古墳なう

ご〜ご〜ひでりんの古墳探訪記

「富士見二丁目1号墳」

「富士見二丁目1号墳」

 「富士見二丁目1号墳」は、平成17年(2005)に行われた「富士見二丁目遺跡」の発掘調査により周溝が検出された古墳です。千代田区は、武蔵野台地東縁部の「山の手台地」と呼ばれる段丘面と「下町低地」と呼ばれる低地に二分されており、この「山の手台地」のうち千代田区内では淀橋台と本郷台の2つの段丘面が存在しています。富士見二丁目1号墳が発見された富士見二丁目遺跡は淀橋台の縁辺部に所在する遺跡で、神田川の谷に面した低い段丘面に位置しています。江戸時代には牛込門御内と呼ばれた地域の武家地で、稲垣氏と米倉氏の拝領屋敷であったようです。千代田区内では、これまでの台地縁辺部からの埴輪片の出土により古墳の存在が想定されていましたが、初の古墳の発見となったようで す。
 古墳の規模は周溝約30mほどの比較的大型の円墳で、ブリッジや埋葬施設は確認されなかったものの、ブリッジ付の円墳で竪穴系の埋葬施設を有する古墳と考えられており、出土した遺物により5世紀前半に築造されたと推定されているようです。同じ遺跡内からは弥生時代後期の方形周溝墓が2基、検出されています。

 画像は、古墳が検出された千代田区富士見2丁目の「富士見二丁目遺跡」周辺のようすです。JR中央本線飯田橋駅のちょうど裏側にあたるこの「富士見二丁目遺跡」はすでに発掘調査は終了しており、かなり大きなビルが立ち並ぶなど開発が進められています。画像中央の大きなビルの真下が古墳の跡地であると思われますが、残念ながら痕跡は全く残されていないようです。


「富士見二丁目1号墳」

 お隣の日本歯科大学の敷地内にはこんな石碑が立てられていました。「下乗(かじょう)」と読むこの石碑の建立の動機については不明とされていますが、江戸時代のこの場所は富永権左エ門という旗本の屋敷地で、この時代のものとして残されていたものであるようです。
 それにしても、ほんの10年ほど前までは雑居ビルが立ち並ぶもう少しごちゃごちゃした場所だったような記憶があるのですが、どんどん変化していく東京の街の景観にはいつもながら驚かされます。。。


「富士見二丁目1号墳」

 千代田区立日比谷図書文化館には富士見二丁目遺跡の古墳より出土した土器が常設展示されています。(館内は撮影禁止とされていますが、文化財事務室にて許可を得て撮影させていただきました)

<参考文献>
株式会社武蔵文化財研究所『富士見二丁目遺跡』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2016/11/23(水) 01:16:35|
  2. 千代田区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「東京国立近代美術館遺跡」

「東京国立近代美術館遺跡」

 画像は、千代田区北の丸公園の「東京国立近代美術館遺跡」の所在地を南東から見たところです。『東京都遺跡地図』には千代田区の遺跡番号22番に登録されているこの遺跡は、神田川下流にあたる旧平川を望む武蔵野台地縁辺部に立地しています。昭和54年(1979)から翌55年にかけて東京国立近代美術館遺跡調査会により発掘調査が行われており、旧石器時代から江戸時代にわたる複合遺跡であることがわかっています。この遺跡の古墳時代の遺物は大半が土師器であるものの2点の管玉と4点の埴輪片が出土しており、この周辺に古墳が存在したことが想定されています。

 神田川流域では新宿区の下戸塚遺跡で円墳2基が検出されており、また杉並区の本村原遺跡でも埴輪片が出土しています。また妙正寺川流域では中野区の遠藤山古墳群から円墳4基が検出されており、また善福寺川流域では高千穂大学大宮遺跡で円墳が1基検出されています。どうやら23区内の小さな河川沿いにも小規模ながらも古墳群は存在していたようです。。。

<参考文献>
東京都千代田区『新編 千代田区史 通史編』
東京都千代田区『新編 千代田区史 通史資料編』
千代田区一ツ橋二丁目遺跡調査会・文部省・学術情報センター『一ッ橋二丁目遺跡』


人気ブログランキングへ

  1. 2016/11/21(月) 08:57:25|
  2. 千代田区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「一ッ橋二丁目遺跡」

「一ッ橋二丁目遺跡」

 画像は、千代田区一ッ橋2丁目の「一ッ橋二丁目遺跡」の所在地を南東から見たところです。古代から中世、近世にかけての複合遺跡であるこの一ッ橋二丁目遺跡からは、須恵器や土師器に加えて円筒埴輪片が1点出土しており、周辺に古墳の存在が想定されているようです。

 この「一ッ橋二丁目遺跡」は、江戸時代初頭に行われた神田川の付け替えにより消滅したといわれる旧平川の左岸に位置しており、河川際の微高地であったと推定されています。近世では江戸城外堀の一角である一ツ橋御門外であり、寛永9年(1637)には大河内松平家の上屋敷となるも明暦3年(1685)と寛文元年(1671)の火災により明地となり、その後美濃郡上藩遠藤家上屋敷となるも享保2年(1717)の大火災により再度明地となり、明治時代以降は東京大学や学習院大学といった大学の集まる地域となっていたようです。現在のこの場所は首都高速都心環状線と5号池袋線が合流する竹橋ジャンクションの北東側の白山通り沿いにあたり、交通量も多く開発の進んだ地域で古墳の存在は想像し難い場所ですが、対岸の台地上に立地する北の丸の国立近代美術館遺跡からも埴輪片が検出されており、また皇居内や九段坂上貝塚といった平川を望む台地の縁辺部でも同様に埴輪片が検出されていることから、この周辺地域に複数の古墳が存在した可能性が考えられているようです。


「一ッ橋二丁目遺跡」

 千代田区立日比谷図書文化館には「一ッ橋二丁目遺跡」より出土した円筒埴輪片が常設展示されています。(館内は撮影禁止とされていますが、文化財事務室にて許可を得て撮影させていただきました)


「東京外国語学校発祥の地」

 一ッ橋二丁目遺跡跡地は現在、学術総合センターのビルが建てられており、敷地内には「東京外国語学校発祥の地」の石碑が建立されています。東京外国語大学は安政元(1857)年に創設された蕃書調所が起源といわれており、明治6年(1873)に前身である東京外国語学校が開設されています。その後、昭和15年(1940)に北区西ヶ原に移転、昭和24年(1949)に「東京外国語大学」となり、現在は府中キャンパスに移転しているそうです。


「一ツ橋」

 「一ツ橋」という橋があったのですね。千代田区教育委員会による説明板によると、この一ツ橋は内濠川に架かる見附橋で、徳川家康が江戸城に入ったころは大きな丸太が一本架けられていて、その名で呼ばれていたといわれているそうです。現在の橋はもちろんコンクリート造りで、大正14年(1925)に架設されたものですようです。

<参考文献>
千代田区一ツ橋二丁目遺跡調査会・文部省・学術情報センター『一ッ橋二丁目遺跡』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2016/11/19(土) 01:39:03|
  2. 千代田区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カテゴリ

足立区 (4)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (0)
葛飾区 (6)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (3)
墨田区 (0)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (11)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (6)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
練馬区 (7)
杉並区 (12)
中野区 (9)
豊島区 (2)
新宿区 (0)
渋谷区 (17)
目黒区 (8)
文京区 (3)
千代田区 (3)
港区 (4)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (75)
田園調布古墳群 (15)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (54)
野毛古墳群 (13)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (6)
その他の古墳・塚 (11)
三鷹市 (4)
狛江市 (43)
狛江古墳群-和泉支群 (17)
狛江古墳群-岩戸支群 (3)
狛江古墳群-猪方支群 (23)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (54)
国領南古墳群 (2)
下布田古墳群 (17)
上布田古墳群 (7)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (9)
府中市 (77)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市内の塚 (10)
国立市 (19)
下谷保古墳群 (11)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (5)
立川市 (13)
稲城市 (0)
多摩市 (4)
和田古墳群 (4)
多摩市内の塚 (0)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (4)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (42)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (14)
日の出町 (2)
青梅市 (11)
古墳空白地域 (16)
西東京•清瀬•東久留米市 (0)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (6)
福生市•羽村市•瑞穂町 (10)
神奈川県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
群馬県の古墳 (0)
栃木県の古墳 (5)
茨城県の古墳 (5)
長野県の古墳 (6)
未分類 (1)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR