FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「鵜の木一丁目横穴墓群 六号墓」

「鵜の木一丁目横穴墓群 六号墓」1

 今回は、「鵜の木一丁目横穴墓群」です。
 以前に一度、取り上げたことがある横穴墓ですが、
 その後再訪して新しいカメラで写真を撮ったから、という浅~い理由でもう一度更新することにしました。

 まず最初の画像は、大田区鵜の木1丁目の「河原坂」を南西から見上げたところ。
 現在の鵜の木2~3丁目付近が多摩川の河川敷であったために「河原」の地名があり、この河原に出る坂道であることから「河原坂」と呼ばれるようになったといわれています。現在は切り通しとな理緩やかな坂道ですが、以前は道幅の狭い急な坂で、河原の畑を往来する荷車などは難儀をしたといわれています。

 この由来ある坂道を上がった、区立公園として整備された敷地内の斜面が「鵜の木一丁目横穴墓群」の所在地です。


「鵜の木一丁目横穴墓群 六号墓」2

 大田区立鵜の木松山公園の入り口。
 ちゃんと「埋蔵文化財保存箇所」の看板が立てられています。。。


「鵜の木一丁目横穴墓群 六号墓」5

 画像が、「鵜の木一丁目横穴墓群 六号墓」。
 入口のところに大田区による説明板が設置されており、閉塞石が展示されています。

 説明板には次のように書かれています。

鵜の木一丁目横穴墓群について
 多摩川流域の横穴墓は、古墳時代(六世紀末)から奈良時代(八世紀前半)にかけて、台地斜面に横穴を掘って造られた地域の有力者のお墓です。大田区周辺の台地斜面では、鵜の木台地をはじめとして、いままでにおよそ260基の横穴墓が発見されています。
 鵜の木一丁目横穴墓群は、「区立鵜の木松山公園」の東斜面標高約12mの地点に、七世紀後半から八世紀前半にかけて構築されました。昭和61年(1986)の公園造成の際に2基が、平成17~19年(2005~2007)の公園整備で4号~7号墓が発掘調査されています。
 なかでも6号墓は、大田区周辺に見られる特徴的な切石羨門構造をもつ貴重な横穴墓であることから、発掘当時の姿で保存しています。

6号横穴墓について
 6号墓は、墓道と羨門および墓室からなり、全長11.3mと長大です。
 墓道は切り通し状で、被葬者を墓室へ運び、墓前祭を行う場所で5.9mあります。
 泥岩製切石の羨門は、高さ1m、幅0.7mあり、3段積の切石で閉じられていました。
 墓室は徳利を半分に割った形で、全長5.4mです。被葬者は墓室奥に、礫敷きの棺台に3体埋葬されていました。3体は、20歳前後2体と30歳以上1体です。うち1体は、20歳前後の女性と判明しています。
 3体の被葬者が追葬されていることから、6号墓は、有力者の家族墓と考えられます。
 6号墓は、その形態と付近の横穴墓の年代から、奈良時代前後(いまから1300年前頃)に造られたと考えられます。



「鵜の木一丁目横穴墓群 六号墓」3

 横穴の内部に入ることは出来ませんが、横穴墓内部は照明が取り付けられており、横穴に近寄ると自動的に明かりが灯されて、透明な樹脂板越しに内部を観察することが出来ます。


「鵜の木一丁目横穴墓群 六号墓」4

 画像が、横穴墓内部の様子です。

 保存・公開の方法としては、世田谷区の「等々力渓谷横穴墓」や三鷹市の「出山横穴墓群」に似ていますが、東京はこのパターンなのでしょうか?「殿山横穴墓群」などは今後、どうなるんだろう。。。

 川崎や横浜では、コンクリートで塞がれて内部の見学はできないものの、横穴の位置がわかるように斜面に表示されている、というパターンをよく見かけますが、あれは現状保存されているわけですよね?「久本横穴墓群」や「熊ヶ谷横穴墓群」などがそんな感じだと思いますが。。。
 「市ケ尾横穴古墳群」なんかは、1基だけじゃなくて複数の横穴がそのまま整備されて保存されていることに感動しましたが、ガラスが濁って内部が見えなくなってしまったり、照明器具の老朽化によりやはり中が見えなくなったり、経年劣化による問題も出てきますからね。
 難しいです。。。

<参考文献>
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2020/03/16(月) 23:37:58|
  2. 大田区/鵜の木久が原古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「相模原市No.52遺跡(呼ばわり山)」 | ホーム | 「光明寺横穴墓群(體空碑)」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/1086-36667a3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (10)
足立区/その他の古墳・塚 (19)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (8)
北区/飛鳥山古墳群 (9)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (28)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (6)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (19)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (10)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (16)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木久が原古墳群 (12)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (8)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (24)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (37)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (7)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (52)
横浜市の古墳・塚 (11)
相模原市の古墳・塚 (15)
宇都宮市の古墳・塚 (43)
鹿沼市の古墳・塚 (3)
壬生町の古墳・塚 (5)
上三川町の古墳・塚 (17)
下野市の古墳・塚 (0)
小山市の古墳・塚 (0)
栃木市の古墳・塚 (0)
真岡市の古墳・塚 (0)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
埼玉県の古墳・塚 (13)
千葉県の古墳・塚 (1)
群馬県の古墳・塚 (22)
ぐんま古墳カード (12)
茨城県の古墳・塚 (5)
長野県の古墳・塚 (6)
福島県の古墳・塚 (3)
東京の一里塚 (23)
東京の庚申塔 (5)
未分類 (12)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR