fc2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

さいたま市西区「原稲荷古墳」

さいたま市西区 原稲荷古墳1

 今回は、さいたま市西区佐知川の「原稲荷古墳」の探訪の記録です。

 この古墳は、鴨川西岸に所在する古墳で、墳丘上には原稲荷神社が鎮座しています。
 画像は、この原稲荷神社の一の鳥居です。

 画像では見事な桜が咲き乱れていますが、これは2年前の写真です。
 今年の桜の開花は早そうではありますが、実際にはまだ桜は開花していないですよね。

 開花に合わせて更新すればよかったかな。。。笑。


さいたま市西区 原稲荷古墳2

 原稲荷神社の二の鳥居です。
 奥に墳丘が見えていますね。。。

 境内に設置されている「稲荷神社 御由緒」には次のように書かれています。

稲荷神社 御由緒
                  さいたま市西区佐知川二七六
⬜︎ 御 縁 起( 歴 史 )
 当社は「原稲荷」と呼ばれているが、この通称は、一帯が明治の初め
ころまで木立も人家もなく、文字通りの「はら」であったことによると
いう。この地域は水判土から続く植水古墳群の中にあり、当社の社殿
は、六世紀中ごろ以後に築造されたとされる原稲荷古墳(高さ三・五
メートル、直径四〇メートルの円墳)の上にある。昭和五十八年に実
施された発掘により、当社の南三〇メートルの植水1号古墳からは、
勾玉・漆玉・翡翠•管玉•鉄器などが出土しており、当社の鎮座する原
稲荷古墳は、当古墳群の中でも最大の規模を有することから、支配的
立場にあった者の古墳と考えられ、あるいは古墳に葬られた祖霊と稲
荷の穀霊信仰とが結び付いて、当社が古墳上に奉斎されたものであろ
うか。創建伝承として『明細帳』に「不詳ナレ共、当社ノ略史ニ依レバ
人皇九十一代亀山天皇ノ嘉元三年(一三〇五)の建立ナリト云フ」と
記されている。
 『風土記稿』佐知川村の項には「稲荷社 覚音院持」と載せられて
いる。これに見える覚音院は、天台宗の寺院であったが、神仏分離に
よって明治六年に廃寺となった。明治初年の社格制定に当たっては、
金山神社が村社となり、当社は無格社となった。しかし、社格にこだ
わることなく信仰を集めてきたことは、境内の石灯篭・手水鉢・石垣
などの奉納物の多さが示している通りである。
⬜︎ 御祭神と御神徳
 ・倉稲魂命・・・五穀豊穣、商売繁盛
⬜︎ 御祭日
 ・歳旦祭(一月三日) ・初午祭(三月初牛) ・八雲祭(七月十四日)
 ・大祓(七月二十五日) ・新誉祭(十一月二十三日)


 さいたま市内の神社に設置されている「御由緒」は、埼玉県神社庁より発行されている「埼玉の神社」とまったく同じ内容の解説が書かれているようですね。

 この原稲荷の御由緒には古墳についてもふれられています。


さいたま市西区 原稲荷古墳3

 画像が原稲荷神社の社殿の様子で、土台となっている高まりが原稲荷古墳です。

 発掘調査が行われていないことから築造時期等は不明ですが、墳形は円墳か方墳であると考えられており、7世紀頃の築造と推定されています。

 さいたま市教育委員会より発行された『さいたま市の塚調査報告』にも「塚」として掲載されており、現状の規模は、径33m×28.8m、高さは3mと記載されています。


さいたま市西区 原稲荷古墳4

 墳丘上の様子です。

 周辺地域では、昭和57〜58年(1982〜1983)にかけて行われた発掘調査により「植水1〜8号墳」が、平成2〜3年(1990〜1991)に行われた調査では「水判土堀ノ内遺跡1号墳」が確認されています。

 また、江戸時代の地誌『新編武蔵風土記稿』には「山王塚 慈眼寺ノ西ノ方ニアリ。山上ニ山王ノ安スルユヘカク名附ク。近キ頃太刀刀ノ折ナド。多ク掘出セシコトアリ。土中ニ石室埋レテアリト云伝ヘタリ。」と、山王塚古墳に関する記述も見られます。
 江戸時代後期には発掘されており、人物埴輪が出土しており、緑泥片岩で組まれた石室が発見されたと伝えられています。

 これらの古墳群は、植水(うえみず)古墳群と呼称されています。


さいたま市西区 原稲荷古墳5

 東からみたところです。
 かなり大きな古墳である印象です。。。

<参考文献>
塩野博『埼玉の古墳 北足立・入間』
さいたま市立博物館『第32回 特別展 さいたまの古墳』
さいたま市教育委員会『さいたま市の塚調査報告』
現地説明板


人気ブログランキングへ

  1. 2022/03/17(木) 21:58:45|
  2. 埼玉県の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<さいたま市西区「小山稲荷古墳」 | ホーム | さいたま市西区「2箇所に存在する”琵琶島古墳”の謎」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/1447-778a9652
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (10)
足立区/その他の古墳・塚 (19)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (10)
北区/飛鳥山古墳群 (9)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (28)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (6)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (19)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (10)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (16)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木久が原古墳群 (13)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (8)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (37)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (14)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (33)
狛江市/その他の古墳・塚 (24)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (37)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (7)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (52)
横浜市の古墳・塚 (11)
相模原市の古墳・塚 (15)
那須町・大田原市の古墳・塚 (20)
那珂川町の古墳・塚 (17)
那須烏山市の古墳・塚 (0)
宇都宮市の古墳・塚 (78)
鹿沼市の古墳・塚 (14)
壬生町の古墳・塚 (5)
上三川町の古墳・塚 (17)
下野市の古墳・塚 (6)
真岡市・旧二宮町の古墳・塚 (0)
栃木市の古墳・塚 (38)
小山市・野木町の古墳・塚 (1)
埼玉県の古墳・塚 (108)
千葉県の古墳・塚 (1)
群馬県の古墳・塚 (22)
ぐんま古墳カード (12)
茨城県の古墳・塚 (5)
長野県の古墳・塚 (6)
福島県の古墳・塚 (3)
一里塚 (23)
神社巡りと蕎麦屋探訪 (9)
未分類 (13)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR