FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「諏訪塚」

足立区「諏訪神社」1

 画像は、足立区六木3丁目にある「六木諏訪神社」を南東から見たところです。

 祭神は建御名方神であるというこの六木諏訪神社は創建年代は不詳とされているようですが、旧六ツ木村の鎮守社であったといわれています。

 足立区教育委員会より発行されている『ブックレット足立風土記⑧花畑地区』によると、江戸時代後期に幕府が編纂した地誌『新編武蔵風土記稿』には、

「村ノ鎮守ナリ、此社ヨリ二丁許北ニ当リテ諏訪塚ト云少シノ塚アリ、当社昔ハ彼所ニアリシト云、末社稲荷社」

 と書かれていおり、つまり、当時この場所から2丁ほど北方に諏訪塚という小さな塚があり、元々の諏訪神社はそこにあったことが記されています。足立区教育委員会より発行された『足立風土記稿ー地区編8・花畑』によると、この諏訪塚は古墳であったと考えられているようです。

 その後、明治12年(1879)に作成された『神社明細帳』によると、六木村内にあった高木神社がこの諏訪神社に合祀されているようです。さらには『東京都神社名鑑』に「千葉氏亡びてのち六ツ木村が成立した。のち星野梅三名主となるや、境内地として四百坪を寄進し、諏訪塚より奉還する」とあり、江戸時代に境内と社殿ができたようですが、江戸時代に諏訪神社があったという諏訪塚と呼ばれる古墳らしき塚の正確な所在地は、判明していないようです。

 まずは、現在の六木諏訪神社を訪れてみました。。。


足立区「諏訪神社」2

 画像が、現在の諏訪神社の境内のようすです。
 驚いたことに、社殿は塚状に小高くなった上に建てられています。

 もともとあった「諏訪塚」は古墳ではないかと想定されているようですが、現在地にも古墳らしき塚が元々あり、そこに移転された、つまり諏訪神社は古墳から古墳へと移された神社であるということなのでしょうか。
 それとも、元々の諏訪神社の所在地が実はこの場所で、この高まりは古墳の残存部分であるとも考えられるかもしれません。

 足立区内には、社殿の場所がこうして塚状に一段高くなっているという神社がかなり多く存在するように思いますし、もちろんその全てが古墳に関係するマウンドであるとは言い切れませんが、とりあえずこの諏訪神社はとても気になる存在です。。。


足立区「諏訪神社」3

 画像は、六木諏訪神社社殿の土台となっている塚状地形全景を南から見たところです。
 これが古墳跡だとすれば、意外と大きな古墳だったのかもしれません。


足立区「諏訪塚」1

 さて、『新編武蔵風土記稿』によると、現在の諏訪神社の場所から2丁ほど北方(約218m)に「諏訪塚」が存在したことが記されています。
 Googleマップでこの地域を確認すると、埼玉県八潮市大字垳102番地にあたる場所に「垳稲荷神社」という名称の神社が祀られているのを発見しました。
 早速、この垳稲荷神社も尋ねてみました。。。


足立区「諏訪塚」2

 画像は、「垳稲荷神社」を南東から見たところです。
 なんと!驚いたことに、この神社の境内も、六木諏訪神社と同様に塚状に一段高くなった場所に社殿が建てられています。ひょっとしたらこの高まりが諏訪塚と呼ばれる塚の名残で、古墳の残存部分である可能性も考えられるのではないか、というとても興味深い状況です。。。

 というわけで今回はここまで。
 この続きはまたいずれ。
 八潮市の調査が進展した際にあらためて取り上げようと思います。。。

<参考文献>
東京都神社庁『東京都神社名鑑』
足立区教育委員会『足立風土記稿ー地区編8・花畑』
足立区教育委員会『ブックレット足立風土記⑧花畑地区』





人気ブログランキングへ

  1. 2020/07/20(月) 23:55:20|
  2. 足立区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<『東京の古墳を歩く』 | ホーム | 「一本松古墳」>>

コメント

こんばんは。
さいたま市西区の原稲荷神社や小山稲荷神社など
古墳の上に稲荷を祀るところが少なくないですね。
神社があるから残っているのかな?!
  1. 2020/07/23(木) 22:49:13 |
  2. URL |
  3. torikera #frK3hhYY
  4. [ 編集 ]

torikeraさま、こんばんは!

さいたま市西区の原稲荷古墳や小山稲荷古墳、見学に行きました!
お稲荷さんに限らず、祠や神社が祀られていたことが理由で残された、という古墳はかなり多いと思います。
あとは、祟りの伝説があると古墳も残るかも、です。笑。
群集する古墳の中で、単純に一番デカイ、というのも残される理由にあるように思います。

なんにせよ、今残る古墳は壊さずに残したいですよね。。。
  1. 2020/07/23(木) 23:04:43 |
  2. URL |
  3. ご〜ご〜ひでりん #G67hs.TE
  4. [ 編集 ]

六木諏訪神社ですが、私のご先祖(星野家屋号宮前)が土地を寄進したそうです。江戸時代の記録には400余坪と書かれてますが、昭和に測り直したかは分かりませんが、寄進した土地は約500坪だそうです。当主や祖母が生きていた頃、話してたそうです。何十年も前の話しですが、うちに関する資料が社殿の中に、ありましたが、盗難にあい行方不明のままらしいです。前は神社の前に星野家の屋敷がありました。ですが、後継ぎがいなくなったため、屋敷はないです
それとウカノミタマ(稲荷神)の石が星野家の屋敷にありましたが、それは最初に六木諏訪神社にあったもので、どっかに保管されてるとか親から聞いた覚えがあります
最終的には花畑大鷲神社に行くのかなあ・・ともチラッと行ってました
ウカノミタマの石は祖母が祠をつくり榊を置き毎日水をやり、正月には鯛をお供物としてたそうです
京都伏見稲荷の、お札は神社にもらいに行ってたとかも言ってましたね
因みにうちは分家らしいですが、名主でしたね
星野家の本家が現在は総代です。祖父が総代を断って以降、本家のかたが総代をしてるみたいです
屋敷の門の前が鳥居で、門の近くに祠を置き、神様のご加護があったのかなと、今では思います
  1. 2020/11/07(土) 06:00:40 |
  2. URL |
  3. 星野家末裔 #-
  4. [ 編集 ]

星野家末裔さま、こんばんは。

初めましてです。地元の名主のような方からのコメント、嬉しいです。
足立区内を巡ってみたところでは、23区内では比較的古いものが残っている土地という印象で、散策するのが楽しい地域でした。
まだ未確認の古墳の痕跡が、ひょっとしたらどこかに残されているのではないかと探しましたが、これはみつかりませんでした。
六木諏訪神社の社殿も、古墳か塚の上に建てられているのではないかと推測しましたが、こちらも真相はわからず残念です。。。
  1. 2020/11/13(金) 23:23:13 |
  2. URL |
  3. ご〜ご〜ひでりん #G67hs.TE
  4. [ 編集 ]

追加

コメントの追加ですが、親が言うには星野家の屋敷は昔、道路沿いに長屋門があったみたいです。家を建て替えるときに門も壊してしまったらしいです。それで、神社側に新しく門をつけたみたいです。恐らく、江戸時代か明治時代に建てられた家で、屋根裏から巻物や掛け軸が、たくさん出てきたんですが、全部、庭で焼却処分してしまったみたいです。余談ですが、神社にベニースーパーの提灯が下がってますが、恐らく、そのスーパーはテレビ番組、ドラマ等で、よく出てくるスーパーかと思います。撮影協力してるみたいです
  1. 2021/02/05(金) 12:26:16 |
  2. URL |
  3. 星野家末裔 #-
  4. [ 編集 ]

書き忘れましたが、神社は江戸時代中期には現在の場所に、あったみたいです
元禄2年、村の人口が増えたから諏訪塚から村の中心地(現在の場所)に持ってきませんか?という意見が村人からだされ、そこで、ご先祖の土地を使って移築しようということになったみたいです
後に、本殿の後ろの土地52坪は寺島重蔵氏が借地だった土地を買い、そのまま神社に寄進しました
  1. 2021/02/06(土) 10:09:41 |
  2. URL |
  3. 星野家末裔 #-
  4. [ 編集 ]

星野家末裔さま、こんばんは!

私は近年に田舎に引っ越してきましたが、都内では長屋門はほとんど見かけなくなっていましたが、田舎にはゴロゴロ残っていて驚きました。
屋根裏から巻物や掛け軸を全部、庭で焼却処分!
また凄い話ですね。。。
  1. 2021/02/07(日) 00:24:20 |
  2. URL |
  3. ご〜ご〜ひでりん #G67hs.TE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/1171-ce638602
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (10)
足立区/その他の古墳・塚 (19)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (8)
北区/飛鳥山古墳群 (9)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (24)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (19)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (10)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (16)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木久が原古墳群 (12)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (8)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (24)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (37)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (7)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (52)
横浜市の古墳・塚 (11)
相模原市の古墳・塚 (15)
宇都宮市の古墳・塚 (32)
鹿沼市の古墳・塚 (2)
壬生町の古墳・塚 (5)
上三川町の古墳・塚 (16)
下野市の古墳・塚 (0)
小山市の古墳・塚 (0)
栃木市の古墳・塚 (0)
真岡市の古墳・塚 (0)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
埼玉県の古墳・塚 (13)
千葉県の古墳・塚 (1)
群馬県の古墳・塚 (8)
ぐんま古墳カード (12)
茨城県の古墳・塚 (5)
長野県の古墳・塚 (6)
福島県の古墳・塚 (3)
東京の一里塚 (22)
東京の庚申塔 (5)
未分類 (12)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR