FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「千年伊勢山台古墳」

高津区№94 千年伊勢山台古墳1

 「千年伊勢山台古墳」は、川崎市高津区千年に所在する古墳です。

 『川崎の遺跡』には、高津区№94遺跡として登録されている古墳ですが、発掘調査が行われていないため、埋葬施設や周溝などの詳細はわかりません。昭和42年(1967)に発行された『川崎市文化財調査集録』の「川崎市の古墳(一)」に、この千年伊勢山台古墳についての記述が見られます。
 「伊勢山台と呼ばれる標高約40メートルの丘陵東北端に地形を利用して築造された古墳で、正式な地番は川崎市千年伊勢山台四四二番地に属している。ここは影向寺台から連続している舌状台地で、古墳は台地の最末端部に位置しているため、崖崩れによって約五分の三が破壊されてしまった。附近は畑地で西側の墳麓も耕作のため若干削られている。高さ二・二メートル、墳径約一二・五メートルの小円墳である。」

 画像が、千年伊勢山台古墳の所在地と思われる地点です。
 「崖崩れが起こった舌状台地の先端」ということで、おそらくこの高まりが千年伊勢山台古墳の5分の2ほど残された墳丘ではないかと思われます。マウンドの裾のあたりにフェンスが設置されており、フェンスの奥は1mほどでほぼ垂直に近いような崖になっています。


高津区№94 千年伊勢山台古墳2

 この周辺は、古墳よりも橘樹郡衙推定地として知られており、古墳から南に100mほどの地点には、「たちばな古代の丘緑地」として千年伊勢山台遺跡の一部が保存されています。
 川崎市内初の国指定史跡です。。。


高津区№94 千年伊勢山台古墳3

 実際、石碑と説明板以外に見るべきものはないのですが、とりあえずゆっくりくつろげます。
 私はこのころはまだタバコを嗜んでいましたので、プカ~~~ッと一服しました。

 日陰がないので、真夏の炎天下では死ぬかもしれません。。。笑。

 古代の川崎市役所ともいえるこの一帯は、平成10年度から発掘調査が続けられており、伊勢山台から影向寺方面にかけて橘樹郡衙に関連すると推定される掘立柱建物跡などが発見されています。
 橘樹郡衙推定地の北西には、古墳時代の川崎を支配していた豪族の墓とされる「西福寺古墳」や「馬絹古墳」があり、この豪族の拠点がこの橘樹郡衙推定地周辺であると考えられているようです。


高津区№94 千年伊勢山台古墳5

 この緑地内から発見された「千年伊勢山台2号古墳」がこのあたりです。
 すでに墳丘は削平されて消滅していたようですが、発掘調査により推定径20mほどの周溝が検出されています。

 東京都内では、府中市内に置かれた武蔵郡衙が、高倉古墳群と白糸台古墳群の間の古墳がまったく存在しない地域に造られているようなのですが、この橘樹郡衙は、それ以前に存在した古墳群をブッ壊して、その上に造られているわけですよね。
 この違いはとても興味深いです。。。


高津区№94 千年伊勢山台古墳4

 緑地の北東隅には「橘樹郡衙跡」と刻まれた石碑が建てられています。
 ちなみに緑地の南西側には、橘樹郡衙推定地と周辺の関連する周辺の文化財について解説された説明板が設置されています。


高津区№94 千年伊勢山台古墳6

 画像中央のあたりからも古墳の周溝が検出されています。
 古墳の名称を確認できなかったのですが、「千年伊勢山台3号古墳」ということになるのでしょうか。。。


高津区№94 千年伊勢山台古墳7

 画像の地点からは「1号方形周溝墓」が確認されています。
 方台部が東西に7.3m、南北は5.6mまで確認されており、方台部中央西寄りからほぼ完存する主体部が検出されています。


高津区「影向寺」1

 「橘樹郡衙跡」の見学後しばらくして、「影向寺(ようごうじ)」に立ち寄りました。
 宮前区野川の影向寺台に所在する南武蔵きっての古刹で、この丘陵を東に進むと千年伊勢山台に至ります。
 影向寺は天台宗に属するお寺で、『影向寺仮名縁起』によると、天平11年(739)に西武天皇の発願により僧行基が開基したと伝えられており、風土記稿には境内に置かれた影向石に記述が、また名所図会には影向石が描かれています。


高津区「影向寺」2

 画像は影向寺の本堂です。
 影向寺境内から採集された古瓦の中には奈良時代のものが含まれており、このお寺の創建が縁起に近い、白鳳時代(7世紀末)にまで遡ることが明らかになっています。


高津区「影向寺」3

 画像は「太子堂」です。
 疾病消除の祈願が込められた聖徳太子孝養像(鎌倉時代後期)が安置されており、毎年11月3日の縁日には、聖徳太子を祀るお祭りがおこなわれるそうです。


高津区「影向寺」4

 画像は「影向寺の乳イチョウ」です。
 乳柱を削って汁を飲むと乳が出るようになるという伝説があり、影向寺の絵馬には乳しぼりの図柄が多いそうです。
 堂々たる古木で、樹齢は2000年に達するものもあるといわれています。


高津区「影向寺」5

 私はむしろ、境内にこんな築山があると、「まさか古墳では?」と気になって仕方がないのです。笑。。。


高津区「影向寺」6

 影向寺境内の東南隅にある影向石です。
 縁起でいう霊石にあたるものですが、実際の用途は塔の心礎であろうといわれています。


高津区「影向寺」7

 説明板には次のように書かれています。

 影 向 石
 当寺のいわれとなった霊石。奈良朝に本
寺創建のとき、ここには美しい塔が建てら
れ、その心礎として使用されました。心礎
には仏舎利が納められ、寺院の信仰の中心
となります。「影向」とは神仏の憑りますと
ころのことで、寺域は太古より神聖な霊地
神仏のましますところとして、信仰されて
いたものでしょう。幾星霜をへ、塔が失わ
れた以降、この影向石のくぼみには常に霊
水がたたえられて乾くことなく、近隣から
眼を患う人々が訪れて、その功験によって
いやされました。江戸のはじめ万治年間に
薬師堂が火を蒙ると、本尊薬師如来は自ら
堂を出でて、この石の上に難をのがれたと
いわれ、それ以来、栄興あるいは養光の寺
名を影向とあらためたと伝えれらます。
   昭和五十一年五月吉日
           重要文化財保存会






高津区「庚申塚」1

 庚申塚。影向寺の北西200メートルほどの地点に所在します。
 ギリギリ、第三京浜に壊されずに残ったのか、それとも壊された末にこの場所に移されたものか詳細はわかりませんが、塚が存在することに心踊ります。笑。


高津区「庚申塚」2

 北から見たところ。


高津区「庚申塚」3

 塚の上には3基の石塔が建てられています。。。

<参考文献>
伊東秀吉「川崎市の古墳(一)」『川崎市文化財調査集録 第3集』
高津図書館友の会郷土史研究部『鎗ヶ崎遺跡発掘調査報告書』
川崎市教育委員会『千年伊勢山台遺跡 第1~8次発掘調査報告書』
川崎市教育委員会『橘樹官衙遺跡群の調査』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2020/06/12(金) 20:45:21|
  2. 川崎市の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<「子母口富士見台古墳」 | ホーム | 「塚」その2>>

コメント

こんばんは!
川崎の高津区は大学の先輩の家があって、良く遊びに行ったのですが、酒飲んで帰ってくるくらいで、何も見てこなかった(◎_◎;)
影向寺も良い所ですね!行ってみたい。
だんだん、盛り上がっているところに興味を持つようになった自分が怖いです(笑)
  1. 2020/06/13(土) 23:58:14 |
  2. URL |
  3. torikera #frK3hhYY
  4. [ 編集 ]

torikeraさま、こんばんは。

盛り上がっているところに興味を持つという感じ、とてもよくわかります!笑。
どうしてこうなってしまったのでしょうか。。。笑。

影向寺は素晴らしいお寺でした。『古墳なう』には掲載しませんでしたが、最後に訪れたときに御朱印をいただきいたのですが、これが素晴らしく、御朱印はオススメです!
  1. 2020/06/14(日) 18:15:58 |
  2. URL |
  3. ご〜ご〜ひでりん #G67hs.TE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/1153-1ec4292f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (10)
足立区/その他の古墳・塚 (19)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (8)
北区/飛鳥山古墳群 (9)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (28)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (6)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (19)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (10)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (16)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木久が原古墳群 (12)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (8)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (24)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (37)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (7)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (52)
横浜市の古墳・塚 (11)
相模原市の古墳・塚 (15)
宇都宮市の古墳・塚 (43)
鹿沼市の古墳・塚 (3)
壬生町の古墳・塚 (5)
上三川町の古墳・塚 (17)
下野市の古墳・塚 (0)
小山市の古墳・塚 (0)
栃木市の古墳・塚 (0)
真岡市の古墳・塚 (0)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
埼玉県の古墳・塚 (13)
千葉県の古墳・塚 (1)
群馬県の古墳・塚 (22)
ぐんま古墳カード (12)
茨城県の古墳・塚 (5)
長野県の古墳・塚 (6)
福島県の古墳・塚 (3)
東京の一里塚 (23)
東京の庚申塔 (5)
未分類 (12)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR