古墳なう

ご〜ご〜ひでりんの古墳探訪記

「稲荷塚古墳」(東京都指定史跡)

「稲荷塚古墳」(東京都指定史跡)

 画像は、多摩市百草にある「稲荷塚古墳」を西からみたところです。多摩市の遺跡番号5番の古墳です。

 この古墳は、多摩川の支流である大栗川右岸の台地状の丘陵に立地します。初めて発掘されたのは昭和27年で、その後、昭和61年以降に3回の確認調査が実施されています。明治時代に墳頂部が削平されて恋路稲荷神社が建てられており、本来の高さは4mほどであったと推定されています。周溝が直線的で角が意図的に深く掘られていることから、全国でも10例ほどしか報告されてない「八角形墳」であると考えられているそうです。東京都内の7世紀代の古墳としては大型の部類に属する古墳です。


「稲荷塚古墳」(東京都指定史跡)

 規模は、第1段の径34m、第2段の径22mの八角形墳で、周囲には幅約2mの周溝が巡っています。主体部は全長7.7m、玄室の長さ約3.8m、幅約3m、前室の長さ約2.3m、幅約1.7m、羨道の長さ約1.6m、幅約1,2mの横穴式石室で、凝灰岩質泥岩を用いた切石切組積胴張り複室構造です。6世紀から7世紀にかけての多摩地域の古墳は、河原石積の横穴式石室を持ち、径10~20m台の円墳である場合が多いようですが、この「稲荷塚古墳」は切石切組積胴張り複室構造の石室を持ち、石室構築技術や古墳の規模において優位性を持つことから、多摩地域の首長墳と考えられているようです。


「稲荷塚古墳」(東京都指定史跡)

 以前は墳丘に木造の覆屋が建てられていて、この中で横穴式石室が露出公開されていたそうですが、石材の劣化が目立ってきたため平成9年度に保存措置を講じたうえで埋め戻されています。現在では2種類のブロックによって色分けされていて、石室の大きさや位置などが判るようになっています。


「古墳殺人事件」

 昭和32年に発表された『古墳殺人事件』(島田一男著)はこの「稲荷塚古墳」の発掘調査の様子を題材とした小説です。今でも文庫本として出版されています。八王子市郷土資料館から発行されている『多摩の古墳』にこの本の記事があり、購入してみました。ミステリー小説ですが、古墳についてのリアルな描写もあって思わずニヤリとさせられる場面もあります。古墳好きにはお薦めです!!!
 
<参考文献> 
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
多摩市史編集委員会『多摩市史 通史編 一』
八王子市郷土資料館『多摩の古墳』
たましん歴史・美術館 歴史資料室『多摩の歩み 第137号 特集 多摩川流域の七世紀代古墳』

  1. 2013/04/11(木) 01:10:48|
  2. 和田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「臼井塚古墳」

「臼井塚古墳」

 「臼井塚古墳」は、多摩川の支流である大栗川右岸の台地状の丘陵に立地する、多摩市の遺跡番号4番の古墳です。多摩市百草に所在します。

 この古墳は昭和27年に発掘されており、墳丘は削平されて残されていないため墳形や規模は不明ですが、全長約5mの凝灰岩切石積の横穴式石室が報告されています。東方約50mに所在する「稲荷塚古墳」の前室壁面が胴張りであるのに対して、この「臼井塚古墳」は直線状になっており、「稲荷塚古墳」に続いて7世紀前半に築造されたと考えられているようです。

 江戸時代の地誌、『新編武蔵風土記稿』にはこの「臼井塚古墳」のほか、「稲荷塚古墳」や「庚申塚古墳」といったこの周辺の古墳も含めての記述が見られます。


 古墳 村の南西の方、小名荒原と云所にあり、この地の山上にて、その広さ二三百坪あるべし、墳の数すべて三ケ所あり、いづれも径り九尺許もあるべし、もとはあまたならびありしが、耕作のさまたげとなるにより、心なき土民なれば、ほりあばきて陸田とせしと云、近き比またその一つをあばきしに、墳の中より出し器物さまざまあり、今松連寺に蔵する数品なり、その余今も此辺に明器とおぼしき磁器の、残欠数多つみて山のごとし、按にこの墳のさまをみるに、径り二尺ばかりづつの丸き石を以て、方四尺ほどに甃にす、深さは一丈余もあるべし、他の古墳を以考ふるに、すべて三等ほどの品ありとおぼゆ、この墳はそれにくらぶれば、尤下等のものなり、内より刀剱等の出るを以てみるに、考徳天皇の御宇、制度さだめられしより、前のものなることは論なし、されば古への直首などといひし役を、つとめし人々を葬せし古墳にや
(『多摩川流域の古墳』79ページ)



 この古墳の北方約500mには「塚原古墳群」が存在しますが、同じ台地上にありながら「臼井塚古墳」や「稲荷塚古墳」が「塚原古墳群」を見下ろすような位置関係にあり、また距離を置いて存在することから、群集墳に葬られた集団とは出自を異にする首長墳と考えられているようです。

  現在は石室は埋め戻されているため、残念ながら見学する事は出来ません。個人の敷地内の畑地の下に眠っています。。。

<参考文献> 
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
多摩市史編集委員会『多摩市史 通史編 一』
多摩地域史研究会『多摩川流域の古墳』
たましん歴史・美術館 歴史資料室『多摩の歩み 第137号 特集 多摩川流域の七世紀代古墳』

  1. 2013/04/08(月) 02:38:02|
  2. 和田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「庚申塚古墳」

「庚申塚古墳」

 画像は、多摩市和田にある「庚申塚古墳」を西からみたところです。多摩市の遺跡番号6番の古墳です。


「庚申塚古墳」

 この古墳は、周囲を道路や集合住宅などにより削られており、現在では径約10mほどの墳丘が残されています。墳頂部には庚申供養の塔が祀られていて墳丘は大分削られているようですが、緩やかな高まりをみることが出来ます。
 この古墳の北東250mほどにある「塚原(つかっぱら)古墳群」と同様の、河原石による横穴式石室を持つものと推定されているようですが、発掘調査はされていないようなので詳細はわからないようです。


「庚申塚古墳」

 古墳の北から東にかけて墳丘の裾の部分が弧を描いていて、円墳の面影が残っているようです。また、石材と思われる多くの河原石がみられました。

<参考文献> 
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
多摩市史編集委員会『多摩市史 通史編 一』

  1. 2013/02/10(日) 10:26:58|
  2. 和田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「塚原(つかっぱら)古墳群 1号墳」

「塚原古墳群 1号墳」

 画像は、多摩市和田にある「塚原(つかっぱら)古墳群 1号墳」を東からみたところです。多摩市の遺跡番号208-1番の古墳です。

 「塚原古墳群」は、これまでに10基の古墳が確認されています。京王線聖蹟桜ヶ丘駅の南東、多摩市和田から百草にかけて存在する古墳群の総称として「和田古墳群」と呼ばれていますが、「塚原古墳群」はこのうちの一支群と捉えられています。かつては多くの古墳が存在する群集墳であったようで、江戸時代の地誌『新編武蔵風土記稿』や『武蔵名勝図会』には、「元禄の頃には40~50基の塚があったが、14か所から15か所になってしまった」といった記述もみられます。この多くの塚が存在したことが、塚原(つかっぱら)の地名の起こりにもなっているようです。
 その後の開発や耕作により多くの古墳は姿を消し幻の古墳群とされていましたが、昭和58年以降の調査により10基の古墳の存在が確認されています。この「塚原古墳群 1号墳」は、塚原古墳群中唯一墳丘の残る古墳で、個人宅内に保存されています。


「塚原古墳群 1号墳」


塚原古墳群データ

1号墳:径約10m、高さ約2mの、古墳群中唯一墳丘が現存する円墳。主体部は横穴式石室と推定されている。

2号墳:墳丘径約19mの円墳で、墳丘は発掘調査時に一部残存していたが、現在は消滅。主体部は内容不明。陸橋部を有する、幅2.4~2.8m、深さ80~140cmの周溝より土師器が出土。

3号墳:墳丘径約10mの円墳で、墳丘は発掘調査時に一部残存していたが、現在は消滅。主体部は内容不明。陸橋部を有する、幅1.5~2m、深さ25~50cmの周溝を検出。

4号墳:墳丘径約14mの円墳で、墳丘は消滅。主体部は河原石による袖無型の横穴式石室で、大刀、短刀、刀子、鉄鏃などが出土。二重の周溝を検出したが現在は消滅。陸橋部を有する内側の周溝は、幅1m、深さ80cmあり、北西から南西にかけて半周する外側の周溝は幅1m、深さ20cm。

5号墳:墳丘径約14mの円墳で、墳丘は発掘調査時に一部残存していたが、現在は消滅。主体部は河原石による復室構造の横穴式石室で、大刀、刀子、鉄鏃、玉類などが出土。陸橋部を有する、幅1.5~2m、深さ25~50cmの周溝を検出。

6号墳:墳丘径約18mの円墳で、現在は消滅。主体部は河原石による復室構造の横穴式石室で、大刀、刀子、金環などが出土。幅1.6m、深さ35~45cmの周溝を検出。墳丘は発掘調査時に一部残存していたが、現在は消滅。

7号墳:発掘調査時に大型の礫が集中して検出。この2m南東に長径108cm、短径81cmの小石室を検出。周溝は検出されなかった。

8号墳:墳丘径約14mの円墳で、墳丘は発掘調査時に一部残存していたが、現在は消滅。主体部は内容不明。陸橋部を有する、幅2.4~2.8m、深さ80~140cmの周溝より土師器が出土。

9号墳:墳丘径約14mの円墳で、墳丘は消滅。主体部は河原石による袖無型の横穴式石室で、刀子、鉄鏃などが出土。周溝は不明。

10号墳:周溝の一部を検出。径約18mの円墳と推定される。


「塚原古墳群」

 かつては「塚原(つかっぱら)」と呼ばれたこの周辺も、宅地化が進んでいるようで、多くの古墳が集中していたと思われる地点も現在では更地となっており墳丘は残されていませんでした。古墳時代の痕跡は、地中に眠る石室の残骸だけということになりそうです。。。

<参考文献> 
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
多摩市史編集委員会『多摩市史 通史編 一』
十菱駿武『多摩の歴史遺産を歩く』
たましん歴史・美術館 歴史資料室『多摩の歩み 第137号 特集 多摩川流域の七世紀代古墳』

  1. 2013/02/07(木) 01:18:12|
  2. 和田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カテゴリ

足立区 (4)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (0)
葛飾区 (6)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (3)
墨田区 (0)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (11)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (6)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
練馬区 (7)
杉並区 (12)
中野区 (9)
豊島区 (2)
新宿区 (0)
渋谷区 (17)
目黒区 (8)
文京区 (3)
千代田区 (3)
港区 (4)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (75)
田園調布古墳群 (15)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (54)
野毛古墳群 (13)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (6)
その他の古墳・塚 (11)
三鷹市 (4)
狛江市 (43)
狛江古墳群-和泉支群 (17)
狛江古墳群-岩戸支群 (3)
狛江古墳群-猪方支群 (23)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (54)
国領南古墳群 (2)
下布田古墳群 (17)
上布田古墳群 (7)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (9)
府中市 (77)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市内の塚 (10)
国立市 (19)
下谷保古墳群 (11)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (5)
立川市 (13)
稲城市 (0)
多摩市 (4)
和田古墳群 (4)
多摩市内の塚 (0)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (4)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (42)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (14)
日の出町 (2)
青梅市 (11)
古墳空白地域 (16)
西東京•清瀬•東久留米市 (0)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (6)
福生市•羽村市•瑞穂町 (10)
神奈川県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
群馬県の古墳 (0)
栃木県の古墳 (5)
茨城県の古墳 (5)
長野県の古墳 (6)
未分類 (1)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR