FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「クマモリ古墳」

 私が最初に川崎市内の古墳を散策したのは10年近く前になります。
 見て廻った古墳については、後で図書館でいろいろと調べてみたりするわけですが、この際に「クマモリ古墳」という名称がしばしば目につきました。この名称は複数の発掘調査報告書に見られ、分布図に古墳の位置が記されている書物も複数存在します。ところが、発掘調査が行われていないからか、埋葬施設や埴輪、葺石の有無、古墳の規模など詳細は何もわからず、また古墳にまつわる由来や伝承等もわからず、何よりも不思議なことに、川崎市教育委員会より発行された『川崎の遺跡』にもこの古墳は未登録という、実体のまったくわからない古墳でした。

 結局、最初に散策した10年ほど前にはこのクマモリ古墳は見学しませんでした。。。

 その後、一昨年になってもう一度川崎市内の古墳を散策してみようと思い立ち、このクマモリ古墳の存在を思い出しました。ところが、見学に先立ってあらためて調べてみても、残存する古墳ではあるらしいもののやはり詳細はほとんど何もわかりません。

 というわけで、ほとんど何もわからないまま自分の目で確かめるために行ってみた、というのが、今回のクマモリ古墳の探訪の記録です。


「クマモリ古墳」1

 画像は、川崎市高津区久本2丁目に所在する「龍台寺」です。

 クマモリ古墳の所在地が記されている報告書の分布図とGoogleマップを見比べると、このお寺の本堂の背後が、東に向かって半島状に突き出るような形状の舌状台地となっており、その台地の先端に小さな神社と思しき鳥居と祠が確認できます。

 ちなみにこの舌状台地の西側は「久保台古墳群」と呼ばれる地域で、これまで発掘調査により4基の古墳が確認されています。立地的には古墳の存在の可能性は十分に考えられます!


「クマモリ古墳」2

 画像が龍台寺の本堂のようすです。
 左奥が舌状台地の先端にあたる場所で、すでに神社の祠が見えています。
 古墳らしく盛り上がっているようにも見受けられますが、これがクマモリ古墳なのでしょうか。。。


「クマモリ古墳」3

 ズームしてみたところ。
 下から見上げているので古墳らしく見えますが、台地の周囲は削られて地形が改変されているようですし、なんとも言えません。


「クマモリ古墳」4

 祠の南側から階段が設けられています。
 こちらから見ると、古墳らしきマウンドの存在は見られないようです。


「クマモリ古墳」5

 階段を登ってみたところ。
 平らに整地されているようです。

 ホントに古墳かな。。。


「クマモリ古墳」6

 台地の上から見下ろしてみたところ。
 この角度から見ると、円形の古墳の墳丘を平らに削って祠を建てたようにも思えますが、確信は持てません。





「クマモリ古墳」7

 さらに高いところから見下ろしたところ。この角度から見ると、山の斜面に築造された円墳を削って祠を建てた、という風にも思えます。

 古墳が存在するとすれば、やはりこの神社の地点しか考えらえないように感じましたが、最後までこの場所が古墳であるのか確信は持てませんでした。。。
 (ちなみに、クマモリ古墳の位置を記した分布図が掲載されている報告書は2、3冊は存在した記憶があるのですが、複写した資料を不覚にも紛失してしまって、参考文献として掲載することができまでん。これはまたいつか、川崎の図書館を訪れた際の宿題にしようと思います。。。)


高津区№122古墳1

 クマモリ古墳からさらに西側に登った台地上に、高津区の№122遺跡として2基の古墳が登録されています。
 この2基がどうやら「久保台古墳群3号墳」と「4号墳」となるようなのですが、『末長向台遺跡第3地点・末長向台古墳群』によると、3号墳は外径16m、内径14mの円墳で、「上面を削平されているが、比較的に遺存状況は良好である。」ということのようです。出土した遺物により6世紀中葉の築造と推定されています。

 画像は、正確な場所がわからないので確信はありませんが、3号墳かな?と思われる地点です。


高津区№122古墳2

 4号墳も正確な位置が不明なのですが、このあたりなのでしょうか。。。
 外径で南北16.8m、東西22.25mの円墳で、出土した遺物が5世紀第1〜第2四半期の所産と考えられているようです。

【このブログの過去の関連記事】
http://gogohiderin.blog.fc2.com/blog-entry-999.html

<参考文献>
有限会社 吾妻考古学研究所『末長向台遺跡第3地点・末長向台古墳群』


人気ブログランキングへ

  1. 2020/06/19(金) 21:25:18|
  2. 川崎市の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「黄金塚古墳」 | ホーム | 「子母口富士見台古墳」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/1155-f4df3664
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (10)
足立区/その他の古墳・塚 (19)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (8)
北区/飛鳥山古墳群 (9)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (28)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (6)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (19)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (10)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (16)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木久が原古墳群 (12)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (8)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (24)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (37)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (7)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (52)
横浜市の古墳・塚 (11)
相模原市の古墳・塚 (15)
宇都宮市の古墳・塚 (43)
鹿沼市の古墳・塚 (2)
壬生町の古墳・塚 (5)
上三川町の古墳・塚 (17)
下野市の古墳・塚 (0)
小山市の古墳・塚 (0)
栃木市の古墳・塚 (0)
真岡市の古墳・塚 (0)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
埼玉県の古墳・塚 (13)
千葉県の古墳・塚 (1)
群馬県の古墳・塚 (22)
ぐんま古墳カード (12)
茨城県の古墳・塚 (5)
長野県の古墳・塚 (6)
福島県の古墳・塚 (3)
東京の一里塚 (23)
東京の庚申塔 (5)
未分類 (12)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR