fc2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

前橋市 朝倉・広瀬古墳群その3 「飯玉神社古墳(上毛古墳総覧:上川淵97号墳)」

飯玉神社古墳(上川淵97号墳)ともう1基1

 今回は朝倉・広瀬古墳群その3。
 前橋市広瀬町2丁目に所在する「飯玉神社古墳」の探訪の記録です。

 画像の、通りに面した場所に飯玉神社の一の鳥居があり、団地と団地の間の参道を進んだ奥の団地に囲まれた中に、飯玉神社の社殿の土台となった古墳が所在します。

 早速まずは神社を参拝しましょう。


飯玉神社古墳(上川淵97号墳)ともう1基2

 画像は、二の鳥居です。

 この神社の祭神は保食神で、この前橋の飯玉神社が総社であるそうです。
 『飯玉神社 参拝のしおり』によると、平安時代、朝廷により記録された『上野国神名帳』にある『毛野けぬ明神』がこの飯玉神社であると考えられており、室町時代初期に関東地方を襲った台風による大洪水及び、幾多の天候不順のため凶作が続き、困窮の中、藤原氏一門の所領地(利根庄)に祀られている五穀豊穣の神「保食神=宇気母智命」を新たに合祀して、稲魂を語源とする「飯玉明神」と改称されたそうです。

 中世期は神仏混淆の時代であり、飯玉神社も「示現山観音寺」の管理するところとなり、修験者(山伏)達の信仰場所にもなりました。

 江戸時代後期には、後閑山(当社周辺)にお白狐がでると広く伝わり、以前より奉斎されていた稲荷大神が、養蚕の急速な普及に伴い、産業の守護神として厚く信仰されたそうです。


飯玉神社古墳(上川淵97号墳)ともう1基3

 画像が三の鳥居です。
 すでに鳥居の奥に、社殿の土台となった古墳の高まりが見えています。


飯玉神社古墳(上川淵97号墳)ともう1基4

 墳丘には石段が設けられて、墳丘上の飯玉神社を参拝することができます。

 古代、この一帯は大豪族上毛野氏の領地であり、豊かな田園が広がり、東国の一大文化圏であったと考えられており、そんな中、この飯玉神社古墳は4世紀に築造されたと考えられているそうです。


飯玉神社古墳(上川淵97号墳)ともう1基5

 墳丘上の様子です。

 祭神である「保食命(宇気母智命・うけもちのみこと)」は、「う」は宇宙、「け」は空気・自然エネルギー、「もち」は大地の生命力、つまりは天地の恵みにより食物が育ち実るという意味であるそうです。


飯玉神社古墳(上川淵97号墳)ともう1基6

 古墳の高まり全体を捉えると、こんな感じ。

 実際に訪れて見学したところでは、円墳の中ではかなり大きな部類に入る古墳ではないかという印象ですが、最近になって戦後の空中写真でこの地域を確認したところ、なんと衝撃の事実が!


飯玉神社古墳(上川淵97号墳)ともう1基13
出典:国土地理院ウェブサイト(https://mapps.gsi.go.jp/maplibSearch.do#1)

 画像は、国土地理院ウェブサイトより公開されている、昭和23年(1948)4月6月に米軍により撮影された飯玉神社周辺の空中写真です。わかりやすいように周辺を切り取っています。

 中央に見える木立が飯玉神社の境域となるわけですが、なんと!この戦後の空中写真からすると飯玉神社古墳は円墳ではなく、前方後円墳ではないかとも思えるような形状であることがわかりました。
 もちろん、上空からの写真だけではなんともいえないところで、参道の両側も含めて森林となっていることから偶然に前方後円墳に見えている可能性もあり得るところですが、それにしてもかなり興味深い形状です。

 また、この写真の範囲だけでも周囲に複数の古墳が残されている状況が確認できますし、農道の形状や、農地の区割りの形状なども古墳の跡地を連想させる、ワクワクするような空中写真です。笑。


飯玉神社古墳(上川淵97号墳)ともう1基7

 境内に建てられていた、飯玉神社の由来碑です。
 古墳についての記述も見られます。

 飯 玉 神 社
      祭神 保食命 他 十二柱
         由緒
 当社は東日本最古の前橋天神山大古墳群の中心に位置し、社殿
は一古墳上に鎮座している。
古代、此の地方一体は大豪族、上毛野君に関る初期の東国文化圏
 であった。
創建年代不詳であるが、上野国神名帳(平安時代)に記載されて
 いる群馬東部「正五位上・毛野明神」とは当社と思われる。
文永三年(一二六六)の鎌倉幕府関東下知状に、当地「後閑郷(村)」
 の名が上野国の中の地名として記されている。
応永年間(室町時代)に天候不順にため凶作が続き困窮の中
新たに五穀豊穣の祖神「保食命=宇気母智命」を勧請合祀し
 稲魂を語源とする「飯玉明神」と改称された。
嘉永五年(一八五二)に神祇官白川家より「正一位」の神階を賜る。
社は全村民に護持崇敬され、末社の稲荷社と共に霊験あらたかな
鎮守さまとして、広く氏子崇敬者に親しまれ今日に至る。



飯玉神社古墳(上川淵97号墳)ともう1基8

飯玉神社古墳(上川淵97号墳)ともう1基9

 境内にはなんと!もう一箇所、古墳と思しき高まりが見られます。

 帰宅後に、『朝倉・広瀬古墳群』に掲載されている古墳分布図や『群馬県古墳総覧』を確認したところ、該当する古墳は見られないようで真相不明なのですが、社務所でお聞きしたところでは、この高まりも古墳ではないかと考えられているようです。(『群馬県古墳総覧』がすべての古墳を網羅しているかというと、実はそうでもないような気がしていますが、この飯玉神社の高まりは実は古墳ではなく塚であり、これが理由で記載されていないということも考えられますが、このあたりは深追いできていません。。。)


飯玉神社古墳(上川淵97号墳)ともう1基10

 こちらの高まりには赤城神社が祀られています。


飯玉神社古墳(上川淵97号墳)ともう1基11

 塚上の様子。
 多くの小祠が祀られています。

 古墳なのかな。。。


飯玉神社古墳(上川淵97号墳)ともう1基12

 飯玉神社の社務所で御朱印をいただきましたー。.゚+.(・∀・)゚+.

<参考文献>
飯玉神社社務所『飯玉神社 参拝のしおり』
前橋市教育委員会事務局文化財保護課『群馬の古墳時代はここから始まった!! 朝倉・広瀬古墳群』
現地説明板


人気ブログランキングへ

  1. 2021/05/19(水) 20:09:44|
  2. 群馬県の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<前橋市 朝倉・広瀬古墳群その4 「前橋二子山古墳(前橋1号墳)」ー国指定史跡ー | ホーム | 前橋市 朝倉・広瀬古墳群その2 「前橋天神山古墳(上川淵71号墳)」ー群馬県指定史跡ー>>

コメント

飯玉神社古墳の周囲の塚ですが、本体古墳は100m級の前方後円墳の可能性があります。周囲の塚は実は複数あったらしく、周濠内の中島の可能性があるそうです。
私のブログに「島状遺構の系譜」という記事があります。
https://katana04.blog.fc2.com/blog-entry-688.html
この記事のコメント欄に群馬の古墳に造詣の深い「上州の人」さんからのコメントがあります。その中で指摘されています。私自身はこの事は知りませんでした。
現在、明確に島状遺構が確認されている古墳は保渡田古墳群とその他に2つくらいありますが、同時代の古墳であれば存在する可能性は高いと思います。島状遺構であれば、陪塚墓ではなく、祭祀の場から進化した造形物ということになりますね。
  1. 2021/05/19(水) 17:57:39 |
  2. URL |
  3. 形名 #-
  4. [ 編集 ]

形名さま、こんばんは!

なんと!
以前に保渡田古墳群は見学に行きましたので、島状遺構の存在は知っていました。
群馬県内で確認されているのは保渡田古墳群だけなのかと思っていましたが、他にも島状遺構の存在の可能性のある古墳があったのですね!
この飯玉神社の小円墳らしき高まりが島状遺構であるとは、全く想像もしませんでした。。。

そもそもこの古墳が前方後円墳であるのかも謎ではありますが(飯玉神社古墳の西北西にも南北が逆向きの前方後円墳が並んでいるようにも見えますが、目の錯覚かもしれません)、周辺の団地の建物が建て替えられるような時期が来れば、大規模な発掘調査が行われる可能性があるかもしれませんし、調査の進展に期待ですね。
  1. 2021/05/19(水) 22:09:59 |
  2. URL |
  3. ご〜ご〜ひでりん #G67hs.TE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/1313-9b8d8743
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (10)
足立区/その他の古墳・塚 (19)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (11)
北区/飛鳥山古墳群 (9)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (28)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (6)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (20)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (10)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (17)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木久が原古墳群 (13)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (8)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (37)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (14)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (34)
狛江市/その他の古墳・塚 (24)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (37)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (6)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (17)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (9)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市 (52)
横浜市 (11)
相模原市 (15)
日光市 (8)
那須町・大田原市 (22)
那珂川町・那須烏山市 (22)
塩谷町・矢板市 (9)
芳賀町・市貝町・茂木町 (23)
宇都宮市 (117)
鹿沼市 (15)
壬生町・上三川町 (22)
下野市 (24)
真岡市・益子町 (52)
小山市・野木町 (33)
栃木市 (66)
埼玉県の古墳・塚 (108)
千葉県の古墳・塚 (1)
群馬県の古墳・塚 (26)
ぐんま古墳カード (12)
茨城県の古墳・塚 (8)
長野県の古墳・塚 (30)
山梨県の古墳・塚 (1)
福島県の古墳・塚 (3)
愛知県の古墳 (11)
岐阜県の古墳 (3)
一里塚 (23)
神社巡りと蕎麦屋探訪 (17)
未分類 (19)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR