FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「富士神社古墳」

文京区「富士神社古墳」0

 前回は、文京区本郷7丁目に所在したとされる「椿山古墳」を取り上げましたが、寛永5年(1628)にこの椿山の富士浅間神社から勧請したと伝えられる神社が、今回紹介する「駒込富士神社」です。
 この神社の社殿が鎮座する土台の高まりは古くから前方後円墳ではないかと考えられており、『東京都遺跡地図』には「富士神社古墳」の名称で、文京区の遺跡番号15番の古墳として登録されています。

 今回はこの、「富士神社古墳」の探訪の記録です。


文京区「富士神社古墳」01

 画像は、文京区本駒込5丁目にある「駒込富士神社」を南から見たところです。
 この神社の御祭神は木花咲耶姫命です。旧加賀前田候の邸内(現東京大学構内)に、駿河の富士浅間を勧誘して祀られてあったものを、寛永5年(1628)にこの駒込の地に遷座したものといわれています。
 元々氏子を有せず、山嶽崇拝の各種富士講信徒の信仰の中心であったが、時代の返還とともに昭和7年、駒込天祖神社氏子の地元有志を中心として神苑講を結成。戦後に至って富士講を新たに組織して維持団体となして、江戸七富士の一つとして富士社特有の祭礼や植樹など山上・山下の神苑の整備や社務所他、付属建物の改築に努め、天祖・富士二社一体の努力を重ね今日に至っています。
 古墳といわれる高まりが、一帯どんな状況になっているのか、早速まずは神社を参拝しましょう。


文京区「富士神社古墳」02

 画像が、南から見た「富士神社古墳」です。
 鳥居をくぐって参道をまっすぐに北に歩いてきたところです。
 はっきりとした高まりが見られますが、このマウンドが果たして古墳なのでしょうか。

 人類学・民俗学の先駆者である鳥居龍蔵博士は、昭和2年(1927)発刊の著書『上代の東京と其周囲』の「東京市内の古墳調査巡回の記」の中で、富士神社古墳の調査のようすを記しています。
 同書の70ページには
 それから駒込の富士前町にある富士神社に行つたが、神殿の鎮座して居る高地はこれも明らかに古墳である。此處の古墳を能く注意して見ると、寧ろ前方後圓式の瓢形を呈して居る。今境内にはこの古墳だけしか無いけれども、昔は此の周圍に陪塚として丸塚が存在して居つたものと見るべきである。恐らく後世之を取崩して仕まつたのであらう。兎に角殘つて居る古墳を見ると、相當に大きな古墳であつて、どうしてもさういふ丸塚が伴つて居つたものと見なければならぬ。
 と記されています。
 鳥居龍蔵博士は、富士神社が鎮座するマウンドは瓢形の前方後円墳であり、また周辺には円墳も存在するのではないかと推測していたようです。


文京区「富士神社古墳」03

 ちょっと角度を変えて、南西から見た富士神社古墳です。
 富士塚らしく、富士講に関係する石碑が多く見られます。
 この角度から見ると、円墳風にも見えます。


「富士神社古墳」04

 さらに角度を変えて、南東から見た富士神社古墳です。
 この角度から見ると、画像の右奥に、わずかに前方部らしき高まりが伸びているのが見えます。
 かなり後世の改変を受けてはいるようですが、前方後円墳の名残なのでしょうか。。。
 
 ちなみに、富士神社古墳から北に300メートルほどの文京区と豊島区の区境のあたりには、「駒込古墳」なる古墳が登録されています。鳥居博士も、この周辺に陪塚として丸塚(円墳)の存在を想定していたようですが、かつては多くの古墳が造られて、古墳群を形成していたという可能性もあるのかもしれません。
 ただし、学術的な調査により古墳が発見されたという事例は今のところ存在しないようです。


文京区「富士神社古墳」05

 全体像が見えるのはこの角度かなと思われます。
 おそらく画像の左側が後円部、右側が前方部ではないかと思われますが、真相はわかりません。草木が茂ってしまう前の、冬に行けばよかったと後悔。。。

 昭和42年(1967)に文京区役所より発行された『文京区史』には「これを古墳と断ずる積極的な手がかりはないと考えている」と書かれているのですが、『文京区の文化史と史跡』には「土の状態から見て盛り土らしく、しかも注意すると埴輪や土師器の小破片がその表面に見られることから、もと古墳であったことはほぼ間違いないであろう」とも書かれています。また、『古墳横穴及同時代遺跡探訪記』では「本郷台古墳」という名称で取り上げており、後円部上の社殿の裏側において、赤茶色の邰土の中に小石等が混じった焼物の破片が落ちており、平らな部分にはハケ目のようなスジが僅かに見てとれ、埴輪の破片なのかも知れないと推理しているようです。


文京区「富士神社古墳」06

 ちなみに『本郷區史』には、昭和12年以前の富士神社古墳の写真が掲載されています。
 現在の富士神社古墳の墳丘はかなりの急斜面で高さがあるように感じますが、昭和初期はまだ墳丘の斜面がなだらかで、前方後円墳らしき形状が残されていたようです。
 おそらくは、古墳の周囲で区画整理が行われるたびに削られて小さくなり、また社殿の改築のたびに改変されて現在のような形状になった、ということではないかと思われます。


文京区「富士神社古墳」07

 画像が埴輪の破片かどうかはわかりません(違うと思います)が、埴輪片の存在が事実であれば、当然ながら富士神社古墳は埴輪を伴うことになりますので、古墳で間違いないということになります。
 本郷の台地にも前方後円墳が存在したのですね。。。


文京区「富士神社古墳」08

 境内には、文京区教育委員会により説明板が設置されています。

 富士神社 本駒込五ー七ー二〇
 富士神社はもと、旧本郷町にあった。天正元年(一
五七三)本郷村名主木村万右衛門、同牛久保隼人の二
人が、夢に木花咲耶姫命の姿を見て、翌年駿河の富士
浅間社を勧請した。
 寛永六年(一六二九)加賀藩前田候が上屋敷(現東
京大学構内)を賜わるにあたり、その地にあった浅間
社はこの地に移転した。東京大学構内一帯は住居表示
改正まで本富士町といっていた。
 社伝によれば、延文年間(一三五六~六一)には既
に現在の社地は富士塚と呼び、大きな塚があったとい
われる。この塚は一説によると、前方後円の古墳とい
われる。
 富士神社の祭神は、木花咲耶姫命で、氏子を持たず
富士講組織で成り立っていた。
 山岳信仰として、近世中期頃から江戸市民の間に、
富士講が多く発生した。旧五月末になると富士講の仲
間の人々は、六月朔日の富士登拝の祈祷をするために
当番の家に集まり、祭を行った。そして、富士の山開
きには、講の代参人を送り、他の人は江戸の富士に詣
でた。富士講の流行と共に、江戸には模型の「お富士
さん」が多数出来た。文京区内では、「駒込のお富士
さん」といわれるここと、護国寺の「音羽の富士」、
白山神社の「白山の富士」があった。
ー郷土愛をはぐくむ文化財ー
                文京区教育委員会

               昭和五十六年三月月


文京区「富士神社古墳」09

 石段を登った墳頂部の様子です。
 現在の拝殿、本殿、奥殿は戦災により焼失しており、昭和36年に再建されています。この再建に伴い昭和35年に発掘された軒丸瓦を調査したところ、寛永期から寛文期(1624〜1673)のものであったそうです。この調査結果は、富士神社が寛永5年(1628)に椿山から勧請したとされる傍証となるようです。


文京区「富士神社古墳」10

 南西からの画像です。
 境内の奥が低くなっていますが、この奥の部分が前方部ということになるかもしれません。


文京区「富士神社古墳」11

 後円部上から前方部を見たところかもしれません。


文京区「富士神社古墳」12

 墳丘斜面には、富士山麓にある溶岩洞を模したとされる「胎内洞穴」が見えます。横にあるのは庚申塔かな?


「富士神社古墳」16

 南西から見た富士神社古墳。
 後円部(かもしれない)一角が倉庫により大きく削られています。


文京区「富士神社古墳」13

 南東から見たところ。
 前方部ということになるかもしれません。


文京区「富士神社古墳」14
 
 北東から見た富士神社古墳。
 左手前が前方部、右奥が後円部ということになるかもしれません。。。


文京区「富士神社古墳」15

 富士神社は元来氏子を有せず、各種富士講信徒の信仰の中心でしたが、時代の変換により、駒込天祖神社氏子の地元有志を中心にして、昭和7年に神苑講を結成。戦後に新たに富士講を組織して維持団体として、江戸七富士の一つとして富士社特有の祭礼や植樹、山上、山下の神苑の整備や社務所等の改築が行われています。

 富士神社の御朱印は、本駒込3丁目40−1の駒込天祖神社でいただきました。

<参考文献>
鳥居龍蔵「東京市内の古墳調査巡回の記」『上代の東京と其周圍』
文京区教育委員会『文京区の文化史と史跡』
文京区役所『文京区史』
文京区神社総代会『文京区神社誌』
東東京都教育委員会『東京都遺跡地図』
竹谷靭負『富士塚考 続』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2020/04/24(金) 20:43:08|
  2. 文京区の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<砧中学校古墳群 その1 「3号墳」 | ホーム | 「椿山古墳」>>

コメント

お富士さん

庚申塔の記事にコメントありがとうございました。

小さい頃本駒込に住んでいて、「お富士さん」のお祭りに連れて行ってもらった記憶があります。
懐かしく思い出しました(^^)
  1. 2020/05/02(土) 11:20:32 |
  2. URL |
  3. ミケ #Pe0og0Jg
  4. [ 編集 ]

ミケさま、こんにちは。

神社のお祭りって、なぜか大人になってから良い思い出になりますよね。
富士神社の境内は広いし、きっと出店が並んで素敵な景観だったのだと思います。。。
  1. 2020/05/02(土) 16:42:31 |
  2. URL |
  3. ご〜ご〜ひでりん #G67hs.TE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/1121-1bc517fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (10)
足立区/その他の古墳・塚 (19)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (8)
北区/飛鳥山古墳群 (9)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (28)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (6)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (19)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (10)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (16)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木久が原古墳群 (12)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (8)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (24)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (37)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (7)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (52)
横浜市の古墳・塚 (11)
相模原市の古墳・塚 (15)
宇都宮市の古墳・塚 (43)
鹿沼市の古墳・塚 (2)
壬生町の古墳・塚 (5)
上三川町の古墳・塚 (17)
下野市の古墳・塚 (0)
小山市の古墳・塚 (0)
栃木市の古墳・塚 (0)
真岡市の古墳・塚 (0)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
埼玉県の古墳・塚 (13)
千葉県の古墳・塚 (1)
群馬県の古墳・塚 (22)
ぐんま古墳カード (12)
茨城県の古墳・塚 (5)
長野県の古墳・塚 (6)
福島県の古墳・塚 (3)
東京の一里塚 (23)
東京の庚申塔 (5)
未分類 (12)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR