古墳なう

ご〜ご〜ひでりんの古墳探訪記

「浄土古墳」(昭島市指定史跡)

「浄土古墳」(昭島市指定史跡)

 この古墳は多摩川左岸の拝島段丘上に位置しており、段丘崖から北に約40mの地点に所在しています。昭島市田中町にある、昭島市の遺跡番号43番の古墳です。

 江戸時代の地誌『新編武蔵風土記稿』によると、この周辺は浄土寺があったところと伝えられており、昭和50年の最初の調査は、その浄土寺があったと推定される一角が宅地化されるための寺院址存否の確認調査であったそうです。すでに墳丘は削平されて平坦であったため古墳の存在は予測されず、その試掘の際に偶然発見されたのがこの「浄土古墳」です。
 石室の遺存状況が極めて良かったため昭島市が周辺294㎡を買収し、昭和53年7月15日に昭島市の史跡に指定するとともに遺跡公園として整備されて保存されています。画像はその遺跡公園を東から見たところです。


「浄土古墳」(昭島市指定史跡)「浄土古墳」(昭島市指定史跡)

 この古墳の主体部は地表面下にあり、長さ7m、幅2mの「竪穴式石室的横穴式石室」と呼ばれる、この地域特有の終末期古墳です。石室の天井石の存在が疑問視されており、石材以外のものを使用した可能性があるようで、八王子市の船田古墳などに同様の可能性が指摘されていますが、あきる野市の瀬戸岡古墳群の中には蓋石をのせたものも存在しています。墳丘は低い封土の存在が考えられているものの、周溝等は確認されていないようです。築造は7世紀後半と推定されています。


「浄土古墳 説明板」

 その後の昭和56年から57年にかけての調査により新たに浄土2号墳〜5号墳の4基の古墳が発見されており、この古墳群は「浄土古墳群」と呼ばれています。
 ちなみに、1995年に発行された『多摩地区所在古墳確認調査報告書』の「浄土古墳群 浄土4号墳」の項に、”公園に移築して保存”という記述があり、『昭島市浄土古墳群 1983.3』では”4号墳を1号墳の東の空き地に移築した”とあるのですが、この「空き地」がどこにあるのかは残念ながら謎でした。。。

<参考文献>
昭島市教育委員会『東京都昭島市田中町浄土古墳 1979.3』
昭島市教育委員会『昭島市浄土古墳群 1983.3』
昭島市史編さん委員会『昭島市史』
昭島市教育委員会『考古学からみた昭島市』
現地説明板

  1. 2013/06/11(火) 02:18:52|
  2. 浄土古墳群
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

「経塚下古墳」

「経塚下古墳」

「経塚下古墳」

 「経塚下古墳」は、昭島市宮沢町の拝島段丘上で昭和51年(1976)7月~8月の経塚下遺跡調査により発見された、昭島市の遺跡番号46番の古墳です。長径2.1m、幅40~60cmとかなり小形の竪穴式石室で、河原石積みで胴張りの形状は周辺の浄土古墳などと同様の終末期古墳であるといえます。墳丘はすでに削平されていたものの、築造当時には封土があったと考えられているそうです。
 道路工事によって消滅する運命にあったこの古墳は「浄土古墳」の史跡公園内に移築・保存されたそうですが、現地を訪れてみると説明板が朽ち果てていて枠組みのみが残されているという状況で、確認が不可能でした。画像の地点が「経塚下古墳」で間違いないと思うのですが、せっかく移築してまで保存したのですから、説明板の設置を望みたいところです。。。


「大神古墳」
 
 また、拝島町から田中町にかけての拝島段丘の東端では、平成7年(1995)7月のマンション建設における事前調査により「大神古墳」が発見されています。昭島市の遺跡番号44番の古墳です。
 この古墳は墳丘直径14mの円墳で、周囲に幅175cmの周溝がめぐらされていました。埋葬施設は河原石乱積みの胴張構造の横穴式石室で、太刀や鉄鏃、砥石などが出土しているそうです。また、周溝から出土した土師器等によって7世紀前半に築造されたと推定されています。古墳はマンション建設のため消滅していますが、出土品が昭島市郷土資料室で公開されています。
 昭島市郷土資料室は、昭島市昭和町の昭島市役所昭和町分室の2階にあります。小さな展示室ですが、昭島市の歴史がぎっしりと詰まっています。訪れた当日はかなり詳しい解説をしていただき、とても楽しい時間でした。。。

<参考文献>
昭島市史編さん委員会『昭島市史』
昭島市教育委員会『考古学からみた昭島市』

  1. 2013/06/05(水) 01:44:14|
  2. その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「富士塚・惣十稲荷」

「富士塚・惣十稲荷」

 画像は、昭島市昭和町にある「富士塚」を南西から見たところです。

 この塚の頂部にはふたつの祠が祀られています。ひとつは、この富士塚の名前の由来となっている「富士浅間社」の祠で、もうひとつが「惣十稲荷(天珠惣十稲荷大明神)」の祠です。この富士塚は古墳ではありませんが、惣十稲荷の名前の由来がとても興味深かったので、紹介してみたいと思います。

 時に江戸時代後期の天保5年(1834年)、上川原村の百姓である「権八」の女房「しま」が大病にかかり、治療に手を尽くしたものの病は悪くなるばかりだったそうです。年が明けて天保6年(1835年)正月4日に突然この「しま」に稲荷が乗り移り、「名主七郎右衛門に頼みたいことがあるからぜひ呼び寄せてほしい」と口走り始めました。早速名主の家に使いを出したものの、正月だったこともあり名主の家には年始客があり、断られてしまいます。しかし、しまに乗り移った稲荷は次第に騒ぎ始めて手に負えなくなり、名主七郎右衛門は権八宅を訪れて事情を聞いたそうです。
 しまに乗り移った稲荷曰く、―私は肥後国(熊本県)の生まれだが、訳あって今は仙元山(富士塚)に住んでいる。しかし、まだ誰にも知られずお宮もないままである。もし仙元山にお宮を建ててくれれば、しまの病気は全快させたうえに、村中の安全を保とう。お宮の名前は「惣十稲荷」にして欲しい。―と七郎右衛門に告げたそうです。早速、七郎右衛門は村の役人と相談して富士塚に祠を建てて祀ったところ、しまの病気はたちどころに全快したのだそうです。


「富士塚・惣十稲荷」

 面白いのは、この話は伝説や作り話ではなく事実なのだそうで、事のてん末を明記した代官所へ報じた届書が今でも現存するそうです。知られざる東京のパワースポットといえるかもしれませんね。
 ちなみにその後の惣十稲荷は噂が広まり、多くの参拝客が押し寄せるなど大流行となりますが、この盛況も長くは続かず半年後には平穏を取り戻したそうです。

 今でも稲荷は祠の中から人々を見守っているのでしょうか。。。


「富士塚」

「富士塚」

 同じ昭島市の拝島町にも富士塚といわれる塚があります。

<参考文献>
昭島市教育委員会『路傍の文化財 増補第二版』
昭島市民図書館『広報あきしま ふるさと散歩道』

  1. 2013/06/02(日) 02:05:45|
  2. その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カテゴリ

足立区 (4)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (0)
葛飾区 (6)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (3)
墨田区 (0)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (11)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (6)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
練馬区 (7)
杉並区 (12)
中野区 (9)
豊島区 (2)
新宿区 (0)
渋谷区 (17)
目黒区 (8)
文京区 (3)
千代田区 (3)
港区 (4)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (89)
田園調布古墳群 (29)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (54)
野毛古墳群 (13)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (6)
その他の古墳・塚 (11)
三鷹市 (4)
狛江市 (43)
狛江古墳群-和泉支群 (17)
狛江古墳群-岩戸支群 (3)
狛江古墳群-猪方支群 (23)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (55)
国領南古墳群 (2)
下布田古墳群 (16)
上布田古墳群 (7)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (11)
府中市 (77)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市内の塚 (10)
国立市 (24)
下谷保古墳群 (12)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (9)
立川市 (14)
稲城市 (0)
多摩市 (4)
和田古墳群 (4)
多摩市内の塚 (0)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (4)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (47)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (16)
日の出町 (2)
青梅市 (11)
古墳空白地域 (19)
西東京•清瀬•東久留米市 (0)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (7)
福生市•羽村市•瑞穂町 (12)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
宇都宮市•鹿沼市 (0)
壬生町•上三川町 (5)
群馬県の古墳 (0)
茨城県の古墳 (5)
神奈川県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
長野県の古墳 (6)
未分類 (1)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR