FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「坂西横穴墓群」(東京都指定史跡)

「坂西横穴墓群」(東京都指定史跡)

 画像は、日野市大坂上にある「坂西横穴墓群」を南から見たところです。日野市の遺跡番号8番の古墳です。

 この横穴墓は、JR中央線日野駅の南南西約350m、線路敷設工事によって二分された丘陵の北側に位置します。昭和49年11月、道路のとりつけ工事現場において第1号墓の羨門部の封石が発見され、その後、相次いで6基が検出されたことにより、12月から翌50年2月にかけて緊急調査が行われました。現在では第1号、3号、4号墓の3基が保存されていて、昭和53年3月16日に東京都指定史跡となっています。


「坂西横穴墓群」(東京都指定史跡)

 この「坂西横穴墓群」中で最も注目されたのは第1号墓で、羨道の一部より前、後室の側壁、天井部のすべてにわたって厚さ2~3mmの白色粘土が塗布されていました。しかもこれはハケ状の用具で丁寧に塗られていて、ハケ目も明瞭に残っていました。横穴墓においてこの事例はたいへんめずらしいのだそうです。
 また、この第1号墓は副葬品がまったく出土せず、前室と後室の界石の大部分が抜き取られて奥壁の右方にそって積まれていたそうで、後世に盗掘にあっていると考えられます。白色塗布面には戯画や文字が沈刻されていて、戯画には馬や鳥らしきもの、文字は「永仁二年」「永仁?年」「永仁六年三月十二日」と刻まれていたそうです。これは第4号墓も同様に、同じような方法で盗掘されており副葬品も残存せず、奥壁には「永仁」銘が見出されたそうです。
 第1・4号墓が比較的古い形態の横穴墓であり、第1・4号墓の墓前域を切断するように第3・5・6・7号墓が造営されていることから、早い時期に造営されたと思われる第1・4号墓が、同手法により盗掘されて同様の「永仁」銘が見られることは、なかなか面白い事例であると思います。


「坂西横穴墓群」(東京都指定史跡)

 この「坂西横穴墓群」の保存については特に1号墓の保存を重視して、工事の方法を変更して保存したそうで、1号墓にかかる箇所は高架になっており、他の6基は直接道路にかからないことから埋め戻して保存されています。上記の画像の高架の下に1号墓が保存されているようです。


「坂西横穴墓群」(東京都指定史跡)

 1号墓にかかる橋は「横穴橋」と名付けられていました(そのまんまだ)。
 発見されたこの横穴墓は発見当初は「矢の上横穴墓」と呼ばれていましたが、後に小字名をとって「坂西横穴墓」と命名されたそうです。
 現地には東京都教育委員会による説明図と説明板が立てられています。

<参考文献>
雄山閣出版株式会社『武蔵坂西横穴墓群』
現地説明版

  1. 2013/02/22(金) 01:26:34|
  2. 日野市/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「慶元寺古墳群5号墳」

「慶元寺古墳群5号墳」

 画像は、世田谷区喜多見4丁目にある「慶元寺古墳群5号墳」を南から見たところです。慶元寺の境内、本堂裏の西に位置する、世田谷区の遺跡番号28-5番にあたる古墳です。

 この古墳も庭園の築山として利用されており、飛び石により西側を削平されていて墳丘には木々が植えられています。墳丘の北東部から円筒埴輪片が採集されており、直径約5m、高さ約0.7mの円墳と推定されています。庭園内には、4~6号墳の他にもに似たような築山が存在しますが、これは庭園の造成の際の盛り土であることがわかっているそうです。


「慶元寺古墳群5号墳」

 墳丘の裾には石室の天井石か?と思われるような石材も見られるのですが、詳しい事はわからず、謎です。。。


「慶元寺古墳群5号墳」

 杉並木の長い参道を抜けると「永劫山華林院慶元寺」があり、敷地内には世田谷区教育委員会による説明板が立てられています。これは古墳の解説ではなく、慶元寺の解説のための説明板ではありますが、残存する古墳についても記載されています。


永劫山華林院慶元寺

浄土宗京都知恩院の末寺で、本尊は阿弥陀如来坐像である。
当寺は、文治二年(1186)三月、江戸太郎重長が今の皇居紅葉山辺に開基した江戸氏の氏寺で、当時は岩戸山大沢院東福寺と号し、天台宗であった。
室町時代の中ごろ、江戸氏の木田見(今の喜多見)移居に伴ない氏寺もこの地に移り、その後、天文九年(1540)真蓮社空誉上人が中興開山となり浄土宗に改め、永劫山華林院慶元寺と改称した。
更に文禄二年(1593)江戸氏改め喜多見氏初代の若狭守勝忠が再建し、元和二年(1616)には永続資糧として五石を寄進し、また、寛永十三年(1636)には徳川三代将軍家光より寺禄十石の御朱印地を賜り、以後歴代将軍より朱印状を賜った。
現本堂は享保元年(1716)に再建されたもので、現存する区内寺院の本堂では最古の建造物であるといわれている。
墓地には江戸氏喜多見氏の墓があり、本堂には一族の霊牌や開基江戸太郎重長と寺記に記されている木像が安置されている。
山門は宝暦五年(1755)に建立されたものであり、また、鐘楼堂は宝暦九年に建立されたものを戦後改修したものである。
境内には喜多見古墳群中の慶元寺三号墳から六号墳まで四基の古墳が現存している。

  昭和五十九年三月
  世田谷区教育委員会




<参考文献>
世田谷区教育委員会『喜多見古墳群Ⅰ 1981』
世田谷区教育委員会『喜多見陣屋遺跡Ⅴ 慶元寺3号墳 2010』
現地説明版

  1. 2013/02/17(日) 04:51:43|
  2. 世田谷区/喜多見古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「慶元寺古墳群6号墳」

「慶元寺古墳群 6号墳」

 画像は、世田谷区喜多見4丁目にある「慶元寺古墳群 6号墳」を西から見たところです。慶元寺の境内、本堂裏の東に位置する、世田谷区の遺跡番号28-6番にあたる古墳です。

 この古墳は、日本庭園の築山として利用されているため古墳として認識されていなかったそうですが、1980年に行われた調査により墳丘やその周辺から埴輪片が採集され、また4号墳からは小刀が発見されたことにより、古墳であることが確認されました。
 この6号墳と4号墳は飛び石と道を造る際に削平したそうで、以前は繋がっていたそうです。日 本庭園内に残されている4~6号墳の3基は、造園の際に大きく改変されているようです。慶元寺内に残されている古墳は、言い伝えによると明治以前には「瓢箪塚」と呼ばれており、偉い人の墓であるという理由で立ち入りが制限されていたそうです。これにより、前方後円墳か帆立貝式前方後円墳とも考えられていたようです。『東京都遺跡地図』のインターネット公開版では”前方後円墳?”とされていますが、現在では墳丘規模12mの円墳と考えられているようです。


「慶元寺古墳群 6号墳」

 かつて行われたボーリング調査では埋葬施設は確認できなかったそうで、墳丘の西側に造られた石段の中に切石状のものも見られるのですが、主体部との関係は不明です。古墳の南側からは円筒埴輪片が採集されています。

「慶元寺古墳群 6号墳」

 墳丘を南東から見たところです。これだけ密集する形で存在する古墳群ですから、まだ未発見の古墳が今後発見される可能性もあるのではないでしょうか。


慶元寺 三重塔

 寺院の敷地内にそびえ立つ三重塔の美しさに目を奪われてしまいます。この周辺はまだまだ自然も多く残されている静寂な場所で、この「永劫山華林院慶元寺」は、「せたがや百景」の60番に指定されています。

<参考文献>
世田谷区教育委員会『喜多見古墳群Ⅰ 1981』
世田谷区教育委員会『喜多見陣屋遺跡Ⅴ 慶元寺3号墳 2010』

  1. 2013/02/13(水) 01:18:41|
  2. 世田谷区/喜多見古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「慶元寺古墳群7号墳」

「慶元寺古墳群 7号墳」

 画像は、世田谷区喜多見4丁目の「慶元寺古墳群 7号墳」の跡地周辺を東から見たところです。『東京都遺跡地図』には、世田谷区の遺跡番号28-7番の古墳として登録されています。

 この古墳についても資料はあまり多くはないのですが、昭和60年(1985)に東京都教育委員会より発行された『都心部の遺跡』ではこの古墳は把握されており、古墳の所在地は「畑」で「一部遺存」とあり、「昭和59年、世田谷区遺跡調査会が存在を確認」と記されています。また、『東京都遺跡地図』では墳形を「円墳」として、規模を「径10.6m、高さ1.4m」、また横穴式石室の存在についても記述しています。

 『東京都遺跡地図』を参考にすると画像のあたりが古墳の跡地と考えられます。現地を訪れてみたところでは、古墳の痕跡はなにも残されていないようです。ひょっとしたらこのS字にクランクした道路の形状そのものが古墳の痕跡と言えるのかもしれませんが、真相はわかりません。おそらくは、学術的な調査が行われないまま消滅してしまったと考えられますが、今後の調査の進展に期待ですね。。。

<参考文献>
東京都教育委員会『都心部の遺跡』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ
続きを読む
  1. 2013/02/10(日) 01:00:12|
  2. 世田谷区/喜多見古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (10)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (14)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (16)
豊島区の古墳・塚 (3)
文京区の古墳・塚 (8)
杉並区の古墳・塚 (18)
中野区の古墳・塚 (17)
新宿区の古墳・塚 (19)
千代田区の古墳・塚 (7)
目黒区の古墳・塚 (9)
渋谷区の古墳・塚 (19)
港区の古墳・塚 (8)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (15)
大田区/田園調布古墳群 (34)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (8)
大田区/その他の古墳・塚 (52)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (9)
世田谷区/大蔵古墳群 (0)
世田谷区/砧中学校古墳群 (2)
世田谷区/喜多見古墳群 (13)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (18)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (7)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (1)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (14)
府中市/高倉古墳群 (32)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (15)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (9)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (8)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (12)
町田市/能ケ谷香山古墳群 (0)
町田市/その他の古墳・塚 (21)
八王子市の古墳・塚 (33)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (5)
小金井市•国分寺市の塚 (4)
東村山市•東大和市の塚 (9)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (47)
横浜市の古墳・塚 (0)
相模原市の古墳・塚 (7)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (8)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
未分類 (9)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR