FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「銀行町の無名古墳」

狛江市「銀行町の無名古墳」

 狛江市は、古くから多くの古墳が存在することで知られており、俚伝などによると、和泉、猪方、岩戸の各地区を中心に200基以上にのぼるともいわれてきました。古くは、鳥居龍蔵氏の「武蔵野会」にも属していたという、地元在住の郷土史家である石井正義氏が狛江町に分布する古墳の調査を進め、『狛江百塚の記』を著しています。その後、子息の石井千城氏が補訂して冊子『狛江百塚』にまとめられており、同書に掲載された古墳の数は77基を数え、狛江古墳群を知る最初の手がかりとなっています。
 その後、昭和35年(1960)には狛江町全域の古墳分布調査が行われ、18基の古墳が現存を確認されるとともに、この時期に作成された「狛江古墳群地名表」には137基の古墳が掲載されています。そして、さらに昭和51年(1976)には狛江市内全域の古墳と遺跡の分布調査が狛江市教育委員会により取り組まれ、『狛江市の古墳(Ⅰ)』にまとめられています。
 その後、平成4年度から6年度にかけては、多摩地区所在古墳確認調査団によ狛江市内の古墳の分布調査が行われ、さらには「前原塚古墳」の墳丘の測量と地下レーダー探査が行われています。

 画像は、狛江市東和泉1丁目の「狛江三叉路」交差点周辺を南西から見たところです。この周辺は、明治の終わり頃から大正にかけて狛江唯一の銀行があったところで、銀行町と呼ばれていました。この交差点を中心に、お菓子屋や米屋、下駄屋、蕎麦屋などがあり、画像の角のところには交番もあったようです。小田急線の敷設以前は、このあたりが狛江の中心だったのかもしれません。
 銀行は画像の右側あたりにあったようですが、その背後に倉庫(土蔵)があり、この倉庫に隣接して古墳があったといわれています。『東京都遺跡地図』や『多摩地区所在古墳確認調査報告書』はおろか、昭和35年(1960)の分布調査による「狛江古墳群地名表」や、昭和51年(1976)の「古墳分布図地名表」にも掲載されていないと思われる、"超"無名の古墳です。


狛江市「銀行町の無名古墳」

 このあたりが銀行の跡地でしょうか?この奥に倉庫があり、古墳があったようです。
 古墳の跡地と思われる周辺は宅地化が進んでおり、古墳はすでに消滅していると思われます。
 ただし、民家が建ち並ぶ中に薮となっている怪しい一角があり、ひょっとしたらこの場所が古墳の跡地で、なにか痕跡が残されているのでは?とも考えました。(怪しい一角とは、画像左寄りの木立のことですが)ただし、この場所には近寄ることが出来ず、この茂みの中がどんな状況なのかは確認するまでには至りませんでした。いずれ近くを通るチャンスがきた時に、またチャレンジしようと思います。。。

<参考文献>
狛江市教育委員会『狛江市の民俗Ⅱ』
狛江市中央公民館『平成14年度 郷土のむかし講座』


人気ブログランキングへ

  1. 2018/01/31(水) 22:01:02|
  2. 狛江市/狛江古墳群(猪方)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「浅間塚」

狛江市「浅間塚」

 以前、狛江市藤塚(現在の和泉本町4丁目)に所在したといわれる富士塚、「金堀塚」を紹介したことがありましたが、狛江市内にはもう1基、かつての銀行町(現在の狛江三叉路あたり)にも富士塚が存在したといわれています。
 画像は、「浅間塚」が所在したとされる、狛江市東和泉2丁目の跡地周辺のようすです。

 この古墳は、昭和35年(1960)に当時の狛江町全域で行われた古墳の分布調査の際に把握されており、『狛江市の古墳(Ⅰ)』に掲載されている『狛江古墳群地名表』には40番に、「浅間塚」の名称で取り上げられています。台地の縁辺部にあたる、画像の左側あたりに所在したとされる浅間塚は、開発により宅地となって消滅しており、痕跡はすでに残されていないようです。

【このブログの過去の関連記事】
http://gogohiderin.blog.fc2.com/blog-entry-285.html

<参考文献>
狛江市教育委員会『狛江市の古墳(Ⅰ)』


人気ブログランキングへ

  1. 2018/01/30(火) 23:06:15|
  2. 狛江市/狛江古墳群(猪方)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「無名古墳と気になるその周辺」

「無名古墳?」

 昭和35年(1960)当時、狛江町全域で行われた古墳の分布調査により作成された「狛江古墳群地名表」には、計137基の古墳が掲載されています。この中には、名称のない古墳や、所在地すら書かれていない無名古墳も存在しますので、すべての古墳を追い求めるのはナンセンスなのですが、おおよその跡地が特定できた古墳については、一応ぶらりと廻ってみたとこがあります。
 (ちなみに、狛江までは私の脚で休みなく自転車で飛ばすとだいたい30~40分というところで、ぶらぶらして暗くなるまでに帰ってくるというのが本当に良い運動になるのですが、市内には古道がそのまま残されているような道路が比較的多いし、お地蔵様や庚申塔といった石造物が元々あった場所にそのまま残されていたり、古墳の跡地では?と妄想できるような場所も少なくないので、自転車で走るのが本当に楽しいのです。)

 狛江市岩戸北3丁目の、掲載した画像の周辺にも古墳ではないかと考えられる塚が所在したようです。遺物の伝承も由来もわからない無名の古墳で、「狛江古墳群地名表」には126番に取り上げられている古墳です。

 因みに、先日取り上げた「岩戸小川塚」の所在地は、『狛江市の古墳(Ⅰ)』に掲載の「狛江古墳群地名表」によると旧番地の「岩戸622番地」であり、ほかに122番の古墳が「岩戸593番地」、123番の古墳が「岩戸593〜4番地」、125番の古墳が「岩戸621番地」と、計4基の古墳が存在したようです。そして、この126番の無名の古墳も、岩戸小川塚古墳から北に100mほどの地点に近接しており、計5基の古墳が密集していたという状況です。
 残念ながら、古墳の痕跡は残されていないように思いますが、とても気になる地域です。


「無名古墳?」

 画像は、狛江市岩戸南1丁目の、とある三叉路の辻となっている場所です。狛江市の指定史跡となっている「土屋塚古墳」から南に数十メートルほどの地点です。この画像の木立の中には2基の祠が祀られていて、その背後にはわずかな塚状の地形が見られることから、気になって調べてみたという場所です。


「無名古墳?」

 古地図で確認すると、この祠の場所はだいたい岩戸1010番台かなあ?という状況で、正確な番地まではわかりませんでした。『狛江市の古墳(Ⅰ)』掲載の「狛江古墳群地名表」と見比べると、岩戸1032番地の「第2明神塚」や、岩戸1043-2番地の「第3明神塚」あたりは、この祠にかなり近い位置にあったのではないかと思われますが、「第3明神塚」と「土屋塚古墳」が同じ「岩戸1043-2番地」と表記されているなど、この地名表の所在地が当てにならない部分もあり、真相を突き止めるには至りませんでした。果たしてこの祠のどちらかが明神様なのでしょうか???


「無名古墳?」

 祠の背後に残される微妙なマウンドです。

 うーん、よくわからない。
 この場所に古墳が所在したかどうかは不明ですが、祠は古墳と何らかの関係があるような気がする!。。。

<参考文献>
狛江市教育委員会『狛江市の古墳(Ⅰ)』


人気ブログランキングへ

  1. 2018/01/29(月) 23:41:53|
  2. 狛江市/狛江古墳群(岩戸)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「印塔塚」

狛江市「印塔塚」

 画像は、狛江市元和泉1丁目の「泉龍寺」を南から見たところです。
 泉龍寺境内の説明板によると、曹洞宗寺院の雲松山泉龍寺は、奈良東大寺の別当として名高い良弁僧正が天平神護元年(765)にこの地を訪れ、法相宗の奥義を広めたことに始まるとされています。天歴3年(949)には、増賀聖が廻国の折に天台宗に改めて境内をひらき、堂宇を建立しましたが、中世の戦乱期には寺は荒廃し、草庵だけとなっていましたが、ここに、槽洞宗通幻派の桂破泉祝和尚が行脚中に訪れ、堂宇を建立して寺を復興し、多くの僧徒が参集しました。天正18年(1590)の徳川家康の関東入国後には、和泉村の領主、石谷清定が瑞牛和尚に帰依してともに諸堂を整備しました。江戸時代には徳川将軍家から朱印地20石を拝領し、境内は1万6,900坪に及んだといわれています。


狛江市「印塔塚」

 この泉龍寺境内には「印塔塚」と呼ばれる古墳が所在したといわれています。
 この古墳は、昭和35年(1960)に行われた狛江古墳群の分布調査の際に把握されており、『狛江市の古墳(Ⅰ)』に掲載されている『狛江古墳群地名表』には44番の「円墳」として取り上げられています。同書には「若干起状があり径10m前後を推定 台地の南側縁辺に近い位置」とあり、当時すでに破壊を受けて若干の起状となっているものの、まだ痕跡の残されている古墳のようすが記されています。
 その後の昭和51年(1976)の調査の記録には「泉龍寺境内の北部にあり、現在は墓地となっており、ほとんど削平されている。わずかな微高を示し、その範囲は径26m程度である。」とあり、この時期には古墳は墓地として改変されていたようです。
 その後、平成7年(1995)に多摩地区所在古墳確認調査団により発行された『多摩地区所在古墳確認調査報告書』には、この古墳は記載はなく、『東京都遺跡地図』にも未登録となっています。

 画像は、泉龍寺本堂北側の印塔塚の所在地とされる周辺のようすです。実際に現地を訪れて肉眼で見てみると、画像中央の通路の部分が盛り上がっているようすが観察できるのですが、写真で見るとちょっと判りにくいかもしれません。古墳の所在地とされるほぼ全域が墓地として使用されていることから、発掘調査が行われる可能性等はちょっと考え難いところですが、このわずかなマウンドが古墳の痕跡と考えて差し支えないのではないかと思います。
 「印塔塚」という名称からして、墳丘のどこかに宝篋印塔が建てられていたのではないかと思うのですが、この宝篋印塔の存在は確認することが出来ませんでした。。。

<参考文献>
狛江市史編さん委員会『狛江市史』
狛江市教育委員会『狛江市の古墳(Ⅰ)』
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』


人気ブログランキングへ

  1. 2018/01/26(金) 22:51:57|
  2. 狛江市/狛江古墳群(和泉)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「野毛大塚古墳(西岡8号墳)」その6 ―東京都指定史跡―

「野毛大塚古墳(西岡8号墳)」その6 ―東京都指定史跡―

 いやはや、降りましたね、大雪。

 今日は特別編ということで、雪の野毛大塚古墳です。。。


「野毛大塚古墳(西岡8号墳)」その6 ―東京都指定史跡―

 4年前に、同じように大雪が降ったときには、府中の熊野神社古墳を見にいったのですが。

 次に大雪が降ったら、必ず野毛大塚を撮りにいこうとずっと待っていたのです。。。


「野毛大塚古墳(西岡8号墳)」その6 ―東京都指定史跡―

 純白に染まった前方後円墳の背後に澄み渡る青空!

 そんなのを思い描いてました。笑。


「野毛大塚古墳(西岡8号墳)」その6 ―東京都指定史跡―

 今日を逃したら、チャンスは一生来ないぜ、と。


「野毛大塚古墳(西岡8号墳)」その6 ―東京都指定史跡―

 足跡ひとつないピカピカの墳丘を目指したんですけどね。

 ちゃんと先客がいるんですわ、これが。。。


「野毛大塚古墳(西岡8号墳)」その6 ―東京都指定史跡―

 埴輪の復元の予定はないみたいですね、今のところ。。。


「野毛大塚古墳(西岡8号墳)」その6 ―東京都指定史跡―

 さよなら。

 また来るから。


人気ブログランキングへ

  1. 2018/01/24(水) 00:03:27|
  2. 世田谷区/野毛古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「田中塚古墳」

「田中塚古墳」

 「田中塚古墳」は、狛江市岩戸北3丁目18に所在したとされる古墳です。すでに削平されて墳丘の存在しない古墳で、『東京都遺跡地図』には未登録となっています。

 この「田中塚」は、昭和35年(1960)に行われた狛江町全域の古墳の分布調査時に把握されており、『狛江市の古墳(Ⅰ)』に掲載されている『狛江古墳群地名表』には、131番の円墳として紹介されています。同書にはこの古墳の当時の現状について「平夷」とのみあり、また「規模・その他」の項には「台地の南斜面末端」とのみ書かれています。
 その後、昭和51年(1976)の調査の際には「現存しない古墳」の項に「1976年の調査時点で現存していないが、その存在が確認できるもの」として取り上げられており、「かつて、埴輪片、土器片が出土したという」と遺物の伝承について記載されています。その後の、平成7年(1995)に多摩地区所在古墳確認調査団により発行された『多摩地区所在古墳確認調査報告書』にもこの古墳は記載されています。

 田中塚古墳の所在地は「台地の南斜面末端」ということですので、画像の右側あたりが古墳の跡地となるかと思われますが、正確な所在地を特定することはできませんでした。現地では開発が進み、古墳の痕跡はまったく残されていないようです。。。

<参考文献>
狛江市史編さん委員会『狛江市史』
狛江市教育委員会『狛江市の古墳(Ⅰ)』
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
多摩地域史研究会『多摩川流域の古墳』


人気ブログランキングへ

  1. 2018/01/23(火) 00:12:05|
  2. 狛江市/狛江古墳群(岩戸)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「庚申塚」

「庚申塚」

 「庚申塚」は、昭和35年(1960)に当時の狛江町全域で行われた古墳の分布調査により把握されていた古墳です。狛江市教育委員会より発行された『狛江市の古墳(Ⅰ)』に掲載されている「狛江古墳群地名表」には27番に掲載されています。
 同書には、古墳の所在地は旧番地の「和泉1678番地」とあり、「10m内外の規模か 台地の中央部より北側の位置」とあり、また「寺境内」とも書かれています。
私が入手した古地図で確認したところでは、画像の区画のあたりが「和泉1678番地」となっているようです。現在はこの周辺にお寺は存在しないようなのですが、古地図にはこの一角は「庭園」と書かれています。ひょっとすると、かつて存在したお寺の中に庚申塔が祀られた古墳らしきマウンドがあり、このお寺の名残で、昭和の頃までは「庭園」が残されていた、というところなのかもしれませんが、これ以上の詳細はわかりませんでした。



「庚申塚」

 画像は、和泉本町1丁目に所在する「松原庚申堂」を西から見たところです。

 先ほどの、庚申塚の跡地(庭園の跡地?)とされる和泉1678番地から数十メートルほど南側という、かなり近接した場所に存在するお堂です。この場所にも、古墳らしきマウンドは存在しないようですが、庚申塚に立てられていた庚申塔がこのお堂に移されているという可能性は、十分に考えられるところです。

 とりあえず、庚申塚についてわかったことはここまでです。(というよりもほとんど何もわからなかったわけですが)庚申塚という性格からして古墳というよりは塚だったのではないかとも考えられますが、これ以上の痕跡を見つけることはできませんでした。。。

<参考文献>
狛江市教育委員会『狛江市の古墳(Ⅰ)』


人気ブログランキングへ

  1. 2018/01/22(月) 02:50:59|
  2. 狛江市/狛江古墳群(和泉)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「絹山塚古墳」

「絹山塚古墳」

 画像は、狛江市中和泉1丁目に所在した「絹山塚古墳」の跡地を南西から見たところです。『東京都遺跡地図』には狛江市の遺跡番号47番の古墳として登録されています。

 この古墳は、住宅建設のために破壊寸前となった昭和36年(1961)5月に緊急調査が行われています。もともとこの古墳は名称のない古墳だったそうですが、この発掘の際に土地所有者の名前から「絹山塚」という名称がつけられたのだそうです。
 発掘調査の結果、直径40m前後、高さ5mほどの円墳で、当時すでに墳丘の南側約3分の1が削られていました。墳頂部が径約18mにわたって平坦となり、墳頂部中央に深さ約70cmほど低下した窪みがあったそうです。墳丘中央部に礫群が集中して発見され、大刀小破片1個が出土しています。また同地点から寛永通宝2枚と陶器片若干が発見され、江戸時代にこの古墳が盗掘されていることが明らかになっています。
 墳丘裾には幅8.5m、深さ1mほどの周溝が取り巻いていることが判明しています。築造は6世紀前半と推定されているようです。

 その後、古墳は宅地化により消滅。現在は集合住宅が建てられており、古墳の痕跡を見ることはできないようです。

<参考文献>
狛江市教育委員会『狛江市の古墳(Ⅰ)』
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
日本考古学協会『日本考古学年報14』


人気ブログランキングへ

  1. 2018/01/21(日) 00:57:07|
  2. 狛江市/狛江古墳群(和泉)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「圦上峡塚(いりうえきょうづか)古墳」その2

狛江市「圦上峡塚古墳」

 さて、今回は、以前に一度この『古墳なう』で取り上げた「圦上峡塚古墳」のその後のようすです。

 圦上峡塚古墳は、狛江市中和泉4丁目に所在したとされる古墳で、『東京都遺跡地図』には遺跡番号66番の古墳(円墳)として登録されています。かつて、古墳ではないかと推定されたマウンドが存在したことから発掘調査が行われ、古墳の周溝が検出されるのではないかと想定されましたが、結局古墳に関する遺構は検出されなかったという場所です。
 2015年1月31日の『古墳なう』では、発掘調査直後の更地となった古墳の所在地の写真を掲載しましたが、わりと最近、近くを通りがかった際に古墳の跡地がどうなっているか気になって見に行ってみました。(自転車でフットワークが軽かったし)が、
 あ、やっぱり、というか、隙間なく宅地化が進んで古墳の面影は何も残されていませんでした。。。

 この圦上峡塚古墳は、古墳の周溝が検出されなかったことから古墳であった可能性は低く、中世以降に築造された塚であった可能性の方が高いと考えられているようです。。。

【このブログの過去の関連記事】
http://gogohiderin.blog.fc2.com/blog-entry-311.html

<参考文献>
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』


人気ブログランキングへ

  1. 2018/01/19(金) 23:39:45|
  2. 狛江市/狛江古墳群(和泉)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「原塚」

「原塚」

 画像は、狛江市中和泉2丁目に所在したとされる「原塚」の跡地周辺を南から見たところです。『狛江市の古墳(Ⅰ)』に掲載されている昭和35年(1960)作成の「狛江古墳群地名表」には20番に取り上げられており、「台地中央部」に所在する「円墳?」として記されています。
 地名表にある番地と古地図を照らし合わせると、画像の道路の左側あたりが古墳の所在地となるようです。戦後の空中写真で確認したところでは、左側の区画の左奥の角の場所に不明瞭ながらも塚らしき円形の影が確認できるのですが、道路の右側にも耕作が行われていない林(か草むら?)が存在します。このあたりが古墳の候補地かなと思いますが、すでに痕跡は全くなく、正確な所在地を知ることは難しいようです。


「原塚」

 画像は、原塚の跡地周辺で見かけた、個人の邸宅内の築山です。ひょっとしたらこれも古墳跡で、元々存在した古墳を流用して造られた築山ではないかとも考えましたが、真相はわかりません。ちなみに空中写真にある原塚らしき円形の影はこの場所に隣接する東側にあります。


「原塚」

 別角度から見た築山のようすです。こちらから見るとデカイんですよね。笑。
 もしこれが古墳であれば、古墳の中心部は右手の駐車場のあたりかと思われますが、真相はわかりません。
 いや、いつもの古墳病にかかっているのかもしれませんね。。。

<参考文献>
狛江市教育委員会『狛江市の古墳(Ⅰ)』


人気ブログランキングへ

  1. 2018/01/18(木) 23:59:31|
  2. 狛江市/狛江古墳群(和泉)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (10)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (14)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (16)
豊島区の古墳・塚 (3)
文京区の古墳・塚 (8)
杉並区の古墳・塚 (18)
中野区の古墳・塚 (17)
新宿区の古墳・塚 (19)
千代田区の古墳・塚 (7)
目黒区の古墳・塚 (9)
渋谷区の古墳・塚 (19)
港区の古墳・塚 (8)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (15)
大田区/田園調布古墳群 (34)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (8)
大田区/その他の古墳・塚 (52)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (9)
世田谷区/大蔵古墳群 (0)
世田谷区/砧中学校古墳群 (2)
世田谷区/喜多見古墳群 (13)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (18)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (7)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (1)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (14)
府中市/高倉古墳群 (32)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (15)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (9)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (8)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (12)
町田市/能ケ谷香山古墳群 (0)
町田市/その他の古墳・塚 (21)
八王子市の古墳・塚 (33)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (5)
小金井市•国分寺市の塚 (4)
東村山市•東大和市の塚 (9)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (47)
横浜市の古墳・塚 (0)
相模原市の古墳・塚 (7)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (8)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
未分類 (9)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR