FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「将監塚(西岡2号墳)」

将監塚(西岡2号墳)

 画像は、世田谷区瀬田四丁目にある「将監塚(西岡2号墳)」を北から見たところです。かつて西岡秀雄氏により「西岡12号墳」として報告された、世田谷区の遺跡番号111番の塚です。

 中世、このあたりに住んでいた伶人(雅楽を演奏する人)で笛師の柳田将監にちなんで、小高い台地になっているこの一帯を「将監山」と名付けたそうで、かつてその柳田将監が入定した塚があったのだそうです。この「入定」とは、本来の意味は禅定(ぜんじよう)に入ることで,仏教では悟りを開くことだそうなのです。禅定は悟りを開く手段として思慮を止めて無念無想になることであるから,入定はそのような精神状態に入ることを意味するのだそうですが、真言密教の究極的な修行のひとつとしての意味もあるそうで、入定した塚ということはもしかしたら即身仏となって埋まったままになっているのではなかろうか?などと勝手な妄想しながら見学しました。


将監塚(西岡2号墳)


 昭和49年(1974)6月のパトロールの際、塚の東部から縄文土器1片と寛永通宝2枚が出土し、また昭和57年(1982)にも神道禊教の神殿建築による緊急発掘で、先土器のナイフ形石器1個、縄文・古墳時代などの土器等230点あまりが出土したそうです。
 塚の四方はすべて削られていて、原型はとどめていないようです。1985年に東京都教育委員会から発行された「都心部の遺跡」では径6mの円墳としながらも、中・近世の塚の可能性が高い、とありますが、「東京都遺跡地図」のインターネット公開版では、はっきりと”径9m、高さ1.7mの塚”とされています。

 この塚は、聖アントニオ神学校の敷地内に所在します。教会の正門を入ったすぐ左手には「将監山遺跡」の石碑が建てられています。職員の方に撮影の許可をいただき、見学させていただきました。

<参考文献>
世田谷区史編さん室『世田谷区史料 第8集 考古編』
東京都教育委員会『1985 都心部の遺跡』



  1. 2012/08/22(水) 03:52:15|
  2. 世田谷区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「猫塚(オセンチ山)」

猫塚

 港区三田1丁目にある、赤羽小学校から三田高等学校にかけて、塚が一基現存します。この塚は、「オセンチ山(猫塚)」と呼ばれ、古くから古墳ではないかと考えられてきたそうです。塚本体は三田高等学校内に存在しますが、赤羽小学校内の塚の裾部に「猫塚」の碑が建てられています。

 平成21年(2009)に試掘、確認調査が行われましたが、明らかに保護措置の対象となるような埋蔵文化財は検出されなかったようです。塚本体の発掘調査はまだされていないものの、この「猫塚」がこれまで言われてきたような古墳である可能性はかなり低いようで、近世(江戸時代)の大名屋敷時代に築造された塚の可能性が高いようです。


猫塚猫塚

 左は「猫塚」の全景です。1985年に東京都教育委員会から発行された「都心部の遺跡」、「東京都遺跡地図」のインターネット公開版共に、直径19mの円墳と書かれています。

 右が「猫塚」の碑です。現地説明板には下記のように書かれています。


猫塚
 「今から百六十年ほど前に有馬藩の殿様に気に入られた女中がいました。その女中は、周りの者が嫉妬したせいで自殺してしまったのです。その女中の飼っていた猫が主人の敵をうつ為に、いじめた老女を食い殺してしまいました。そこで山村典善と小野川喜三郎という武士が、その猫を退治しました。この猫をともらうために建てられたのが、体育館裏の「猫塚」です。誰がいつ建てたのかは不明ですが、講談や歌舞伎で面白おかしく語り継がれています。」





  1. 2012/08/15(水) 02:41:20|
  2. 港区の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「稲荷塚古墳」(世田谷区指定史跡)

稲荷塚古墳(世田谷区指定史跡)

 画像は、世田谷区喜多見4丁目にある稲荷塚古墳を西から見たところです。


稲荷塚古墳(世田谷区指定史跡)

 この古墳は、墳丘実測図によると8m×10mほどの隅丸長方形を呈していますが、調査の結果この古墳の見かけの墳丘は、復元径約13m、高さ約2.5mの円墳で、周囲に幅約2.5mの周濠がめぐっていることが判明したそうです。
 長さ6mの横穴式石室は凝灰岩切石で羽子板形に築造されています。調査は昭和34年と昭和55年に行われ、石室内から圭頭太刀、直刀、刀子、鉄鏃、耳環、玉類、土師器、須恵器が出土しています。


稲荷塚古墳(世田谷区指定史跡)

 画像は、墳頂部を東から見たところです。こぶし大の円礫が見られ、特に墳頂西側に多量に集中しています。墳頂の祠が建てられた際に、若干の土が削られているようです。

 古墳公園として整備保存されていて、世田谷区教育委員会による説明板が設置されています。

<参考文献>
世田谷区教育委員会『世田谷区遺跡調査報告2 喜多見古墳群Ⅰ』
多摩地域史研究会『多摩川流域の古墳』
現地説明版





  1. 2012/08/07(火) 05:00:52|
  2. 世田谷区/喜多見古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「天神塚古墳」

天神塚古墳

 画像は、世田谷区喜多見4丁目にある「天神塚古墳」を東から見たところです。

 現在は、墳頂に須賀神社の社殿が建っていて、周囲はかなり変形をうけているようです。北側は道路により、東側は階段により、また西側を石垣により削平されていて、南側のみわずかに墳丘の名残りをとどめているという状況です。喜多見古墳群の中では、最も保存状態の悪い古墳のひとつです。
 直径は推定約16~17m、残存墳丘の高さは1m前後で、円墳と推定されています。


天神塚古墳

 『新編武蔵風土記稿』には、下記のように記されています。

『前(第六天塚)ノ続ニアリ。高サ五尺許。塚上ニ天神・牛頭大王ノ小祠ヲ二ツタツ。東向。』

 つまり、当時の高さは約1.5m程で、塚の上に祠と祀っていたということのようです。

<参考文献>
世田谷区教育委員会『世田谷区遺跡調査報告2 喜多見古墳群Ⅰ』
多摩地域史研究会『多摩川流域の古墳』





  1. 2012/08/07(火) 04:33:15|
  2. 世田谷区/喜多見古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「第六天塚古墳」(世田谷区指定史跡)

第六天塚古墳(世田谷区指定史跡)

 画像は,世田谷区喜多見4丁目にある第六天塚古墳を北西から見たところです。

 この古墳は、直径約8m、高さ2.7mの円墳で、外側に幅7m前後の周溝が廻っていることが確認されています。また、墳頂部には礫郭と思われる埋葬主体部の形跡が認められ、墳丘端部や周溝から円筒埴輪片が多数採集されています。周囲を道路や宅地に崩されているものの、喜多見古墳群の中では最も保存状態の良い古墳です。

 近世のこの土地は喜多見村字陣屋と呼ばれ、江戸時代初期に喜多見若狭守の陣屋(屋敷)の一隅として築山に用いられていたと伝えられています。

 『四神地名録』には、下記のように記されています。

『華林院の傍に古墳と覚しき岳有り。しるしの松一本有りて、至而の老樹也。風土記郡のうちに墳有る事を記せり。若し是らの墳にゃ、穿て見度もの也。』

 また、『新編武蔵風土記稿』の喜多見村の項には、下記のように記されています。

『第六天塚 字天神森ニアリ、則慶元寺ノ前ナリ。松ノ大樹アリ。塚ハ高サ 八尺許。』

 つまりは、江戸時代後期には土地を守る第六天が祭られた2m余の塚があり、松の大木があったということのようです。松の大木は樹齢数百年の大樹で、明治時代に多摩川を航行する舟の目標になっていたほど目立つものだったそうですが、大正時代に朽ちて伐採されたそうです。現在の墳頂部には稲荷を祀る木製祠が現存していて、竹林の隙間から垣間見ることが出来ます。

<参考文献>
世田谷区教育委員会『世田谷区遺跡調査報告2 喜多見古墳群Ⅰ』
世田谷区教育委員会『1993年度 世田谷区埋蔵文化財調査年報』
多摩地域史研究会『多摩川流域の古墳』




  1. 2012/08/06(月) 00:52:59|
  2. 世田谷区/喜多見古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「砧中学校古墳群4号墳」(世田谷区指定史跡)

砧中学校古墳群 4号墳

 砧中学校古墳群の中で唯一現存するのが、この4号墳です。画像は4号墳を西から見たところです。

 この古墳は、直径37m、高さ1.5mの円墳で、1949(昭和24)年の発掘調査から、墳頂部中央に幅2m程の粘土槨があり、槨内から直刀や土師器、小型壷が出土しています。また、周溝からも祀りに使われた土師器が出土しています。


砧中学校古墳群4号墳

 画像は4号墳を北から見たところです。

 『武蔵名勝図会』では、この4号墳を含む砧中学校古墳群について下記のように記されています。

『古塚 五ケ所。大蔵村の内にあり。同じく世田谷領にして、ここは荏原郡界に近し。塚の囲り二十間。高さ一丈或は九尺。村内の路傍に二ケ所あり。百姓屋敷内に一ヵ所ありしを掘り穿ちけるとき、その塚の内は石を以て畳みあげて、その内に壷一つ、刀剣一本錆び朽ちて細かに打ち崩れけり。また元の如く刀の折れは埋む。壺はいまに村長が家に所持す。』

 学校の職員の方に許可をいただき、見学させていただきました。

<参考文献>
多摩地域史研究会『多摩川流域の古墳』
現地説明版





  1. 2012/08/05(日) 03:49:46|
  2. 世田谷区/砧中学校古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「砧中学校古墳群3号墳」

砧中学校古墳群 3号墳

 砧中学校古墳群は、周辺にある喜多見古墳群、大蔵・殿山古墳群、狛江古墳群に先行する形で造営された古墳群です。これまで八基が確認されていて、まず4世紀の終わりころに前方後方墳である7号墳が最初に造られ、5世紀になると4号墳、3号墳などの大型円墳や5号墳などの方墳にかわります。6世紀後半には小円墳の8号墳がつくられ、7世紀後半に横穴式石室をもつ6号墳が造られたところで、この古墳群の造営が終わります。(1号墳と呼ばれていたものは、古墳ではなかったことが判っているそうです)

 画像は、3号墳と思われる墳丘を南から見たところで、直径32m、高さ1.3mの円墳とされています。

 学校の職員の方に許可をいただき、見学させていただきました。


砧中学校古墳群 3号墳 砧中学校古墳群 3号墳

 上記左の画像は3号墳を北西から、右の画像は東から見たところです。
 4号墳以外は学校建設のためにすべて消滅したとありますが、道路を不自然に狭くしてまで保存されているところを見ると、これが3号墳で間違いないのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。






  1. 2012/08/05(日) 03:27:48|
  2. 世田谷区/砧中学校古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (10)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (14)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (16)
豊島区の古墳・塚 (3)
文京区の古墳・塚 (8)
杉並区の古墳・塚 (18)
中野区の古墳・塚 (17)
新宿区の古墳・塚 (19)
千代田区の古墳・塚 (7)
目黒区の古墳・塚 (9)
渋谷区の古墳・塚 (19)
港区の古墳・塚 (8)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (15)
大田区/田園調布古墳群 (34)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (8)
大田区/その他の古墳・塚 (52)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (9)
世田谷区/大蔵古墳群 (0)
世田谷区/砧中学校古墳群 (2)
世田谷区/喜多見古墳群 (13)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (18)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (7)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (1)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (14)
府中市/高倉古墳群 (32)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (15)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (9)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (8)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (12)
町田市/能ケ谷香山古墳群 (0)
町田市/その他の古墳・塚 (21)
八王子市の古墳・塚 (33)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (5)
小金井市•国分寺市の塚 (4)
東村山市•東大和市の塚 (9)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (47)
横浜市の古墳・塚 (0)
相模原市の古墳・塚 (7)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (8)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
未分類 (9)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR