古墳なう

ご〜ご〜ひでりんの古墳探訪記

「瑞光石(南千住富士)」

「瑞光石(南千住富士)」

 画像は、南千住6丁目に所在する「素盞雄神社」を西から見たところです。この神社の敷地内に所在する富士塚には古墳の石室材だったのではないかといわれる「瑞光石」と呼ばれる奇岩が祀られてています。『東京都遺跡地図』には未登録の遺跡で、富士塚は荒川区の指定記念物・史跡となっています。

 同社の社伝によると延暦14年(795)、社司の遠祖の黒珍が、住居の東方小高いところの樹間から連夜、奇光を発する奇岩を見つけ、これを日夜礼拝するうちにある夜、二人の老翁が現れ、「我は素盞雄大神、飛鳥大臣なり。我を祀らば疫病を払い、永くこの郷土を栄えしめん」と告げたそうです。霊石が端光を発したのでこれを「神影面端光荊石」と称し、この古跡を小塚といいます。
 これがこの周辺の地名である「小塚原」の起源であるといわれていますが、他に円通寺にも同様の伝説が残されており、諸説あるようです。


「瑞光石(南千住富士)」

「瑞光石(南千住富士)」

 画像が、素盞雄神社境内に所在する「南千住富士」です。通称「お富士様」と呼ばれるこの富士塚は、嘉永4年(1851)、小塚の周囲に玉垣を築き、元治元年(1864)に浅間神社が祀られています。(財)日本常民文化研究所より発行されている『富士講と富士塚 ―東京・神奈川―』によると、「千住大橋の南側にある素盞雄神社の境内にある。刑場で有名な千住小原塚の小塚を母体としてつくられたもので、この小塚は『江戸名所図会』にも紹介されている古跡でる。慶応元年(1865)この小塚にボク石を積上げて富士塚としたようである。」とあり、元々あった塚を流用して富士塚が築かれたことが書かれています。


「瑞光石(南千住富士)」

 富士塚の中腹の祠に祀られている「瑞光石」です。画像を見ると、表面に小穴があいていますが、これは「房州石」と呼ばれる、千葉県鋸山の海岸で採取される凝灰質砂岩の表面に、貝が住み込むために穴を開けたもので、東京や埼玉周辺の古墳の石室材として多く使用されているものです。近隣では葛飾区の「柴又八幡神社古墳」でも同じように穴のあいた房州石を見ることができますし、さきたま古墳群にある「将軍山古墳」でもこの房州石が石室材に使われています。
 同じ荒川区内の東尾久6丁目にある「下尾久石尊」とこの「瑞光石」は面の下で繋がっているという言い伝えが残されており、この下尾久石尊とともに瑞光石も、現在では古墳の石室の石材の一部であると考えられています。
 この周辺の小名では「道久塚」があり、この塚も古墳の可能性が考えられているようですし、隅田川右岸には多くの塚の存在も指摘されています。この「瑞光石」が元々あった古墳の石材であったのか、他から持ち込まれたものなのかは謎ですが、このあたりは今後の調査を待ちたいところです。

<参考文献>
芳洲書院『隅田川とその両岸 補遺(上巻)』
学生社『荒川区史跡散歩』
(財)日本常民文化研究所『富士講と富士塚 ―東京・神奈川―』
東京都荒川区教育委員会『南千住の民俗』
現地説明版

  1. 2015/01/26(月) 09:12:28|
  2. 南千住の微高地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「八幡神社周辺の塚」

「八幡神社周辺の塚」

 画像は旧上尾久村、現在の荒川区西尾久3丁目にある「八幡神社」を???から見たところです。この神社の周辺にも「第六天塚」「高木塚」「池田塚」「ダイダラボッチ塚」といった数多くの塚があり、明治、大正の頃までは残されていたといわれています。

  「ダイダラボッチ」という巨人の伝説は九州地方に広く残されている伝説なのだそうですが、近いところでは同じ隅田川沿いの隣区である北区豊島の「天狗の鼻」と呼ばれる辺りに「大道法師の塚」という塚があったといわれており、大道法師という巨人の草鞋についた土砂が落ちて塚になったという伝説が残されています。下尾久の「ダイダラボッチ塚」については『東京府志料』にその存在について記されているものの、塚の言い伝えなどは残されていないようですが、『新修荒川区史 上』には、「下尾久の塚にも昔は何かの伝えがあったことと思われる」と書かれています。
 「高木塚」と「池田塚」については『荒川区史 上巻』に「旧下尾久村にあった円墳、今日隠滅」と書かれており、古墳であったのではないかと考えられているようですが、所在地はわからなくなっているようです。

 他に、東方の八幡神社領内には「庚申塚」、「庄左衛門塚」があり、船方村境と八幡神社参道の前にも塚があったとされています。『上尾久村村絵図』によると、船方村境と八幡神社参道の前の塚は「此塚元禄頃犬養生場尾久二ヶ所」とあり、これは生類憐みの令により設けられた塚であるようですが、元々あった古墳を流用した塚である可能性はないのでしょうか。。。

 このように、旧下尾久村には八幡神社の周辺に相当数の塚が存在したようで、『荒川史談』に掲載されている土地の古老の話の中には、広がる田んぼの真ん中に丸いポッチのような塚が残っていた、というような記述も見られるのですが、いかんせん情報が少なく、推定地を特定できるような塚は見当たりませんでした。

<参考文献>
荒川区役所『新修 荒川区史 上』
東京都荒川区『荒川区史 上巻』
学生社『荒川区史跡散歩』
東京都荒川区教育委員会『尾久の民俗』

  1. 2015/01/24(土) 04:37:45|
  2. 尾久の微高地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「物見塚」

「物見塚」

 荒川区内にはかつては数多くの塚が存在したといわれており、特に尾久、町屋、三河島あたりの自然堤防上に分布が顕著に見られます。すべての塚はすでに開発により消滅しており、これらの塚が古墳であるか中世以降の塚であるかは確認する術はありませんが、南千住の素盞雄神社境内の瑞光石や東尾久の下尾久石尊は古墳に関係する遺跡であるとされています。
 画像はJR山手線日暮里駅西口を出た右側、荒川区西日暮里3丁目にある「本行寺」を南東から見たところです。
 この本行寺は、太田道灌の孫にあたる太田資高の開基であり、「月見寺」の名で知られています。この敷地内は太田道灌の斥候台があったところで、太田家の菩堤寺である本行寺がこの地に移転してきたのはこのためであるといわれています。斥候台を築いたところは「物見塚」と呼ばれており、周辺にはこの物見塚を合わせて7つの塚があったと伝えられていますが、残念ながら塚はすべて消滅しています。この塚について『新修荒川区史 上巻』では「史跡と名所」の項で、「恐らくは古代豪族を葬つた円墳であったのであろう」としており、また『荒川区史 上巻』でも「すべてが古墳ではないにしろ、道灌山遺跡や延命院貝塚遺跡の延長の古墳時代の遺跡の一画を形づくっていた可能性は極めて高いといえるのであろう」とされています。


「物見塚」

 画像が現在の物見塚です。「荒川区指定文化財 道灌丘碑」の標が立てられており、次のように書かれています。

 太田道灌が長禄元年(1457)に江戸城を築いた際、ながめのよいこの地に「物見塚」と呼ばれる斥候台(見張り台)を造ったという。寛延3年(1750)に本行寺の住職日忠や道灌の後裔と称する掛川藩主太田氏などが道灌の業績を記したこの碑を塚の脇に建てた。塚は鉄道敷設でなくなり、この碑だけが残った。このあたりの道灌の言い伝えは古くからよく知られていて、小林一茶も当地で「陽炎や道灌どのの物見塚」と詠んでいる。


「物見塚」

 画像が、築山の上に残されている「道灌丘碑」です。
 この物見塚については多くの文献に記録が残されており、東京都荒川区教育委員会により発刊された『日暮里の民俗』に次のように掲載されています。

・此城山(道灌山)に道灌塚とてありと聞く、行てみれば不知(天和三年、『紫一本』巻上)
・塚は境内にあり、渡り二間斗、高一丈ほど、丸き見事成山なり、此類此辺に七ヶ所ありしと也(享保十七年、『江戸砂子温故名跡誌』巻三)
・里には日暮といひ、寺には本行といふ。東都の郭北に在り、道灌山といふ。なんすれぞ道灌太田氏の号を名づけたるや、里人太田氏を思へばなり。里人なんすれば太田氏を思ふや、其の恵みを忘るることなければなり。寺の西北に山あり、?道灌といふ。盞し山は、則ち太田氏保障の遺にして、丘はすなはち其の斥候台の址なり。故に丘なく唯址のみ。これ有るは、里人の太田氏を思ふて、自ら丘あるにはじまり、今に二百有余年なり。相伝ふ、昔、太田氏既に亡び里人その墟を過ぎ、尽く禾黍(かしょ)となり、塁(とりで)は壊れ、台はやぶれたるをかんがみ、彷徨去るに忍びずして、其の址を丘にす。故に丘と山と皆其の号を用ひて名とすと(後略、寛延三年建立、道灌丘碑、原漢文)
・道灌斥候(ものみづか)台丘という本行寺境内にあり其傍に筑波先生碑銘あり此邊此類ひ七ヶ所の其一也といふ(寛政五年成立、『江戸往古図説』下巻)
・周囲五間、高さ七尺、頂に一株の松を植えて十かえりのみどりとこしなえ也。塚のもとの断崖三五丈、東南北の眺望は須弥の金輪を、かぎりとす(文化八年刊、『物見塚記』)。
(『日暮里の民俗』243~244ページ)



「物見塚」

 現地説明版には 本行寺境内に立てられている一茶の石碑です。


「物見塚」

 画像は、「物見塚」の跡地を南東から見たところです。台地ごと削りとられてJRの線路が敷かれており、塚は痕跡すら残されていません。もはや元の地形は想像できませんね。

<参考文献>
東京都荒川区教育委員会『日暮里の民俗』
高田隆成•荒川史談会『荒川区史跡散歩』

  1. 2015/01/23(金) 00:14:15|
  2. 日暮里の台地上
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「諏訪神社」

「諏訪神社」

 古墳は通常、台地上の特に縁辺部を中心に築造されていますが、荒川区の場合は低地の自然堤防(南千住や三河島、町屋、尾久といった微高地)に塚の分布が見られます。かつては相当数の塚が存在したといわれていますが、大正時代以降の急速な開発により残念ながらほとんどの塚は消滅しています。今となっては塚の性格を確認することは出来ませんが、日暮里の台地上にも古墳ではないかと考えられる塚が存在します。

 画像はJR西日暮里駅西側、西日暮里3丁目にある「諏訪神社」を南から見たところです。敷地内には荒川区教育委員会による説明板が設置されており、次のように書かれています。

   諏 訪 神 社
 信濃国(長野県)上諏訪社と同じ建御名方命を祀る。
当社の縁起によると、元久二年(一二〇五)、豊島左
衛門尉経泰の造営と伝える。江戸時代、三代将軍徳川
家光に社領五石を安堵され、日暮里・谷中の総鎮守と
して広く信仰をあつめた。
 旧暦七月二十七日の祭礼では、囃屋台・山車をひき
まし神輿渡御が行われた。神田芋洗橋までかつぎ、そ
こから船で浅草・隅田川を経て、荒木田の郷でお神酒
をそなえて帰座したと伝えている。
 拝殿の脇には元禄十二年(一六九九)銘・元禄十四
年(一七〇一)銘の灯籠型の庚申塔が並んで建てられ
ている。
                荒川区教育委員会


 説明板には、諏訪神社と古墳に関係する記述はありませんが、この周辺には多くの古墳が存在したのではないかと推定されており、この諏訪神社の社殿は古墳の墳丘上に鎮座するのではないかと考えられているようです。


「諏訪神社」

 画像は、天保7年(1836)長谷川雪旦画、『江戸名所図会』の諏訪神社の拡大画像です。現在の諏訪神社の社殿は石垣の上に建てられていますが、当時の絵を見ると塚ではないかと考えられる墳丘上に社殿が建てられており、これが古墳ではないかと推定される根拠になっているようです。
 同じ台地上の台東区内には「摺鉢山古墳」を中心に「上野台古墳群」が、北区内には「田端西台通遺跡」や「飛鳥山古墳群」、「十条台古墳群」、「赤羽台古墳群」などが調査されており、また同じ荒川区内の「道灌山遺跡」からは土師、須恵器片が出土して、古墳時代には集落が存在していたと想定されていることから、この諏訪神社の塚が古墳である可能性も高いように思います。

<参考文献>
東京都荒川区『荒川区史 上巻』
東京都荒川区教育委員会『日暮里の民俗』
荒川区教育委員会『発掘!あらかわの遺跡展』

  1. 2014/12/12(金) 01:56:57|
  2. 日暮里の台地上
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「外記屋敷の経塚」

「外記屋敷の経塚」

 画像は八幡神社北の荒川沿い、荒川区西尾久3丁目にある「尾久八幡中学校」を南から見たところです。この尾久八幡中学校の周辺に所在したとされる「外記屋敷」の場所にはかつて「経塚」があったと伝えられています。

 江戸時代の地誌『新編武蔵風土記稿』には、寛永年間にこの外記屋敷に、鈴木外記という怪力の男が住んでいたことが書かれており、八幡神社所蔵の『上尾久村村絵図』にも、荒川沿いに「□記屋敷」と記されています。によると、江戸橋という石橋を一人で担いできたという土地の古老の言い伝えも残されており、余程の力持ちであったようです。

 『新編江戸志』には、「又此辺を外記やしきといへるは、寛永のころ此所に鈴木外記といふものあり。ある時馬を川の主にとられ、やすからずおもひ、この馬とりし川辺に至り見るに、何かは知らず、川中より外記が裾をとつて水中に引きて入、ひかれて行くに、よく見れば大亀なり。ふかき淵に数百の小泥亀ある所へ行を、外記かの大亀の首に縄をゆひ付、水中をおよぎ、陸へ上がりしかしかのことをいへは、所のもの弐拾人打より此泥亀を引上げつるに打ころし、皆々此肉を喰ひし上その泥亀の甲をば浅草の薬種谷(へ)送りたるに、米一石五斗を入けるとぞ。此泥亀を食せしものはみな熱病をなやみ、死しもの多し。外記もついに子供は絶へけるなり。此榎の辺を外記屋しきと今にいふとぞ」と、この鈴木外記が大亀を捉えた伝説を掲載しています。
 また、同書には外記屋敷の経塚についても、「里談云。往古此辺は奥州海道なり。経を負たる僧の行労れ死せしを埋め、しるしに榎を植て経塚といへるよし」と記されています。

 経塚は残念ながら痕跡もなく、以前は尾久図書館の向かいに荒川区教育委員会による説明板が設置されていたのですが、現在は尾久八幡中学校の工事のために取り外されているようです。。。

<参考文献>
荒川区役所『新修 荒川区史 上』
学生社『荒川区史跡散歩』
東京都荒川区教育委員会『尾久の民俗』

  1. 2014/12/02(火) 00:38:36|
  2. 尾久の微高地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カテゴリ

足立区 (4)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (0)
葛飾区 (6)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (3)
墨田区 (0)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (11)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (6)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
練馬区 (7)
杉並区 (12)
中野区 (9)
豊島区 (2)
新宿区 (0)
渋谷区 (17)
目黒区 (8)
文京区 (3)
千代田区 (3)
港区 (4)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (89)
田園調布古墳群 (29)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (54)
野毛古墳群 (13)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (6)
その他の古墳・塚 (11)
三鷹市 (4)
狛江市 (43)
狛江古墳群-和泉支群 (17)
狛江古墳群-岩戸支群 (3)
狛江古墳群-猪方支群 (23)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (55)
国領南古墳群 (2)
下布田古墳群 (16)
上布田古墳群 (7)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (11)
府中市 (77)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市内の塚 (10)
国立市 (24)
下谷保古墳群 (12)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (9)
立川市 (14)
稲城市 (0)
多摩市 (4)
和田古墳群 (4)
多摩市内の塚 (0)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (4)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (47)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (16)
日の出町 (2)
青梅市 (11)
古墳空白地域 (19)
西東京•清瀬•東久留米市 (0)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (7)
福生市•羽村市•瑞穂町 (12)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
宇都宮市•鹿沼市 (0)
壬生町•上三川町 (5)
群馬県の古墳 (0)
茨城県の古墳 (5)
神奈川県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
長野県の古墳 (6)
未分類 (1)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR