FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「八龍塚古墳(上三川1号墳・普門寺西古墳)」

八龍塚古墳(上三川1号墳)00

 画像は、上三川町上蒲生に所在する「八龍塚古墳」です。

 「八龍塚古墳」は、栃木県上三川町の市街地北西部に位置する前方後円墳です。宇都宮市から伸びる岡本台地の西側平坦面に立地しており、古墳の東方には鬼怒川が、また西側には田川が南流しています。
 上三川町の役場と交差点を挟んで向かい側という、街の中心地に残存する前方後円墳です。

 画像は八龍塚古墳を北西から見たところで、ちょっとわかりにくいのですが右手前が前方部、左奥が後円部という状況です。


八龍塚古墳(上三川1号墳)01

 画像は、西から見た後円部の様子です。

 八龍塚古墳は、別名「八郎塚古墳」、また「八郎山」とも呼ばれ、古くから知られた存在でした。
 この古墳にはある伝説が残されています。

 昔、蒲生村の百姓の喜右衛門という人が歩いていて大きな森に差し掛かったとき、森の中から大きな音とともに大蛇が首を出し始め、真っ赤な舌を炎のように燃え盛らせながら八つの頭をもつ龍となり、喜右衛門さんに向かってきました。
 気も狂わんばかりに驚いた喜右衛門さんが信俊和尚のもとに駆け込むと、和尚は五鈷という仏器を手にして早速その場に向かいました。これを見た八つの頭の龍は、大きな口を開けて和尚に襲いかかってきました。
 和尚は気後れもせずにまっすぐに進み、猛り狂う龍に向かって法華経に出てくる龍女の話を聞かせながら、持っていた五鈷を真っ赤に燃える炎を吐き出す龍の口に差し出しました。
 龍は五鈷の一部を噛み切ると、満足げに深く八つの頭を下げ、大きな胴体を横にした1つの塚と7つの丸い塚になってしまいました。
 喜右衛門さんは信俊和尚の深い大きな徳に感動して、供養のために一つのお堂を建てて和尚に寄進しました。
 その後、喜右衛門さんの家は大層お金持ちになり、建立したお堂を宝蔵院と名付け、普門寺の門末に加えたそうです。


 この「大きな胴体を横にした1つの塚」というのが現在の八龍塚古墳で、さらにこの周辺に7つの塚が存在したというあたりは、古墳群の存在の可能性も想起させるところですが、周辺地域は比較的早くから開田・開発が進んで景観は著しく変わっており、残念ながらそのほとんどは消滅してしまったようです。。。

八龍塚古墳(上三川1号墳)02

 訪れた当日は、土地の所有者の方に声をかけて古墳を見学させていただきました。

 紅葉の時期と重なったため、墳丘上が色とりどりに美しく染まっていて印象的でした。
 これで個人のお宅のお庭ですからね。羨ましいです。笑。

 墳丘の南側には鳥居があり、墳頂部まで石段が設けられています。


八龍塚古墳(上三川1号墳)03

 墳丘はかなり高さが残されています。

 この古墳は、中世上三川城の物見塚として使用されたという伝承があるため、後世に盛り土された可能性も考えられるようです。

 現状規模は、全長40.0m、後円部径29.5m、くびれ部幅10.0m、前方部長10.5m、前端部幅10.0m。高さは後円部で4.6m、前方部高1.0mです。
 墳丘北側の裾部からは埴輪列が検出されており、大部分が普通円筒埴輪であるものの、一部は朝顔形埴輪も検出されているようです。
 また、葺石は認められないようです。


八龍塚古墳(上三川1号墳)04

 墳丘上から見下ろしてみたところです。

 この古墳は、前方部の長さ、幅ともに後円部径の1/2以下であり、周溝が馬蹄形に巡ることが特徴であり、宇都宮市の塚山古墳群の「塚山西古墳」に類似しているそうです。「造り出し付き円墳」というよりは「帆立貝形前方後円墳」となるようで、この特徴を栃木県内に限ると5世紀末から6世紀前葉にかけての築造となるようです。
 出土した埴輪から、八龍塚古墳の築造は5世紀後半と推定されています。


八龍塚古墳(上三川1号墳)05

 墳頂部の様子です。
 北側の隅に祠が祀られているのが見えますが、もう一箇所、西側に屋根のような不思議な形状の物体が見えます。一体なんだろう???


八龍塚古墳(上三川1号墳)06

 こちらは墳頂部の小祠。

 表面観察したところでは、盗掘などによる墳丘の大きな崩れもなく、キレイに残されてた古墳だなという印象です。
 そこで気になるのはやはり屋根のような施設の存在です。


八龍塚古墳(上三川1号墳)07

 最初は「開口した石室を保護するための施設かな?」とも思いましたが、それにしては位置が不自然ですし、なによりもどこから覗いても施設の内部を見ることができません。

 一体なんの施設なんだろう???


八龍塚古墳(上三川1号墳)08

 わずかな隙間からスマホを差し込んんで、内部を撮影してみました。
 なんと!コンクリートで固められた竪穴がまっすぐ真下まで続いています。

 どうしても正体が気になってしまって、「うざいですよねー」と思いつつ、もう一度ピンポンして土地の所有者の奥様にお尋ねしてみました。

 結論としては、奥様の祖父の代に築かれた「空気穴」であるということです。
 後で考えてみても、なぜ空気穴を設ける必要があったのかはよくわかりません。後円部南側の裾部にはこの空気穴が通じる出入り口が設けられているのですが、こちらは写真を撮っておくのを忘れてしまいました。

 先もし墳丘内部に石室が存在すれば、石室に接触した可能性も考えられるのではないかとも思われますが、このあたりも真相も不明です。。。


八龍塚古墳(上三川1号墳)08

 というわけで、色々と興味深い八龍塚古墳でした。
 ゆっくりと見学させていただいて資料までいただき、所有者の方には感謝しております。
 ありがとうございました。

<参考文献>
上三川町『上三川町史 資料編 原始・古代・中世』
上三川町教育委員会『八龍塚古墳』
上三川町教育委員会『上三川町の伝説と民話』
現地説明板


人気ブログランキングへ

  1. 2021/01/14(木) 23:35:54|
  2. 上三川町の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<「上三川5号墳」 | ホーム | 「愛宕塚古墳(上三川隠滅1号墳)」>>

コメント

こんばんは。こちらもなかなか見事な古墳ですね。

それにしても、やはりコンクリートの竪穴が気になります(笑)
  1. 2021/01/21(木) 22:44:52 |
  2. URL |
  3. torikera #frK3hhYY
  4. [ 編集 ]

torikeraさま、こんばんは。

大きな前方後円墳が庭にあるなんて羨ましいです。
縦穴は正体不明ですが、下で焼き鳥でも焼いていたとしたら面白いです。。。笑。
  1. 2021/01/22(金) 23:04:18 |
  2. URL |
  3. ご〜ご〜ひでりん #X1701dAQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/1258-b9928f80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (10)
足立区/その他の古墳・塚 (19)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (13)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (19)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (10)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (16)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木久が原古墳群 (11)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (8)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (24)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (37)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (7)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (52)
横浜市の古墳・塚 (11)
相模原市の古墳・塚 (15)
宇都宮市の古墳・塚 (30)
鹿沼市の古墳・塚 (0)
壬生町の古墳・塚 (5)
上三川町の古墳・塚 (16)
下野市の古墳・塚 (0)
小山市の古墳・塚 (0)
栃木市の古墳・塚 (0)
真岡市の古墳・塚 (0)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
埼玉県の古墳・塚 (13)
千葉県の古墳・塚 (1)
群馬県の古墳・塚 (8)
ぐんま古墳カード (12)
茨城県の古墳・塚 (5)
長野県の古墳・塚 (6)
福島県の古墳・塚 (3)
東京の一里塚 (22)
東京の庚申塔 (5)
未分類 (12)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR