FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「川和富士」

川和富士1

 今日は、横浜市都筑区に所在の「川和富士」です。
 1年ほど前に、とにかく「でけ〜!すげ〜!」といいたい、みたいなバカみたいな理由で横浜を訪れました。笑。

 底部の直径は約50メートル、高さは14メートルで、頂上の標高は74メートルととにかく巨大で、塚の上には3巻き近い螺旋道が巡っています。


 富士塚本体の横っちょに小さな小山(塚?)があるというパターンを、これまで何度か見かけてきました。この川和富士もそうですが、今パッと思い出せるのは、所沢の「荒幡冨士」や横浜の「山田富士」などで、謎の小山を見かけました。
 これについては、これまであまり深く掘り下げてこなかったのですが、有坂蓉子著『富士塚ゆる散歩』をよーく読んでみて、「大山小山の構成で、小さいほうは宝永山?」と書かれているのを見つけました。富士塚についてはそれほど詳しい方ではありませんが、「大山小山の構成」というのがあるのか!というのは今日初めて知って、ちょっとテンション高いです。笑。
 やはり小さいほうも富士塚の一部だったのですね。。。


川和富士2

 小さい塚の方から見たところです。
 小さいといっても、並みの富士塚以上の大きさがありますよね。笑。

 この富士塚は、200メートル北西から移築されていて、信仰物は、そこから西へ700メートルの八幡神社へ移されていて、塚には存在しないようです。


川和富士3

 北側から、直線的に登ることができる階段も存在しますが、実際には螺旋道を登っている人が多かったように思います。景観がとても良いですし、当然かもしれませんね。。。

 横浜市により設置された石碑に、この川和富士について書かれていました。

川和富士について
 私たち日本人は、ともすれば自然界の不思議な現象や
造形物に対して、それを神そのものであるとしたり、或
は神の心による働きとして、おそれおののく思いを抱い
てきました。
 日本を代表する富士山も、古くから霊峰として信仰の
対象とされており、このような富士山をまつる信仰を、
浅間信仰(せんげんしんこう)といいます。
 富士の山神を迎える”依代”(よりしろ)として富士山
の形をまねて塚をつくることは、室町時代からの習わし
としてありましたが、江戸時代の中頃になると大いに流
行しました。 ”川和富士”もこの流行により江戸時代後期
につくられ、かつては、ここより数百メートル北西の伊
勢森原の頂上にありました。
 ここに築造された富士塚は、その ”川和富士” を、復
元したものです。
                      横浜市



川和富士5

 頂上の様子です。
 この富士塚には、黒ボク(富士山から取り寄せた溶岩)が見られないのだなあと思い、調べてみました。
 東京23区内と千葉県の富士塚には全てに溶岩が見られるそうですが、多摩地区の7ヶ所、埼玉県の7ヶ所,神奈川県の4ヶ所、北関東の4ヶ所で溶岩が見られない富士塚が存在するそうです。
 私は最初に23区内の富士塚から巡り始めてしまったので黒ボクの存在が当たり前になってしまっていたのですが、黒ボクの存在しない富士塚も少なくないようですね。


川和富士4

 塚の頂部から見下ろしたところ。
 流石に高さがあります。

 訪れてみて、実際に「でけ〜!すげ〜!」と思えた、大きくて素敵な富士塚でした。

<参考文献>
有坂蓉子『富士塚ゆる散歩』


人気ブログランキングへ

  1. 2020/05/17(日) 21:44:38|
  2. 横浜市の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<「池辺富士(富士塚古墳)」 | ホーム | 「塔山古墳群」>>

コメント

わー!

こちら、ずっと前から人に勧められている場所で気になっていましたが、ひでりんさんの記事を読んでやっぱり体感してみたいなー!という気持ちになりました。

遊びに行くのはもうちょっと先になりそうですが。。。行きたくなる記事、有り難うございました!笑。
  1. 2020/05/17(日) 22:45:53 |
  2. URL |
  3. 紅一点 #-
  4. [ 編集 ]

紅一点様、こんばんは。

この川和富士はとにかくデカイです。笑。
今行くと、草が茂って青々としていて美しいのではないかと思いますが、塚のある横浜はまだ緊急事態宣言が解除されていませんし、判断が難しいところですね。
  1. 2020/05/18(月) 00:45:59 |
  2. URL |
  3. ご〜ご〜ひでりん #G67hs.TE
  4. [ 編集 ]

う~ん、これはスゴイ!
横浜あなどれませんね(笑)
行ってみたいです。

ちなみに、黒ボクの使用には、当時運搬に水運を利用したために、都内や埼玉県内では河川・水路のある所には使われていますが、内陸部は使用していないものが多いと、どこかの解説にありました。
  1. 2020/05/24(日) 13:42:53 |
  2. URL |
  3. torikera #frK3hhYY
  4. [ 編集 ]

torikeraさま、こんばんは。

黒ボクの使用はそういうことだったのですね。水運を利用ですか!
川和富士は黒ボクや石碑がないのでいわゆる富士塚らしい富士塚ではありませんが、とにかく半端じゃなくデカイです。笑。
  1. 2020/05/25(月) 19:21:00 |
  2. URL |
  3. ご〜ご〜ひでりん #G67hs.TE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/1138-4465c495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (13)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (19)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (9)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (16)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (11)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (8)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (1)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (37)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (7)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (52)
横浜市の古墳・塚 (11)
相模原市の古墳・塚 (14)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (8)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (3)
千葉県の古墳 (1)
東京の一里塚 (22)
東京の庚申塔 (5)
未分類 (7)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR