FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「堂が谷戸1号墳」

「堂が谷戸1号墳」

 「堂が谷戸1号墳」は、昭和57年(1982)に行われた個人住宅建築に伴う緊急発掘調査により発見された古墳です。『東京都遺跡地図』には世田谷区の遺跡番号272番の古墳として登録されています。

 画像は、世田谷区岡本3丁目の「堂が谷戸1号墳」の跡地を北から見たところです。この古墳の墳丘はすでに消滅しており、周溝の1/4のみが検出されています。規模は墳丘径20.5m、外径は約28mで、墳丘の痕跡はなかったものの、円墳ではないかと推定されています。埋葬施設は調査区域外であったために書くのんされておらず、出土遺物から古墳時代前期五領期~和泉期の築造と考えられているようです。
 「堂が谷戸遺跡」内で発見されている古墳はこの古墳1基のみであるようですが、「1号墳」という名称からして、今後も周辺から同規模の円墳が発見されるであろうという主張を感じてしまいます。今後の調査が楽しみですね。。。

<参考文献>
世田谷区教育委員会 世田谷区遺跡調査会『慶元寺1号墳•陣屋前遺跡•奥沢台遺跡他』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2015/10/30(金) 23:50:08|
  2. 世田谷区/砧古墳群その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「下山1号墳」

「下山3号墳」

 「下山1号墳」は、昭和53年(1978)に行われた集合住宅建設に伴う第5次調査により発見された古墳です。『東京都遺跡地図』には世田谷区の遺跡番号273番の古墳として登録されています。

 画像は、世田谷区瀬田4丁目の下山1号墳の跡地周辺のようすです。奥の集合住宅のあたりが古墳の跡地であると思われます。この古墳の墳丘はすでに消滅しており、発掘調査により円形の周溝が検出されています。規模は墳丘径9~10.2m、外径は11~14mで、西側にブリッジを持つ円墳です。墳丘上面が削平されていたため盛土は確認されず、埋葬施設も検出されなかったようです。また、同じ調査区の北側からは小石室が検出されています。
 下山遺跡内からは計3基の古墳の周溝が発見されていますが、周辺にはまだ畑地も残されていることから今後の調査により新たな古墳の発見もありそうです。。。

<参考文献>
世田谷区教育委員会『下山遺跡 Ⅱ』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2015/10/29(木) 23:52:55|
  2. 世田谷区/砧古墳群その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「下山2号墳」

「下山2号墳」

 「下山2号墳」は、世田谷区瀬田5丁目に所在する古墳です。『東京都遺跡地図』には世田谷区の遺跡番号323番の古墳として登録されています。

 この古墳のマウンドはすでに消滅しているものの、平成9年(1997)の宅地造成工事に伴う事前調査により周溝が検出されています。推定規模は内径約12m、外径約15.5mで、遺物は出土していないものの覆土の様相から古墳時代中期から後期初頭のものであると考えられています。
 画像の畑地の奥、宅地のあたりが古墳の跡地となるようですが、残念ながら古墳の痕跡を見ることは出来ません。この瀬田の台地上にマウンドの残る古墳は存在しないようですが、周辺からは下山1号墳と3号墳の2基の円墳の周溝が検出されており、周辺にはさらに数基の同規模の古墳が存在するのではないかと考えられています。この地域にはまだ畑地も残されており、今後の調査による新たな発見が楽しみです。。。

<参考文献>
世田谷区教育委員会『1997年度 世田谷区埋蔵文化財調査年報』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2015/10/28(水) 00:35:32|
  2. 世田谷区/砧古墳群その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「下山3号墳」

「下山3号墳」

 「下山3号墳」は、平成14年(2002)から15年(2003)年に行われた農地改良工事に伴う事前発掘調査により発見された古墳です。『東京都遺跡地図』には世田谷区の遺跡番号324番の古墳として登録されています。

 画像は、世田谷区瀬田4丁目の下山3号墳の跡地を南から見たところです。この古墳の墳丘はすでに消滅しており、周溝の半分のみが検出されています。規模は墳丘径13.2m、外径は15.4mで、南東側にブリッジを持つ円墳です。遺物は出土していないものの、覆土から古墳時代中期末~後期初頭の築造と考えられています。
 「下山遺跡」内には墳丘が残存する古墳はありませんが、発掘調査により3基の古墳の周溝が検出されており、周辺にはさらに数基の同規模の円墳が存在するのではないかと考えられているようです。

<参考文献>
世田谷区教育委員会『2002年度 世田谷区埋蔵文化財調査年報』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2015/10/27(火) 00:45:15|
  2. 世田谷区/砧古墳群その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「大桜大塚(旧大桜古墳)」

「大桜大塚(旧大桜古墳)」

 画像は、大田区南久が原2丁目に所在する「おしゃもじさま」を南西から見たところです。『大田区ホームページ』によると、道祖神とは道路の悪魔を防いで道行く人をお守りする神様であり、「おしゃもじさま(別名ドウロク様)」とも呼ばれるこの道祖神は咳と風邪の神様で、これが祀られているために鵜の木ではチフスが流行しても風邪にかからないともいわれているそうです。この道祖神の背後に現在も残存するのが「大桜大塚」です。『東京都遺跡地図』には大田区の遺跡番号165番の”中世の塚”として登録されています。

 「大桜大塚」は、新田義興の入定穴であったという伝説が残されており、また義興手植えとされる八重山桜の巨木があったようですが、昭和初期に枯れてしまったそうで今はその姿を見ることが出来ません。古くは「大桜古墳」という名称で、古墳ではないかとも考えられていたようですが、平成4~5年にかけて古代・中世遺跡調査団により調査が行われており、中世の出土品である板碑の存在からこの塚は古代の高塚古墳ではなく中世の塚であると判断されています。またこの調査により、名称が「大桜古墳」から「大桜大塚」へと変更されています。


「大桜大塚(旧大桜古墳)」

 大桜大塚の周囲は宅地に囲まれており、全容を写真に収めることは出来ません。画像は隙間からわずかに見える塚のようすです。規模は径約10m、高さ2mほどの円形の塚で、頂部に祀られている祠の基壇部に出土した板碑がコンクリートで貼付けられているそうですが、残念ながら見学することは出来ませんでした。
 新田義興の入定穴であるともいわれる大桜大塚ですが、出土した板碑の年代は1309年と1320年、1345年の3基で、新田義興が矢口の渡しで憤死した1331年以前の板碑が含まれていることから、塚は南北朝以前の築造であると考えられています。
 発掘調査は行われていないようですが、光明寺境内に所在する「荒塚」のように古墳を流用して後世に築造した塚である可能性も残されているように思いますが、このあたりは何ともいえないところです。

<参考文献>
学生社『大田区史跡散歩』
大田区教育委員会『大田区の文化財第22集 口承文芸(昔話・世間話・伝説)』
大田区教育委員会『大田区の文化財第30集 考古学から見た大田区 ―横穴墓・古代・中世 資料集―』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2015/10/26(月) 00:38:50|
  2. 大田区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「灰塚」

「灰塚」

 画像は、大田区千鳥町3丁目に所在する「灰塚」を南から見たところです。『東京都遺跡地図』には大田区の遺跡番号33番の”中世の塚”として登録されています。

 この塚は、久が原台地と鵜の木台地に挟まれた沖積低地に所在します。この周辺に数多く残される新田義興伝説のひとつである、義興を荼毘にふした灰で築いたとの伝承がある塚です。
 平成4年の測量の結果、東西9m、南北7m、高さ1.5mと確認されています。翌年に行われた地中レーダー調査では石室や周溝の反応はなかったそうで、盛土内の集石とその下の小さな落ち込みがレーダーの反応として確認されたこととかつて板碑が出土していることから、この塚は古墳ではなく墳墓であると推定されています。
 興味深いのは、塚から出土した板碑には義興が生まれたとされる1331年以前の板碑があり、また義興が矢口の渡しで憤死した1358年以前の1367年の板碑もあるのだそうです。つまりは、新田義興を荼毘にふした灰で築いたとの伝説はあまり関係がないのではないかとも考えられているようです。
 地中には蔵骨器などが埋まっている可能性もあるそうなので、この辺りは今後の更なる調査を待ちたいところです。


「灰塚」

 画像は敷地の外側、北西から「灰塚」を見たところです。塚上には大田区の文化財であるシイの古木があり、ひときわ目立ちますます。元々は一本の大木だったそうですが、江戸時代後期に切り倒された後に、新しい8本の太い樹木となったのだそうです。また塚上には祠が祀られており、この中に板碑が納められているそうです。

 この土地の方に許可を得て見学させていただきました。ありがとうございました。

<参考文献>
大田区史編さん委員会『大田区史 上巻』
大田区教育委員会『大田区の文化財第30集 考古学から見た大田区 ―横穴墓・古代・中世 資料集―』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2015/10/25(日) 00:00:51|
  2. 大田区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「妙蓮塚」

「妙蓮塚」

 画像は。大田区下丸子2丁目に所在する「妙蓮塚三躰地蔵」を南西から見たところです。『東京都遺跡地図』には「妙蓮塚」の名称で、大田区の遺跡番号187番の”中世の墳墓”として登録されています。

 前々回紹介した「十騎明神塚(十寄神社)」には、新田義興とともに矢口の渡しで討死した従者たちが祀られているといわれていますが、もう一カ所、義興公とともに討死した従者たちが祀られているとされる場所があります。それが今回紹介する「妙蓮塚三体地蔵」です。
 敵の謀略にのり、新田義興公が矢口の渡しで暗殺された折、義興公の家臣である土肥三郎左衛門、南瀬口六郎、市川五郎の三人は裸になって太刀を口にくわえ、水の底を潜って岸にかけ上がり、敵の中に切り込んで多くの敵を討ち取り手傷を負わせたものの、3人ともここで討死したといわれています。
 その後、正平年間のある暑い夏の日、この地を訪れた尼僧妙蓮が旅の疲れをいやすために木陰で休んでいたところ、新田義興公の家臣の三体の霊が現れ、尼僧の夢枕に立って供養を懇願したそうです。これを哀れんだ尼僧は三体の霊を供養して、三勇士のために地蔵尊を建立して霊を弔ったそうで、後年里人が妙蓮の名をとって「妙蓮塚三体地蔵」と呼ばれるようになったといわれています。


「妙蓮塚」

 塚上には銀杏の大樹が立ち、夏の暑い日差しを遮るように木陰を作っています。尼僧妙蓮が旅の疲れを癒すために休んだ木陰とは、この塚の場所ではないのかと想像してしまいます。
 お地蔵様には浴衣が着せられていて、お茶碗やお水が供えられています。敷地内はきれいに整備されていて、地元の人たちに大切にされているようすが伺えます。


「妙蓮塚」

 塚上に立てられている「妙蓮塚忠魂碑」です。この塚の由来が刻まれています。
 大田区内には、女塚神社(女塚古墳)の「女塚古墳の由緒」の碑、塚越横穴墓群の「無縁霊位」と「由緒」の石碑、金山神社の「古墳由来碑」、三輪厳島神社塚の「古墳各霊乃塚碑」等々、古墳や塚の由来が刻まれている石碑がかなり多く見られますが、それだけ多くの古墳や塚が存在した証であるといえるかもしれませんね。。。

<参考文献>
大田区教育委員会『大田区の文化財第22集 口承文芸(昔話・世間話・伝説)』
大田区教育委員会『大田区の文化財第30集 考古学から見た大田区 ―横穴墓・古代・中世 資料集―』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』
『矢口トーク96 第19号』


人気ブログランキングへ

  1. 2015/10/23(金) 01:12:48|
  2. 大田区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「新田義興塚(旧新田神社裏古墳・迷い塚・荒墳・荒山)」

「新田義興塚」

 画像は、大田区矢口1丁目に所在する「新田神社」を東から見たところです。この神社の敷地内には、新田義興の墳墓であるとされる「新田義興塚」が所在します。『東京都遺跡地図』には大田区の遺跡番号163番の”中世の墳墓・その他(塚)”として登録されています。

 この新田神社は新田義興を祭神とする東京府時代の府社で、周辺地域ではこの新田義興公にまつわるとても有名な伝説が残されています。この伝説は様々な文献で目にすることが出来ますが、ここはひとつ新田神社の由緒に書かれている物語を紹介したいと思います。

由緒
 昔、日本中で戦いが続いていた「室町時代」。新田義興公(にったよしおきこう)という、とても強くて勇敢な武将がいました。義興公は新田義貞公(にったよしさだこう)の次男として生まれ子供のころの名前を徳寿丸といいました。青年になった徳寿丸の勇敢な姿を見た後醍醐天皇が武士の位と義興という新しい名前を授けて下さいました。
 その頃日本は国が南と北に別れ、争いを繰り返していました。義興公は天王を守るために戦いました。そして、勇気と知恵でどんな大軍にも打ち勝ったので、武将として有名になりました。大勢の敵が襲ってきても義興公が負けることはありませんでした。
 敵の武士たちは、義興公のことが怖くてたまりませんでした。そこでいくさでは義興公に勝てないので卑怯な作戦を立てました。敵の竹沢と江戸という武士が見方の降りをして義興公に鎌倉で戦うことを進めました。それを信じた義興公は鎌倉へ行くために多摩川の矢口の渡というところから船に乗りました。ところが義興公の乗った船は敵に襲われて沈んでしまったのです。(1358年10月10日)
 義興公が敵に騙されて死んでしまった矢口では、不思議なことが起こりはじめました。夜になると、ぽうっと怪しい光が現れるようになり雷がたびたび落ちるようになりました。それから、もっと不思議なことに、義興公を裏切った人は次々と義興公の怨霊に悩まされ狂死しました。それを見た村人たちは義興公の祟りを鎮めるために義興公の墳墓の前に神社を作ることにしました。
 こうして村人たちは新田神社を作り、義興公を「新田大明神」としてあがめたのです。やがて義興公は、村人や旅人の「運を開き守り、幸せに導く霊験あらたかな神様」として人々から広く崇敬されるようになりました。
 義興公の物語は江戸時代には平賀源内によって歌舞伎・浄瑠璃「神霊矢口渡」というお芝居にもなり、其の壮絶な生涯は今も語り継がれています。

 義興公は、わずか13人の従者とともにこの地に至り、義興公が多摩川の矢口の渡で船に乗ったところを船頭が船底に穴をあけて船は水中に没し、対岸からは江戸氏の軍勢が矢を射かけ、義興公は自刃して果てたといわれています。
 周辺地域に残る新田義興公にまつわる言い伝えの数からしても、この出来事は村人たちにとって衝撃的な事件であったのだと思いますが、神社は義興公の祟りを鎮めるために村人たちに築造されたといわれており、塚は義興公の墳墓であるとされています。



「新田義興塚」

 画像が「新田義興塚」です。古くは「荒山」、「迷い塚」などとも呼ばれていたそうですが、近年では塚は古墳ではないかとも考えられていたようで、1985年に発行された「都心部の遺跡」ではこの塚は「新田神社裏古墳」という名称で取り上げられており、「塚の可能性が高い」としながらも径22.5mの”円墳”とされています。

 塚には他にも多くの言い伝えがあり、塚の真ん中にある「舟形」は、義興公の舟と鎧を埋めたものが杉になったものだといわれていますが、この杉は残念ながら落雷により消失しています。また、塚の後方に映えている竹は源氏の白旗を立てたものが根付いたもので、これは「旗竹」と呼ばれて雷が鳴るとビチビチと割れたといわれています。


「新田義興塚」

 「新田義興塚」前に立てられているのは、昭和49年2月に大田区の文化財に指定されている「矢口新田神君之碑」です。延享3年(1746)に石城国(福島県)守山藩主、松平頼寛が造立した碑で、新田義興公の事績と神社創建の由来が記されています。


「新田義興塚」

 境内の御神木は、樹齢700年にも及ぶそうです。過去に落雷や戦災によって幹が大きく真二つに裂けてしまいましたが、毎年新緑の季節には青々とした葉を繁らせるそうです。古木上部には、とても珍しい「宿り木(植物の一種)」が生息しており、春には淡黄色の小花が咲くそうです。そして、この御神木に触れると「健康長寿」「病気平癒」「若返り」の霊験があるという古老の言い伝えがあるそうです。
 僕もこの御神木にゆっくりと触れてみました。いかにも御利益のありそうな、パワーあふれる大木です。

<参考文献>
学生社『大田区史跡散歩』
東京都大田区『大田区史 資料編 地誌類抄録』
大田区教育委員会『大田区の文化財第22集 口承文芸(昔話・世間話・伝説)』
大田区教育委員会『大田区の文化財第30集 考古学から見た大田区 ―横穴墓・古代・中世 資料集―』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2015/10/22(木) 02:37:23|
  2. 大田区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「十騎明神塚」

「十騎明神塚」

 画像は大田区矢口2丁目に所在する「十寄神社」を西から見たところです。この神社の境内にかつて存在したとされているのが「十騎明神塚」です。

 この神社は、新田義興とともに矢口の渡しで討死した従者十人が祀られており、社殿の背後にかつて存在した塚はこの十人の従者が葬られているといわれていました。古くは十騎明神、十騎社とも呼ばれていたそうです。この従者の言い伝えは古くから知られており、江戸時代の地誌、『新編武蔵風土記稿』には次のように書かれています。

十寄明神社 新田明神より三町ばかり西にあり、義興の具せし従者の霊を祀れり、故に十騎明神といふべきを、いつの頃よりか十寄に書来れりと、又云左にあらず、昔徒寄とかきしとぞ、義興の人徒をあつめて祀りしと云義なりと、いづれもたしかなることなし、ことに【太平記】によれば、従者十三人と云ふ、その人々は世良田右馬助、井弾正忠、大嶋周防守、土肥三郎左衛門、市川五郎、由良兵庫助、同新左門入道信阿、南瀬口六郎、その余り五人の姓名は伝はらずといふ、按に【太平記】異本に、井弾正を井伊弾正興種とあり、【井伊家譜】によれば、弾正左衛門直秀と記せり。又異本【太平記】に市川五郎を五郎右衛門とし、南瀬口六郎が氏を大瀬口とあり、此八人の他に松田与市、宍道孫七、堺壱岐権守、進藤孫六左衛門等四人の姓名を加へ、又十三人といへるをも十二人に作れり、されば普通の本に十三人とあるは字の誤歟、あるひは義興を加へて主従十三人のことなるもしるべからず、是によれば従者は十三人、或十二人なるを十騎と云も疑ふべし、此十三人の人々、義興と同く亡ひしことは已に前に見えたれば略せり、本社二間に九尺、拝殿二間四方前に鳥居をたて十騎明神の四字を扁せり、本社の後背に古塚あり、これ十三人の印の墳にて、そのさま新田の社の塚に似たり、是も真福寺の持(『大田区史 資料編 地誌類抄録』82ページ)

 これらの伝説は諸説あるようで、もちろんすべての伝説がイコール史実であるとは限らないわけですが、十寄明神社の背後にあったといわれる「十騎明神塚」がどういった性格の塚であったかは、塚が失われてしまった今では知る由もありません。
 平成4年(1992)に発刊された『大田区史跡散歩』には「社殿のうしろに古墳があり、これが従者を葬ったところと伝わる」と書かれており、近年までこの塚は残されていたのではないかとも思われるのですが、昭和60年(1985)に発行された『都心部の遺跡』にはこの塚は取り上げられず、『東京都遺跡地図』には大田区の遺跡番号191番の”中世の墳墓”として登録されていますが、古くは柳田国男氏が「十三塚」として取り上げたこともあったようです。残念ながら塚は発掘調査が行われることもなく消滅しています。


「十騎明神塚」

 画像が、現在の社殿の背後のようすです。すでに塚は削平されて消滅しているようですが、塚の跡地ではないかと思われる敷地は宅地化されずに残されており、いくつかの石造物が立てられているようです。『新編武蔵風土記稿』ではこの塚について「新田の社の塚に似たり」としていますので、この敷地に収まるようではない大きな塚だったのではないかと思われますが、周辺は宅地化されて塚の痕跡は残されていないようです。

 江戸時代にはこの神社は新田神社とともにかなり栄えた様子で、新田明神に参拝する者は最初に十騎明神に参拝して願をかけてから、その後に新田明神に参拝すると願望が成就するといわれており、逆に新田明神に参拝した後に十騎明神に参拝すると願い事は叶わないといわれていたそうです。。。

<参考文献>
学生社『大田区史跡散歩』
東京都大田区『大田区史 資料編 地誌類抄録』
大田区教育委員会『大田区の文化財第22集 口承文芸(昔話・世間話・伝説)』
大田区教育委員会『大田区の文化財第30集 考古学から見た大田区 ―横穴墓・古代・中世 資料集―』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2015/10/21(水) 01:50:30|
  2. 大田区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「大塚古墳」

「大塚古墳」

 大田区千鳥1丁目付近に所在したとされるのが「大塚古墳」です。『東京都遺跡地図』には大田区の遺跡番号86番の古墳(円墳)として登録されています。

 この古墳については、『人類学雑誌 第47巻 第1号』に掲載された中根君郎著「再び東京府下久ヶ原の遺跡に就いて」に記述を見ることが出来ます。同書には「此の地點は最もわかりやすい、と云ふのは目標となる大塚圓墳が此の丘陵の屈折するその突端に築かれてゐるから。」とあり、「俗稱大塚圓墳は工事の爲、一部分を切り取られたが、その古墳築土の表面に葺石の如きものを認め得る。」とも書かれています。「大塚」という名称の通りこの古墳はかなり目立つ存在であったようですが、葺石が存在したというのは気になるところです。
 画像は、『東京都遺跡地図』に記されている「大塚古墳」の推定地周辺のようすです。画像の公園か、画像の左側にある集合住宅のあたりが古墳の跡地にあたるようですが、正確な古墳の跡地は特定できませんでした。公園の隅に不可解なマウンドが見られるのですが、まさかこれが古墳の残骸であるとも考え難く、他に古墳であると思われる痕跡は何も残されていないようです。。。

<参考文献>
中根君郎「再び東京府下久ヶ原の遺跡に就いて」『人類学雑誌 第47巻 第1号』
東京都教育委員会『1985 都心部の遺跡』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2015/10/19(月) 11:53:25|
  2. 大田区/鵜の木・久が原古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (10)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (14)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (16)
豊島区の古墳・塚 (3)
文京区の古墳・塚 (8)
杉並区の古墳・塚 (18)
中野区の古墳・塚 (17)
新宿区の古墳・塚 (19)
千代田区の古墳・塚 (7)
目黒区の古墳・塚 (9)
渋谷区の古墳・塚 (19)
港区の古墳・塚 (8)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (15)
大田区/田園調布古墳群 (34)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (8)
大田区/その他の古墳・塚 (52)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (9)
世田谷区/大蔵古墳群 (0)
世田谷区/砧中学校古墳群 (2)
世田谷区/喜多見古墳群 (13)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (18)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (7)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (1)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (14)
府中市/高倉古墳群 (32)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (15)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (9)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (8)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (12)
町田市/能ケ谷香山古墳群 (0)
町田市/その他の古墳・塚 (21)
八王子市の古墳・塚 (33)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (5)
小金井市•国分寺市の塚 (4)
東村山市•東大和市の塚 (9)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (47)
横浜市の古墳・塚 (0)
相模原市の古墳・塚 (7)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (8)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
未分類 (9)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR