FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

東京都台東区「摺鉢山古墳」とその周辺で御朱印巡り

台東区「摺鉢山古墳とその周辺」1

 最近、JR上野駅近くのホテルに宿泊する機会があり、次の日の予定が午後からという中、ちょっと早起きをして、久しぶりに上野恩賜公園をぶらぶらと散歩しました。

 上野恩賜公園内には、前方後円墳である「摺鉢山古墳」が所在します。この摺鉢山古墳の再訪はもちろんのこと、公園内の御朱印巡りも目的のひとつです。

 前日の夜はかなり激しい雨に降られたのですが、当日は雲ひとつない晴天に恵まれました。

【このブログの過去の関連記事】
http://gogohiderin.blog.fc2.com/blog-entry-308.html(2015/01/28「摺鉢山古墳」)


台東区「摺鉢山古墳とその周辺」2

 画像が「摺鉢山古墳」です。
 左奥が前方部、右手前が後円部という状況です。

 上野恩賜公園のある上野台にはかつては多くの古墳が築造され、古墳群が形成されていたといわれていますが、ほとんどの古墳は開発により消滅しており、現在残されているのは前方後円墳であるこの「摺鉢山古墳」1基のみです。

 古墳はかなり改変されていますが、「すりばち」の形状はまだはっきりと見ることができます。


台東区「摺鉢山古墳とその周辺」3

 東から見た摺鉢山古墳です。
 現存長は70メートル、後円部径43メートル、前方部幅は最大で23メートルを計ります。

 学術的な調査が行われていないため埋葬施設や周溝等の詳細は不明なのですが、埴輪片が採集されていることから古墳であることはほぼ間違いないようです。


台東区「摺鉢山古墳とその周辺」4

 後円部を北東から見たところ。

 墳丘をじっくりと観察するには、木々の葉が落ちる冬が望ましいのですが、こうして新緑に包まれた古墳を歩くのはとても癒されます。。。


台東区「摺鉢山古墳とその周辺」5

 後円部上の様子です。

 かつての五條天神、清水観音堂鎮座の地であるといわれていますが、現在はベンチが設置されて休憩所となっています。


台東区「摺鉢山古墳とその周辺」6

 後円部から前方部を見たところです。

 この摺鉢山古墳の周囲には「桜雲台古墳」、「表慶館古墳」、「蛇塚古墳」といった古墳の存在が伝えられており、『東京都遺跡地図』にも登録されています。

 寛永2年(1625)の寛永寺の建立以前にはかなり多くの古墳が残されていたのではないかと考えられていますが、関東大震災、太平洋戦争の空襲などによる被災を経てその後の開発が進むにつれて、次第に消滅してしまったようです。


台東区「摺鉢山古墳とその周辺」7

 「清水観音堂」です。

 この観音堂は寛永8年(1631)に天台宗東叡山寛永寺の開山、慈眼大師天海大僧正によって建立されました。
 元々は「擂鉢山古墳」の墳丘上に建てられましたが、元禄初期に現在の噴水広場の地に、そして寛永寺総本堂の根本中堂建設に伴い元禄7年(1694)9月に現在地に移築されたそうです。

 上野台地に現存する、創建年時の明確な最古の建造物であるといわれています。


台東区「摺鉢山古墳とその周辺」8

 清水観音堂で御朱印をいただきました。.゚+.(・∀・)゚+.

 御本尊の千手観世音菩薩は、江戸三十三観音巡りの第六番札所になっていて、御朱印にも「千手観世音」と大きな文字で書かれています。


台東区「摺鉢山古墳とその周辺」17

 「五條天神社」です。
 清水観音堂と同様に擂鉢山古墳の墳丘上にあったといわれている神社で、上野恩賜公園内の不忍池近くに鎮座します。
 主祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)で、寛永18年に菅原道真命が合祀されています。

 第十二代景行天皇の時代、日本武尊が東夷征伐の際に上野忍岡で薬祖神二柱の大神が寄進を現し給い難を救われたことから、ここに両神をお祀りしたと伝えられています。


台東区「摺鉢山古墳とその周辺」18

 五條天神社でいただいた御朱印です。.゚+.(・∀・)゚+.


台東区「摺鉢山古墳とその周辺」15

 花園稲荷神社です。

 創始の年月は不詳ですが、古くからこの地に鎮座し、「忍岡稲荷」が正しい名称ですが、石窟の上にあった事から俗称「穴稲荷」とも云われていたそうです。

 旧社殿は俗称「お穴様」と呼ばれるところで、お穴様の左奥にあるお社は古書に弥左衛門狐と記され、寛永寺が出来る時に忍岡の狐が棲むところが無くなるのを憐れみ、一洞を造り社を祀ったと伝えられています。
 社地はお穴様を中心にし約二千坪(今の精養軒や韻松亭を含む6600㎡ありましたが、明治の上地の為、現在は五條天神社と併せて約一千坪になったそうです。


台東区「摺鉢山古墳とその周辺」16

 花園稲荷神社でいただいた御朱印です。.゚+.(・∀・)゚+.


台東区「摺鉢山古墳とその周辺」19

 穴稲荷です。
 正しくは忍岡稲荷という、花園稲荷の旧跡です。

 「穴稲荷」という名称からして、まさか元々あった横穴墓を流用した跡では?などと妄想してしまいますが、真相はわかりません。
 残念ながらお稲荷さんの中は撮影禁止でした。。。


台東区「摺鉢山古墳とその周辺」9

 上野大仏にも立ち寄りました。
 摺鉢山古墳の次に私が好きな場所です。

 大仏の顔面のみが残されている、なかなかエキセントリックな光景です。


台東区「摺鉢山古墳とその周辺」10

 この大仏は寛永八年(1631)に越後国村上城主であった堀丹後守直寄公が、戦死者の冥福を祈るために建立した「釈迦如来」で、京都・方広寺の大仏に見立てられ、当初は漆喰で作られたそうです。
 その後、明暦・万治の頃(1655〜1660)木食浄雲という僧侶により高さ6メートルの銅仏に改められました。

 大仏は、幕末の上野戦争ではからくも被害は免れたものの明治6年には大仏殿が解体され、さらに大正12年の関東大震災ではついに顔面が落ちてしまいます。
 その後、寛永寺で保管された大仏は再建される計画もあったようですが、残念ながら復元されることはなく、体は第二次大戦中の金属回収令により供出されてしまいます。

 顔面部分のみがレリーフとして残された現在の大仏は、これ以上落ちることはがないという意味で、合格祈願に訪れる受験生の参拝が多くなっているそうです。


台東区「摺鉢山古墳とその周辺」11

 上野大仏でいただいた御朱印です。


台東区「摺鉢山古墳とその周辺」12

 上野大仏は小高くなった丘の上に安置されています。
 過去の『古墳なう』の上野台古墳群の記事の中ではふれなかったのですが、この丘が古墳である可能性はないものかとずっと感じていました。

 現在の形状からすると、前方後円墳を改変したものではないかという妄想が止まりませんが、深読みしすぎかな。。。


台東区「摺鉢山古墳とその周辺」13

 上野大仏の南西側、上野精養軒の敷地内にある「時の鐘」です。
 平成8年6月に、環境庁の「残したい日本の音風景100選」に選ばれています。

 上野大仏の丘の南西に隣接しており、大仏の丘が前方後円墳、時の鐘の土台が円墳の跡で、古墳群の痕跡なのではないかと妄想しましたが、気のせいかもしれません。笑。


台東区「摺鉢山古墳とその周辺」14

 「時の鐘」を東から見たところ。

 まだまだ御朱印巡りを続けたかったのですが、時間切れ。
 続きはまたいずれ。。。
 
<参考文献>
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2021/05/08(土) 05:22:28|
  2. 台東区/上野台古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<朝倉・広瀬古墳群その1 「八幡山古墳(上川淵67号墳)」ー国指定史跡ー | ホーム | 東京都北区「赤羽台第3号古墳石室」その2>>

コメント

こんばんは。

御朱印巡り、楽しそうで良いですね(・∀・)
清水観音堂の、月の松はご覧になりましたか??
『名所江戸百景 上野山内月のまつ』/歌川広重に描かれている景色を見れるのですが。。何年か前にそれを知って見に行ったことがあるのですが、松の木が円を描くように曲がっていて、そこから不忍池弁天堂が見れるのでおすすめです◎

あと、どこかで洞窟みたいな奥まったとこに入る場所に行ったけどどこだったかなー?と思っていた所が、穴稲荷だったんだ!とこちらの記事を読んで思い出しました。笑

更新いつも楽しみにしています。
  1. 2021/05/08(土) 22:44:47 |
  2. URL |
  3. 紅一点 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

おおっ、上野公園が登場するとは!

よもやよもや、でした。もうこうなるとどこにでも古墳があってよいのではないか(笑)と思えるほどですね。というか、あちこちにあるわけですが(;^ω^)

いやはや、楽しくてしょうがありませんね。古墳なう!は永遠です(*^_^*)
  1. 2021/05/08(土) 23:37:25 |
  2. URL |
  3. torikera #frK3hhYY
  4. [ 編集 ]

紅一点様、こんにちは。
月の松、見ました。不忍池弁天堂にも足を伸ばしたかったのですが、のんびりし過ぎて時間がなくなってしまいました。笑。
  1. 2021/05/13(木) 13:52:56 |
  2. URL |
  3. ご〜ご〜ひでりん #G67hs.TE
  4. [ 編集 ]

torikeraさま、こんにちは。

かつては東京中に古墳があったと考えられているようですが、私もそう思います。

上野の台地は、博物館や美術館、動物園などの超有名施設がてんこ盛りで、古墳の存在などには誰も目を向けない、という現状がちょっと悔しいですね。笑。
  1. 2021/05/13(木) 15:07:30 |
  2. URL |
  3. ご〜ご〜ひでりん #G67hs.TE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/1310-dcfde83b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (10)
足立区/その他の古墳・塚 (19)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (8)
北区/飛鳥山古墳群 (9)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (28)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (6)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (19)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (10)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (16)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木久が原古墳群 (12)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (8)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (24)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (37)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (7)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (52)
横浜市の古墳・塚 (11)
相模原市の古墳・塚 (15)
宇都宮市の古墳・塚 (43)
鹿沼市の古墳・塚 (3)
壬生町の古墳・塚 (5)
上三川町の古墳・塚 (17)
下野市の古墳・塚 (0)
小山市の古墳・塚 (0)
栃木市の古墳・塚 (0)
真岡市の古墳・塚 (0)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
埼玉県の古墳・塚 (13)
千葉県の古墳・塚 (1)
群馬県の古墳・塚 (22)
ぐんま古墳カード (12)
茨城県の古墳・塚 (5)
長野県の古墳・塚 (6)
福島県の古墳・塚 (3)
東京の一里塚 (23)
東京の庚申塔 (5)
未分類 (12)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR