FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「庚申塚古墳」

「庚申塚古墳」

 今回は、多摩市和田に現存する「庚申塚古墳」です。以前取り上げたことのある古墳ですが、写真を新しいものに差し替えたかったので、あらためて紹介しようと思います。『東京都遺跡地図』には、多摩市の遺跡番号6番の遺跡として登録されている古墳で、画像はこの庚申塚古墳を西から見たところです。


「庚申塚古墳」

 わずかに残る高まりが古墳であると考えられており、周囲を道路や集合住宅などにより削られているものの、径約10mほどの墳丘が残されています。墳丘上には、多摩市教育委員会による標柱が建てられており、「和田の台地には6~7世紀頃の豪族の墓(古墳)が多数造られたが、現在その大部分が地上から姿を消している。この古墳は当時の姿を残す貴重な遺跡である。」とのみ記されています。


「庚申塚古墳」

 墳丘上のようすです。この場所は、地元の人には「庚申塚」と呼ばれている庚申さまで、庚申塔が地蔵尊とともに祀られています。氏子組織は山王社と重なっていて、山王社が男衆が中心の祭りであるのに対して、この庚申さまは女の人が主体の祭りです。10月の初申の日が祭日で、各戸順にヤドを定め、そこで念仏を唱和します。この祭りは今日でも行われているそうです。


「庚申塚古墳」

 古墳の北から東にかけての墳丘裾部が弧を描いており、円墳の面影が残っているようにも見受けられます。墳丘上には、画像に見られるように多くの河原石が見られます。かつて石室を構築した石材なのか、それとも葺石なのか真相は不明です。
 『多摩地区所在古墳確認調査報告書』によると、この古墳の埋葬施設は、北東250mほどにある「塚原(つかっぱら)古墳群」と同様の、河原石による横穴式石室を持つものと推定されているようですが、学術的な調査が行われていないことから詳細はわからないようです。

<参考文献> 
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
多摩市史編集委員会『多摩市史 通史編 一』


人気ブログランキングへ

  1. 2018/10/14(日) 21:31:15|
  2. 和田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「山王塚(山王神社)」

「山王塚(山王神社)」

 画像は、多摩市和田の山王神社を南東から見たところです。
 この神社は、関戸並木の講中11軒によって祀られており、社地が売却されたために現在は30坪ほどであるものの、かつては200坪ほどあったそうです。祭神は山の神であろうと言われています。南方100メートルほどにある庚申様(庚申塚古墳)の祭が「オンナシュウの祭り」であるのに対して、この山王神社の祭は「オトコシュウの祭り」であり、7月15日が祭日です。


「山王塚(山王神社)」

 記録が残されている昭和26年時点での塚原古墳群の分布図には、この神社の場所は「山王塚」の名称で古墳として掲載されています。庚申塚古墳が「全存」とされているのに対してこの山王塚は「全壊」とされており、この当時すでに墳丘は大きく破壊されていたものと思われますが、戦後の空中写真でこの場所を確認すると、庚申塚古墳とともに、畑の中にぽっかりと浮かぶこの山王塚もはっきりと確認することができます。


「山王塚(山王神社)」
出典:国土地理院ウェブサイト(https://mapps.gsi.go.jp/contentsImageDisplay.do?specificationId=219210&isDetail=true)

 画像は、国土地理院ウェブサイトより公開されている、昭和22年(1947)11月14日に米軍により撮影されたこの地域の空中写真です。わかりやすいように跡地周辺を切り取っています。画像の中央上が山王塚、中央下が庚申塚古墳です。


「山王塚(山王神社)」

 周囲よりも一段高くなっている境内が古墳の残存部分であるのかどうかは不明ですが、『東京都遺跡地図』には、庚申塚古墳が多摩市の遺跡番号6番に登録されているのに対して、この山王塚は未登録となっています。なんとも言えないところですね。。。


「山王塚(山王神社)」

 神社の境内の様子。特に、埴輪片や河原石等は見られません。
 神社の周囲は近年急速に宅地化が進み、畑地は消滅してしまったようです。このマウンドも古墳の残存部分ではなく、整地されているのかもしれません。
 この一帯は「和田・百草遺跡」として登録されているようですので、ひょっとしたら周囲の宅地造成の際に発掘調査が行われているかもしれません。このあたりは今後の宿題ですね。。。


「山王塚(山王神社)」

<参考文献> 
多摩市『多摩市の民俗(信仰・年中行事)』
多摩市計画道路事業1・3・1号線関連遺跡調査会『和田・百草遺跡群』


人気ブログランキングへ

  1. 2018/10/11(木) 00:30:54|
  2. 和田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「塚原古墳群 古墳伝承地」

「塚原古墳群 古墳伝承地」

 さて、ここまで塚原古墳群を形成する10基の古墳を紹介してきました。
 かつては40~50基以上の古墳が存在したといわれている塚原古墳群ですが、記録が残されている昭和26年時点での分布図をみると、発掘調査により確認された古墳以外にも何基かの古墳が知られていたようです。画像は、現在の多摩市立多摩第二小学校ですが、この敷地内にも古墳が1基、存在したようです。

 この場所は、平成25年に行われた校舎建替替工事に伴う発掘調査が行われており、調査区南側から溝状の不整形を呈する性格不明遺構2基が検出されています。この溝からは金銅製耳管が1点出土しており、古墳の周溝など施設の一部であった可能性が推測されています。
 これまで行われた発掘調査では、塚原古墳群を形成する11基の古墳は全て野猿街道の南側に集中していたようですが、北側も含めて広く分布していたのかもしれません。。。


「塚原古墳群 古墳伝承地」

 野猿街道側から見ると、小学校の一角にもしや古墳では?と思える築山が見えてドキッとするのですが、これは古墳とは関係ないかもしれません。笑。記録が残されている昭和26年時点での分布図を参考にすると、この築山のちょうど正面の道路上あたりに1基存在したようですが、これは野猿街道の拡張工事が行われるはるか以前、街道が敷設されたころにすでに破壊されてしまったのかもしれません。



「塚原古墳群 古墳伝承地」

 塚原古墳群の野猿街道を挟んだ北側は街道の整備により切り通しとなり、まるで舌状台地かのように南西側に突き出たような形状となっていますが、この先端あたりにも古墳が1基、存在したようです。すでに宅地化が進んでいるようですが、何か痕跡は残されていないのでしょうか。。。


「塚原古墳群 古墳伝承地」

 この台地上のフェンスで覆われた一角が気になって覗いて見ましたが、やはり古墳の痕迹は全くなし。野猿街道北側の古墳は、昭和26年当時にすでに全壊していたようですので、痕跡を見つけるのは難しいかもしれません。。。
 このほか、現在の1号墳と6号墳の間にも、昭和26年当時に半壊の状態の古墳が2、3基残存していたようですが、これも痕跡は全く残されていないようです。

<参考文献> 
多摩市計画道路事業1・3・1号線関連遺跡調査会『和田・百草遺跡群』


人気ブログランキングへ

  1. 2018/10/08(月) 21:39:46|
  2. 和田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「塚原古墳群 10号墳」

「塚原古墳群 10号墳」

 「塚原古墳群10号墳」は、平成9年に行われた緊急調査により周溝の一部が検出され、存在が確認された古墳です。墳丘径約18mの円墳と推定されており、幅1.3~2.4m、深さ20~40cmの周溝には陸橋部の存在が、また主体部は横穴式石室が想定されているようです。築造年代は不明とされています。
 画像は、10号墳の跡地としてだいたいこの辺り、という場所ですが、発掘調査ののちに宅地として開発が進められており、地上に古墳の痕跡は見ることができません。

  塚原古墳群は、発掘調査により少なくとも11号墳までは確認されているようですが、私が実際に現地で場所を確認したのはこの10号墳までです。ちなみに現在公開されている『東京都遺跡地図情報インターネット提供サービス』では9号墳までしか掲載されていないようです。


「塚原古墳群 遠景」

 かつては「塚原(つかっぱら)」と呼ばれたこの一帯も、西側の一部を除いてかなり宅地化が進んでおり、残存する墳丘が見られるのは個人の邸宅内に残された1号墳1基のみとなっているようです。
 画像は、宅地化を逃れた古墳群の西側一帯の、この画像のみはわりと最近の画像です。あえてバス移動をして、ぶらっと立ち寄ってみたのですが、特に大きな変化は見られないようです。4号墳、8号墳、9号墳は、残存部分が地中に残されているものと思われますが、やはり地上に痕跡を見ることはできません。
 今後、発掘調査が行われれば多くの古墳の周溝が確認されるのではないかと思われますので、調査の進展が楽しみな地域です。。。

<参考文献> 
多摩地域史研究会『多摩川流域の古墳時代 ー国府以前の様相ー』


人気ブログランキングへ

  1. 2018/10/05(金) 01:33:11|
  2. 和田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「塚原古墳群 8号墳」

「塚原古墳群 8号墳」

 画像は、多摩市和田の塚原古墳群8号墳の跡地周辺のようすです。
『東京都遺跡地図』には多摩市の遺跡番号208-8番として登録されている古墳です。

 この古墳は、昭和60年に多摩市遺跡調査会により発掘調査が行われています。幅2.4m~2.8m、深さ80~140cmの陸橋部を有する周溝が検出されており、墳丘径約14mの円墳であることがわかっています。主体部は調査時にすでに消滅しており、内容は不明とされていますが、周溝内からは土師器が出土しており、古墳は6世紀第Ⅳ四半期に築造されたと考えられているようです。

 墳丘は発掘調査時に一部残存していたようですが、現在は消滅。送電線の鉄塔の場所が8号墳の所在地で、古墳らしき痕跡は見られないようです。

<参考文献> 
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
多摩地域史研究会『多摩川流域の古墳時代 ー国府以前の様相ー』


人気ブログランキングへ

  1. 2018/09/28(金) 02:40:54|
  2. 和田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カテゴリ

足立区 (13)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
葛飾区 (13)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (10)
江戸川区 (0)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (12)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (7)
墨田区 (4)
練馬区 (10)
豊島区 (3)
文京区 (8)
杉並区 (17)
中野区 (17)
新宿区 (18)
千代田区 (7)
目黒区 (9)
渋谷区 (19)
港区 (8)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (94)
荏原台(田園調布)古墳群 (34)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (72)
荏原台(野毛)古墳群 (24)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (8)
その他の古墳・塚 (16)
三鷹市 (4)
狛江市 (64)
狛江古墳群-和泉支群 (28)
狛江古墳群-岩戸支群 (7)
狛江古墳群-猪方支群 (29)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (55)
国領南古墳群 (2)
下布田古墳群 (16)
上布田古墳群 (7)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (11)
府中市 (77)
史跡 武蔵府中熊野神社古墳 (2)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
府中市内の塚 (10)
国立市 (24)
下谷保古墳群 (12)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (9)
立川市 (14)
稲城市 (12)
多摩市 (18)
和田古墳群 (14)
多摩市内の塚 (4)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (30)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (47)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (16)
日の出町 (2)
青梅市 (15)
古墳空白地域 (29)
西東京•清瀬•東久留米市 (3)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (14)
福生市•羽村市•瑞穂町 (12)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
宇都宮市•鹿沼市 (0)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (6)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
神奈川県の古墳 (2)
未分類 (5)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR