FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「石浜の経塚」

「石浜の経塚」

 荒川区内にはかつては数多くの塚が存在したといわれており、現在の南千住周辺にも多くの塚が存在したといわれています。ほとんどの塚はすでに開発により消滅しており、これらの塚が古墳であるか中世以降の塚であるかは確認する術はありませんが、古い江戸時代の文献には塚の言い伝えが残されています。

 「石浜の経塚」は、かつての総泉寺の北側の畑の中に残されていたとされる塚です。江戸時代の地誌『新編武蔵風土記稿』には「云、鎌倉将軍頼朝隅田川合戦の刻、討死の者を埋し首塚は、只今総泉寺後ろの田の中に有よし、後に誤りて蛇塚と呼よしなりとあれは、今其名を唱えるものなく、また此余に塚もなけれは此塚のことなるへし」とあり、また『南向茶話』には「総泉寺の北裏あたりにあり、高一丈許、塚上に稲荷の小祠をたつ」と記されています。
 『新編武蔵風土記稿』は隅田川合戦の死者を埋めた首塚であると伝えていますが、経塚であるとも伝えられており、高さ3メートル程の塚上に祀られていた経文稲荷は経塚を利用して後世に祀られたものであるといわれています。ただし、塚を発掘した際には経文その他の埋蔵品は発見されなかったそうですので、この塚が経塚であったか、それとも古代に築造された古墳であったかは何ともいえないところですね。
 現在は板橋区小豆沢に移転した「総泉寺」はかつて台東区清川2丁目から南千住3丁目あたりに所在したとされておりますので、総泉寺の北側にあたる現在の荒川区南千住3丁目周辺が塚の推定地であると思われます。また、東京瓦斯会社が出来る時に塚の稲荷が撤去されたといわれていることから、画像の東京ガスが所在する(南千住3-13)辺りが塚の推定地であると思われますが、正確な所在地まではわかりませんでした。
 この塚の稲荷には御神体の鏡があり、祠が撤去された際に橋場2丁目の個人邸内に移されているそうですが、特に調査はされてのが残念なところです。。。


「石浜の経塚」

「石浜の経塚」

 荒川区南千住3丁目、石浜神社の社殿の右側には高さ約3mの「白髭富士」が所在します。周辺に古墳の可能性のある塚の言い伝えが多く残されていることから見学に訪れてみたのですが、この富士塚に関しては、特に古墳を流用したということもないようですね。。。
 それにしても、富士塚の頂上に立てられている石造物はいったいなんだろう???

<参考文献>
芳洲書院『続隅田川とその両岸(下巻)』
東京都荒川区教育委員会『南千住の民俗』

  1. 2014/11/23(日) 01:07:29|
  2. 荒川区/南千住 微高地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「道久塚」

「道久塚」

 南千住2丁目48番地から69番地(現在の南千住2丁目11番地から15番地あたり)周辺は、元の小字名を「道久塚」といったそうです。その昔、道久という人が長旅の途中で病に疲れて、水を飲もうとして誤って小川に落ちて死んでしまったそうです。それを里人が哀れんで塚を築いて弔ったのがこの道久塚であるといわれています。
 この道久塚について加藤雀庵は『小鳥のさいづり』十四巻に、「日本堤より北の方、一丁余の田の中に土俗ダウキヤウ塚と呼べる地あり。方二、三間ばかりのいささかなる小塚の形残れり。」と記しており、さらにそのおわりに「余の幼きときまでは上にいへるごとし、今はその地及び小塚もありやなしや、おぼつかなけれど、なほ道鏡塚の名存せり」と書かれていることから、明治初年にはすでに塚は削平され、地名だけになっていたようです。加藤雀庵は明治8年に81歳で没した人で、塚が残っているのを見たというのは、享和か文化の頃ではないかと考えられているようです。

 画像は南千住2丁目、かつての小字「道久塚」のあたりを南から見たところです。画像の左側手前から13、12番地、右の背後から奥に向かって15、14、11番地です。この「道久塚」は古墳ではないかとも考えられているようですが、残念ながら塚の痕跡は何も残されていないようです。

 また、加藤雀庵の『みのわの雨』十四巻には「又小塚原田圃石橋より橋場の方へ至る野道より南の方玉姫稲荷の方へかけての田地を土俗塚田と称せり、塚のかたち四つあり、按るに石浜合戦の戦死の人の古墳なるべし、上の道キヤウ塚も同じたぐいにや。」とあり、この周辺に多くの塚が存在したことが書かれています。
 旧字名で「石橋」とは現在の南千住8丁目周辺のようですから、塚が存在したのは現在の荒川区南千住3丁目から台東区清川2丁目、橋場2丁目辺りなのではないかと思われます。荒川区側には4基の塚の他に「石浜の経塚」や「道久塚」、台東区側には「妙亀塚」や「釆女塚」、「駿馬塚」などが存在したことを考えると、このうちの幾つかが古墳であった可能性も少なくないように思いますが、多くの塚が消滅してしまった現在ではこれを確かめることは出来ません。。。


「道久塚」

 画像は、台東区清川2丁目にある「玉姫稲荷神社」を東から見たところです。塚田と呼ばれ、4基の塚が残されていたのは、この玉姫稲荷から南千住にかけてのあたりであると思われますが、古墳の面影など微塵も残されていないようです。

 台東区周辺には女性の悲しい言い伝えが残されている神社や塚が数多く、この玉姫稲荷神社にもひとつの伝説が残されています。昔、この周辺に暮らしていた砂尾長者という金持ちの一人娘が恋に破れ、鏡が池に身を投げて命を絶ってしまい、この玉姫を祭ったことから「玉姫稲荷」と呼ばれるようになったと伝えられているそうです。
 台東区千束には吉原があり、1658年(明暦3年)の大火後、幕府の命により日本橋の吉原遊郭が移されて以来、売春防止法が施行される昭和33年(1958)まで300年間もの間、遊郭街新吉原は特に江戸時代を中心に風俗・文化の源泉でした。しかし、明治時代には吉原大火により全焼、その後大正時代の関東大震災や昭和の東京大空襲でもほぼ全焼するなど悲しい歴史も多く伝えられています。遊女達の結ばれない悲しい恋の物語も多かったのかもしれませんね。。。。

 <参考文献>
芳洲書院『続隅田川とその両岸(下巻)』
東京都荒川区教育委員会『南千住の民俗』

  1. 2014/11/18(火) 02:01:46|
  2. 荒川区/南千住 微高地
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

「江古田の富士塚」(国指定文化財)

「江古田の富士塚」(国指定文化財)

 画像は、練馬区小竹1丁目にある「茅原浅間神社」を南から見たところです。この境内には「江古田富士」と呼ばれる富士塚が所在します。この「江古田富士」は『東京都遺跡地図』には、練馬区の遺跡番号117番の名称のない塚として登録されています。


「江古田の富士塚」(国指定文化財)

 かつてこの周辺が一面の茅の原であったために「茅原浅間神社」と呼ばれるようになったそうですが、江戸時代には「富士浅間社」とも呼ばれていたようです。西武池袋線の「江古田駅」の北口を降りて徒歩1分と近いところにあり、富士塚は拝殿の後ろ側に残されています。この「江古田富士」は、元々あった古墳を流用して造られた富士塚であるといわれており、高さ約8m、直径約30mの墳丘には富士山から持ち帰った溶岩が盛られています。 

 (財)日本常民文化研究所より発行されている『富士講と富士塚 ―東京・神奈川―』には、古墳が富士塚に改変されたようすについて次のように書かれています。

 (前略)塚の形態は、饅頭形をした頂部に富士形の土盛りをかさ上げしている。饅頭形の部分は、古墳時代の古墳と伝えられているように、古墳の墳丘の形態をみせており、とくにその特徴は北半において顕著である。(中略)塚の形態も南側が平坦的であることを考えると、富士塚を構築するときには、古墳の封土を切り剥いで頂上部に積み上げたことを知ることができる。なお、塚の頂上部から縄文時代早期の押形文土器が採集された。(後略)」(『富士講と富士塚 ―東京・神奈川―』144〜146ページ)

「江古田の富士塚」(国指定文化財)

 画像が、「江古田富士」を南から見たところです。敷地内には東京都教育委員会による説明板が設置されており、次のように書かれていました。

練馬区登録有形民俗文化財
国指定重要有形民俗文化財
 江古田の富士塚


 江古田の富士塚は、富士講の一派小竹丸祓講によって天保10年(1839)に築造されたものと考えられますが、一説には文化年間(1804~1818年)築造ともいわれています。高さ約8メートル、直径約30メートル、関東大震災の時に損壊しましが、その後復旧され、塚全体が富士の溶岩で覆われています。
 頂上の唐破風屋根のついた石祠は、天保10年に造立されたもので、他に経ヶ嶽・太郎坊・小御嶽神社の石碑や大天狗・小天狗・神猿などの石像もあり、元治2年(1865)の講碑、大正12年震災時の御神体修築の碑などが建っています。社殿の前には文化4年(1807)の石灯籠や文化9年(1812)の手水鉢なども残っています。
 都区内の富士塚の中では、大規模な部類に属し、庶民信仰の様相を示すものとして、昭和54年5月21日、国の重要有形民俗文化財に指定されました。

  平成元年3月     練馬区教育委員会


 年3回の一般公開(正月三が日、山開きの7月1日、9月の第二土曜・日曜)の日に登拝することができるそうです。

<参考文献>
練馬区立石神井公園ふるさと文化館『ふるさと練馬探訪』
名著出版『練馬区の歴史』
現地説明版

  1. 2014/11/15(土) 22:33:48|
  2. 練馬区の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「氷川神社富士塚 (大松の富士塚)」(練馬区指定有形民俗文化財)

「氷川神社富士塚 (大松の富士塚)」(練馬区指定有形民俗文化財)

 画像は、練馬区北町8丁目にある「氷川神社」を南から見たところです。この神社の境内に「氷川神社富士塚 (大松の富士塚)」が所在しています。

 この富士塚の北側、板橋区内の東武練馬駅から下赤塚駅にかけて東上線に沿ったあたりは、「金塚」をはじめ「川越みち十塚」と呼ばれる古墳の可能性も考えられる多くの塚が存在したといわれています。このため、北町2丁目に所在する「下練馬の富士塚」と同様に、この「大松の富士塚」も古墳の上に築造した可能性があるのではないかと考えて、現地を訪れてみました。


「氷川神社富士塚 (大松の富士塚)」(練馬区指定有形民俗文化財)

 画像が「氷川神社富士塚 (大松の富士塚)」を南から見たところです。高さ約3.7m、直径15mとされるこの富士塚は平成7年3月9日に練馬区指定有形民俗文化財に指定されており、敷地内には練馬区教育委員会により説明板が設置されています。説明板には次のように書かれていました。
  
氷川神社

 当社は「大松の氷川様」といわれてきました。大松とは下練間村の小字の名です。
 祭神は建速須佐之男命です。境内社に御嶽神社(日本武尊)、富士神社(木之花開邪姫命)、稲荷神社(保食神)、白山神社(伊邪那美命)などがあります。
 さらに、この神社の特徴として参道脇に富士塚があります。江戸時代中頃から、江戸を中心に盛行した、富士信仰の丸吉講によって築かれたものです。頂上の石宮は天保6年(1835)再建、塚中腹の御手洗石は同9年(1838)再建と刻まれていますから、それ以前の築造であることにちがいありません。ほかに明治・大正時代の富士登山記念碑などがあります。ちなみに、鈴原神社の碑は富士山一合目にある同神社の登拝紀念に建てたものです。これらの境内社や石造物から、当社は江戸時代より練馬近在の富士講・御嶽講など民間信仰の中心であったことがうかがわれます。
  昭和61年3月
    練馬区教育委員会


「氷川神社富士塚 (大松の富士塚)」(練馬区指定有形民俗文化財)

 富士塚を下から見上げてみたところ。すごく大きな塚に見えますが…


「氷川神社富士塚 (大松の富士塚)」(練馬区指定有形民俗文化財)

 氷川神社境内から見るとこんな感じ。小高い場所の斜面を生かして造られているようで、下から見上げるととても大きく見えますが、上から見ると小さな感じの富士塚です。頂上に祀られているのは富士浅間神社で、天保6年(1835)に再建されたことが刻まれているそうです。
 従って、この富士塚は古墳を流用したものではないようですね。


庚申塚

 通りがかりに偶然見つけた「庚申塚」です。氷川神社と同じ、北町8丁目の川越街道沿いに所在します。
 明治14年(1881)2月の建立と比較的新しい庚申塔のようですが、この地点にもかつては塚が盛られていたのでしょうか。。。

<参考文献>
練馬区立石神井公園ふるさと文化館『ふるさと練馬探訪』
現地説明版

  1. 2014/11/12(水) 03:30:32|
  2. 練馬区の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「下練馬の富士塚」(練馬区有形民俗文化財)

「下練馬の富士塚」

 画像は練馬区北町2丁目41番、浅間神社境内にある「下練馬の富士塚」を南から見たところです。 

 この富士塚の北側、板橋区内の東武練馬駅から下赤塚駅にかけて東上線に沿ったあたりは、「金塚」をはじめ、「川越みち十塚」と呼ばれる古墳の可能性も考えられる多くの塚が存在したといわれています。このため、この「下練馬の富士塚」も古墳の上に築造した可能性があるのではないかと考えて、現地を訪れてみました。


「下練馬の富士塚」

 練馬区公式ホームページの解説によると、この富士塚は高さ約5メートル、径約15メートルあり、下練馬上宿、中宿の丸吉講によって江戸時代に築かれたものと考えられているそうです。
 色々調べてみると、現在の塚は大正12年(1923)の関東大震災で崩壊したものを昭和2年(1927)に練馬上宿の人たちが山を崩し、場所を少し移動して築造したことが塚上の「三建記念碑」に記されているそうですので、この富士塚は古墳を流用したものではないようですね。


「下練馬の富士塚」
 
 画像は頂部から見下ろしたところ。地上から見た印象よりもずっと高く感じます。
 この下練馬の富士塚は平成5年に練馬区の有形民俗文化財に指定されており、現在も町会の有志により7月1日に山開きが行われているそうです。

<参考文献>
板橋史談会『武州板橋誌(板橋史談 第56号~第59号)
板橋区教育委員会『文化財シリーズ第81集 板橋の地名』
(財)日本常民文化研究所『日本常民文化研究所調査報告 第2集 富士講と富士塚―東京・神奈川』

  1. 2014/11/10(月) 01:01:32|
  2. 練馬区の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (10)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (14)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (16)
豊島区の古墳・塚 (3)
文京区の古墳・塚 (8)
杉並区の古墳・塚 (18)
中野区の古墳・塚 (17)
新宿区の古墳・塚 (19)
千代田区の古墳・塚 (7)
目黒区の古墳・塚 (9)
渋谷区の古墳・塚 (19)
港区の古墳・塚 (8)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (15)
大田区/田園調布古墳群 (34)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (8)
大田区/その他の古墳・塚 (52)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (9)
世田谷区/大蔵古墳群 (0)
世田谷区/砧中学校古墳群 (2)
世田谷区/喜多見古墳群 (13)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (18)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (7)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (1)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (14)
府中市/高倉古墳群 (32)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (15)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (9)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (8)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (12)
町田市/能ケ谷香山古墳群 (0)
町田市/その他の古墳・塚 (21)
八王子市の古墳・塚 (33)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (5)
小金井市•国分寺市の塚 (4)
東村山市•東大和市の塚 (9)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (47)
横浜市の古墳・塚 (0)
相模原市の古墳・塚 (7)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (8)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
未分類 (9)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR