古墳なう

ご〜ご〜ひでりんの古墳探訪記

「聖心女子大学構内古墳」

「聖心女子大学構内古墳」

 画像は、渋谷区広尾4丁目にある聖心女子大学内に所在する「聖心女子大学構内古墳」を北東から見たところです。『東京都遺跡地図』には渋谷区の遺跡番号95番として登録されている古墳です。

 この古墳はについて、昭和41年(1966)に発行された『新修 渋谷区史 上巻』に掲載されている「古墳所在地名表」には記載がなく、昭和57年(1982)に行われた東京都心部遺跡分布調査の古地図の調査により把握されています。昭和60年(1985)に発行された『都心部の遺跡』には「5千分の1東京図に墳丘が認められる。今回の調査で確認」と書かれています。
 この大学の敷地と北側に隣接する日本赤十字医療センターや看護大学、広尾ガーデンヒルズとを含めた一帯は、江戸時代には下総佐倉藩堀田家の下屋敷であったといわれていますので、古墳は庭園の築山として流用されたことにより壊されずに残されたものでしょう。大正6年(1917)にはこの敷地内に久邇宮家の本邸が建設されており、戦後間もなくの昭和22年(1947)に聖心女子大学がこの地を末に購入して翌年に開校しているそうですが、おそらくは下屋敷時代の築山という認識のまま大学構内に残され、昭和57年の東京都心部遺跡分布調査団によりその存在が確認された、ということのようです。
 構内で学生さんに古墳について尋ねても皆きょとんとしており、土で盛られた築山があるはずだと訪ねると、「ああ、築山ですね」という感じで、「築山」と呼ばれているのがとても印象的でした。古墳の周囲に説明板等は存在しないようですし、在校生の多くはこの築山が古墳であるという認識を持っていないのかもしれません。


「聖心女子大学構内古墳」

 画像は、西から見た古墳です。学術的な調査は行われていないため、出土品や埋葬施設、周溝や埴輪の有無などの詳細は不明です。実際に見学してみたところでは、小型の前方後円墳だったのではないかとも感じましたが、『東京都遺跡地図』では径15~17mの円墳であるとしています。ひょっとしたら後世の塚である可能性もあるのかもしれませんが、このあたりの真相は今後の調査の進展を待ちたいところですね。


「聖心女子大学構内古墳」

 古墳の南東側の裾部は削られており、石垣により土留めされているようです。。。

<参考文献>
東京都教育委員会『都心部の遺跡』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2016/11/16(水) 00:15:02|
  2. 渋谷区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「渋谷区№78遺跡」

「渋谷区№78遺跡」

 『東京都遺跡地図』には、渋谷区広尾2丁目に「渋谷区№78遺跡」という名称で2基の古墳が登録されています。古くは昭和41年(1966)に東京都渋谷区より発行された『新修 渋谷区史 上巻』に掲載されている「古墳所在地名表」にこの古墳が取り上げられており、この時点では「円墳 1基」として記載されています。「湮滅」としながらも「古老談」と書かれていますので、恐らくはこの当時には消滅してしまった古墳の記憶を語ることのできる地元の古老の存在があったのかもしれません。
 その後、昭和57年(1982)に行われた東京都心部遺跡分布調査の古地図の調査により存在が確認されており、昭和60年(1985)に発行された『都心部の遺跡』には「5千分の1東京図に墳丘が認められる。」と書かれています。この地図には2基の古墳の墳丘が記されていますので、これがそのまま『東京都遺跡地図』に登録されているものと思われます。

 画像の右側あたりが2基の古墳のうちの1基の所在地と思われます。立地的に台地の縁辺部ということもあり、古墳の存在を感じさせる場所ではあると思いますが、正確な位置までは特定できず、痕跡を見つけることは出来ませんでした。
 実は知人宅が目の前であることに気がついてビックリしました。いつも暗くなってから訪問していたので、現地を歩くまで気がつきませんでした。あまり時間がなかったので素通りしてしまいましたが、昔のようすを聞いてみれば良かったかもしれません。残念。。。


「渋谷区№78遺跡」

 画像の右側あたりがもう1基の古墳の跡地と思われます。こちらも正確な跡地は特定できず、痕跡を見つけることは出来ませんでした。

<参考文献>
東京都渋谷区『新修 渋谷区史 上巻』
東京都教育委員会『都心部の遺跡』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2016/11/15(火) 00:35:42|
  2. 渋谷区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「禿塚・カムロ塚」

「禿塚・カムロ塚」

 渋谷区円山町には、「カムロ塚」と呼ばれる塚が存在したといわれています。JR渋谷駅ハチ公口から道玄坂を目黒方面に登った一番高くなったあたりが塚の跡地であり、『東京都遺跡地図』には未登録となっているようですが、昭和41年(1966)に発行された『新修 渋谷区史 上巻』に掲載されている「古墳所在地名表」に取り上げられています。

 画像は、カムロ塚の跡地とされる旧上通4丁目26番地(現在の渋谷区円山町)周辺を南から見たところです。この南西側(画像の左奥)は谷になっており、塚の跡地は台地の縁辺部という古墳の存在の可能性が考えられる立地条件であるようですし、同じ台地上の南東1km程の地点には複数の塚が存在していたと伝えられており、猿楽塚北塚と南塚の2基が現存しています。このカムロ塚が古墳であった可能性も十分に考えられると考えましたが、残念ながら塚は完全に消滅しているようです。


「禿塚・カムロ塚」

 この塚にまつわる伝説について『新修 渋谷区史 中巻』1355ページに記載があり、「かつて、この附近青山道の北側にカムロ塚という土盛りがあったといわれる。諸書には見えないが、土地の口碑に昔カムロ某が、ここに行き倒れたので、里人達が集まってこれを厚く葬り、上に杉の木を植えて禿塚とよんで、やがて附近の地名となっていたと伝えられている。この事実の真偽も、その跡も今は確かめる方法がないが、附近は古くは寺院か、墓地のあとらしく、かつて地下から多くの枯骨が出土したといわれる。」と書かれています。
 これだけの言い伝えが残されている塚ですので、祀られていた祠が残されているとか、立てられていた石造物が保存されているといった痕跡を探して周囲を散策しましたが、何も見つかりませんでした。私が上京した頃は、渋谷駅からここまで離れるともう少し雑多というか”隙”のようなものが残されていたように思うのですが。。。

 この場所は通称「246」または「青山通り」と呼ばれる幹線道路沿いで、首都高速3号渋谷線が平行して走っており、直下には田園都市線が走行しています。周囲には高層ビルが建ち並び、開発の進んだこの地域に古代の墳墓が残される余地はないのかもしれません。。。

<参考文献>
東京都渋谷区『新修 渋谷区史 上巻』
東京都渋谷区『新修 渋谷区史 中巻』


人気ブログランキングへ

  1. 2016/11/14(月) 00:47:51|
  2. 渋谷区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「加計塚古墳(欠塚)」

「加計塚(かけづか)古墳」

 「加計塚古墳」は、渋谷区恵比寿4丁目に所在したとされる古墳です。『東京都遺跡地図』には渋谷区の遺跡番号62番の古墳(円墳)として登録されています。古墳はすでに削平されて消滅しており、墳丘の存在しない古墳ですが、墳丘上に立てられていたとされる「欠塚」の石碑が「加計塚小学校」の敷地内に保存されています。画像はこの欠塚の石碑を南から見たところです。

 かつては、この周辺の丘陵上は円墳が散在する古墳群だったそうで、「欠塚」とは欠けた塚であったことからこのように呼ばれたそうです。この塚は大正6年頃までは校地の西側に残存していて、そこに生えていた松の木の根元にこの石碑が建てられていたそうです。その後、学校創設の際に伊達町の浅井家の庭へ、更に伊達町49番地へ移された後の昭和22年夏、同町50番地の路傍にこの石碑が二つに割れたまま放置されているのを同校の教諭に発見され、学校に運ばれたのだそうです。
 この古墳について、東京都渋谷区より発行された『新修 渋谷区史 上巻』には「欠塚(景丘町11番地) もと伊達町五〇番地にあった、破壊された小円墳の名で、欠けた塚であるからこのように呼ばれたが、今はその小さい碑のみ残り、加計塚小学校校庭に移されている。加計塚の名も、景丘の名も、この欠塚をもとにして起ったといわれる。この附近丘陵上はもと小円墳が点々として散在し、キツネがその附近に住んだとも伝えられている。今の福徳稲荷社もその古墳の一つである。」とあり、また加計塚小学校の敷地内に建てられている「校名由来」の石碑には「昔、この附近一帯に小円墳群がありその一つが缺けていたことから、このあたりを缺塚と呼ばれたと伝えられる。缺塚の名は江戸初期、下渋谷村小字缺塚として存在した。(新編武蔵風土記稿による)本校設立にあたり、時の渋谷町長佐々木基氏、初代校長野口周作氏が合議の上この史実から校名を、東京府豊多摩郡加計塚尋常小学校と決定したものである。石碑「欠塚」は、本校創設の際西側敷地内にあったものが、伊達町四十九番地先に移され、後、昭和二十二年夏、この地に当時の職員が安置したものである。作者年代等不詳である。」と刻まれています。


「加計塚古墳(欠塚)」

 この古墳の正確な跡地がどこであるのかは全くわからなかったのですが、少なくとも『新修 渋谷区史 上巻』に記載されている「もと伊達町五〇番地」とは誤りで、これは「欠塚」の石碑が最後に移されていた場所であるようです。校地の西側という記述が正しければ画像の周辺が古墳の跡地ということになるようですが、お洒落なカフェに古墳の面影を見ることは出来ないようです。。。


「加計塚古墳(欠塚)」

 東京都教育委員会より発行された『東京都遺跡地図』の付図や『東京都遺跡地図情報インターネット提供サービス』で公開されている分布図では、古墳の位置は校地の北西あたりに記されてます。もはや最先端の街へと変貌を遂げたこの恵比寿のど真ん中に畑が残されていることにビックリしましたが、やはりこの場所にも古墳の痕跡は残されていません。現在は渋谷区が所有する土地であるようですが、かつては小学校の体育館が建てられていたそうですので、この場所が古墳の跡地であったとしても墳丘が残されている可能性はなかったようです。
 この周辺に古くから暮らしていそうな地元の人に話しかけてみたりしたのですが、欠塚の言い伝えを知る人もなく、小学校内に残された欠塚の石碑の存在もすでに忘れられているのかもしれません。。。

<参考文献>
東京都渋谷区『新修 渋谷区史 上巻』
東京都渋谷区『新修 渋谷区史 中巻』
斎藤政雄『ふるさと渋谷』
東京都教育委員会『都心部の遺跡』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2016/11/12(土) 23:57:35|
  2. 渋谷区
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

「笹塚」

「笹塚」

 画像は京王線笹塚駅前の甲州街道沿い、渋谷区笹塚2丁目を南西から見たところです。この場所には、周辺地域の地名の由来になったとされる「笹塚」と呼ばれる塚が存在したといわれており、渋谷区教育委員会により説明板が設置されています。『東京都遺跡地図』には未登録となっていますが、一里塚であったとも古墳であったともいわれており、塚にまつわる伝説も残されているようです。すでに破壊されて消滅してしまったこの笹塚は、はたしてどんな性格の塚だったのでしょうか。。。

「笹塚」

 画像が、「笹塚」の所在地とされる2丁目12番地の南西角に設置されている説明板です。

笹 塚 跡      笹塚二丁目12番
 昔、このあたりの甲州街道の南北両側に、直径
が一メートルほどの塚(盛土)がありました。その
上に笹(または竹)が生い茂っていたことから、笹
塚と呼ばれていたようです。
 その塚が、慶長九年(一六〇四)に設置された
一里塚であるかどうかははっきりしませんが、こ
の塚に一里塚の印を記載している古図もあります。
 また、江戸時代の文書にも笹塚のことが簡単に
述べられています。大正五年(一九一六)に発刊さ
れた『豊多摩郡誌』には、「甲州街道の北側に石
塚があったが、今は見られない」と書いてありま
す。
 この塚があったことから、この地域一帯を昔か
ら笹塚と呼び、今もそれが町名として残っている
のです。
              渋谷区教育委員会


 この説明板からすると、笹塚は一里塚であった可能性が高いように思われるのですが、この周辺地域の郷土誌をひも解くと諸説あるようです。大正5年に発行された『豊多摩郡誌』には「幡ヶ谷志村兵四郎邸外なる甲州街道の南側に三尺餘の石塚ありたるとも、今は濠中に没して其の形だも見えず、又同所中村禎作邸前甲州街道北側にも石塚ありたれど是亦た土中に埋れて今見る能はず、以上は孰れも慶長九年建設せしものなりと言傳ふ」と、当時の塚のようすと所在地について書かれているのですが、同書にある「幡ヶ谷志村兵四郎邸」とは現在の渋谷区幡ヶ谷1丁目4番地あたりのことで、ちょうど京王線幡ヶ谷駅あたりの甲州街道南側、幡ヶ谷ゴールデンマンションの西側部分にあたります。そして「中村禎作邸」とは現在の渋谷区笹塚1丁目12番地、京王線笹塚駅あたりの「笹塚跡」の説明板が立てられている区画にあたります。両者は京王線各駅停車の一駅分、約700~800メートル程は離れており、これほど離れたこの2基の塚が一里塚であったとは考えられません。これはいったいどういうことなのでしょうか。。。


「笹塚」

 画像は、『豊多摩郡誌』にある「旧志村兵四郎邸」にあたる場所です。画像の右側のマンションの駐車場部分あたりが塚の跡地と思われます。地下には京王線幡ヶ谷駅があり、地上には大きく拡張された甲州街道の上には首都高速道路4号新宿線が走っており、塚の跡地前がちょうど幡ヶ谷出入口となっています。とても埋蔵文化財が残されているとは考えられない場所で、塚の痕跡は何も残されていないようです。

 さて、一里塚であるとされるこの遠くはなれた2基の塚の真相について、『幡ヶ谷郷土誌』には次のように書かれていました。

 「(前略)江戸を中心として築かれた諸街道の一里塚は日本橋を基點とし、其所から三十六町一里の計算で測定して設けられたものであったから、甲州街道に限って僅か六町餘を距てた両地點に両箇の一里塚があるといふ事は考へられぬ事で、これは両箇所の何れかの一つは眞実の一里塚では無く、何かの誤傳から後世斯うした奇怪な説が傳へられるやうになったのではあるまいか。然りとしたならばこの両箇の中の何れかが眞実の一里塚であらうか。
 前にも一度甲州街道の項で引用したが、明治六、七年の頃に書かれた東京府志料に、
 日本橋区通一丁目二丁目の間に於て東海道より西折し、呉服橋を經て旧日比谷門に至り、麹町隼町一番地に至りて日本橋より一里、此に第一の標を建つ、夫より内藤新宿三丁目二十四番地に至り二里一町二十五間、此に第二の標を建つ、夫より幡ヶ谷村五十五番地に至り此にて三里第三の標を建つ、夫より和田村と代田村松原村の間を經て下高井戸八十八番地に至りて四里、此に第四の標木を建つ。云々
 とあるが、この記録に記された道程は江戸幕府時代に日本橋の基標を基點とし、甲府へ至る間の道路、即ち甲州街道として定められてあった道路を踏襲して測定されたものに相違無いが、それならば同一地點を起點として三十六町一里の定めで測定された一里の地點は、初めに一里塚を築かれた地點と一致せねばならず、二里の場合、三里の場合でも同様である。さうだとしたならばこの東京府志料にある幡ヶ谷村五十五番地の里程標こそ、江戸時代の一里塚の所在地を示す地點であり、其所にあった一里塚こそ眞箇の一里塚であると断定し得る事となるのであるが…(後略)」(『幡ヶ谷郷土誌』185~186ページ)


「笹塚」

 『幡ヶ谷郷土誌』の記述からすると、この幡ヶ谷1丁目4番地あたりに所在したといわれる塚が真の一里塚であるようです。画像は一里塚跡地を南西から見たところで、甲州街道の反対側から一里塚の跡地である幡ヶ谷ゴールデンマンションの駐車場部分を見たという状況ですが、やはり塚の痕跡は何も残されていません。こちら側は京王線が地下に入るトンネルとなっている場所で深くまで掘り下げられていますので、この塚が古墳であったとしても、地中も含めて痕跡は何も残されていないようです。。。


「笹塚」

 さて、幡ヶ谷に存在した塚が甲州街道の一里塚であったということであれば、笹塚に所在した塚はどんな性格の塚であったのかということになりますが、これについても『幡ヶ谷郷土誌』に記述があり、次のように書かれています。

 現在は甲州街道の擴張工事のためにこの塚の在った所も丁度道路の北側の辺となり、好個の一里塚所在地の位置となったが、工事前には道路から五、六間距った民有地内に在った地坪五、六坪、高さ七、八尺の土塁で、豊多摩群誌が書いてゐるやうな石塚では無く、またそれが土中へ埋没するやうな状況の地形でもなかった。しかも前記の天保十四年の記録にもある通り、道路の南側の笹塚一丁目五十六番地にもこれと同一形式の塚があったといふ。そしてこの南側の塚は甲州街道開設の際に道路敷に當たるその半面は切崩され、その後この道路の改修工事の際に残された塚も取崩され、堆土は改修用の土に使用されてしまったものであると傳承されてゐる。
 斯様の有様で南側の塚は全く崩壊されて明治以前に姿を失ったのであったが、農村時代にはこの塚に隣接して居住して居た農家の家名を「塚」と呼んでゐたが、それは此所に塚の在った名残の呼名であった事を裏書してゐるのであった。そしてこの南側の塚は筆者が物心附く以前から名のみ残って、実際の塚は失はれて終ってゐたので知る由も無かったが、北側の道路より五、六間奥まった所に在った塚には熊笹が繁茂し、塚の上には数本の小雑木が樹ってゐてその塚裾の東北地點に小さな墓石が四、五基、崩壊に瀕して建って居たのを記憶して居り、それは今に回想するのに四囲の状況から推しても一里塚とは思へない。
 それならば何故斯うした塚を昔の文書は、一里塚村内笹塚と申所往還左右に御座候などと書いたのであらうか。それは當時の農民等の実生活と知識の程度から攻究して行かねば解らない。三百六十日暗いから暗いまで働き乍らも常に貢租に尻を叩かれて居たであらう彼等が、彼等の生活とは無関係な一里塚に果して関心を有って居たであらうか。しかもそれが構築された當座ならばいざ知らず、建造後百十餘年を經過した後にである。延宝八年に既に法界寺山門前に建立されてゐた庚申塚を始め、元禄十三年の笹塚庚申塚等数々の庚申塚が存してゐたにも拘わらず、同文書の中で庚申塚無御座候と答へて居る當時の農民等の知識としては、俗に墓石其他の碑標等の建てられた所をも塚と言った事を考へず、塚と し言へば正直に堆塚の地とのみ考へ、それが恰も道路の間近に在ったがために一里塚との質問に対し、之れがそれであらうと考へて斯く上申
したのも無理は無い。しかし此の塚は古くから傳承されて居る道路作りの際に南側の塚は半分壊されたといふ説話や、残存して居た北側の塚の状況から推測して決して一里塚では無かった事は明らかである。しかも笹塚の地名は笹の繁茂して居た此等の塚に由来する事は明かであり、笹塚の地名はそれ程新しいものでは無く、この幡ヶ谷に村作りが開始された頃から存したものと想像されるから、この地名は甲州街道開通以前からのもので有った事は明かである。(『幡ヶ谷郷土誌』186~187ページ)

 
 画像の道路の左側が、同一形式の塚があったといわれる笹塚1丁目56番地にあたりますが、この場所も都市化の進んだ京王線笹塚駅と駅前の甲州街道沿いの一画であり、もはや塚の痕跡など微塵も残されていません。『幡ヶ谷郷土誌』の著者堀切森之助氏は、「一里塚と笹塚」の項の最後に「斯うして彼此考察して来ると笹塚の塚は決して徳川時代に築造されたものでは無く、それより以前既に存在して居た事が分明であり、その所在地の地形からしてこれは原住民の小円墳では無かったかと思はれる。」とはっきりと記述していますが、ダイダラボッチの伝説も残されているというこの「笹塚」がどんな性格の塚であったかは、消滅してしまった現在では確認することは出来ないようです。。。

<参考文献>
東京府豊多摩郡『豊多摩郡誌』
東京都渋谷区『新修 渋谷区史 上巻』
東京都渋谷区『新修 渋谷区史 中巻』
堀切森之助『幡ヶ谷郷土誌』


人気ブログランキングへ

  1. 2016/10/30(日) 22:48:14|
  2. 渋谷区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

カテゴリ

足立区 (4)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (0)
葛飾区 (6)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (3)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (11)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (6)
墨田区 (3)
江戸川区 (0)
練馬区 (7)
豊島区 (2)
文京区 (6)
杉並区 (17)
中野区 (17)
新宿区 (17)
千代田区 (7)
目黒区 (8)
渋谷区 (17)
港区 (4)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (94)
田園調布古墳群 (34)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (54)
都指定史跡 野毛大塚古墳 (0)
野毛古墳群 (13)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (6)
その他の古墳・塚 (11)
三鷹市 (4)
狛江市 (43)
狛江古墳群-和泉支群 (17)
狛江古墳群-岩戸支群 (3)
狛江古墳群-猪方支群 (23)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (55)
国領南古墳群 (2)
下布田古墳群 (16)
上布田古墳群 (7)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (11)
府中市 (77)
史跡 武蔵府中熊野神社古墳 (2)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
府中市内の塚 (10)
国立市 (24)
下谷保古墳群 (12)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (9)
立川市 (14)
稲城市 (0)
多摩市 (4)
和田古墳群 (4)
多摩市内の塚 (0)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (10)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (47)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (16)
日の出町 (2)
青梅市 (11)
古墳空白地域 (19)
西東京•清瀬•東久留米市 (0)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (7)
福生市•羽村市•瑞穂町 (12)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
宇都宮市•鹿沼市 (0)
壬生町•上三川町 (5)
群馬県の古墳 (0)
茨城県の古墳 (5)
神奈川県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
長野県の古墳 (6)
未分類 (2)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR