FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「無名古墳と気になるその周辺」

「無名古墳?」

 昭和35年(1960)当時、狛江町全域で行われた古墳の分布調査により作成された「狛江古墳群地名表」には、計137基の古墳が掲載されています。この中には、名称のない古墳や、所在地すら書かれていない無名古墳も存在しますので、すべての古墳を追い求めるのはナンセンスなのですが、おおよその跡地が特定できた古墳については、一応ぶらりと廻ってみたとこがあります。
 (ちなみに、狛江までは私の脚で休みなく自転車で飛ばすとだいたい30~40分というところで、ぶらぶらして暗くなるまでに帰ってくるというのが本当に良い運動になるのですが、市内には古道がそのまま残されているような道路が比較的多いし、お地蔵様や庚申塔といった石造物が元々あった場所にそのまま残されていたり、古墳の跡地では?と妄想できるような場所も少なくないので、自転車で走るのが本当に楽しいのです。)

 狛江市岩戸北3丁目の、掲載した画像の周辺にも古墳ではないかと考えられる塚が所在したようです。遺物の伝承も由来もわからない無名の古墳で、「狛江古墳群地名表」には126番に取り上げられている古墳です。

 因みに、先日取り上げた「岩戸小川塚」の所在地は、『狛江市の古墳(Ⅰ)』に掲載の「狛江古墳群地名表」によると旧番地の「岩戸622番地」であり、ほかに122番の古墳が「岩戸593番地」、123番の古墳が「岩戸593〜4番地」、125番の古墳が「岩戸621番地」と、計4基の古墳が存在したようです。そして、この126番の無名の古墳も、岩戸小川塚古墳から北に100mほどの地点に近接しており、計5基の古墳が密集していたという状況です。
 残念ながら、古墳の痕跡は残されていないように思いますが、とても気になる地域です。


「無名古墳?」

 画像は、狛江市岩戸南1丁目の、とある三叉路の辻となっている場所です。狛江市の指定史跡となっている「土屋塚古墳」から南に数十メートルほどの地点です。この画像の木立の中には2基の祠が祀られていて、その背後にはわずかな塚状の地形が見られることから、気になって調べてみたという場所です。


「無名古墳?」

 古地図で確認すると、この祠の場所はだいたい岩戸1010番台かなあ?という状況で、正確な番地まではわかりませんでした。『狛江市の古墳(Ⅰ)』掲載の「狛江古墳群地名表」と見比べると、岩戸1032番地の「第2明神塚」や、岩戸1043-2番地の「第3明神塚」あたりは、この祠にかなり近い位置にあったのではないかと思われますが、「第3明神塚」と「土屋塚古墳」が同じ「岩戸1043-2番地」と表記されているなど、この地名表の所在地が当てにならない部分もあり、真相を突き止めるには至りませんでした。果たしてこの祠のどちらかが明神様なのでしょうか???


「無名古墳?」

 祠の背後に残される微妙なマウンドです。

 うーん、よくわからない。
 この場所に古墳が所在したかどうかは不明ですが、祠は古墳と何らかの関係があるような気がする!。。。

<参考文献>
狛江市教育委員会『狛江市の古墳(Ⅰ)』


人気ブログランキングへ

  1. 2018/01/29(月) 23:41:53|
  2. 狛江古墳群-岩戸支群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「岩戸小川塚」

狛江市「岩戸小川塚」

 「岩戸小川塚」は、狛江市岩戸南2丁目に所在したとされる古墳です。現在は削平されて存在しない古墳で、『東京都遺跡地図』にも未登録となっています。

 この古墳は、昭和35年(1960)に当時の狛江町全域で行われた古墳の分布調査時に把握されています。『狛江市の古墳(Ⅰ)』に掲載されている『狛江古墳群地名表』には124番の無名の円墳として紹介されています。同書にはこの古墳の当時の現状について「平夷」とあり、また「規模・その他」の項には「台地の南側縁辺寄り」とのみ書かれており、詳細はわからないようです。
 その後、昭和51年(1976)の調査の際には「現存しない古墳」の項に「1976年の調査時点で現存していないが、その存在が確認できるもの」として「岩戸小川塚古墳」の名称で取り上げられており、「1975年、多摩病院の建設により壊滅した」と書かれています。その後の、平成7年(1995)に多摩地区所在古墳確認調査団により発行された『多摩地区所在古墳確認調査報告書』にはこの古墳は取り上げられず、『東京都遺跡地図』にも未登録となっています。
 画像は、現在の多摩病院を西から見たところです。なにか古墳に関係する痕跡は残されていないのでしょうか。


狛江市「岩戸小川塚」

 敷地内には、まさか古墳を流用して造られた築山では?と思いたくなるようなマウンドが存在するのですが、何ともいえませんね。古墳とは関係ないかもしれません。。。
 この病院の周辺にあったというかつての岩戸小川塚の墳頂部には稲荷祠が祀られており、第二次大戦中にはこの塚の下に防空壕を掘って避難したともいわれています。残念ながら古墳は、時代の波にのまれて消滅してしまったようです。

<参考文献>
狛江市史編さん委員会『狛江市史』
狛江市教育委員会『狛江市の古墳(Ⅰ)』
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
多摩地域史研究会『多摩川流域の古墳』


人気ブログランキングへ

  1. 2018/01/28(日) 23:07:53|
  2. 狛江古墳群-岩戸支群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「野屋敷塚」

「野屋敷塚」

 「野屋敷塚」は、狛江市岩戸北に所在したとされる古墳です。すでに墳丘は消滅して存在せず、伝承のみに残されているという古墳で、『東京都遺跡地図』にも未登録となっています。

 この野屋敷塚については、59基の古墳が記載されていたという『狛江百塚』に記述があり、「わずかにその形をとどめていた」と記されているようです。
 その後、昭和35年(1960)に当時の狛江町全域で行われた古墳の分布調査でもこの古墳は把握されており、『狛江市の古墳(Ⅰ)』に掲載されている、分布調査により作成された「狛江古墳群地名表」には、121番に「野屋敷古墳」の名称で取り上げられています。
 問題なのが、この野屋敷塚の所在地なのですが、昭和35年の地名表には岩戸1300番地とあり、「中央電力研究所内 台地中央」とされています。しかし、その後の昭和51年(1976)の調査では、岩戸1349番地と記されており、昭和60年(1985)に発行された『狛江市史』には岩戸北4-5と書かれています。
 とりあえず、昭和51年調査の「岩戸1349番地」と昭和60年の『狛江市史』の「岩戸北4-5」は同一地点を指していると思われます。昭和35年調査時の地名表にある所在地の記載の誤りについては、昭和51年調査時の地名表で訂正されているとされているようですので、どちらの地名表にも記載のある古墳については、昭和51年の地名表に記載されている表示に信憑性があるように思います。『狛江市の古墳(Ⅰ)』の42ページに掲載されている古墳の分布地図にも、野屋敷塚の位置は1349番地あたりに記されているようです。ただし、昭和35年地名表にある、野屋敷塚の所在地の「中央電力研究所内」という記述が真実であるならば、岩戸1300番地に軍配が上がりそうなところですが、真相はわかりません。

 画像は、当時の岩戸1349番地周辺のようすです。すでに宅地化が進んだこの地域に古墳の痕跡は見られないようです。中央電力研究所内にも、周囲から見渡したところでは古墳の痕跡は残されていないようですが、このあたりの真相は謎で、真の所在地は最後までわからないままでした。。。
 
<参考文献>
狛江市史編さん委員会『狛江市史』
狛江市教育委員会『狛江市の古墳(Ⅰ)』


人気ブログランキングへ

  1. 2018/01/27(土) 23:18:53|
  2. 狛江古墳群-岩戸支群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「田中塚古墳」

「田中塚古墳」

 「田中塚古墳」は、狛江市岩戸北3丁目18に所在したとされる古墳です。すでに削平されて墳丘の存在しない古墳で、『東京都遺跡地図』には未登録となっています。

 この「田中塚」は、昭和35年(1960)に行われた狛江町全域の古墳の分布調査時に把握されており、『狛江市の古墳(Ⅰ)』に掲載されている『狛江古墳群地名表』には、131番の円墳として紹介されています。同書にはこの古墳の当時の現状について「平夷」とのみあり、また「規模・その他」の項には「台地の南斜面末端」とのみ書かれています。
 その後、昭和51年(1976)の調査の際には「現存しない古墳」の項に「1976年の調査時点で現存していないが、その存在が確認できるもの」として取り上げられており、「かつて、埴輪片、土器片が出土したという」と遺物の伝承について記載されています。その後の、平成7年(1995)に多摩地区所在古墳確認調査団により発行された『多摩地区所在古墳確認調査報告書』にもこの古墳は記載されています。

 田中塚古墳の所在地は「台地の南斜面末端」ということですので、画像の右側あたりが古墳の跡地となるかと思われますが、正確な所在地を特定することはできませんでした。現地では開発が進み、古墳の痕跡はまったく残されていないようです。。。

<参考文献>
狛江市史編さん委員会『狛江市史』
狛江市教育委員会『狛江市の古墳(Ⅰ)』
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
多摩地域史研究会『多摩川流域の古墳』


人気ブログランキングへ

  1. 2018/01/23(火) 00:12:05|
  2. 狛江古墳群-岩戸支群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「古屋敷塚古墳」

「古屋敷塚古墳」

 「古屋敷塚古墳」は、岩戸支群中最北端にあたる狛江市岩戸北3丁目に所在した古墳です。『東京都遺跡地図』には狛江市の遺跡番号24番に登録されている古墳です。

 この古墳は、昭和35年(1960)に行われた分布調査時には残存しており、実測調査が行われています。墳頂部に祠が祀られていたこの古墳は調査当時にはすでに土砂採取が進み、特に北側は掘削が中心部に迫っている状況でした。しかし、埋葬施設の石材等は出土せず、石室、礫槨以外の竪穴系の主体部ではなかったかと考えられていました。また、葺石や埴輪等も確認されなかったようです。
 その後古墳は削平され、正確な所在地もわからなくなっていましたが、昭和62年(1987)に始まる小田急線の高架複々線化工事に伴う発掘調査により集溝の一部が検出され、正確な所在地や規模が明らかとなっています。
 周溝の内径は39m、外径は52mを測り、北西側に幅5mほどのブリッジが検出されています。周溝内から出土した遺物から、古墳の築造時期は5世紀第2四半期とされています。『東京都遺跡地図』には、昭和35年(1960)に行われた調査時の規模である径38m、高5mが記載されています。

 画像は、狛江市岩戸北3丁目の「古屋敷塚古墳」の跡地周辺を南西から見たところです。道路から右側の宅地にかけて古墳が存在したと思われますが、残念ながら痕跡は何も残されていないようです。。。

<参考文献>
狛江市史編さん委員会『狛江市史』
狛江市教育委員会『狛江市の古墳(Ⅰ)』
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
狛江市教育委員会『猪方小川塚古墳と狛江古墳群』


人気ブログランキングへ

  1. 2016/07/14(木) 09:19:34|
  2. 狛江古墳群-岩戸支群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カテゴリ

足立区 (13)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
葛飾区 (13)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (10)
江戸川区 (0)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (12)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (7)
墨田区 (4)
練馬区 (10)
豊島区 (3)
文京区 (8)
杉並区 (17)
中野区 (17)
新宿区 (18)
千代田区 (7)
目黒区 (9)
渋谷区 (19)
港区 (8)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (94)
荏原台(田園調布)古墳群 (34)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (72)
荏原台(野毛)古墳群 (24)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (8)
その他の古墳・塚 (16)
三鷹市 (4)
狛江市 (64)
狛江古墳群-和泉支群 (28)
狛江古墳群-岩戸支群 (7)
狛江古墳群-猪方支群 (29)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (55)
国領南古墳群 (2)
下布田古墳群 (16)
上布田古墳群 (7)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (11)
府中市 (77)
史跡 武蔵府中熊野神社古墳 (2)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
府中市内の塚 (10)
国立市 (24)
下谷保古墳群 (12)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (9)
立川市 (14)
稲城市 (12)
多摩市 (18)
和田古墳群 (14)
多摩市内の塚 (4)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (30)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (47)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (16)
日の出町 (2)
青梅市 (15)
古墳空白地域 (29)
西東京•清瀬•東久留米市 (3)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (14)
福生市•羽村市•瑞穂町 (12)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
宇都宮市•鹿沼市 (0)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (6)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
神奈川県の古墳 (2)
未分類 (5)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR