fc2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「無名塚」

「無名塚」

 昭和7年 (1932)に発行された『三河島町郷土史』には、旧三河島村と町屋村における当時所在のわかる16ヶ所(21基)の塚が記載されています。同書には旧番地ながらも当時の所在地が記してあるので、おおよその跡地を推定する事が出来ます。

 『三河島町郷土史』によると、旧大字三河島千住南江川にも1基、名称のない塚が所在したとされており、この塚の所在地に当時の番地までは書かれていないものの「千住南板紙工場材料置場に編入されて取り潰された」と書かれています。古地図で確認すると画像の道路の右側の集合住宅のあたりが「板紙会社倉庫」となっているのですが、こちらは南足立群千住町字管谷にあたり、住所が違います。同書による三河島千住南江川とは画像の左右の道路の間の区画であるようですが、この区画はかなり広く、塚の正確な所在地を推定するには至りませんでした。

 この地点を掲載する画像に選んだのは、人文社より発行されている明治40年の『北豊島郡 日暮里村•三河島村•尾久村 全図』の復刻版のちょうど画像の地点に鳥居のマークが描かれていたからですが、墳丘上に神社が祀られていたかどうかは定かではありません。。。

<参考文献>
荒川区立荒川ふるさと文化館『三河島町郷土史』

  1. 2014/08/06(水) 01:38:35|
  2. 荒川区/町屋-三河島 微高地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「村犬塚」

「村犬塚」

 昭和7年 (1932)に発行された『三河島町郷土史』には、旧三河島村と町屋村における当時所在のわかる16ヶ所(19基)の塚が記載されています。同書には旧番地ながらも当時の所在地が記してあるので、おおよその跡地を推定する事が出来ます。
 「村犬塚」は現在の荒川3丁目辺りに所在したとされる塚で、『三河島町郷土史』の335ページにはこの村犬塚について「之れも塚上に人家が稠密して所在は判然とせぬが、前者は町屋243番地にあり、四坪餘の一小丘をなし、村内にて死亡したる犬を葬る所であり、後に之れを塚となし村犬塚と呼ぶ様になつたと云ひ」と書かれています。ここで問題なのがこの村犬塚の所在地なのですが、上記のように本文中には町屋243番地と書かれているのに対して、同書330ページの表には町屋223番地と書かれており、どちらが正しい所在地であるのかわかりません。東京都荒川区教育委員会より刊行されている『荒川(旧三河島)の民俗』ではこの塚の所在地を243番地としているようですが、塚が消滅してしまった現在、正確な推定地はわからなくなってしまっているようです。

 画像は、『荒川(旧三河島)の民俗』で村犬塚の推定地としている、旧大字町屋243番地と思われる地点を南から見たところです。ちなみに所在地を推定するにあたっては、人文社より発行されている明治40年の『北豊島郡 日暮里村•三河島村•尾久村 全図』の復刻版と、荒川ふるさと文化館より発行されている大正14年の『東京府下三河島町日暮里町全図』の復刻版を参考にしました。画像中央の路地の奥が旧243番地であると思われますが、特に塚の痕跡らしいものは見られませんでした。


「村犬塚」

 画像は、旧大字町屋223番地と思われる周辺です。

『三河島町郷土史』の229ページに掲載されている「塚十九ヶ所」の項では、三河島の「庚申塚」の所在地を「三河島243番地」としているので、ひょっとしたら本文中の「村犬塚」の所在地の町屋243番地が間違いで、330ページの塚の一覧表に書かれている町屋223番地が正解なのでは?と考えました。
 旧大字町屋243番地と思われる周辺には特に塚の痕跡も見当たりませんでしたが、旧223番地が含まれると思われる区画には画像のように鳥居と祠が祀られている民家も見られます。祠と「村犬塚」との関係は不明ながら、223番地が怪しいのではないかなとも思います(根拠がないも同然ですね)。。。

<参考文献>
荒川区立荒川ふるさと文化館『三河島町郷土史』
東京都荒川区教育委員会『荒川(旧三河島)の民俗』

  1. 2014/07/30(水) 23:55:01|
  2. 荒川区/町屋-三河島 微高地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「下尾久石尊」

「下尾久石尊」

 画像は、荒川区東尾久6丁目にある「下尾久石尊」を南東から見たところです。

 この石尊は、暦応年間(1337〜1342)の頃、しばしば起こる地震に不思議に思った村人がこの地をたずねたところ、二尺(約60cm)程の異形な石二つが地中より現れ、里人が石神と崇めて祀るようになったといわれています。「出世石尊」と呼ばれるこの石尊は、掘っても掘っても掘り返すことが出来ないといわれており、また南千住6丁目の素盞雄神社の富士塚上にある「瑞光石」と地面の下で繋がっているともいわれているなど、多くの伝説が残されているようです。

 江戸時代の地誌、『新編武蔵風土記稿』にはこの石尊様は「阿遮院持」と記載されており、関東大震災の時にその阿遮院から発見された「石尊縁起」には次のように書かれていたそうです。

 「慶応年間の頃不思議なる哉此地折々震動して龍燈夜々立登りければ里人あやしく思ひ茅野をわけて尋ぬれば異形なる石地より二尺許生へ立ちしを見つけ祀りて石神と称へ置きたり、其後太田道灌の臣高木隼人は六十一歳の時釈子の門に入り僧名を灌教と名乗り常に神仏を敬拝し信心堅固の人なりしが偶々霊夢を受けて我はもろもろの衆生災難病苦をすくひ出世の衆生を守護し善男女の為地より出現せりと御告を蒙り即ち道教入道其の地を尋ねみれば地より二尺許り出でし異形なる石二つあり入道之を排し是大慈大悲の垂跡なるべしと信じ石の後ろへ一樹を植ゑ注連を引き出世石尊大権現と勧請し奉り二間四面の玉垣を造りしが感応の利益多かりければ灌教入道崇敬し里人鎮守と迎奉し奉る其社より南に当り蓮華寺と申す一字あり本尊は阿遮羅明王なり此尊像は良弁僧都の作にしてあらたかなり、此寺即ち出世石尊別当にしてこれより阿遮羅山蓮華寺阿遮院と号し遺所無双の霊仏となる誰人も敬せざらんや
  元禄二巳年二月 武州豊島郡下尾久村別当阿遮院(『隅田川とその両岸 補遺(下巻)』34〜35ページ)」



「下尾久石尊」

 普段はお堂の扉は閉じられているようですが、扉の小さな穴から内部を覗くことが出来ます。現在ではこの石尊様は房州石であると考えられており、古墳の石材の一部である可能性が指摘されていますが、果たして石尊様が所在するこの地点に古墳が存在していたのか、それとも別の場所から持ち込まれたものなのかは不明です。ちなみに、「砂利塚」などの古墳が存在していたといわれる「十三坊塚」からは極めて近距離に当たります。
 「掘っても掘っても掘り返すことが出来ない」という言い伝えが残されているあたりは葛飾区に所在する「立石様」に伝わる伝説と似ているように思いますが、その立石様も調査の結果、周辺に存在した古墳の石室の構築石材ではないかと考えられています。この石尊様も、かつて周辺に存在した古墳の石材が持ち込まれた可能性も高いかもしれません。


「下尾久石尊」

「下尾久石尊」

 『あらかわ区報Jr.』には、この石尊様の不思議な伝説が掲載されています。
 「昔々、下尾久村の裏の田んぼに鷺が住んでいた。この鷺、相撲が好きで夜な夜な人に化けて出て、村の若者に相撲を挑んでは投げ飛ばし、通行の邪魔をして村人を困らせていたそうだ。一人の武士が、これを退治しようと、迫ってきた鷺の怪物に斬りつけたところ、したたかに石尊さんに斬りつけてしまった。石尊さんに斜めに入っている傷跡は、その時付いた太刀の切り傷だといわれているんだ。このお話に出てくる鷺の怪物は、石尊さんだったんだね。(『あらかわ区報Jr.』平成20年(2008)年 9月17日号 4ページ)


「下尾久石尊」

 敷地内には、元禄11年(1698)11月吉祥日の紀年銘がある庚申塔も残されています。

<参考文献>
東京都荒川区『荒川区史 上巻』
学生社『荒川区史跡散歩』
芳洲書院『隅田川とその両岸 補遺(下巻)』
東京都荒川区教育委員会『尾久の民俗』
現地説明版

  1. 2014/07/20(日) 02:48:02|
  2. 荒川区/町屋-三河島 微高地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「山吹塚」

「山吹塚」

 画像は、京成町屋駅の東側、荒川区荒川7丁目にある「泊船軒」を東から見たところです。この寺内に「山吹塚」の碑があり、太田道灌の言い伝えが残されています。

 『新修荒川区史 上』にはこの道灌の伝説について、次のように書かれています。


 三河島七丁目の泊船軒の寺内に山吹塚という塚がある。太田道灌一日放鷹に興じていると、急雨頻りに降り来つたので、路傍の農家に入つて蓑を借ろうとした時、内から一人の少女が出できて、無言の儘に山吹の花を捧げた。道灌は少女の意を悟り得ず、憤り帰つて近臣にことの由を告げた。家臣の一人に「七重八重花は咲けども山吹の実の(蓑にかけた)一つだになきぞ悲しき」の歌の心をもつて答えたものがあって、道灌はこれから和歌の道を学ぶようになつたという。少女は「後拾遺集」に中務卿兼明親王の詠として、

  小倉の家にすみはべりける頃、雨のふりける日、蓑かる人のはべりければ、山吹の枝を折てとらせはべりけり。心もえでまかりすぎて、またの日山吹のこころもえざりしよしいひおこせてはべりける返事にいひつかはしける。

と出ている先の歌の心をもつて答えたのであつた。文武の嗜深かった道灌が、その歌の心を解き得なかつたというのはおかしいが、この伝説は不思議と人気があつて、諸所にその遺跡と称する場所がある。三河島町の花の木の地もその一つで、当時この付近に居住していた土豪高畑三左衛門の娘が、山吹の花を太田道灌に捧げたと伝えられている。今も荒川沿岸に三左衛門河岸の名が残つており、小字に高畠の名が残つているところから見て、その昔この地の豪家に高畠三左衛門という人の居つたこと事実であろう。そのまな娘に纏る伝説として、優雅な佳話の語り伝えられたことをゆかしいと思う。(『新修荒川区史 上』687〜688ページ)

 豊島寛彰著『隅田川とその両岸 補遺(中巻)』では、この説話は作り話であり以前の住職が名所作りをして寺名の宣伝に資したのであるとしていますので、どうやらこのお話は史実ではないのかもしれませんが、不思議と良い話だなあと思えてしまいますね。


「山吹塚」

 このお寺の山門を入った左手にあるのが、画像の「山吹塚」です。元あった塚は完全に消滅しており、周囲の開発により現在の場所に移動しているようですので、この地点が塚の跡地というわけではないようです。

<参考文献>
芳洲書院『隅田川とその両岸 補遺(中巻)』
学生社『荒川区史跡散歩』
東京都荒川区教育委員会『荒川(旧三河島)の民俗』
現地説明版

  1. 2014/06/27(金) 01:36:40|
  2. 荒川区/町屋-三河島 微高地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「蛇塚」

「蛇塚」

 画像は、荒川区西日暮里1丁目にある「蛇塚」を南から見たところです。

 往時は周囲に広がる田畑の中に存在していたといわれる「蛇塚」ですが、現在は開発により塚は削平され、住宅街の一角に石碑のみがひっそりと残されています。敷地内には荒川区教育委員会による説明板が設置されており、次のように書かれていました。


   蛇塚

 新堀村字蛇塚と呼ばれたこの地は、江戸時代は
新堀村と谷中本村との入会地で、塚は両村の境に
位置していた。蛇塚という字名は、この塚に由来
する。
 文政十一年(一八二八)年成立の江戸時代の地誌
『新編武蔵風土記稿』には「蛇塚 陸田の内にあ
り」と記されており、昔は田畑の中に祀られてい
たことが分かる。
 現在の碑は、大正の初めに折田長次郎氏によっ
て再建されたもの。蛇塚の名称を後世に残すため
に建てられたという。「蛇塚弁財天」として祀ら
れている。
              荒川区教育委員会


「蛇塚」

<参考文献>
東京都荒川区教育委員会『日暮里の民俗』
現地説明版

  1. 2014/06/25(水) 00:59:42|
  2. 荒川区/町屋-三河島 微高地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「無名塚」

「無名塚」

 昭和7年 (1932)に発行された『三河島町郷土史』には、旧三河島村と町屋村における当時所在のわかる16ヶ所(21基)の塚が記載されています。同書によると旧大字町屋字荒川附にも1基、名称のない塚が所在したとされており、その所在地は荒川附1590番地であると書かれています。
 この周辺は当時と比べて大きく地形が変わっているため塚の正確な所在地は推定することは難しく、あまり深追いはしなかったのですが、大雑把に大体このあたりかなと思われるのが画像の荒川区町屋7丁目、「荒木田東」交差点の辺りです。周囲を散策しましたが特に塚の痕跡らしいものも見当たらず、残念ながら塚は完全に消滅しているようです。


「十三坊塚」説明板

 西に1km程の「尾久の原」と呼ばれたあたりには古墳群ではなかったかと考えられている「十三坊塚」と呼ばれる塚があり、江戸時代には12基が、また大正時代に入っても8基が残されていたという記録が残されています。おなじ隅田川沿いに所在したこの無名の塚が古墳であった可能性もあるかもしれません。。。
 

「荒木田の原」説明板
 
 南に200m程進むと「荒木田の原」と呼ばれたあたりに、荒川区教育委員会による説明板が設置されています。荒川区内では史跡や文化財の説明板が数多く目についた気がしますが、思わぬところに立てられている説明板を発見するのも楽しみのひとつかもしれません。


「ハンノキ山」説明板

 更に南に進むと、「草履塚」が所在したとされる「榛の木(はんのき)山」があったところで、「荒川区立第五中学校」の校門前に説明板が設置されています。周辺には「三つ塚」と呼ばれる3基の塚が所在したともいわれています。

<参考文献>
荒川区立荒川ふるさと文化館『三河島町郷土史』
東京都荒川区教育委員会『荒川(旧三河島)の民俗』

  1. 2014/06/22(日) 02:56:19|
  2. 荒川区/町屋-三河島 微高地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「水塚」

「水塚」

 正保2年(1645)3月、村内の百姓である与次右衛門が一夜の霊夢により観音の像を鋳造して、「水塚」と称して小堂に安置したのが「清水観音堂」です。かつては江戸三十三観音の第三札所となり三河島の名所として知られていたそうで、多くの参拝人で賑わったといわれています(清水観音堂とは開創の清水の姓をとったからで、「きよみず」ではなく「しみず」と呼ぶのだそうです)。その後、この清水観音堂は次第に荒廃して、昭和60年頃に境内が整理されたことによりお堂もなくなり、現在は残された敷地の一部に清水家の墓塔と庚申塔が建立されているそうです。

 画像が、その水塚が所在したとされる、荒川区荒川2丁目にある清水観音堂の跡地を東から見たところです。昭和7年 (1932)に発行された『三河島町郷土史』によると、当時所在が判明する19ヶ所の塚のうちの1基として「水塚」を記載しており、「水塚は今の役場北隣、観音堂の地がそれである。」と紹介しています。すでに周囲は開発により宅地化され、残念ながら塚も削平されているようです。。。

<参考文献>
荒川区立荒川ふるさと文化館『三河島町郷土史』
芳洲書院『隅田川とその両岸 補遺(中巻)』
東京都荒川区教育委員会『荒川(旧三河島)の民俗』

  1. 2014/06/18(水) 01:59:09|
  2. 荒川区/町屋-三河島 微高地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「三山塚」

「三山塚」
 
 昭和7年 (1932)に発行された『三河島町郷土史』には、旧三河島村と町屋村における当時所在のわかる16ヶ所(21基)の塚が記載されています。同書には旧番地ながらも当時の所在地が記してあるので、おおよその跡地を推定する事が出来ます。
 画像は、荒川区荒川3丁目にある「浄正寺」を西から見たところです。『三河島町郷土史』にはこの周辺に所在したとされる「三山塚」について、「三山塚は法界寺と浄正寺の間に突起する三つの小丘がそれである」と書かれており、周辺に多くの塚が存在したことを伺うことが出来ますが、その所在地はわからなくなっているようです。
 かつては法界寺の裏あたりを「三山」と称していたそうで、昭和11年の町会名にも「三山会」とあり、また明治通りに面したところに戦前まで「三山倶楽部」という演芸場が所在したそうです。現在この周辺は宅地化されており、塚の痕跡は残されていないようです。


「三山塚」

 「浄正寺」の敷地内には「茶筌塚」と刻まれた石碑が立てられていました。


「三山塚」

 画像は、浄正寺の敷地内にある「三河島観音(三河島事故慰霊碑)」です。

 昭和37年5月3日、ゴールデンウィークの連休の真っ只中に事故は起こりました。多くの行楽客を乗せた上野発取手行き六両連結の電車に、信号を無視した田端発45両編成の貨物列車が車止めに乗り右に傾いて接触、国電2両と貨物列車、機関車も脱線します。乗客は暗闇の中、避難しようと先をあらそって土手に降りましたがその1分後、この事故に気がつかない取手発上野行きの列車がこの下り列車に突っ込んでしまいます。死者166名、重軽傷者151名という「国電三河島事故」はこのようにして起こったそうです。事故による死傷者は真土小学校に収容され、遺体はこの浄正寺に運ばれたそうで、その後の事故直後の現地での慰霊祭、そして一周忌の追悼式も浄正寺で行われています。
 本堂前のこの慰霊碑は、事故の一周忌に建てられているそうです。。。
 
<参考文献>
荒川区立荒川ふるさと文化館『三河島町郷土史』
芳洲書院『隅田川とその両岸 補遺(中巻)』
東京都荒川区教育委員会『荒川(旧三河島)の民俗』

  1. 2014/06/15(日) 03:47:15|
  2. 荒川区/町屋-三河島 微高地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「雉子塚」

「雉子塚」

 昭和7年 (1932)に発行された『三河島町郷土史』には、旧三河島村と町屋村における当時所在のわかる16ヶ所(21基)の塚が記載されています。同書には旧番地ながらも当時の所在地が記してあるので、おおよその跡地を推定する事が出来ます。
 画像は、荒川区町屋2丁目にある「第四峡田小学校」を南から見たところです。この敷地内に所在したとされる「雉子塚」も同書に紹介されている塚のうちの1基で、「往古、塚の上に雉子が多く棲んでゐたる爲、里人之れを雉子山と唱へたのであると云ふ。此の雉子山は最近までその痕跡が残つていたが、大正十四年第四小學校創立の祭に敷地内に編入され、取り潰された。」と書かれています。残念ながらこの雉子塚も削平されて残されていないようです。


「雉子塚」

 敷地内には大きな築山が築かれています。これは雉子塚ではなく後に造られた築山であるようですが、見かけた時にはビックリしました!

<参考文献>
荒川区立荒川ふるさと文化館『三河島町郷土史』
東京都荒川区教育委員会『荒川(旧三河島)の民俗』

  1. 2014/06/12(木) 01:49:51|
  2. 荒川区/町屋-三河島 微高地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「草履塚」

「草履塚」

 尾久と千住の間、町屋8丁目と同1丁目の一帯はかつては荒木田の原といわれ、江戸時代後期のころは郊外の散策地として知られていたそうです。特にスミレやレンゲ草などが一面に咲き誇る絶景であったそうで、文政10年(1827)に刊行された『江戸名所花暦』にも紹介されています。この荒木田の原の南側、現在の荒川区立第五中学校の敷地から隅田川にわたったあたりに「榛の木(はんのき)山」があり、そこに「草履塚」と呼ばれる塚があったとされています。

 画像は荒川区町屋1丁目にある「区立第五中学校」を西から見たところです。この五中の校門の前には荒川区教育委員会による説明板が設置されており、「榛の木山」について次のように書かれています。

   ハンノキ山
 区立第五中学校(町屋1-37)から都下水道局
の町屋ポンプ所にいたる、隅田川に沿った一帯は
かつて「ハンノキ山」と呼ばれた。
 ハンノキとはハリキリの変化した語、元来山野
の湿地に生息する落葉高木で、高さ15メートルほ
どになる。
 隅田川沿岸のハンノキの林は、護岸を目的に江
戸時代に植えられたともいわれる。
 昭和の初めころまでこの付近には、数十本のハ
ンノキが残っていた。小川や水溜まりには小魚や
カニ、蛙といった生き物がたくさんおり、子供た
ちにとっての格好の遊び場だった。
              荒川区教育委員会


 この説明板には塚についてはふれられていないようですが、『隅田川とその両岸 補遺(下巻)』に町の古老の話として「榛の木山付近は一面の葦の原で、加賀千代の伝えがある草履塚と呼ぶ塚があり、博徒が博打をうっていたこともある。榛の木山はかなりの森で木は二千本から二千五百本位あり、根が張り、天保持代に護岸のために植えたといわれている」と書かれており、また別の古老の話として「子供のころ脱いだ着物を草履塚の上に置いて隅田川で水遊びをよくした。塚の上の碑に俳句がきざんであって、何でも加賀千代の死体が流れ着いた所との言い伝えである」とも書かれています。


「草履塚」

 同じ隅田川沿いでは、尾久の「十三坊塚」が古墳であった可能性が指摘されており、また千住の素盞雄神社に所在する「瑞光石」も古墳の石材ではないかといわれており、この「草履塚」を含めた町屋や三河島に存在した多くの塚が古墳であった可能性も考えられるかもしれませんが、現在は開発が進み、榛の木山も草履塚もその位置すらわからなくなっています。

<参考文献>
芳洲書院『隅田川とその両岸 補遺(下巻)』
学生社『荒川区史跡散歩』
東京都荒川区教育委員会『荒川(旧三河島)の民俗』
現地説明版

  1. 2014/06/07(土) 02:18:52|
  2. 荒川区/町屋-三河島 微高地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (10)
足立区/その他の古墳・塚 (19)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (9)
北区/飛鳥山古墳群 (9)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (28)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (6)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (19)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (10)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (16)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木久が原古墳群 (13)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (8)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (37)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (14)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (33)
狛江市/その他の古墳・塚 (24)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (37)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (7)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (52)
横浜市の古墳・塚 (11)
相模原市の古墳・塚 (15)
那須町の古墳・塚 (1)
大田原市の古墳・塚 (14)
那珂川町の古墳・塚 (4)
宇都宮市の古墳・塚 (43)
鹿沼市の古墳・塚 (13)
壬生町の古墳・塚 (5)
上三川町の古墳・塚 (17)
下野市の古墳・塚 (5)
栃木市の古墳・塚 (0)
埼玉県の古墳・塚 (46)
千葉県の古墳・塚 (1)
群馬県の古墳・塚 (22)
ぐんま古墳カード (12)
茨城県の古墳・塚 (5)
長野県の古墳・塚 (6)
福島県の古墳・塚 (3)
東京の一里塚 (23)
東京の庚申塔 (5)
未分類 (13)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR