fc2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

さいたま市見沼区「富士山」

さいたま市見沼区 14 南中野・富士山1

 画像は、さいたま市見沼区南中野の「十王尊」です。
 かつては現在地より南に位置していたようですが、のちにこの地に移され、近年では「十王様」と呼ばれて親しまれています。

 十王尊の縁起には諸説あるようですが、一説には天正十八年(1590)、岩槻城落城の際、秘仏が敵方に渡るのを恐れ、井上、堀江両氏により当地へ移されたといわれています。

 十王尊は縁結びの仏様として信仰され、2月と8月の16日の祭礼日には、その年に縁結びをした花嫁が正装をして良縁を得た御礼に参拝する習わしがあり、戦前までは露店や見世物が出て大変な賑わいであったそうです。
 また、下の病いや婦人病等に霊験があらたかであり、縁日に「みながわ(薄い筵のような敷物)」を受けて帰り、敷いて寝ると病が治ったといい、その時には新しい「みながわ」を二枚奉納し御礼したといいます。

 さて、この境内にも1基、「富士山」と呼ばれる塚が所在します。


さいたま市見沼区 14 南中野・富士山2

 画像が「富士山」です。

 十王尊境内の南東部にあり、規模は東西10m、南北13m、高さ2mで、すり鉢を伏せた形状を呈していますが、一部は切り崩されています。

 古墳を流用した可能性はないのかな。
 さいたま市内に所在する富士塚や浅間塚は、古墳流用説がほとんど存在しないんですよねー。。。


さいたま市見沼区 14 南中野・富士山3

 塚には「浅間宮」の石碑が祀られています。

 参道や石段等は存在しませんのでどちらが正面なのかはよくわかりませんが、祠の向きや、塚の頂部に向かった窪みの形状からして、こちらが正面かな?という画像です。


さいたま市見沼区 14 南中野・富士山4

 頂部に祀られている、安政五年(1858)建立の浅間宮の石碑です。
 

さいたま市見沼区 14 南中野・富士山5

 塚の東側にある稲荷社です。


さいたま市見沼区 14 南中野・富士山6

 塚の南西の裾部に祀られている甲子社です。


さいたま市見沼区 14 南中野・富士山7

 大宮市指定文化財
 天然記念物
 十王尊の大イチョウ
             所在地 大宮市大字南中野九九二番地
             指 定 昭和五十年二月七日

 イチョウはソテツなどとともに最も古い植物の一つです。雌雄異
株で雄花の花粉が風で飛ばされて雌花につき、九月頃授精します。
成長が非常に早く、強健で病虫害はほとんどなく、耐火性も優れて
います。
 この十王尊の大イチョウは、たくましく根をおろし、まっすぐに
伸びた主幹が地上十メートル付近から四方に展開し、枝張りは美
しい均衡を見せています。樹勢もたいへん良好な雌のイチョウで、
秋には葉が黄色に色づき、たくさんのギンナンを実らせます。
 十王尊の前を通る道は、かつての岩槻城に通じる古道で、十王尊
は岩槻の武将が祀ったとの伝えがあります。
   樹齢  推定約250年
   樹高  25,00m
   幹回り  3,55m
   根回り 10,40m
               平成十年三月 大宮市教育委員会


<参考文献>
さいたま市教育委員会『さいたま市の塚調査報告』
現地説明板


人気ブログランキングへ

  1. 2022/01/16(日) 21:08:56|
  2. 埼玉県の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<さいたま市見沼区「稲荷大明神」 | ホーム | さいたま市見沼区「御嶽山塚」>>

コメント

こんばんは。

十王尊とは、閻魔大王の十王なのでしょうか?縁結びとはチト遠い気がするのですが。

本日実は練馬区大泉の教学院というお寺の閻魔様と十王を訪問してきました。さらにここには、閻魔が裁きに使ったといわれる石塔もあります。(;^ω^)
  1. 2022/01/16(日) 23:38:12 |
  2. URL |
  3. torikera #frK3hhYY
  4. [ 編集 ]

torikeraさん、こんにちは!

十王尊がなぜ縁結びの神様になったのかは不明ですが、何かいわれがあるのかもしれませんよね。。。

練馬区大泉の教学院へは、かなり以前に立ち寄った記憶があります。
大きな塚だったのではないか?と感じた場所ですが、その後調べるタイミングもなくすっかり忘れていました。。。
私、この周辺で働いていたことがあるので、ちょっと懐かしい地域です。。。ヾ(o´∀`o)
  1. 2022/01/18(火) 10:59:41 |
  2. URL |
  3. ご〜ご〜ひでりん #G67hs.TE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/1403-ab0a5395
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (10)
足立区/その他の古墳・塚 (19)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (10)
北区/飛鳥山古墳群 (9)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (28)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (6)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (19)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (10)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (16)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木久が原古墳群 (13)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (8)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (37)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (14)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (33)
狛江市/その他の古墳・塚 (24)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (37)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (7)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (52)
横浜市の古墳・塚 (11)
相模原市の古墳・塚 (15)
那須町・大田原市の古墳・塚 (20)
那珂川町の古墳・塚 (17)
那須烏山市の古墳・塚 (0)
宇都宮市の古墳・塚 (78)
鹿沼市の古墳・塚 (14)
壬生町の古墳・塚 (5)
上三川町の古墳・塚 (17)
下野市の古墳・塚 (6)
真岡市・旧二宮町の古墳・塚 (0)
栃木市の古墳・塚 (38)
小山市・野木町の古墳・塚 (4)
埼玉県の古墳・塚 (108)
千葉県の古墳・塚 (1)
群馬県の古墳・塚 (22)
ぐんま古墳カード (12)
茨城県の古墳・塚 (5)
長野県の古墳・塚 (6)
福島県の古墳・塚 (3)
一里塚 (23)
神社巡りと蕎麦屋探訪 (9)
未分類 (13)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR