FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

東京都北区「庚申観音塚」

北区「観音塚(庚申塚)」1

 画像は、北区王子5丁目に所在する「庚申観音塚」です。

 東京メトロ南北線の王子神谷駅を地上に降りた、北本通りから庚申通り商店街に入る左側に小さなお堂があり、「庚申塔」と書かれた大きな看板が掲げられています。お堂の中には2基の庚申塔と観音像が安置されています。
 この場所にはかつて塚があり、その塚上に観音堂が建てられていたことから「観音塚」と呼ばれていたそうです。この塚には色々と言い伝えも残されており、境内に建てられている『観音塚之由来記』にはその伝承について詳細に書かれています。


北区「観音塚(庚申塚)」2

 お堂の内部の様子です。
 画像の左に見えるのが『観音塚之由来記』です。

 この由来記は昭和5年に書かれたものなので、表面の塗装が剥がれてしまっていて判読し難い部分もあるのですが、塚にまつわる記述も見られるようです。

 四条天皇の時代の寛永年間に、30代の女性の修業者がこの地にささやかな庵を建てて住み着き、苦しむ村人の救済に勤めていたそうです。しかし、晩年には身体を動かすこともままならなくなり、読経ばかりを唱える日々となりました。
 そして、この尼が亡くなってからも庵からは読経と鐘の音が夜毎に聞こえてきたことから、村人たちが尼を弔うために庵の傍らに庚申塔の石碑を建てて祀ったそうです。


北区「観音塚(庚申塚)」3

 この『観音塚之由来記』の中には、「此ノ古墳ニ対スル奇蹟ハ実ニ枚挙ニ遑アラズ…」と「古墳」という記述が出てくるのですが、これは学術的な意味での古墳ではなく、「尼を埋葬した墳墓」と考えられていたこの塚を「古墳」と表現したものかと考えられます。

 しかし、豊島寛彰著『隅田川とその両岸補遺(下巻)』159ページにはこの観音塚について、「はじめここに古墳があり、鎌倉時代に至って古墳上に観音堂を建立し、江戸時代初期の寛文九年石碑を建てた……という順序であるが」と、はっきりと「古墳」という記述が見られます。

 荒川沿岸の低地であるこの地域での古墳の存在は今のところ確認されていないようですが、下流の荒川区域では低地にも古墳が存在したのではないかと考えられており、東尾久6丁目の下尾久石尊や南千住6丁目の素盞雄神社にある「瑞光石」と呼ばれる奇岩も古墳の石材であるといわれています。
 果たしてこの観音塚が古墳であったのか、とても興味深いところです。。。


北区「観音塚(庚申塚)」4

 昔は今よりも境内は広く、現在の郵便局のあたりも境内の一部であったそうです。樹木が鬱蒼と茂り、荊棘も蔓延ってジャングルさながらの子供達も寄り付かなかいようなものすごいところで、その中に庚申塔がポツンと1基建っていたそうです。
 それが大正時代の大震災以降になって次第に移住してくる民家も増え、塚の大木も切り倒されて荊棘も刈り取られ、路傍に庚申塔が崩れ傾いていました。
 これを嘆いた古老たちが発起して、昭和5年に新しく庚申塔を1基建立して旧碑に並べ、堂宇を建てて供養するとともに、毎年10月18日を縁日と定めて商店街の守り仏としました。その後、昭和48年10月18日には堂宇が再建されて観音像をも加えて盛大な供養な執行され、商店街もこの堂宇にちなんで「庚申通り商店街」と命名されたそうです。


 東京を調べてみると、どこの街にも歴史があって面白いです。

 でも、今や幹線道路である北本通り沿いの王子神谷駅前に塚があって、かつては鬱蒼とした治安の良くない場所だったなんて、今となっては全く信じられませんよね。

 時の流れ、おそるべし。。。

<参考文献>
豊島寛彰『隅田川とその両岸補遺(下巻)』
小野磐彦「北区聞書抜書控」『北区の社会教育 第217号』
『観音塚之由来記』


人気ブログランキングへ

  1. 2021/04/29(木) 01:41:53|
  2. 北区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<東京都北区「赤羽台第3号古墳石室」その2 | ホーム | 東京都北区「稲付一里塚」>>

コメント

こんばんは!

おおっ、ついにこちらにもいらっしゃいましたか。

こちらは、私の実家があった神谷町の隣でゴザル。

この庚申塔の前は何度となく通ったはずですが、若い頃は全く興味もなく立ち寄った記憶もありません。(;^ω^)
  1. 2021/05/01(土) 19:55:36 |
  2. URL |
  3. torikera #frK3hhYY
  4. [ 編集 ]

torikeraさま、こんばんは!

神谷町にも行かせていただきました〜!
私も同じで、若い頃は古墳にも富士塚にも神社にもまったく興味がなく、いろいろなことを見落としていました。笑。
  1. 2021/05/03(月) 20:49:59 |
  2. URL |
  3. ご〜ご〜ひでりん #G67hs.TE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/1308-4ae825fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (10)
足立区/その他の古墳・塚 (19)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (8)
北区/飛鳥山古墳群 (9)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (28)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (6)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (19)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (10)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (16)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木久が原古墳群 (12)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (8)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (24)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (37)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (7)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (52)
横浜市の古墳・塚 (11)
相模原市の古墳・塚 (15)
宇都宮市の古墳・塚 (43)
鹿沼市の古墳・塚 (3)
壬生町の古墳・塚 (5)
上三川町の古墳・塚 (17)
下野市の古墳・塚 (0)
小山市の古墳・塚 (0)
栃木市の古墳・塚 (0)
真岡市の古墳・塚 (0)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
埼玉県の古墳・塚 (13)
千葉県の古墳・塚 (1)
群馬県の古墳・塚 (22)
ぐんま古墳カード (12)
茨城県の古墳・塚 (5)
長野県の古墳・塚 (6)
福島県の古墳・塚 (3)
東京の一里塚 (23)
東京の庚申塔 (5)
未分類 (12)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR