古墳なう

ご〜ご〜ひでりんの古墳探訪記

「保木間富士」

「保木間富士」

 画像は、足立区西保木間にある「氷川神社」を南から見たところです。
 この神社の祭神は、須佐之男命、豊受姫命、菅原道真が祀られています。創建は明らかではないようですが、中世のこの地は、関東の豪族千葉氏の陣屋跡と伝えられており、妙見社が祀られ、のち天神を祀る菅原神社となったといわれています。
 この氷川神社前を東西に通るのは「流山道」で、この道が戦国時代以前に成立していたことや、当地に千葉氏の陣屋跡があったことから、慶長年間(1596年頃)以前ni
宝積院と時期を同じくして創建されたと考えられているようです。古くは天神社と称していましたが、明治5年に伊興氷川神社から分離して保木間氷川神社と称し、保木間村の鎮守となっています。
 この神社の境内には「保木間富士」と呼ばれる富士塚が現存しています。


「保木間富士」

 画像は、「保木間富士」を南から見たところです。
 富士塚のはずなのに鳥居の額に「榛名神社」とあることから不思議に思っていましたが、この富士塚は明治9年(1876)、土地の榛名講が築いた塚を、その後に富士塚として転用するという珍しい事例であるようです。
 昭和の頃までは、田圓の中に所在する塚だったようですが、現在は西側には小学校の校舎がせまり、氷川神社社殿との間で小さくなっています。田園に残されていた古墳を流用して榛名神社を祀った、というようなことはなかったのでしょうか。ちょっと気になる富士塚です。。。


「保木間富士」

 南西から見た保木間富士です。
 この神社は、あの足尾銅山鉱毒事件で知られる田中正造氏が被害住民と出会った場所としても知られているようです。敷地内には、足立区教育委員会による説明板が設置されており、次のように書かれていました。

 田中正造と保木間の誓い

 一八九〇年代に発生した足尾銅山鉱毒事件は近代
史上で特筆される公害事件である。一八九八年(明
治三一)九月群馬県邑楽郡・栃木県安蘇郡等の被害
住民三〇〇〇人が鉱毒被害を訴えるため上京した。
被害問題に取り組んだ田中正造(当時衆議院議員)
は、同年九月二十八日、上京する被害住民とここ保
木間氷川神社で出会い、鉱毒問題の解決に努力する
という演説を行い、被害住民を帰郷に導いた。この
時被害住民たちは涙して演説を聞いたといい、これ
を保木間の誓いという。
 当時東京府南足立郡淵江村だったこの地では、村
長坂田正助と村会議員が、上京途中憲兵や騎馬警官
による阻止・排除を受けた被害住民に、炊き出しを
行って出迎え、被害住民と共に正造の演説を聞いた
(「田中正造日記」)。こうした被害住民への支援は渕
江村の人々と被害住民の農民同士の連帯感によって
支えられていたという。
   平成十年九月
            東京都足立区教育委員会


<参考文献>
日本常民文化研究所『富士講と富士塚』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2017/11/16(木) 00:36:46|
  2. その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「島根富士」

「島根富士」

 画像は、足立区島根4丁目にある「鷲神社(わしじんじゃ)」です。
 この神社の祭神は日本武尊、誉田別命、国常立命で、末社に三峰社、客殿等があります。古代に、日本武尊が海岸線の近くにあったこの場所に着いたことから浮島明神として祭祀し、文保2年(1318)に武蔵国足立郡島根村の鎮守として中興され、大鷲神社と唱えたといわれています。昭和31年9月に氏子中の寄進により社殿が再建され、境内の整備も行われています。
 祭礼時に神楽殿で奉納される島根ばやしが昭和57年12月に、島根神代神楽が同63年11月に足立区の登録無形文化在西呈されています。また、千住四丁目の石工、保永助七の手による享和2年(1802)在銘の明神型石像鳥居は、昭和60年11月に足立区の登録有形文化財(建造物)に指定されています。
 そして、境内には「島根富士」と呼ばれる富士塚が現存します。


「島根富士」

 画像が鷲神社境内に所在する「島根富士」です。 
 この富士塚について、塚の前に建てられている富士塚碑には次のように書かれていました。

富士塚
富士は日本一の山 日本人の心の古里である。
今でこそ登山が日常化してはいるが昭和の初め白装に身を固め「六根清浄」を唱えた乍ら 信仰の山 最高の修行の道場としてあがめられていた富士山 当時の神國日本の尊い山であった。
島根の若者が「十三夜同行」として先達富岡小三郎氏に引率されて 何人もの人が島根富士講から出発している 村ではその帰着に合せて牛車に万燈を仕立て島根ばやしのおはやし入で村中の人が迎えに出た 千住大川町の氷川神社まで往きは子供達が大勢乗り込んで帰りは「六根から来る一切の迷いを断ち切って心身清らかに」なった島根の若者が行者姿も凛しく仕立の牛車に乗せて鷲神社迠帰った 富士塚に無事帰着の報告祭を行った 登山で日焼した若者達がまるで修行を積んだ聖人の様に私達子供の目にうつった。
先達の富岡氏が鷲神社に残してくれた神社の富士塚も幾星霜経て破損がひどく この際復元した方が良かろうと云ふ事になり 七月一日浅間祭までに工事を完了するべく地元有志の献身的な奉仕を頂き 此々に完成に至る。
昭和六十三年七月一日
氏子中



「島根富士」

 山頂に祀られている祠のようす。
 この富士塚もどうやら古墳とは関係ないようです。。。

<参考文献>
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2017/11/15(水) 00:55:54|
  2. その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「浅間神社塚遺跡」

「浅間神社塚遺跡」

 画像は、足立区西新井6丁目にある「浅間神社」を東から見たところです。この神社の祭神は木花開耶姫命で、社殿の中には富士山をかたどった石の彫刻を神体として祀っているそうです。寛永15年(1638)に富士講中が土地を寄付してそこに富士山本宮浅間大権現を勧誘したのが始まりとされています。

 昭和57年度から59年度にかけて東京都教育委員会が実施した東京都心部遺跡分布調査では、古地図を検討することにより当時すでに消滅していた古墳の位置の復元が行われており、この調査結果が掲載されている『都心部の遺跡』にはこの塚について、墳形の項で「円墳?」としながらも、所見、備考の項では「1万分の1地形図(昭和12年)に墳丘が認められる。墳丘は削平がいちじるしい。頂部に祠を置く。古墳とするよりも塚である可能性が高い。」と書かれています。どうやらこの調査の時点では、学術的な調査は行われていないという状況の中、塚の可能性が高いと考えられているようです。


「浅間神社塚遺跡」

 角度を変えてみて見ると、現在もわずかな塚状の盛り上がりが見られるようですが、かなり削平されて小さくなっているようです。ネット上で公開されている『東京都遺跡地図情報インターネット提供サービス』ではこの塚は、「浅間神社塚遺跡」の名称で足立区の遺跡番号26番の遺跡として登録されおり、古墳ではなく「中世から近世の塚?」として登録されているようです。やはり古墳とは考え難い塚かもしれませんね。。。


「弁天様」

 さて、画像は、浅間神社塚の見学後に足立区西新井栄町2丁目の環七沿いを歩いていて偶然見かけた、塚状のマウンド上に祀られた祠です。この塚について書かれている文献はまったく見つけることは出来なかったのですが、地元の人にお聞きしたところでは、この一帯は、元々は環七を挟んで向かい側のこの地域の地主さんの屋敷神だったという祠で、祀られているのは弁天さまであるようです。
 ぶらぶらと街を散策していると、こうした正体不明の塚に遭遇することも少なくないのですが、なかなか塚の性格までは判らないことも多く、気になる存在です。『東京都遺跡地図』ではこの地域は遺跡として登録されていないようなので、学術的な調査は行われていないのかもしれません。。。

<参考文献>
東京都教育委員会『都心部の遺跡』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』
足立区教育委員会『ブックレット足立風土記② 西新井地区』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/11/14(火) 01:30:37|
  2. その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「綾瀬富士」―足立区登録有形民俗文化財―

「綾瀬富士」―足立区登録有形民俗文化財―

 画像は、足立区綾瀬4丁目にある「綾瀬稲荷神社」を西から見たところです。
 創建は慶長19年(1614)といわれるこの綾瀬稲荷神社の祭神は宇迦之御魂命です。江戸時代から五兵衛新田の鎮守で、当時は稲荷社と呼ばれていました。明治7年(1874)に五兵衛神社と改称、その後、終戦後に周囲の住居表示が「綾瀬」となったことから、昭和42年(1967)に現在の名称に改称されたそうです。
 この神社の境内には「綾瀬富士」と呼ばれる富士塚が所在します。


「綾瀬富士」―足立区登録有形民俗文化財―

 画像は、「綾瀬富士」を南東から見たところです。
 敷地内に設置されている説明板には次のように書かれています。

 綾瀬 稲荷神社富士塚
              綾瀬四ー九ー九
 この富士塚は、神社境内右手南側にあったが、
昭和二年に現在地に移築された。
 塚は、溶岩で固めた岩山であり、高さが約二
メートルある。
 富士塚の頂上には、浅間社を祀つる祠が安置
され、裏面に昭和二年七月一日の銘がある。
 塔碑のうち、明治四十二年七月、山包丸渕講
中の碑は、先達金子五兵衛外世話人によって献
碑されたものである。最も新しい碑は山包綾瀬
講富士登山記念碑で、昭和三十六年七月に建立
している。
 講社は、はじめ山包丸渕講といい、この地の
旧名称渕江領の頭文字を丸で囲み、丸渕といっ
た。農民を中心に綾瀬村で結成された。江戸時
代より農民に広まった富士山信仰を伝えるもの
としてこの富士塚を昭和五十八年十二月に、ま
た、山包丸渕富士講関係資料一式を昭和六十二
年十一月に、それぞれ区登録有形民俗文化財と
した。
 平成五年三月
             東京都教育委員会



「綾瀬富士」―足立区登録有形民俗文化財―

 南から見た綾瀬富士です。
 この富士塚も古墳とは無関係かもしれませんね。。。

<参考文献>
日本常民文化研究所『富士講と富士塚』
足立区教育委員会『ブックレット足立風土記⑥ 綾瀬地区』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2017/11/12(日) 23:35:09|
  2. その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「五反野富士」―足立区登録有形民俗文化財―

「五反野富士」―足立区登録有形民俗文化財―

 画像は、足立区足立3丁目にある「西之宮稲荷神社」を南西から見たところです。
 この神社の祭神は、宇迦之御魂命・須佐之男命です。江戸時代後期までは、弥五郎新田に東之宮、本田之宮、西之宮の3つの稲荷神社と氷川神社があったといわれ、明治3年(1872)に東之宮を合祀、また、荒川放水路開削により弥五郎新田中央に位置した鎮守稲荷神社を大正元年に合祀、これ以降、西之宮は弥五郎新田の総鎮守となりました。
 社殿は昭和20年(1945)5月の空襲で焼失しましたが昭和30年(1955)9月氏子中により再建。境内に所在する浅間神社の富士塚は富士山岳信仰を伝えるものとして昭和57年(1982)11月に足立区の登録有形民俗文化財となっています。

 訪れたのは、良くはれた秋のお休みの日でしたが、自転車で遊びにきた子供達が境内を走り回っていて、なんだか懐かしい感じのする、とても感じの良い神社でした。


「五反野富士」―足立区登録有形民俗文化財―

 画像が、「五反野富士」を南西から見たところです。
 前回紹介した、大正2年の荒川放水路工事のために破却された「川田富士(現在の大川富士)」の分霊を、ここの講がお迎えして塚を築いたという、大川富士の弟分ともいえる富士塚です。甲州からボク石を貨車で五台取り寄せ、総経費は当時の六百五十二円で、講員約500人の協力により2ヶ月がかりで築造されたとされています。
 塚の前には池があり、大蛇が棲むといわれていたそうですが、池は昭和40年頃に埋められてしまったようです。


「五反野富士」―足立区登録有形民俗文化財―

 富士塚のようすです。
 塚への入り口の扉は閉められているので、登拝することは出来ないようです。

<参考文献>
日本常民文化研究所『富士講と富士塚』
足立区教育委員会『ブックレット足立風土記⑥ 綾瀬地区』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2017/11/11(土) 22:19:01|
  2. その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カテゴリ

足立区 (14)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (10)
葛飾区 (13)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (10)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (11)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (6)
墨田区 (3)
江戸川区 (0)
練馬区 (7)
豊島区 (2)
文京区 (8)
杉並区 (17)
中野区 (17)
新宿区 (17)
千代田区 (7)
目黒区 (8)
渋谷区 (18)
港区 (4)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (94)
田園調布古墳群 (34)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (54)
都指定史跡 野毛大塚古墳 (0)
野毛古墳群 (13)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (6)
その他の古墳・塚 (11)
三鷹市 (4)
狛江市 (43)
狛江古墳群-和泉支群 (17)
狛江古墳群-岩戸支群 (3)
狛江古墳群-猪方支群 (23)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (55)
国領南古墳群 (2)
下布田古墳群 (16)
上布田古墳群 (7)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (11)
府中市 (77)
史跡 武蔵府中熊野神社古墳 (2)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
府中市内の塚 (10)
国立市 (24)
下谷保古墳群 (12)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (9)
立川市 (14)
稲城市 (0)
多摩市 (4)
和田古墳群 (4)
多摩市内の塚 (0)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (10)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (47)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (16)
日の出町 (2)
青梅市 (11)
古墳空白地域 (19)
西東京•清瀬•東久留米市 (0)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (7)
福生市•羽村市•瑞穂町 (12)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
宇都宮市•鹿沼市 (0)
壬生町•上三川町 (5)
群馬県の古墳 (0)
茨城県の古墳 (5)
神奈川県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
長野県の古墳 (6)
未分類 (2)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR