FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「下布田9号墳」

「下布田9号墳」

 多摩川中流域左岸に立地するこの一帯は「下布田遺跡」と呼ばれており、縄文時代から古墳時代、奈良・平安時代の集落、太平洋戦争に関連する遺構などが発見されています。遺跡東部の約5000㎡の区域が、縄文時代晩期の数少ない遺跡として昭和62年に国史跡として指定されており、その北側に、古墳が帯状に集中して造られた下布田古墳群が所在します。これまでに14基の古墳が確認されており、これらの古墳は5世紀前半に造られ始め、7世紀前半まで続いたことがわかっています。

 画像は「下布田9号墳」の跡地を南から見たところです。手前の畑から奥の道路にかけてが古墳の跡地となるようですが、この古墳も墳丘はすでに存在しない古墳で、道路の部分から検出された周溝の約2分の1が調査されています。模は内径22.8~23.6m、外径30.5mのブリッジ付円墳で、周溝から土師器壺や坩が出土しています。埋葬施設も確認されなかったようですが、周溝内土坑(周溝の中に築かれた埋葬施設)が5ヶ所確認されています。この古墳の築造は5世紀前半と推定されています。
 この11号墳は畑や道路の地中に周溝が残されているのではないかと思われますが、残念ながら地上に古墳の痕跡を見ることは出来ません。。。


「下布田9号墳」

画像は、下布田9号墳の周溝内から出土したという土師器壺です。調布市小島町の調布市郷土博物館に展示されています。

<参考文献>
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
調布市郷土博物館『下布田古墳群の調査』2003


人気ブログランキングへ

  1. 2015/12/20(日) 00:28:36|
  2. 調布市/下布田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「下布田8号墳」

「下布田8号墳」

 多摩川中流域左岸に立地するこの一帯は「下布田遺跡」と呼ばれており、縄文時代から古墳時代、奈良・平安時代の集落、太平洋戦争に関連する遺構などが発見されています。遺跡東部の約5000㎡の区域が、縄文時代晩期の数少ない遺跡として昭和62年に国史跡として指定されており、その北側に、古墳が帯状に集中して造られた下布田古墳群が所在します。これまでに14基の古墳が確認されており、これらの古墳は5世紀前半に造られ始め、7世紀前半まで続いたことがわかっています。

 「下布田8号墳」は調布市下布田6丁目にある古墳で、『東京都遺跡地図』には調布市の遺跡番号54-9番の古墳として登録されています。この8号墳も、明治初年の地籍図の下布田字はけ上377番の地点に古墳ではないかと思われる区画があり、古墳の存在が想定されていた地点です。画像の道路中央あたりが古墳の跡地でこの道路から周溝の東側と西側が調査されており、規模は内径25.8m、外径38m、周溝の幅は6.6~7.0mの、南西部に陸橋を持つブリッジ付円墳と推定されています。周溝から土師器や須恵器、石製品等が出土しています。

 この古墳も残念ながら痕跡は何も残されていないようです。。。

<参考文献>
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
調布市郷土博物館『下布田古墳群の調査』2003


人気ブログランキングへ

  1. 2015/12/18(金) 09:50:58|
  2. 調布市/下布田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「下布田7号墳」

 多摩川中流域左岸に立地するこの一帯は「下布田遺跡」と呼ばれており、縄文時代から古墳時代、奈良・平安時代の集落、太平洋戦争に関連する遺構などが発見されています。遺跡東部の約5000㎡の区域が、縄文時代晩期の数少ない遺跡として昭和62年に国史跡として指定されており、その北側に、古墳が帯状に集中して造られた下布田古墳群が所在します。これまでに14基の古墳が確認されており、これらの古墳は5世紀前半に造られ始め、7世紀前半まで続いたことがわかっています。

「下布田7号墳」

 明治初年の地租改正の際に作成された『地籍図』には、現在削平されてしまった古墳ではないかと思われる地割りが残されています。この周辺の地割りは長方形か方形の整然とした区画が基本であるようですが、この中に不規則に小さな区画を見ることができ、この地籍図が作成された時点では古墳の墳丘の高まりが残されていたのではないかと考えられています。
「下布田7号墳」は、この地籍図の下布田字はけ上365番の地点に区画が見られ、古墳の存在が想定されていた地点です。
 その後、近年に行われた発掘調査により周溝の一部が検出され、外径22m、内径15.2mの円墳であることがわかっています。調査当時、埋葬施設が存在すると思われる場所が塚状に盛り上がっていたそうですが、試掘を行った結果は埋葬施設や墳丘は残存せず、この高まりや試掘溝の中から挙大の礫が混ざっていたことから埋葬施設は竪穴式の礫郭であったと考えられているようです。

 画像は、調布市布田6丁目にある「下布田7号墳」の跡地を南から見たところです。『東京都遺跡地図』には調布市の遺跡番号54-7番の古墳として登録されています。墳丘が存在したとされる場所には現在でも微妙な高まりが残されていますが、古墳といえる痕跡は何も残されていないようです。。。

<参考文献>
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
調布市郷土博物館『下布田古墳群の調査』2003


人気ブログランキングへ

  1. 2015/12/17(木) 00:33:51|
  2. 調布市/下布田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「下布田6号墳(狐塚)」

「下布田6号墳(狐塚)」

 画像は、調布市布田6丁目にある「下布田6号墳(狐塚古墳)」を南西から見たところです。『東京都遺跡地図』には調布市の遺跡番号54-6番の古墳として登録されています。

 この古墳は下布田古墳群中唯一墳丘の残る古墳で、史跡公園として整備され、公開されています。今年に入って説明板が新しく設置されているようなので、まずはこの説明板を紹介したいと思います。

市指定史跡・市指定有形文化財(考古資料)
   下布田六号墳(狐塚古墳)及び出土品

所在地 布田六丁目五十三番地一~四
指 定 平成二十六年三月十四日

 下布田六号墳(狐塚古墳)は、多摩川沖積地を望む立
川段丘縁辺部(府中崖線)に立地する下布田古墳群内に
ある古墳です。下布田古墳群は、五世紀前半から七世紀
前半にかけて造営された古墳群で、これまでの調査で円
墳十七基が確認されています。このうち六号墳は、古墳
群の最終段階、古墳時代終末期にあたる七世紀前半に築
造された円墳で、地元では「狐塚」と呼ばれていました。
昭和二十年代前半には墳丘の大半を削平され、わずかな
高まりを残すだけとなっていましたが、平成十二年度、
布田六丁目土地区画整理事業に伴い発掘調査が行われ、
周溝と主体部が確認されました。
 古墳の規模は、周溝の内径が約四四m、周溝幅を含め
ると約六〇•五mを測り、終末期古墳としては多摩川流域
で最大級の規模を誇ります。墳丘中央部には主体部とし
て横穴式石室が残されています。石室は、奥壁に凝灰岩
質砂岩切石を、側壁に河原石を積み上げ構築し、床面に
は河原石を敷きつめています。切石と河原石を併用した
石室は類例が少なく、特異な構造です。石室内からは副
葬品として鉄製大刀三点、小刀一点、?二点、刀子一点、
鉄鏃一点が出土しています。
 下布田六号墳は、墳丘や石室の規模、副葬品の内容な
どから、古墳時代終末期における多摩川流域の盟主墳に
位置付けられ、その被葬者は在地豪族の系譜を引く有力
首長層と考えられます。調布市域のみならず南関東地方
の古墳時代終末期の様相を理解するうえで欠かすことの
できない重要な古墳です。
 平成二十七年三月二十七日
            調布市教育委員会


 昭和20年代に墳丘が壊されてしまったというこの下布田6号墳ですが、調査当時には埋葬施設周辺が周りの畑より80cmほど高くなっていて、その下に天井部分が壊れた状態の河原石積横穴式石室が残っていたそうです。画像の、公園の敷地すべてが古墳の基底部ということになるようですが、周囲は道路により削られて方形に残されています。この6号墳の位置は第二次世界大戦中に高射第一1師団高射砲第112連隊第14中隊の矢ケ崎照空隊陣地が設営された場所であるようですが、この場所は円形の掩体ではなく方形に築かれていたようなので、ひょっとしたらこの名残なのかもしれません。


「下布田6号墳(狐塚)」

 画像は、史跡公園として整備された墳丘上のようすを北西から見たところです。調布市教育委員会により新しく建てられた説明板の奥には、植込みの下に横穴式石室が残存しています。


「下布田6号墳(狐塚)」

 画像は、現地説明版に掲載されている石室の出土状況の写真です。いったいどんな人物がこの古墳に埋葬されていたのでしょうか。

 下布田6号墳には「狐塚」の名の通り、地元の郷土誌に数多くの狐に関わる言い伝えが残されているようです。一部は、「調布の動物ばなしOnLine」というHPで見ることが出来ます。この周辺に狐が暮らしていたとは、開発の進んだ現代では想像もつきませんね。


「下布田6号墳(狐塚)」

 画像は、調布市郷土博物館に展示されている、下布田6号墳より出土した「鉄製大刀・小刀・鍔・鏃」です。大刀は調布市内初の出土例で、上野地域や房総半島北の古墳を中心に出土しており、房総半島北部から供給された可能性が考えられているそうです。この出土品は、調布市の文化財に指定されています。

 ちなみに私は、短い期間ですがかなり以前にこの周辺でアルバイトをしていたことがあり、この日もちょっと遠回りをして、国領駅前の「熊王」のラーメンを食べながら、懐かしい気持ちになりました。もちろん味は相変わらずの絶品で、醤油ラーメンがお薦めです。
 国領駅前は以前は開かずの踏切で通勤時間帯はいつも大渋滞となっていましたが、最近は京王線が地下鉄となり、渋滞は解消されたようです。布田駅前も以前の面影はなく、綺麗に整備されています。また機会があったら訪れてみようと思います。

<参考文献>
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
調布市郷土博物館『下布田古墳群の調査』2003
調布市遺跡調査会『下布田遺跡』2006
現地説明板


人気ブログランキングへ

  1. 2015/12/15(火) 00:53:12|
  2. 調布市/下布田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「下布田5号墳」

「下布田5号墳」

 多摩川中流域左岸に立地するこの一帯は「下布田遺跡」と呼ばれており、縄文時代から古墳時代、奈良・平安時代の集落、太平洋戦争に関連する遺構などが発見されています。遺跡東部の約5000㎡の区域が、縄文時代晩期の数少ない遺跡として昭和62年に国史跡として指定されており、その北側に、古墳が帯状に集中して造られた下布田古墳群が所在します。これまでに14基の古墳が確認されており、これらの古墳は5世紀前半に造られ始め、7世紀前半まで続いたことがわかっています。

 「下布田5号墳」は調布市下布田6丁目にある古墳です。『東京都遺跡地図』には調布市の遺跡番号54-5番の古墳として登録されています。昭和55年(1980)に実施された調査により周溝の東側の一部が初めて発見され、その後の平成16年(2004)から翌年にかけての調査により更に全体の2分の1が調査されています。規模は外径約20m、内径約17mほどの円墳で、周溝内からの遺物の出土はなく埋葬施設も検出されなかったようです。

 さて、この下布田地区一帯は第二次世界大戦中に高射第一1師団高射砲第112連隊第14中隊の矢ケ崎照空隊陣地が設営された場所であったといわれていますが、この5号墳の場所にも古墳を流用して掩体が築かれ、照空灯が設置されていたようです。昭和20年の航空写真を見ると、3号墳と5号墳の場所が円形の古墳跡のような地形に見えるのですが、これはどうやら掩体の痕跡であるようです(もちろん古墳の痕跡ともいえるわけですが)。

 画像の畑の位置から宅地の部分にかけてが古墳の跡地となるようです。。。

<参考文献>
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
調布市郷土博物館『下布田古墳群の調査』2003
調布市遺跡調査会『下布田遺跡』2006


人気ブログランキングへ

  1. 2015/12/14(月) 02:15:38|
  2. 調布市/下布田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「下布田4号墳」

「下布田4号墳」

 多摩川中流域左岸に立地するこの一帯は「下布田遺跡」と呼ばれており、縄文時代から古墳時代、奈良・平安時代の集落、太平洋戦争に関連する遺構などが発見されています。遺跡東部の約5000㎡の区域が、縄文時代晩期の数少ない遺跡として昭和62年に国史跡として指定されており、その北側に、古墳が帯状に集中して造られた下布田古墳群が所在します。これまでに14基の古墳が確認されており、これらの古墳は5世紀前半に造られ始め、7世紀前半まで続いたことがわかっています。

 「下布田4号墳」は調布市下布田6丁目にある古墳です。『東京都遺跡地図』には調布市の遺跡番号54-4番の古墳として登録されています。昭和55年(1980)に実施された調査により初めて周溝の南側の一部が発見され、その後の平成12年から14年(2000~2002)の調査で更に全体の3分の1が検出され、その後の平成16年(2004)から翌年にかけての調査により更に3分の1ほどが調査されています。規模は外径約35m、内径約24mの円墳で、調査範囲からは埋葬施設も検出されなかったようですが、墳丘部分に未調査部分が多く残されており、埋葬施設の存否については不明とされています。古墳は5世紀前半から中葉にかけて築造されたと推定されています。
 古墳は、画像中央の公園の場所がかつての墳丘で、この敷地の周囲を取り巻くように現在の道路の部分に周溝が廻っていたようです。


「下布田4号墳」

 公園内には画像のような築山が存在します。この築山の周辺がどうやら未発掘の部分にあたるようですが、ということはこの築山が古墳の残存部分ということになるのでしょうか???
 果たして地中に未確認の埋葬施設が眠っているのか、気になるところですね。。。


「下布田4号墳」

<参考文献>
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
調布市郷土博物館『下布田古墳群の調査』2003
調布市遺跡調査会『下布田遺跡』2006


人気ブログランキングへ

  1. 2015/12/13(日) 00:07:25|
  2. 調布市/下布田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「下布田3号墳」

 多摩川中流域左岸に立地するこの一帯は「下布田遺跡」と呼ばれており、縄文時代から古墳時代、奈良・平安時代の集落、太平洋戦争に関連する遺構などが発見されています。遺跡東部の約5000㎡の区域が、縄文時代晩期の数少ない遺跡として昭和62年に国史跡として指定されており、その北側に、古墳が帯状に集中して造られた下布田古墳群が所在します。これまでに14基の古墳が確認されており、これらの古墳は5世紀前半に造られ始め、7世紀前半まで続いたことがわかっています。

「下布田3号墳」

 「下布田3号墳」は調布市下布田6丁目にある古墳です。『東京都遺跡地図』には調布市の遺跡番号54-3番の古墳として登録されています。昭和55年(1980)に実施された調査により周溝が初めて発見され、その後の平成16年(2004)から翌年にかけての調査により古墳全体の面積の4分の3が調査されています。規模は、外径の東西が37m、南北が38m、内径は31.8mの円墳で、埋葬施設は残存していなかったようです。築造は5世紀中頃と推定されています。
 画像は「下布田3号墳」の未調査部分を南から見たところです。この緑地から、緑地の西側から北側にかけて宅地化されたあたりが古墳の跡地となるようですが、痕跡を見ることは出来ません。。。

 さて、この下布田地区一帯は第二次世界大戦中に高射第一1師団高射砲第112連隊第14中隊の矢ケ崎照空隊陣地が設営された場所であったといわれています。照空隊とは、「夜間に飛来する敵機を照空灯や聴音機等で事前に捉え、高射砲隊に位置情報を伝達する」という役割であるそうです。この照空灯は下布田地区に残されていた古墳を流用して設置されていたようですが、この下布田3号墳の場所にも墳丘を利用して掩体が築かれ、照空灯が設置されていたようです。従って、戦前まで墳丘が残されていた古墳も、照空灯の設置の際に埋葬施設等の遺構は壊されてしまっている可能性が高いということになると思われますが、この3号墳も主体部は検出されていないようです。。。

<参考文献>
調布市教育委員会・調布市遺跡調査会『調布市下布田遺跡』1979
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
調布市郷土博物館『下布田古墳群の調査』2003
調布市遺跡調査会『下布田遺跡』2006


人気ブログランキングへ

  1. 2015/12/12(土) 01:35:55|
  2. 調布市/下布田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「下布田2号墳」

「下布田2号墳」

 多摩川中流域左岸に立地するこの一帯は「下布田遺跡」と呼ばれており、縄文時代から古墳時代、奈良・平安時代の集落、太平洋戦争に関連する遺構などが発見されています。遺跡東部の約5000㎡の区域が、縄文時代晩期の数少ない遺跡として昭和62年に国史跡として指定されており、その北側に、古墳が帯状に集中して造られた下布田古墳群が所在します。これまでに14基の古墳が確認されており、これらの古墳は5世紀前半に造られ始め、7世紀前半まで続いたことがわかっています。

 「下布田2号墳」は調布市下布田6丁目にある古墳です。昭和55年1月から3月にかけて行われた下布田遺跡の範囲確認調査において確認された古墳で、『東京都遺跡地図』には調布市の遺跡番号54-2番の古墳として登録されています。調査により周溝の東側と西側が調査されており、規模は外径21.5m、内径14.5mの円墳と推定されています。この遺構のほぼ中心部からは主体部と思われる石組みが検出されており、この遺構は礫槨で、埋葬施設は竪穴式石室であったと考えられているようです。古墳は5世紀後半の築造と推定されています。

 この2号墳も1号墳と同様に平成17年(2005)に範囲を広げて追加指定された地域にあり、古墳の場所からは「合口甕棺墓」が出土しています。画像の農道の辺りを中心に周溝が廻っていたものと思われますが、すでに埋め戻されており、痕跡を見ることは出来ません。。。

<参考文献>
調布市教育委員会・調布市遺跡調査会『調布市下布田遺跡』1979
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
調布市郷土博物館『下布田古墳群の調査』2003


人気ブログランキングへ

  1. 2015/12/11(金) 01:02:56|
  2. 調布市/下布田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「下布田1号墳」

「下布田1号墳」

 多摩川中流域左岸に立地するこの一帯は「下布田遺跡」と呼ばれており、縄文時代から古墳時代、奈良・平安時代の集落、太平洋戦争に関連する遺構などが発見されています。遺跡東部の約5000㎡の区域が、縄文時代晩期の数少ない遺跡として昭和62年に国史跡として指定されており、その北側に、古墳が帯状に集中して造られた下布田古墳群が所在します。これまでに14基の古墳が確認されており、これらの古墳は5世紀前半に造られ始め、7世紀前半まで続いたことがわかっています。

 「下布田1号墳」は、昭和55年1月から3月にかけて行われた下布田遺跡の範囲確認調査において確認された古墳で、『東京都遺跡地図』には調布市の遺跡番号54-1番の古墳として登録されています。周溝の約4分の1が検出されており、推定規模は外径22m、内径15.5mの西側に陸橋部を持つブリッジ付円墳です。
 画像の草原の中央あたりが古墳の跡地で、地中にはおそらく周溝が残存するものと思われますがすでに墳丘は失われており地上に古墳の痕跡を見ることは出来ません。この一帯は「下布田遺跡」として昭和62年(1987)に国の史跡に指定されています。平成17年(2005)にはこの下布田1号墳の存在する東側の地域まで範囲を広げて追加指定されています。

<参考文献>
調布市教育委員会・調布市遺跡調査会『調布市下布田遺跡』1979
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
調布市郷土博物館『下布田古墳群の調査』2003


人気ブログランキングへ

  1. 2015/12/10(木) 10:40:18|
  2. 調布市/下布田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「千部塚」

「千部塚」

 画像は、世田谷区深沢5丁目にある「千部塚」を南東から見たところです。『東京都遺跡地図』には、世田谷区の遺跡番号212番の”中世から近世の塚”として登録されています。

 『東京都遺跡地図』にはこの塚の規模について径3m、高さ1mと掲載されていますが、塚は東側を道路等に、また北側も宅地により削平されており、原型は大きく損なわれているようです。
 「千部塚」という名称からして何か伝承や由来が残されているのではないかと調べてみたのですが、情報は非常に少なく、詳細は分かりませんでした。ちなみに神奈川県相模原市には同名の「千部塚」があり、大塔宮護良親王の三十三回忌に法華経千部を修し、供養塔を建立した場所であると伝えられているようですので、この深沢の「千部塚」にも何か宗教的ないわれがあるのかもしれません。


「千部塚」

 もう少し近くで見るとこんな感じです。近所のご主人との立ち話によるとこの周辺は昭和の初め頃までは一面に田園が広がっていたそうで、その中にぽつりとこの塚が所在したそうです。周辺には「鎧塚」、「侍塚(侍の首塚)」といった複数の塚が周辺に存在したようですが、所在はわからず、また現在の日体大の校庭あたりにも無名の塚があったといわれているようですが、こちらも所在がわからなくなっているようです。さらにこの周辺の「将軍塚」という塚は現存しているようなのですが、これも残念ながらどこにあるのかわかりませんでした。。。

「千部塚」

<参考文献>
世田谷区教育委員会・世田谷区民俗調査団『深沢 世田谷区民俗調査第11次報告』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2015/12/07(月) 03:23:52|
  2. 世田谷区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (10)
足立区/その他の古墳・塚 (19)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (13)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (19)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (10)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (16)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木久が原古墳群 (11)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (8)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (24)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (37)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (7)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (52)
横浜市の古墳・塚 (11)
相模原市の古墳・塚 (14)
宇都宮市の古墳・塚 (25)
鹿沼市の古墳・塚 (0)
壬生町の古墳・塚 (5)
上三川町の古墳・塚 (16)
下野市の古墳・塚 (0)
小山市の古墳・塚 (0)
栃木市の古墳・塚 (0)
真岡市の古墳・塚 (0)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
埼玉県の古墳・塚 (13)
千葉県の古墳・塚 (1)
群馬県の古墳・塚 (8)
ぐんま古墳カード (12)
茨城県の古墳・塚 (5)
長野県の古墳・塚 (6)
福島県の古墳・塚 (3)
東京の一里塚 (22)
東京の庚申塔 (5)
未分類 (12)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR