FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「稲荷前古墳群」ー神奈川県指定史跡ー

横浜市「稲荷前古墳群」1

 今回は、横浜市青葉区大場町に所在する「稲荷前古墳群」です。

 この古墳群は、昭和42年から同44年にかけて発掘調査が行われています。
 同じ丘陵上から前方後円墳、前方後方墳、方墳、円墳などの様々な形状の10基の古墳と9基の横穴墓が発見されたことから、「古墳の博物館」とも呼ばれました。

 画像は、この稲荷前古墳群の所在地を南西から見たところです。
 現在は、この丘陵上に15、16、17号墳の3基の古墳が保存、公開されており、昭和45年に神奈川県の史跡に指定されています。


横浜市「稲荷前古墳群」2

 古墳の所在する丘の前には、「県史跡 稲荷前古墳群」と看板が設置されています。
 なんと、ここには駐車場が完備されていて、無料で車を止めて古墳を見学できるという、都心部では希少な史跡なのです!


横浜市「稲荷前古墳群」3

 前方後方墳である16号墳の墳丘が、木立の間にチロっと見えていますね。笑。

 早速、丘の上に登ってみましょう!


横浜市「稲荷前古墳群」4

 16号墳です。
 左手前が前方部、右奥が後方部となります。

 15~17号墳の3基の古墳は昭和57年に保存整備事業に伴う発掘調査が行われており、その結果、この16号墳は前方後方墳と呼ばれる珍しい墳形の古墳であることが判明しています。そして、この前方後方墳は、正方形をした2つの墳丘を撥形をしたくびれ部で連結しているという、かなり特異な形の古墳であることがわかっています。
 規模は、全長37.5m、後方部幅15.5m、前方部幅14.0m、くびれ部幅10.0~11.5mを計ります。周囲には、幅1.2~1.4mを測る周溝が確認されています。


横浜市「稲荷前古墳群」5

 北から見た16号墳です。
 浜田普介氏による「前期前方後円墳と円墳」という論文の中では、この16号墳を「前方後方形周溝墓」とも呼称しています。
 果たして、当時に築造に関わった人たちにとってこの古墳は「前方後方墳」なのか、それとも「双方墳」なのか、はたまた「前方後方形周溝墓」なのか、興味の尽きないところです。。。


横浜市「稲荷前古墳群」6

 墳丘上で見た16号墳。
 前方部から後方部を見たという状況でしょうか。


横浜市「稲荷前古墳群」7

 逆に、後方部から前方部を見たところ。
 奥に小さく見えるのが17号墳です。


横浜市「稲荷前古墳群」8

 17号墳です。
 調査の結果、16号墳と同様に大量の盛土で造られている方墳であることがわかっているそうです。


横浜市「稲荷前古墳群」9

 15号墳です。

 16号墳の北側に隣接している古墳で、調査時にすでに墳丘の大部分が削平されていたものの基底部が残存しており、一辺約12mを測る方墳であることがわかっています。つまりは、現在見られる墳丘は復元されたものとなるようです。。。
 周溝の切り合いにより、16号墳より新しい時期に造られたことがわかっています。

 ちなみに実はですね、最初にこの古墳群を訪れたのは9年前になります。
 真夏に訪れたのがよくなかったのですが、なんと巨大なスズメバチがこの15号墳の上空をず〜っと旋回していて、まったく近寄ることができません。
 それでも写真を撮りたかったので恐る恐る近づいてみると、スズメバチがぶわーっと降下してくるので慌てて逃げる、ということを3〜4回繰り返してですね。最後に意を決して15号墳に早足で近づいて行くと、怒ったスズメバチがすごい勢いで襲いかかってきて、もはや命からがら泣きながら逃げ出した(大人なのに)、ということがありました。
 「もうここは『古墳なう』には掲載しない!」とすっかりあきらめていたのですが、1年半ほど前、今度は真冬に訪れて、ゆっくりと写真を撮ることができました。

 ま、私ってヒマなのかもしれませんよね。。。

<参考文献>
浜田普介「前期前方後円墳と円墳 ー川崎・横浜市域を例としてー」『川崎市市民ミュージアム紀要 第13集』
現地説明板


人気ブログランキングへ

  1. 2020/05/27(水) 01:17:14|
  2. 横浜市の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<「市ヶ尾横穴古墳群」ー神奈川県指定史跡ー | ホーム | 「赤田2号墳」>>

コメント

こんばんは!しかし、こちらも見事な古墳ですね。
横浜あなどれません(笑)
古墳とスズメバチは、余り結びつかなかったのですが、いやはや古墳見学も命懸けとは知りませんでした。(;^ω^)
  1. 2020/05/27(水) 22:39:02 |
  2. URL |
  3. torikera #frK3hhYY
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2020/05/27(水) 23:16:18 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

torikera様、こんばんは。

いや、スズメバチのみならず、鎌首もたげた蛇に睨まれたり、顔に蜘蛛の巣が張り付いたり、石室内の天井一面にカマドウマが張り付いていたりと、夏の古墳は恐ろしいです!

横浜は意外と古いものが残っていて、確かに侮れませんね。笑。
  1. 2020/05/29(金) 21:38:58 |
  2. URL |
  3. ご〜ご〜ひでりん #G67hs.TE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/1144-9e67b80d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (13)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (19)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (9)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (16)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (11)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (8)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (1)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (37)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (7)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (52)
横浜市の古墳・塚 (11)
相模原市の古墳・塚 (14)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (8)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (3)
千葉県の古墳 (1)
東京の一里塚 (22)
東京の庚申塔 (5)
未分類 (7)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR