FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「猿楽塚(北塚+南塚)」ー渋谷区指定史跡ー

渋谷区 猿楽塚01(北塚)

 画像は、渋谷区猿楽町に所在する「猿楽塚(北塚)」を東から見たところです。
 旧山手通り南側の代官山ヒルサイドテラスの敷地内に保存されている、2基の古墳のうちの1基で、『東京都遺跡地図』には渋谷区の遺跡番号50番の古墳として登録されており、№51番の猿楽塚(南塚)を含む遺跡範囲のすべてが、渋谷区指定史跡となっています。
 現状の規模は径約20m、高さ約5mで、発掘調査が行われていないことから詳細はわからないものの、6~7世紀の円墳であると推定されているようです。


渋谷区 猿楽塚02(北塚)

 南から見た猿楽塚です。
 この古墳には多くの伝説が残されています。その昔、鎌倉時代の将軍、源頼朝がここで猿楽を催して、そのときの道具を埋めたと伝えられており、この伝説が、塚の名称や周辺地域の地名の起源となっています。
 ただし、江戸時代の地誌『新編武蔵風土記稿』には、『高さ一丈許の塚なり、土人の説に往古鎌倉将軍頼朝此の地にて猿楽を催し、畢つて其具を埋めし印なりと伝ふ、受け難き説なり。』と記されており、江戸時代には疑わしい伝承であると考えられていたようです。
 また、『江戸名所図会』には「去我苦塚別所臺と言ふ地にあり、塚の高さ一丈あまりあり、相傳ふ、昔渋谷長者某、此邉の人民を語らひ、時として此塚の邉にて酒宴を催し歓楽せしにより、苦を去の所謂なりと言ふ」とも記されています。


渋谷区 猿楽塚03(北塚)

 猿楽塚の墳丘上には「猿楽神社」が鎮座しています。
 現在の2基の古墳を含むヒルサイドテラスの敷地は、古くは朝倉家の敷地であったそうですが、この敷地内にはかつては4基の塚が存在したようです。大正9年に本宅を建設して庭も造園した際に、4基の塚のうちの1基が邪魔になるということで取り壊されたそうですが、間もなく当主の虎治郎と工事を請け負った棟梁とが奇病にかかってしまったそうです。二人とも同じ容態で、医者にかかっても何の病気か全くわからない。そこで、塚から出土した人骨らしきものや武具をきれいに取り出して前の塚(猿楽塚)に丁寧に納め、供養をしてお宮を建ててお祀りしたそうです。
 「残った3つの塚は以後、絶対に手をつけてはいけない」ということになり、お社は「猿楽様」として祀られることとなりました。これが、現在の猿楽神社の由来です。

 「残った3つの塚」ということは、北塚と南塚の他にどこかにもう1基、古墳が残存している?
 これが一番気になるところですが。。。。。


渋谷区 猿楽塚04(北塚)

 墳丘上の猿楽神社です。
 高さ5mですからね。結構な高さが残っています。


渋谷区 猿楽塚05(北塚)

 猿楽神社の鳥居。
 渋谷区教育委員会により設置された説明板には次のように書かれています。

  猿楽塚(さるがくづか)
    猿楽町29番 ヒルサイドテラス内
    区指定史跡 昭和五十一年三月二十六日指定

 ここにあるこんもりした築山は、六~七世
紀の古墳時代末期の円墳で、死者を埋葬した
古代の墳墓の一種です。
 ここにはその円墳が二基あって、その二つ
のうち高さ五メートルほどの大型の方を、む
かしから猿楽塚と呼んできました。
 この塚があることから、このあたりを猿楽
といい、現在の町名の起源となっております。
 ここにある二基の古墳の間を初期の鎌倉道
が通っていて目黒川にくだっていました。
 渋谷区のように開発が早くからはげしく行
なわれた地域に、このような古墳が残されて
いることは非常に珍しいことです。
            渋谷区教育委員会



渋谷区 猿楽塚06(北塚)

 墳丘上には石段が造られていて、この石段を登った墳頂部が猿楽神社です。
 早速お詣りしましょう!


渋谷区 猿楽塚07(北塚)

 石段の途中左側には「猿楽神社縁起」が建てられています。

 猿楽神社縁起
 古よりこの地に南北に並ぶ二基の円墳があり。北側に
位置する大型墳を猿楽塚と呼称している。この名称は、
江戸時代の文献「江戸砂子」「江戸名所図会」等にも見ら
れ、我苦を去るという意味から、別名を去我苦塚と称し
たとも言われている。六~七世紀の古墳時代末期の円墳
と推定され、都市化その他の理由により渋谷区内の高塚
古墳がほとんど隠滅したなかで、唯一現存する大変貴重
な存在であり、昭和五十一年三月十六日に、渋谷区指定
文化財第五号に指定された。
 この地に移住する朝倉家は戦国時代からの旧家であり、
遠祖は甲州の武田家に臣属し、後に武蔵に移り、中代よ
り渋谷に住み、代々、無比の敬神家として、渋谷金王八
幡宮と氷川神社の両鎮守への参拝を常とし、また氷川神
社改建の折にも尽力している。
 朝倉家では、大正年間に塚上に社を建立し、現在、
天照皇大神、素盞嗚尊、猿楽大明神、水神、笠森稲荷を
祀り、二月十八日、十一月十八日を祭礼日と定めて、
建立以来、一族をはじめ、近隣在郷の信仰を集めている。
    平成十四年十一月十八日    朝倉徳道 撰



渋谷区 猿楽塚08(北塚)

 さらに登ります。


渋谷区 猿楽塚09(北塚)

 墳頂部の様子。猿楽神社の社殿です。
 この猿楽塚、2基ともに学術的な調査は行われていないようなので、いずれはきちんと発掘調査が行われたら、見学会も開催してほしいですよね。


渋谷区 猿楽塚10(南塚)

 画像は、もう1基の「南塚」です。
 旧山手通り南側の代官山ヒルサイドテラスの敷地内に保存されている、2基の古墳のうちの1基で、『東京都遺跡地図』には渋谷区の遺跡番号51番の古墳として登録されており、№50番の猿楽塚(北塚)を含む遺跡範囲のすべてが、渋谷区指定史跡となっています。
 現状の規模は径約12m、高さ約4mほどで、発掘調査が行われていないことから詳細はわからないものの、古墳時代後期の円墳であると推定されているようです。

 10年近く前、最初に南塚を訪れた時だけはなぜか立入禁止の看板がなく、塚の目の前まで行くことができました。ただし、その時は天気がうす曇りでポツポツと小雨も降っていて、しかもカメラのレンズが汚れているのに気が付かずに、撮影した写真が汚いという最悪の事態。
 私、実は一昨年くらいまで、仕事の都合で年に何度かは定期的にこの代官山を訪れていましたので、いつでもまた撮り直しに来ればいいやと思っていたのですが、その後は何度来ても立ち入り禁止の看板が立てられていて、二度とこの場所に立ち入ることはできませんでした。。。
 北塚はいつでも参拝できるのですけどね。ま、良き思い出ということで。。。

 画像は、旧朝倉家住宅のほうから撮影したものです。


渋谷区 猿楽塚11(南塚)

 北塚の側から見た南塚です。
 建物の隙間から『東京都遺跡地図』からすると、2基の古墳の総称が「猿楽塚」で、北側のが「北塚」、南側のが「南塚」ということのようですが、書籍によっては主墳である猿楽神社を祀るほうの古墳のみが「猿楽塚」である、とする記述も見られるようです。


渋谷区 猿楽塚12(南塚)

 猿楽塚のあるヒルサイドテラスの入り口のあたりの歩道には、「目黒区みどりの散歩道」という案内板が建てられています。「ん?目黒区?」と不思議に思ってよく読んでみると、そこには猿楽塚の解説文が。
 「古墳時代の円墳 猿楽塚 主墳と副墳から成る。昔、源頼朝がここで猿楽を催し、それが名前の由来との説もあるが実は二つとも古墳時代の円墳。区境をはさんで主墳は渋谷区、副墳は目黒区にある。」と書かれています。
 つまり、北塚は渋谷区、南塚は目黒区にあるということのようです。
 グーグルマップで確認すると、北塚も南塚も渋谷区内に入っているように感じるのですが、これホント?
 『東京都遺跡地図』でも2基ともに渋谷区の遺跡に登録されているようですが。。。


渋谷区 猿楽塚13(南塚)

 画像は「旧朝倉家住宅」の敷地内の築山です。
 職員にお尋ねしたところでは、丁寧なご返答ながらも「古墳のわけないじゃん」という感じで、「ですよねー。。。」と引き下がってきたのですが、他に古墳らしき形状の地形は見当たらないし、「残った3つの塚」のうちの残る1基がどこにあるのか(どこにあったのか)は、最後までわかりませんでした。
 これは宿題ということで。。。


渋谷区 猿楽塚14(渋谷区立猿楽古代住居跡公園)

 猿楽町の周辺もブラブラと散策。

 画像は、同じ猿楽町内にある「渋谷区立猿楽古代住居跡公園」です。
 どこの区にもこうした史跡公園が存在するのはいいことですよね。

 公園内に設置された渋谷区教育委員会による説明板には次のように書かれています。

 猿楽古代住居跡
           渋谷区指定史跡   猿楽町12
 このあたり一帯は古代人が居住していたところであろう
と推定されていました。
 昭和五十二年一月、渋谷区教育委員会ではその調査を国
学院大学考古学第一資料研究室に委託して発掘しました。
 発掘作業を行っているうちに出土して来た土器は壺、甕
高坏などの破片ばかりでしたが、この土器に付けられた模
様からみると、久ヶ原式、弥生町式、前野町式に属し、そ
れらが作られた時期は今から約二千年前の弥生時代で、こ
れらの文化は南関東一帯にひろがっていました。
 弥生時代というのは、生活の方法はその前の縄文時代と
同じですが、現代人のように米を栽培して食べる習慣がは
じまり、文化が進んだ時代といえます。
 発掘を進めて行くと、いくつかの住居跡が発見されまし
たが、中には他の地域でみられる住居跡よりも大型で珍し
いものが発掘されました。
 区は昭和五十三年、樋口清之博士の指導により古代住居
を復元しましたが、その後焼失したので、現在は住居跡の
上を被覆し保存に努めています。
               東京都渋谷区教育委員会



渋谷区 猿楽塚15(渋谷区立猿楽古代住居跡公園)

 コレ、かつて公園内に復元された、当時の古代住居の写真です。
 残念ながら不審火により消失。現在見ることはできません。

 復元された古代住居が不審火で消失したパターンはよく聞く気がしますが、せっかく復元するのであれば、もちろんリアルなものが見たいところですが、最近はコンクリートで造られたものが主流ですよね。消防法とか色々あるのだとは思いますが、茅葺き屋根の古民家はOKなんだし、忠実に再現したものが見たいなあと切に思います。。。(本町田の復元住居がリアルだった!)


渋谷区 猿楽塚16(渋谷区立猿楽古代住居跡公園)

 コレが現在の住居跡の様子。
 雨の後に水が溜まってしまうと池みたいです。。。


渋谷区 猿楽塚17(渋谷区立猿楽古代住居跡公園)

 公園内には3基の庚申塔と廿三夜塔、道しるべが建てられています。
 元々は猿楽町周辺にあったものが、道路の拡張工事、や宅地開発によりこの公園に移設されたそうです。
 どれもいい状態で残されているようです。


渋谷区 猿楽塚18(渋谷区立猿楽古代住居跡公園)

 このあたりに、渋谷区の遺跡番号47番の横穴墓群が登録されているようですが、痕跡なし。
 すでに遺跡は消滅しているようです。

<参考文献>
朝倉徳道『代官山考察「猿楽雑記」ー江戸近郊農家の百年ー』
野村敬子『渋谷むかし語り 区民が紡ぐ昭和』
東京都渋谷区『新修 渋谷区史』
東京都教育委員会『都心部の遺跡』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2020/03/02(月) 23:55:52|
  2. 渋谷区の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「渋谷区№17遺跡」

渋谷区 №17遺跡(明治神宮宝物殿裏)1

 前回に引き続き、今回も明治神宮内の古墳ということで「渋谷区№17遺跡」の探訪の記録です。

 画像は「明治神宮宝物殿」の入場口で、この宝物殿の敷地の周辺に古墳の伝承が残されています。
 『東京都遺跡地図』には渋谷区の遺跡番号17番の古墳として登録されており、所在地として「代々木神園町明治神宮宝物殿裏」、遺跡の概要には「台地 古墳群(円墳)」と書かれているようです。

 昭和41年(1966)に東京都渋谷区より発行された『新修 渋谷区史 上巻』には、この古墳についての記述があり、
 「代々木外輪町の明治神宮宝物殿附近に存在した三基の小円墳は、いずれも丘陵上に営まれ、坩・坏・提瓶等の須恵器および鉄製直刀身が出土した由であるが、内部構造など詳細は全くわからない。出土品の行方も不明である」
 と書かれています。
 これだけでは詳細はよくわからず、現在古墳が残存するのかさえ不明ですが、3基もの古墳が存在したという記述はとても興味をそそります。
 古墳の所在地はどこなのか、果たして古墳は残されているのでしょうか。


渋谷区 №17遺跡(明治神宮宝物殿裏)2

 古墳の位置が分布図に記されている、東京都教育委員会より発行されている『東京都遺跡地図』と『都心部の遺跡』ではともに宝物殿の背後、北側の丘陵縁辺部に古墳の位置が記されています。『東京都遺跡地図』の分布図では青い消滅のマークで記されているようです。
 宝物殿の背後に向かうらしき道は一応存在はするのですが、やはり関係者以外は立ち入り禁止でした。
 想定内ではありますが、場所柄あまり無茶もできません。
 とりあえずは正攻法で、宝物殿に入場して北側の森の様子を見てみることにします。


渋谷区 №17遺跡(明治神宮宝物殿裏)7

 入場口を入って宝物殿を正面から見たところ。大正10年(1921)に開館したという校倉風大床造の宝物殿で、平成23年(2011)に重要文化財として指定されています。
 私が見学に訪れた時期は入場料を払って中を見学できたのですが、東日本大震災で罹災した屋根の修復、また重要文化財としての保存に必要な耐震工事施工ということで、平成29年以降は閉館となっているようです。
 いずれは整備されて建物が公開されるのかもしれませんが、私のお目当てはそこではないので…。笑。
 

渋谷区 №17遺跡(明治神宮宝物殿裏)8

  建物の内部は撮影禁止(だったはず。写真が一枚も残っていないし)でしたが、建物の外から北側の森の様子は見られます。画像は、宝物殿東側の、撮影OKの場所から撮った宝物殿背後のようすです。
 残念ながら、この位置では建物に遮られてしまって背後の森の中の様子がわかりません。
 移動して別の位置から見てみましょう。


渋谷区 №17遺跡(明治神宮宝物殿裏)9

 宝物殿西側の撮影OKの場所から撮った宝物殿背後のようすです。
 訪れたのが秋の初め頃だったせいか、まだ木々が茂っていてやはり古墳の所在はよくわかりません。
 ただし、敷地内の北西隅に大きな石が立てられているのが見えます。距離があるため肉眼ではよくわからないのですが、石室の天井石のようにも見えます。
 かつて、止むを得ず破壊された古墳から出土した石室の天井石をこの場所に祀っている、なんてことはないのでしょうか。とても気になります。。。


渋谷区 №17遺跡(明治神宮宝物殿裏)10

 拡大してみた石のようすです。
 実は後日、この石がやはり気になって明治神宮の社務所を訪ねてお聞きしてみました。
 明治神宮内には全国各地から様々な石が奉納されているということで、宝物殿北西隅の石がなんの石なのかは、一つ一つの石の記録を全て調べてみないとわからない、ということで、残念ながら古墳の石材なのかどうかはわかりませんでした。(明治神宮を取り上げたテレビでよくお見かけする”H”さんが直々に出てきてくださって、お話を聞かせていただいて、参考になるならと資料のコピーまでいただきました。心の底から感謝しております。。。)


渋谷区 №17遺跡(明治神宮宝物殿裏)11

 確かに、敷地内を隅々まで歩くと、様々な石に遭遇します。
 画像は、国歌にもよまれているという「さざれ石」です。
 国家発祥の地といわれる岐阜県揖斐郡春日町から奉納されたものだそうです。


渋谷区 №17遺跡(明治神宮宝物殿裏)12

 これは「亀石」。なんだかちょっとパワーを感じる石です。


渋谷区 №17遺跡(明治神宮宝物殿裏)3

 さて、最初に古墳を目指して散策した日は古墳の所在を確認することはできなかったのですが、その後、宝物殿が建設される以前のこの地域の古地図を見つけることができました。
 宝物殿の北側、北西側、西側の3ヶ所に、古墳かもしれない楕円形の高まりを見ることができます。『新修 渋谷区史』にも「3基の小円墳が存在した」と書かれているようですし、この3ヶ所が古墳である可能性は十分に考えられます。
 とりあえず、北側の楕円形の高まりを1号墳、北西のを2号墳、西側のを3号墳と仮称して、もう一度散策してみようと思います。


渋谷区 №17遺跡(明治神宮宝物殿裏)4

 宝物殿北側の、三角に尖った道路の形状は、現在も割とそのままに近い状態で残っているようなのですが、現在は丘陵縁辺部に沿うように首都高速4号線が開通しており、また運の悪いことに、仮称1号墳の所在地に重なる位置にちょうど代々木のパーキングエリアが造られています。この場所に古墳が存在したとすれば、もはや高い確率で削平されています。
 首都高速4号線の三宅坂から初台までが開通したのは昭和39年(1964)で、『新修 渋谷区史 上巻』の発刊は昭和41年(1966)ですから、ひょっとしたら同書にある「坩・坏・提瓶等の須恵器および鉄製直刀身が出土した」というのは、首都高速の敷設工事の際のものではないか?とも考えられます。

 画像が、代々木パーキングエリアの現在のようすです。画像左側の木立が宝物殿の裏手の森です。
 

渋谷区 №17遺跡(明治神宮宝物殿裏)5

 仮称2号墳はこのあたり。
 古地図と現在のグーグルマップを見比べると、おそらく運よく削り残されたとしても半分ほどは首都高速4号線に削平されていると考えられます。首都高速4号線を運転中に、このあたりが若干高くなっているかようにも見えたことがあるのですが、見間違いかもしれません。最近は年齢のせいか運転にも自信がなくなってきたので、運転しながら撮影する等の無茶は控えました。
 ひょっとしたら古墳の残骸くらいは残されているのかもしれませんが、真相は不明です。


渋谷区 №17遺跡(明治神宮宝物殿裏)6

 仮称3号墳は、現在の弓道場(至誠館)の奥あたりではないかと思われるのですが、ここもやはりザクザク入っていくわけにもいかず、古墳が残されているのかどうか確認できません。

 結論として、仮称1号墳は高い確率で消滅。仮称2号墳は一部残存の可能性はあるかもしれない。仮称3号墳はひょっとしたら痕跡が残されているかもしれない。というところかなと想像しますが、所在地をこの目で確認することはできませんでした。
 将来の発掘調査、そして現地説明会に期待ですね。。。

<参考文献>
東京都渋谷区『新修 渋谷区史 上巻』
東京都教育委員会『都心部の遺跡』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2020/03/01(日) 19:47:43|
  2. 渋谷区の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「渋谷区№22遺跡(代々木)」

「渋谷区№22遺跡」01

 明治神宮の広大な敷地内には、いくつかの古墳の伝承が残されています。
 東京都教育委員会より発行された『東京都遺跡地図』には、明治神宮内に「渋谷区№17遺跡」と「渋谷区№22遺跡」という2箇所に古墳のマークが記されています。特に№17遺跡は、複数の古墳が存在したという言い伝えがあり、「渋谷区№22遺跡」は露出した石棺の伝承が伝えられているようです。
 この古墳の存在を確認すべく、今回は、渋谷区代々木神園町の「明治神宮」の探訪の記録です。


「渋谷区№22遺跡」02

 最初の写真は、JR原宿駅を降りた西側、明治神宮の一の鳥居です。
 以前から、訪れるたびに「鳥居、デカッ」と感じていましたが、あらためてデカイですね。この鳥居。
 そして2枚目の画像は参道のようすです。
 何年か前までは、平日の午前中はもう少し静かな印象もありましたが、最近は外国からの参拝客がかなり増えましたし、人が多い印象です。。。


「渋谷区№22遺跡」03

 参道を2~3分ほど歩くと、左手に「代々木」と書かれた立て札と樅の大木が見えてきます。
 この樅の木が実は、「渋谷区№22遺跡」と呼ばれる古墳に密接な関係があるのです。

 昭和41年(1966)発行の『新修 渋谷区史 中巻』には、この「代々木」について
 「今の明治神宮菖蒲園東門の傍に、終戦前まで枯木として残っていたモミの大木で、代々木の大樅として江戸時代有名であった。大体高さ数十尺、周り九抱(約一四メートル余)と言われ、木の向う側に馬三疋をつないでも、反対側からは馬の首も尾も見えない程の大木で、日本中でもこれ程の大木はなかろうといわれた。武蔵野旅行の旅人は昔この木を目標に歩いたといわれ、幕末にはこの木の上に登って井伊家の家臣は遠眼鏡で品川沖の外艦を見張ったといわれている。」
 と書かれており、さらに
 「木の根元には常に水が二、三升たまっていて、味少し渋辛く、霊水だといわれた。この木の下は、古代の古墳らしく、石棺が埋没しているといわれている。とにかくかつて存在した区内第一の巨木であったことは疑いがない。昭和二十年米軍の当区内空襲の折、我が高射砲に撃墜された米軍機B29の巨体がこの枯木の上に落ちたので、遂に焼亡して今日はその枯株さえ見ることができなくなった。」
 と、この場所に存在したとされる古墳についてもふれられています。

 今でこそ鬱蒼と茂った明治神宮の森ですが、この森は全国から献木されたおよそ10万本を植栽した人工林です。明治神宮の鎮座祭が行われたのは大正9年(1920)ですから、終戦前まで残っていたという「代々木」の枯木は、当時は周囲の木々よりもまだ頭一つ高かったかもしれません。
 B29の墜落により代々木の木は焼け落ちてしまったようですが、根本にあったという古墳はどうなってしまったのでしょうか。。。


「渋谷区№22遺跡」04

 現在の「代々木」の全貌です。
 代々木にだけ陽があたっているという状況が素晴らしいタイミングでした。笑。

 立て札には「この地には昔から代々樅の大木が育ち「代々木」という地名が生まれました。この前の名木「代々木」は昭和二十年五月の戦禍で惜しくも消失しましたのでその後植継いだものであります。」とのみ書かれているのですが、実は現在の、植え替えられた二代目の「代々木」は、初代の代々木とは離れた場所に植えられており、初代の代々木の所在地、つまり古墳の所在地はさらに進んだ二の鳥居の奥となるようです。先に進んでみます。


「渋谷区№22遺跡」05

 二の鳥居です。
 デカイデカイと思っていましたが、この鳥居、我が国で最も大きい鳥居で「明神鳥居」というのだそうです。高さ12m、柱と柱の間は9.1m、鳥居の長さ15.5m、柱の径1.2m、笠木の長さ17mで、原木は台湾丹大山の樹齢1,500年に及ぶ扁柏(ひのき)だそうです。ということは、一の鳥居よりも大きいわけで、びっくりしますね。
 樹齢1,500年ということは、古墳時代を知る扁柏(ひのき)なんですね。。。


「渋谷区№22遺跡」06

 『東京都遺跡地図』では渋谷区の遺跡番号22番の古墳が、また『都心部の遺跡』では148番の古墳が、この”代々木”の古墳であるようですが、分布図に記されている古墳の位置はどちらも大体このあたりで、画像の左奥、参道から少々森の中に入った地点となるようです。

 『新修 渋谷区史 上巻』には、
 「(前略)外輪町明治神宮内”代々木”の西側二メートル程の円墳に頂上と思われる箇所に、石棺の一部と認められる石が露出したことは著名な事実である。この円墳は著しく変形されていて、もとの状態を知る由のないが、”代々木”はこの円墳の上に植えられた樹木と考えられる。石棺の露出部分は石棺蓋の一部であろうと推測されるが、硬質種塊岩製で灰色を呈し、厚さ一二センチ程の縁を有しているものであった。内部主体は未だ保有されている可能性もあるが、未発掘のために副葬品などについては知り得ない。埴輪もない。」
 と、古墳の石棺の状況についてもかなり具体的に記されています。


「渋谷区№22遺跡」07 

 天下の明治神宮で、外国人観光客も大勢いる中、藪の中にガサガサ入っていくのはさすがに気が引けたので、参道の縁の土塁の上に上がるのみにとどめて、森の中を見回してみました。
 下草が多く、地表の状況を観察するには少々厳しい状況ですが、一目で古墳と認識できるような高まりは、少なくともみられないようです。
 
 『新修渋谷区史 中巻』によると、石棺は代々木の真下ではなく「西側二メートル程」の地点に存在したということですし、『東京都遺跡地図』には「径10m高2m」とされる墳丘の規模まで書かれています。
 古墳の残骸くらいは残されているのではないかと期待したいところですが、墳丘も露出したとされる箱式石棺も、表面観察では見つけることはできないようです。
 伝説の古墳は消滅してしまったのでしょうか。それとも、いまだ地中に眠り、再び発見される日を待っているのでしょうか。。。


「渋谷区№22遺跡」08

 この後、「渋谷区№17遺跡」の見学のために宝物殿に向かうわけですが、その前にまずお参り。
 画像は三の鳥居です。平成28年10月に建てられたばかりで、まだピカピカです。


「渋谷区№22遺跡」09

 いや、本当に人が増えたなあと思いますが、実は7割から8割は外国人で、日本人はほとんどいないのでは?と感じてしまいます。もちろん外国の参拝の方が増えたのは喜ばしいことではありますが、なんだか変な感じです。


「渋谷区№22遺跡」10

 こんなに人が。
 どこかの観光地で警備の仕事をしている方と雑談した時の話ですが、「最近はアメリカやヨーロッパ、中国や韓国からの人だけではなく、どこの国の言葉だか全くわからない人に尋ねられて一文字もわからなかったことがあるよ!」と嘆かれたことを思い出しました。私なんて英語も満足に喋れませんからねえ。。。


「渋谷区№22遺跡」11

 御朱印、いただきました。♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪
 私、最初は確かに古墳巡りだったはずなのですが、古墳や塚巡りはイコール神社巡りみたいなところがあって、結果、色々な場所でお参りしているうちに、心の底から神社に安らぎを感じるようになりました。
 御朱印をいただくと、丁寧にお参りをできた気がしてとってもいい感じです。。。

 次回、「渋谷区№17遺跡」に続く。。。

<参考文献>
東京都渋谷区『新修 渋谷区史 上巻』
東京都渋谷区『新修 渋谷区史 中巻』
東京都教育委員会『都心部の遺跡』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2020/02/29(土) 22:48:01|
  2. 渋谷区の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「鉢山」

「鉢山」

 渋谷区鉢山町には、かつて「鉢山」と呼ばれる塚が存在したといわれています。
 学術的な調査が行われないまま消滅しており、『東京都遺跡地図』にも未登録となっているようですが、その名の通り地名の由来となった塚で、この周辺ではかなり知られた存在だったようです。

 画像は、その「鉢山」が所在したとされる周辺の様子です。
 現在は、都立第一商業高等学校からNTTコミュニケーションズにかけての敷地となっており、塚の痕跡は全く見ることはできません。この鉢山は古墳だったのではないかという説もあるようで、『新修 渋谷区史』の1353ページにはこの鉢山について次のように書かれています。

鉢山(鉢山町三三番地附近) 今の都立第一商業高等学校から区立鉢山中学校の間にかけて、かつて存在したといわれる土饅頭で、古墳の一種ではないかと思われる。しかし『江戸砂子』には「法道仙人の鉢此処に飛来るといふ」とあるのを『新編武蔵風土記稿』は否定して「土人絶えて伝へず」と書いている。おそらく鉢を伏せたような山であったので起った説明と思われるが、今はその所在を失い、ただ地名にのみその名が残っている。附近一帯は顕著な石器時代遺跡でもあり、最近まで多数の遺物が出土した。(後略)


代官山の謎の前方後円地形1
出典:国土地理院ウェブサイト(http://mapps.gsi.go.jp/contentsImageDisplay.do?specificationId=742556&isDetail=true)

 画像は、国土地理院ウェブサイトより公開されている、昭和11年に陸軍により撮影された鉢山周辺の空中写真のようすです。わかりやすいように跡地周辺を切り取っています。
 画像の左下あたりに見える木立が鉢山の跡地であると考えられます。この時期にはまだ、何らかの痕跡が残されていたようなのですが、塚が消滅してしまった今となっては、果たして鉢山が古墳であったか否か、真相を確かめる術はありません。

 実はむしろ気になるのが、画像中央に見える、前方後円墳をも連想させる奇妙な形状です。
 ちなみに前回は原宿の前方後円形の地形を取り上げましたが、渋谷区や新宿区、港区あたりの古い空中写真を眺めていると、たまーにこういう気になる地形に遭遇します。もしこれが古墳であれば、長軸200メートル以上の巨大前方後円墳が渋谷に存在したということになるわけですが、もうワクワクしてしまいますね。笑。
 前方後円形の左下の木立のあたりが「鉢山」であると想定されます。
 この木立の形状もとっても気になるところですが、まさか鉢山も前方後円墳だったとか???
 

代官山の謎の前方後円地形1.5
出典:国土地理院ウェブサイト(https://mapps.gsi.go.jp/contentsImageDisplay.do?specificationId=1178039&isDetail=true)

 同じく、国土地理院ウェブサイトより公開されている、昭和22年に米軍により撮影された鉢山周辺の空中写真です。こちらもわかりやすいように跡地周辺を切り取っています。
 11年経って戦争が終わった後も、まだ前方後円形の地形は残されているようです。
 平らな土地ではなく、うっすらと盛り上がっているようにも感じられますが気のせいかな。。。

 左下の「鉢山」もまだ残されているようです。。。


代官山の謎の前方後円地形2

 さて、鉢山跡地を散策した日、この”巨大前方後円墳の跡地”周辺もブラブラと歩いてみました。
 画像右側のマンションを前方部の先端であると仮定すれば、なんとなくそんな感じなのではないかと思われるのですが、開発が進み、古墳らしき痕跡は見られないようです。


代官山の謎の前方後円地形3

 くびれ部に相当するあたり。
 画像の奥が後円部で、右手前に向けて前方部というイメージですね。


代官山の謎の前方後円地形4

 さらに進むと、「渋谷区立鶯谷緑地」という小公園がありました。
 公園内でさらに先を見ると、なんと!後円部の先端が残っています。
 前方部から後円部の半分くらいまでは平らに整地されてしまったようですが、後円部の先端半分は高さがカマボコ型に残っています。
 ついにきたよ絶対古墳で間違いないよこりゃ!


代官山の謎の前方後円地形5

 後円部の頂部に登って振り返ってみたところ。
 かなり高さがあるようです。
 群馬の天神山古墳や茨城の舟塚山古墳を思い出すぜ、と。


代官山の謎の前方後円地形6

 後円部頂部から古墳の先端(北側)をみたところ。
 やべえ。二段築成の形状まで残されてるし。

 福岡県田川郡赤村に長軸450mの巨大前方後円墳が!ってのが話題になってましたよね。
 「新・卑弥呼の墓は本物だ!」って、プレイボーイ誌に載ってたやつ。もう2年くらい前ですかね?
 あの頃、「いや、渋谷にだってあるぜ」と密かに思っていたのですが、公開するのが今頃になってしまいました。

 いや、ひでりんの妄想です。。。

<参考文献>
東京都渋谷区『渋谷区史』


人気ブログランキングへ


  1. 2020/02/28(金) 23:16:07|
  2. 渋谷区の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「團邸内無名古墳」


 昨年暮れは不覚にもダウンしてしまい、この『古墳なう』の更新も滞ってしまっていました。
 ようやく少しずつ体調も戻りつつあり、今日から再開することにしました。
 見学したものの、公開できていない古墳や塚はまだまだたくさんあります。
 地道に更新していこうと思います。


「團邸内の円墳」1

 さて、昭和27年(1952)に渋谷区より発行された『渋谷区史』の「渋谷区原史時代遺跡跡地名表(古墳之部)」には、旧番地の原宿町3丁目361番地、「團邸内」に1基の円墳が存在したことが記されています。『東京都遺跡地図』にも未登録の古墳で、現代の感覚からすると「まさか原宿に古墳が?」とびっくりしてしまいますが、現在の明治神宮や代々木公園を中心に、その周辺地域も含めるとかなり多くの古墳の存在が想定されているようです。
 原宿にも古墳があったのかもしれません。

 画像は、渋谷区神宮前2丁目の住友不動産原宿ビルです。
 『渋谷区史』にある、旧番地の原宿町3丁目361番地とはだいたいこのあたりで、團邸内の古墳の所在地と思われる地点なのですが、残念ながら古墳らしき痕跡は全く残されていなようです。


「團邸内の円墳」2

 南側、坂の下から見上げたところ。
 現代ではこの道は整地されてなだらかな坂となっていますが、古墳時代なら台地の縁辺部、という状況でしょうか。かなり開発が進んでいるようですし、こうなってしまうと古墳の痕跡は皆無という状況ですね。


「團邸内の円墳」3

 さて、やっと見つけた、『建築工芸叢誌』に掲載されている、團邸内の古墳の往時の写真です。
 画像中央に見えるのが古墳であるとされる築山です。おそらく大正時代の写真であると思われます。
 画像の築山の手前の部分を造り出しと捉えると、円墳ではなく、帆立貝式の前方後円墳ではないかとも考えられそうです。。。


「原宿の前方後円墳」1
出典:国土地理院ウェブサイト(https://mapps.gsi.go.jp/contentsImageDisplay.do?specificationId=743828&isDetail=true)

 画像は、国土地理院ウェブサイトより公開されている、昭和20年に陸軍により撮影された、旧團邸とその周辺の空中写真です。わかりやすいように跡地周辺を切り取っています。
 実はむしろ気になったのは、画像中央の前方後円墳を連想させるような奇妙な地形です。
 果たしてこの原宿にも巨大前方後円墳が存在したのでしょうか。。。
 ちなみに左上の木立が旧團邸です。


「原宿の前方後円墳」2
出典:国土地理院ウェブサイト(https://mapps.gsi.go.jp/contentsImageDisplay.do?specificationId=197564&isDetail=true)

 画像は、昭和23年に米軍により撮影された、同じく国土地理院ウェブサイトより公開されている空中写真です。やはりわかりやすいように跡地周辺を切り取っています。
 前方後円型の地形と周辺のようすが、3年前よりもぐっと鮮明に見られます。

 余談ですが、戦後になると、写真の解像度が飛躍的に上がりますねー。

「原宿の前方後円墳」3

 さて、旧團邸の跡地である住友不動産原宿ビルを後にして、当然ながら巨大前方後円墳跡地の周辺もゆっくりと歩いてみました。
 画像は、後円部にあたる場所を「神宮前一丁目」交差点の歩道橋の上から見たところです。
 すでに大きなビルが建てられていて、古墳の跡地らしき高まりは感じることはできません。


「原宿の前方後円墳」4

 後円部の中央のあたり。
 やはり、古墳の存在を立証できるような痕跡を見つけるのは難しいようですね。
 このへんは都会だし。


「原宿の前方後円墳」5

 後円部の中央のあたりから南東を見たあたり。
 後円部の東側は駐車場になっていて、駐車場側が一段低くなっています。


「原宿の前方後円墳」6

 唯一、古墳の痕跡と言えるものがあるとしたら、やはりこの道路の形状でしょうか。
 後円部からくびれ部、前方部に沿うように道路がカーブしています。
 左手前が後円部。奥が前方部という状況です。


「原宿の前方後円墳」7

 くびれ部のあたりで見られる謎の段差。
 かつては高低差があったんですね。おそらく。
 まさか後円部の痕跡では。。。


「原宿の前方後円墳」8

 前方部の北東角のあたり。
 小公園になっています。


「東郷神社」

 最後は東郷神社に参拝。
 この日はこの後、渋谷区立中央図書館で閉館時間まで粘って調べてみましたが、残念ながら前方後円墳の存在の記録はなし。現在は開発により消滅してしまったものの、東京都内にもかつては膨大な数の古墳が存在したはずですが、こうまで都市化が進んでしまうと確かめようがないですよね。。。

 あったと思うなー。前方後円墳。

 次回も、渋谷区内での妄想に続く。。。

<参考文献>
建築工芸協会『建築工芸叢誌』
東京都渋谷区『渋谷区史』

Special thanks to ruru


人気ブログランキングへ

  1. 2020/02/27(木) 20:58:42|
  2. 渋谷区の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (10)
足立区/その他の古墳・塚 (19)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (13)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (19)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (10)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (16)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木久が原古墳群 (11)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (8)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (5)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (37)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (7)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (52)
横浜市の古墳・塚 (11)
相模原市の古墳・塚 (14)
宇都宮市の古墳・塚 (21)
上三川町の古墳・塚 (0)
壬生町の古墳・塚 (5)
下野市の古墳・塚 (0)
小山市の古墳・塚 (0)
栃木市の古墳・塚 (0)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
埼玉県の古墳・塚 (13)
千葉県の古墳・塚 (1)
群馬県の古墳・塚 (8)
ぐんま古墳カード (12)
茨城県の古墳・塚 (5)
長野県の古墳・塚 (6)
福島県の古墳・塚 (3)
東京の一里塚 (22)
東京の庚申塔 (5)
未分類 (12)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR