古墳なう

ご〜ご〜ひでりんの古墳探訪記

「江古田の富士塚」(国指定文化財)

「江古田の富士塚」(国指定文化財)

 画像は、練馬区小竹1丁目にある「茅原浅間神社」を南から見たところです。この境内には「江古田富士」と呼ばれる富士塚が所在します。この「江古田富士」は『東京都遺跡地図』には、練馬区の遺跡番号117番の名称のない塚として登録されています。


「江古田の富士塚」(国指定文化財)

 かつてこの周辺が一面の茅の原であったために「茅原浅間神社」と呼ばれるようになったそうですが、江戸時代には「富士浅間社」とも呼ばれていたようです。西武池袋線の「江古田駅」の北口を降りて徒歩1分と近いところにあり、富士塚は拝殿の後ろ側に残されています。この「江古田富士」は、元々あった古墳を流用して造られた富士塚であるといわれており、高さ約8m、直径約30mの墳丘には富士山から持ち帰った溶岩が盛られています。 

 (財)日本常民文化研究所より発行されている『富士講と富士塚 ―東京・神奈川―』には、古墳が富士塚に改変されたようすについて次のように書かれています。

 (前略)塚の形態は、饅頭形をした頂部に富士形の土盛りをかさ上げしている。饅頭形の部分は、古墳時代の古墳と伝えられているように、古墳の墳丘の形態をみせており、とくにその特徴は北半において顕著である。(中略)塚の形態も南側が平坦的であることを考えると、富士塚を構築するときには、古墳の封土を切り剥いで頂上部に積み上げたことを知ることができる。なお、塚の頂上部から縄文時代早期の押形文土器が採集された。(後略)」(『富士講と富士塚 ―東京・神奈川―』144〜146ページ)

「江古田の富士塚」(国指定文化財)

 画像が、「江古田富士」を南から見たところです。敷地内には東京都教育委員会による説明板が設置されており、次のように書かれていました。

練馬区登録有形民俗文化財
国指定重要有形民俗文化財
 江古田の富士塚


 江古田の富士塚は、富士講の一派小竹丸祓講によって天保10年(1839)に築造されたものと考えられますが、一説には文化年間(1804~1818年)築造ともいわれています。高さ約8メートル、直径約30メートル、関東大震災の時に損壊しましが、その後復旧され、塚全体が富士の溶岩で覆われています。
 頂上の唐破風屋根のついた石祠は、天保10年に造立されたもので、他に経ヶ嶽・太郎坊・小御嶽神社の石碑や大天狗・小天狗・神猿などの石像もあり、元治2年(1865)の講碑、大正12年震災時の御神体修築の碑などが建っています。社殿の前には文化4年(1807)の石灯籠や文化9年(1812)の手水鉢なども残っています。
 都区内の富士塚の中では、大規模な部類に属し、庶民信仰の様相を示すものとして、昭和54年5月21日、国の重要有形民俗文化財に指定されました。

  平成元年3月     練馬区教育委員会


 年3回の一般公開(正月三が日、山開きの7月1日、9月の第二土曜・日曜)の日に登拝することができるそうです。

<参考文献>
練馬区立石神井公園ふるさと文化館『ふるさと練馬探訪』
名著出版『練馬区の歴史』
現地説明版

  1. 2014/11/15(土) 22:33:48|
  2. 練馬区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「氷川神社富士塚 (大松の富士塚)」(練馬区指定有形民俗文化財)

「氷川神社富士塚 (大松の富士塚)」(練馬区指定有形民俗文化財)

 画像は、練馬区北町8丁目にある「氷川神社」を南から見たところです。この神社の境内に「氷川神社富士塚 (大松の富士塚)」が所在しています。

 この富士塚の北側、板橋区内の東武練馬駅から下赤塚駅にかけて東上線に沿ったあたりは、「金塚」をはじめ「川越みち十塚」と呼ばれる古墳の可能性も考えられる多くの塚が存在したといわれています。このため、北町2丁目に所在する「下練馬の富士塚」と同様に、この「大松の富士塚」も古墳の上に築造した可能性があるのではないかと考えて、現地を訪れてみました。


「氷川神社富士塚 (大松の富士塚)」(練馬区指定有形民俗文化財)

 画像が「氷川神社富士塚 (大松の富士塚)」を南から見たところです。高さ約3.7m、直径15mとされるこの富士塚は平成7年3月9日に練馬区指定有形民俗文化財に指定されており、敷地内には練馬区教育委員会により説明板が設置されています。説明板には次のように書かれていました。
  
氷川神社

 当社は「大松の氷川様」といわれてきました。大松とは下練間村の小字の名です。
 祭神は建速須佐之男命です。境内社に御嶽神社(日本武尊)、富士神社(木之花開邪姫命)、稲荷神社(保食神)、白山神社(伊邪那美命)などがあります。
 さらに、この神社の特徴として参道脇に富士塚があります。江戸時代中頃から、江戸を中心に盛行した、富士信仰の丸吉講によって築かれたものです。頂上の石宮は天保6年(1835)再建、塚中腹の御手洗石は同9年(1838)再建と刻まれていますから、それ以前の築造であることにちがいありません。ほかに明治・大正時代の富士登山記念碑などがあります。ちなみに、鈴原神社の碑は富士山一合目にある同神社の登拝紀念に建てたものです。これらの境内社や石造物から、当社は江戸時代より練馬近在の富士講・御嶽講など民間信仰の中心であったことがうかがわれます。
  昭和61年3月
    練馬区教育委員会


「氷川神社富士塚 (大松の富士塚)」(練馬区指定有形民俗文化財)

 富士塚を下から見上げてみたところ。すごく大きな塚に見えますが…


「氷川神社富士塚 (大松の富士塚)」(練馬区指定有形民俗文化財)

 氷川神社境内から見るとこんな感じ。小高い場所の斜面を生かして造られているようで、下から見上げるととても大きく見えますが、上から見ると小さな感じの富士塚です。頂上に祀られているのは富士浅間神社で、天保6年(1835)に再建されたことが刻まれているそうです。
 従って、この富士塚は古墳を流用したものではないようですね。


庚申塚

 通りがかりに偶然見つけた「庚申塚」です。氷川神社と同じ、北町8丁目の川越街道沿いに所在します。
 明治14年(1881)2月の建立と比較的新しい庚申塔のようですが、この地点にもかつては塚が盛られていたのでしょうか。。。

<参考文献>
練馬区立石神井公園ふるさと文化館『ふるさと練馬探訪』
現地説明版

  1. 2014/11/12(水) 03:30:32|
  2. 練馬区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「下練馬の富士塚」(練馬区有形民俗文化財)

「下練馬の富士塚」

 画像は練馬区北町2丁目41番、浅間神社境内にある「下練馬の富士塚」を南から見たところです。 

 この富士塚の北側、板橋区内の東武練馬駅から下赤塚駅にかけて東上線に沿ったあたりは、「金塚」をはじめ、「川越みち十塚」と呼ばれる古墳の可能性も考えられる多くの塚が存在したといわれています。このため、この「下練馬の富士塚」も古墳の上に築造した可能性があるのではないかと考えて、現地を訪れてみました。


「下練馬の富士塚」

 練馬区公式ホームページの解説によると、この富士塚は高さ約5メートル、径約15メートルあり、下練馬上宿、中宿の丸吉講によって江戸時代に築かれたものと考えられているそうです。
 色々調べてみると、現在の塚は大正12年(1923)の関東大震災で崩壊したものを昭和2年(1927)に練馬上宿の人たちが山を崩し、場所を少し移動して築造したことが塚上の「三建記念碑」に記されているそうですので、この富士塚は古墳を流用したものではないようですね。


「下練馬の富士塚」
 
 画像は頂部から見下ろしたところ。地上から見た印象よりもずっと高く感じます。
 この下練馬の富士塚は平成5年に練馬区の有形民俗文化財に指定されており、現在も町会の有志により7月1日に山開きが行われているそうです。

<参考文献>
板橋史談会『武州板橋誌(板橋史談 第56号~第59号)
板橋区教育委員会『文化財シリーズ第81集 板橋の地名』
(財)日本常民文化研究所『日本常民文化研究所調査報告 第2集 富士講と富士塚―東京・神奈川』

  1. 2014/11/10(月) 01:01:32|
  2. 練馬区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「中里の富士塚(大泉富士)」

「中里の富士塚(大泉富士)」

 画像は、練馬区大泉町1丁目にある「八坂神社」の境内を南西から見たところです。社殿の向かって右手に築かれているのが「中里の富士塚(大泉富士)」です。

 富士塚は、この周辺の字名が「中里」であったため「中里富士」と呼ばれていますが、清瀬市中里にも同じ名前の富士塚があるため、「大泉富士」とも呼ばれているそうです。規模は、南側基部からの高さ約12メートル、径約30メートルあり、中里合目石に沿って頂上まで登ると36基の石造物が立てられています。中でも道祖神の碑は区内で唯一のものだそうです。
 石碑の最古のものは寛永7年(1854)造立の記念碑で、ついで古いものは慶応4年(1868)造立の記念碑で、丸吉講によって築造されたといわれる明治6年(1873)よりも古いものであり、富士塚が築造される以前にも、浅間社のような原型のようなものがあったあったのではないかと考えられています。


「中里の富士塚(大泉富士)」

 画像が、南から見た「中里の富士塚」です。塚の前面にはツツジが数多く植えられており、頂上付近のみがボク石で固められています。富士塚としては大型のものなのだそうで、とにかくデカイ!という印象ですね。この富士塚は開放されていますので、いつでも登拝することが出来ます。訪れた日には子供達が楽しそうに登って遊んでいたのが印象的でした。。。
 

「中里の富士塚(大泉富士)」
 
 塚の右裾のあたりに胎内と呼ばれる横穴がつくられており、入口に鉄柵が立てられています。


「中里の富士塚(大泉富士)」

 この中里の富士塚は、平成2年に練馬区の有形民俗文化財に指定されており、現在でも地元富士講によって毎年行事が行われているそうです。

<参考文献>
(財)日本常民文化研究所『日本常民文化研究所調査報告 第2集 富士講と富士塚―東京・神奈川』
現地説明版

  1. 2014/08/25(月) 02:21:50|
  2. 練馬区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「清水山の行人塚」

「清水山の行人塚」

 画像は、練馬区大泉町1丁目にある「清水山憩いの森」を西から見たところです。この敷地内が禅海という僧が入定したという伝説の「行人塚」があったといわれている場所で、現在も小さな祠が残されています。

 画像が「清水山の行人塚」と呼ばれる祠を南から見たところです。この行人塚の伝説について、練馬区教育委員会から発行されている『練馬の伝説』には次のように書かれています。


 北大泉町に別荘橋という橋がある。その橋のたもとに、村人たちが行人塚と呼んでいるところがある。この塚は、教学院の過去帳に記されているところによれば、明暦3年8月に歿した禅海法師を葬ったものであることがわかる。この禅海法師にまつわる話が、次のようにいい伝えられている。
 別荘橋のたもと、白子川に面したところに一つの洞穴があった。この洞穴に、いつの頃か一人の僧がやってきて住つくようになった。やがて年老いた日々を送るようになった僧は、行脚にも出ず念仏に明けくれたのである。そして、ある日、里人に言うには、もし、愚僧の念仏の鐘の音が絶えてしまったときには、愚僧が臨終のときである。そのままにしておいてくれれば、墓になるであろうと。
 現在、清水谷公園の一隅に祠があるが、誰がいつ頃造ったものかわからない。
別荘橋というのは別の荘家があったという所から名づけられたという。(『練馬の伝説』139ページ)


 かつては塚の盛土があったのではないかとも思いますが残念ながらそれらしき痕跡は見当たらず、また僧が住みついたという洞穴が横穴墓である可能性も考えましたがこれも痕跡は見当たらず、平成22年(2010)年3月に刊行された『東京都遺跡地図』のインターネット公開版には、練馬区内の古墳は1基も登録されていないのですが、やはり練馬区に古墳は存在しなかったのでしょうか。。。

 敷地内にはこの小さな祠がひっそりと残されています。。。

<参考文献>
練馬区教育委員会『練馬の伝説』
現地説明版

  1. 2014/08/22(金) 03:15:37|
  2. 練馬区
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ

カテゴリ

足立区 (4)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (0)
葛飾区 (6)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (3)
墨田区 (0)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (11)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (6)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
練馬区 (7)
杉並区 (12)
中野区 (9)
豊島区 (2)
新宿区 (0)
渋谷区 (17)
目黒区 (8)
文京区 (3)
千代田区 (3)
港区 (4)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (75)
田園調布古墳群 (15)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (54)
野毛古墳群 (13)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (6)
その他の古墳・塚 (11)
三鷹市 (4)
狛江市 (43)
狛江古墳群-和泉支群 (17)
狛江古墳群-岩戸支群 (3)
狛江古墳群-猪方支群 (23)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (54)
国領南古墳群 (2)
下布田古墳群 (17)
上布田古墳群 (7)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (9)
府中市 (77)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市内の塚 (10)
国立市 (19)
下谷保古墳群 (11)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (5)
立川市 (13)
稲城市 (0)
多摩市 (4)
和田古墳群 (4)
多摩市内の塚 (0)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (4)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (42)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (14)
日の出町 (2)
青梅市 (11)
古墳空白地域 (16)
西東京•清瀬•東久留米市 (0)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (6)
福生市•羽村市•瑞穂町 (10)
神奈川県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
群馬県の古墳 (0)
栃木県の古墳 (5)
茨城県の古墳 (5)
長野県の古墳 (6)
未分類 (1)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR