されて姿を消しています。画像の道路の右側が、かんかん塚の所在地とされる阿佐ヶ谷南2丁目22番地ですが、塚の正確な位置はすでにわからなくなっているようです。道路の拡張により削られたということですから、おそらくはこの道路沿いの右側あたりに存在したのではないかと考えられますが、残念ながら塚の痕跡はまったく残されていないようです。。。

<参考文献>
森泰樹『杉並の伝説と方言』
杉並区教育委員会『杉並の通称地名』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/09/05(火) 23:41:33|
  2. 杉並区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「本村原遺跡C地点」

「本村原遺跡C地点」

 画像は、杉並区和田1丁目に所在する「本村原遺跡C地点」周辺を南西から見たところです。
 この遺跡は古くから古墳時代の遺物包蔵地として知られており、昭和30年(1955)発行の『杉並区史』138ページに掲載されている「区内発見古墳地名表」には「和田本町983附近」の高塚として「東京市町名沿革史・群在という・今なし」とあり、出土遺物として「刀・槍(?)」をあげています。
 この、かつての古墳の存在の可能性が考えられる地域での学術的な調査が行われたのは平成19年(2007)、女子美術大学の校舎の改築に伴う発掘調査により、旧石器時代の炭化物集中部や縄文時代の陥し穴、弥生時代や平安時代の住居跡や近世の遺構・遺物群などが検出されています。そして、このほかに小形の円筒埴輪か形象埴輪の破片3点が出土しています。
 杉並区内で3例目となるこの3点の埴輪片の発見は表土や近世の遺構覆土からであり、残土がほかの場所から流れ込んだ可能性もあることから、古墳の正確な所在地を特定することは困難な状況です。また、報告書が未刊であることから埴輪片の出土した位置もわからないのですが、少なくとも付近に古墳が存在したことは間違いないようです。

 今後の周辺地域の調査により古墳の発見の可能性は高まっているのかもしれませんね。。。

<参考文献>
杉並区立郷土博物館『炉辺閑話 No.40』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/08/26(土) 00:11:01|
  2. 杉並区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「本村原遺跡」

「本村原遺跡」

 「本村原遺跡」は、小沢川(現在は暗渠となっている)に面した低地に広がる微高地上に存在する遺跡で、『東京都遺跡地図』には、杉並区の遺跡番号174番に登録されている遺跡です。
 平成5年(1993)の住宅改築工事に伴う発掘調査により、縄文時代後期のフラスコ状ピットや奈良・平安時代の須恵器破片とともに、円筒埴輪の破片が出土しています。わずかに2点のみではあるものの杉並区内からは初めての検出で、この発見により、周辺地域の高塚古墳の存在が想定されています。

 画像が、杉並区和田1丁目の「本村原遺跡」周辺のようすです。周溝や埋葬施設は未確認であるため、古墳の正確な所在地は不明ですが、埴輪片が出土したのは、基礎工事が行われている敷地のさらに右奥あたりです。
 その後の、平成19年(2007)の女子美術大学の校舎改築に伴う発掘調査により、やはり小形の埴輪片3点が出土していることから、複数の古墳が存在した可能性も有り、杉並区内の古代史を大きく塗り替える発見となるようです。

<参考文献>
杉並区立郷土博物館『杉並の考古展 ―10年間の発掘から交流のあしあとを探る―』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/08/25(金) 01:14:52|
  2. 杉並区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カテゴリ

足立区 (4)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (0)
葛飾区 (6)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (3)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (11)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (6)
墨田区 (3)
江戸川区 (0)
練馬区 (7)
豊島区 (2)
文京区 (6)
杉並区 (17)
中野区 (17)
新宿区 (17)
千代田区 (7)
目黒区 (8)
渋谷区 (17)
港区 (4)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (94)
田園調布古墳群 (34)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (54)
都指定史跡 野毛大塚古墳 (0)
野毛古墳群 (13)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (6)
その他の古墳・塚 (11)
三鷹市 (4)
狛江市 (43)
狛江古墳群-和泉支群 (17)
狛江古墳群-岩戸支群 (3)
狛江古墳群-猪方支群 (23)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (55)
国領南古墳群 (2)
下布田古墳群 (16)
上布田古墳群 (7)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (11)
府中市 (77)
史跡 武蔵府中熊野神社古墳 (2)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
府中市内の塚 (10)
国立市 (24)
下谷保古墳群 (12)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (9)
立川市 (14)
稲城市 (0)
多摩市 (4)
和田古墳群 (4)
多摩市内の塚 (0)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (10)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (47)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (16)
日の出町 (2)
青梅市 (11)
古墳空白地域 (19)
西東京•清瀬•東久留米市 (0)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (7)
福生市•羽村市•瑞穂町 (12)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
宇都宮市•鹿沼市 (0)
壬生町•上三川町 (5)
群馬県の古墳 (0)
茨城県の古墳 (5)
神奈川県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
長野県の古墳 (6)
未分類 (2)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR